「フォトショップ」にまつわる記事

【闇】芸能人のブログ画像をフォトショ修正していた人物にオッサンを修正してもらったらこうなった

日常のひとコマを綴るブログ。特に芸能人の日常の顔となれば興味がある人が多いのか、連日ブログランキングを騒がせている。でもその素顔、ひょっとしたらかなり修正されてるかも……?

かつて、テレビの制作会社で働いていたAさんは、芸能人のブログ画像をフォトショップで修正するのも仕事のうちだったそう。とは言え、フォトショ修正もピンキリ。一体どこまで修正するものなのか。気になったので、Aさんにオッサンを修正してもらうことにした。

続きを全部読む

「ポットに入った猫の画像」でフォトショップ職人がバトル! → 数々の傑作が生まれる

画像編集の腕を競うフォトショップ・バトル。見る人に驚きと笑いをもたらすその戦いが、海外掲示板サイトRedditで繰り広げられ、大きな話題になっている。

Redditユーザー「HitlaryforPrison」さんがフォトショップ・バトルのお題としてアップした画像は、プラスチックのポットに入った猫の画像。何とも言えないシュールな猫の表情がポット越しに見え、このままでも十分面白いのだが、フォトショップ職人の手にかかれば、その面白さは倍増する。

続きを全部読む

仏カンヌ国際映画祭のポスターが『モデルをフォトショで細くしたのでは!?』と物議に!「広告だから手直しして当たり前」との声も

最近は、広告でモデルの肌のキメを細かくしたり、体型に手を加えるのは当たり前になっている感があるが、人々に「女性の体はこうあるべき」との間違った先入観や価値観を植えつけかねないと問題になっている。

そんななか、由緒ある仏カンヌ国際映画祭のポスターが「モデルをフォトショで細くしたのでは!?」と物議を醸しているのだが、読者の皆さんは画像のビフォー&アフター写真を見てどうお思いになるだろうか!?

続きを全部読む

大御所CG漫画家のアシスタント応募のために描いたデッサンが下手すぎたのでフォトショ修正してから応募したらこうなった

たとえデッサンが狂っていても、なんとかなるのがマンガである。むしろデッサンが狂っている絵のほうが、迫力が出る場合だってある。そもそもヘタウマなマンガだったら、ほとんどデッサン力(りょく)なんて必要ない。だがしかし……!

絵を描く仕事な以上、きちんとデッサンは学んでおいたほうが良い。たとえ絵を描く仕事でなくても、何かを造る仕事だったら、絶対にデッサンは学んでおいたほうが良い。“形や空間を把握すること” ができるようになるからだ。デッサン力(りょく)が乏しいままプロになると、いつかきっと悔しい思いをする。そう、私のように。

続きを全部読む

有名女優を “無修正” で掲載した「ピレリカレンダー」が話題 / ケイト・ウィンスレットや ニコール・キッドマンも登場!

近頃の広告や雑誌の写真は、モデルの腰のくびれをさらに細くしたり、あらゆる体の部位がフォトショ加工されるのが当たり前になっている。

しかし、そういった加工された ‟完璧” なモデルの姿を見た若い女性が、自分の体に自信が持てずに自己嫌悪に陥り、無理なダイエットをして食障害を起こしたりなど、問題となっている。そこで、素の女性の美しさを表現するために、有名女優達が、“無修正” のカレンダー撮影に挑んだというのだ!

続きを全部読む

インド出身の美人女優が飾った雑誌カバー写真が「なんだかおかしいぞ……」と苦情が殺到! どこか変だか分かる!?

近年は、雑誌や広告などの写真が、フォトショップで修正されるのは当然のこととなっているし、一般人でさえ、画像修正アプリなどで肌のトーンを整えたりして、写真に手を加えている。

だが時として、やり過ぎたあまりに人形のように見えてしまったり、‟毛穴ゼロ” のあり得ない肌になってしまうこともある。そんななか、インド出身の美人女優が飾った雑誌カバー写真が、「なんだかおかしいぞ……」と苦情が殺到! 読者の皆さんは、どこか変だか分かるだろうか!?

続きを全部読む

有名下着メーカー「モデル写真」の修正&フォトショ加工を一切止める → 売り上げ大幅アップ!

街のディスプレイ、テレビ、雑誌、ネット、あらゆる場所で目にする広告には、美しいモデルさんたちが写っている。だがその多くが、フォトショップなどで加工修正されていることは有名な話だ。肌のくすみを消したり、ウェストを細くしたり、髪の毛を増やしたり……。

しかしアメリカン・イーグルの下着メーカー「aerie(エアリー)」は、2014年からモデルの写真修正を一切行っていない。脂肪もほくろも傷跡も、ありのまま見せているのだ。すると……売り上げが大幅アップしたというではないか!

続きを全部読む

【ファンタジー全開】どうなってるの!? 人間よりはるかに大きいワンコのインスタグラムが超人気!!

犬はサイズに応じて小型犬、中型犬、大型犬と分類されている。それぞれに違った魅力があって、一概にこのサイズがベスト! とは決めがたい。

もしもあなたが、どのサイズの犬を飼うか迷っているとしたなら……「超大型犬」はいかがだろうか? ただし、“超” の意味を侮(あなど)ってはいけないぞ。どんなに長身な人よりも、はるかに大きいのだから……! そしてその “謎の超大型犬” のインスタグラムが、今大人気なのだ!!

続きを全部読む

【画像あり】フォトショいらずの美しさ! 日本最強の美魔女「水谷雅子」さんはリアルでも20代で通用する若さだった

1968年9月15日生まれで、愛知県出身。「20代にしか見えない!」と世界中で大ブレイク中の46歳美魔女といえば、『水谷雅子』さんだ。

水谷さんは20代のお子さんもいるというのに20代にしか見えない美貌を持つという、タイムパラドックス級美しさの自撮り写真を自身のブログによく投稿しているが、どれを見ても本当に美しい。

だが、一部では「フォトショップで加工してるんじゃねーの?」など、加工疑惑を持つ人もいる。はたして水谷さんは本当に20代の美しさを持っているのか? 水谷さんが登場するイベントがあったので、撮影しに行ってみたぞ!

続きを全部読む

【ビフォー・アフター】ええっこれ写真なの!? アドビの写真ツールで仕上げた『名画写真』のクオリティーがやばい件

世の中に、いつまでも人々の心を打ってやまない名画は多数存在する。名画というだけあって、見れば見るほどすごいっすなぁ~……って、えええええ! これ、写真なの!?

名画を現代のテクノロジーで『名画写真』として生まれ変わらせようという企画が実施されている。その企画とは、アドビの「Adobe Photo Museum(アドビフォトミュージアム)」である。名画をモチーフに撮影した写真をアドビの「Photoshop」と「Lighroom」を使って絵画風に仕上げるのだが、まじでここまでできるのかよッ!? と驚くこと必至のクオリティーなのだ。

続きを全部読む

フォトショを駆使した「世界最高の父親」と自称するパパと愛娘の写真が愛らし過ぎる!! 写真集まで発売されちゃったぞ!

最近フォトショップと聞くと、広告写真のモデルやセレブの欠点を加工するイメージが強くなってしまったが、本来はもっと芸術的なデザインのために使用されるべきソフトである。そんなフォトショの原点に戻ったといってもいい、フォトショを駆使したパパと娘の愛らしい写真が大きな話題となり、写真集まで発売されたというのである。

娘との日常生活のひとコマを、パンチが効いたユーモアを交えつつ表現した写真は、一見の価値があるぞ!

続きを全部読む

残念な写真を修正して! 韓国のフォトショップ職人に助けを求めたらこうなったパート3

私って写真写り悪いんだよなぁ……でも21世紀のこのご時世、撮り直しも整形も必要なし! だって画像加工すればケンチャンナヨ(大丈夫)!! そんなとき頼りになるのがフォトショップ職人だ。

中国のフォトショ職人もすごいけど、韓国だって負けていない! 韓国のネットユーザーが残念写真を素敵にしてほしいと依頼したところ、その修正が明らかにおかしい!! 「何が起きたんだよッ!?」とツッコまざるをえない状況になっている。たとえば……

続きを全部読む

「誰かこの子からチューブを外してあげて」 子供を亡くした親の願いにフォトショ職人が集結!! 素敵に仕上がった写真に大感動

「画像修正」というと、広告写真のモデルのシミやシワを消したりすることを想像しがちだが、今、ある両親がインターネット掲示板で依頼した「画像修正」が大きな感動を呼んでいる。

それは生後間もない赤ちゃんの写真。両親が、病気のため病院でチューブにつながれたままだった赤ちゃんの写真をネットにアップし、「この子からチューブを外してあげて」と依頼したところ、見ず知らずのフォトショップ職人達が素敵な写真に仕上げてくれたのだ! 

その写真の素晴らしさだけでなく、職人たちの温かい心に多くの人が涙しているのである。

続きを全部読む

驚くこと間違いなし! どれほど世界の「美の基準」が異なるか検証したビフォー・アフター写真がスゴい!!

フォトショップで大幅に加工されたファッション広告写真が、間違った美の固定観念を植えかねないと問題になっている。そんななか、ある女性が世界25カ国のクリエイターに自分の写真を送り、各国の美の基準に従って写真を加工してもらうプロジェクトを実施。その “ビフォー・アフター写真” でどれほど世界の美の基準が異なるかが浮き彫りとなり、大きな話題を呼んでいるのだ。あなたはどの写真がお好みだろうか?

続きを全部読む

こうやってるのか!! 「絵具で染めたみたいな空」制作の裏側をタイムラプスで全部見せます

まるで絵具で塗られたかのような、鮮やかな空。現実のようで現実でない奇妙な質感が印象的なこちらの作品を手掛けたのは、フォトグラファーのマット・モロイさんです。

この独特のビジュアルは、一体どのようにして生まれたのか。気になる制作から完成に至るまでのその裏側を、本日はみなさんにご覧いただきたいと思います。

続きを全部読む

ロマンチスト? 気持ち悪い? 幼い頃の彼女の写真に自分の姿をフォトショで加えたカメラマンが話題

彼女がいる男性の中には、「付き合って○周年」などの記念に、彼女にプレゼントする人もいるだろう。今そんな記念のプレゼントをした1人の男性が、世界中で注目をされている。

注目されている理由は、彼のプレゼントがあまりにも特異だからである。と言うのも彼は、幼い頃に撮られた彼女の写真に、フォトショップで今の自分の姿を付け加えた写真を贈ったのである。それらの写真は、インパクト満点だ。

続きを全部読む

4人の女性にプロのメイク&フォトショップを施した結果 → 「自分の欠点が恋しい! そのままの自分がいい!」と意外な反応

女性ならば誰でも「もっとキレイになりたい!」と、理想の自分を思い描いたことがあるだろう。そんな気持ちを抱えた女性4人が、プロによるメイクとフォトショップで欠点を失くしてもらったところ「こんなの自分じゃない!」と意外な反応を示して話題になっているのである。彼女たちの変貌ぶりは、動画「Photoshopping Rean Women Into Cover Models」で確認できる!

続きを全部読む

すっぴん顔から大変身! リアルタイムでフォトショップで過剰修整されていくミュージックビデオが大反響

最近、雑誌や広告に掲載されている写真は、フォトショップで修整され過ぎてCGの世界になってしまっている。そんな業界の動向を皮肉るかのように、ある歌手が、フォトショップによって自分の姿が修整されていく様子をミュージックビデオとしてリリースし、大反響を呼んでいる。動画のタイトルは「BOGGIE: NOUVEAU PARFUM」だ!

続きを全部読む

おばあちゃんの最後の願いを叶えたい!「70年前の白黒写真をカラーにして」とフォトショ職人に助けを求めたら3時間で素晴らしい写真になった!!

Photoshopを使って自由自在に写真を加工! 我々は、舌を巻くような Photoshop 技術を持つ人物を敬意を表し「Photoshop職人」と呼んでいる。通称「フォトショ職人」だ。

いつもは奇抜な加工をして話題になるフォトショ職人だが、いまフォトショ職人にまつわる感動的なストーリーに多くの人が涙しているという。先日、あるネットユーザーがネット上の掲示板にこう投稿した。

「どなたか、この白黒写真をカラーにすることはできませんか? おばあちゃんの最後の願いを叶えてください。おばあちゃんに当時の様子をもう一度ハッキリ見せてあげたいんです」

続きを全部読む

【衝撃映像】 Photoshop のスゴさが一発で分かる動画

「この写真の私の顔、くすんで見える! 見せたくないなぁ……」なんて悩みもPhotoshopがあれば大丈夫! 画像加工しちゃえばゴマかしがきくもんね。

しかし! Photoshopのスゴさはそんなもんじゃない。本気を出せば肌を明るくするどころか、顔も手足の長さも自由自在なのだ!! その本気のフォトショパワーは動画「Time lapse video shows radical effect of Photoshop on model’s body」で確認できるぞ。もう、もう何も信じられないよ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2