「バーガーショップ」にまつわる記事

【最強ハンバーガー決定戦】第13回:塊肉を叩いて作ったゴツゴツ系パテ! 接客も最高レベルの超有名店 / 三田「マンチズバーガー シャック」

ハンバーガーの主役は肉である。バンズやパテ以外の具、さらにはバランスなどももちろん重要だが、それでもハンバーガーの主役は肉であろう。特にファストフード店ではないハンバーガーショップに足を運ぶ人の多くは、荒々しいまでの「肉」を求めているに違いない。

第13回を迎えた「最強ハンバーガー決定戦」は、そんな “肉が主役のハンバーガー” で有名な『マンチズバーガー シャック』をご紹介したい。屋台からの叩き上げで都内屈指の人気店に登りつめた同店の最大のウリは、とにかく「肉」である。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第12回:新進気鋭の肉々系バーガー! 早くも行列覚悟の東京・蔵前「マクレーン」

有名ラーメン店で修業後、独立して自分の店を構えるような現象が、ここ数年ハンバーガー業界でも盛んに起きている。一昔前までハンバーガーショップは数えるほどしかなかったが、現在 都内だけでも100店以上が存在するのはそのためだ。

今回ご紹介する『マクレーン』も、有名ハンバーガーショップ「バーガーマニア」で修業した2人が2016年にオープンしたお店。今回の「最強ハンバーガー決定戦」は、オープンして間もないにもかかわらず、週末は行列必至の人気店『マクレーン』をご紹介したい。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第11回:創業20年の超老舗! バーガー好きなら一度は訪れるべき聖地 / 東京・本郷「ファイヤーハウス」

飲食店業界では一般的に「10年続けられる店は1割ほど」と言われている。その真偽はさておき、それだけ飲食店を長く経営することは困難なのだといえるだろう。ところが、バーガーショップとしては異例ともいえる20年のキャリアを誇るお店が、東京は本郷に存在する。それが『ファイヤーハウス』だ。

こちらの店で修業し、巣立って行った職人さんも多く、まさにバーガーショップの聖地ともいえる名店である。今回の「最強ハンバーガー決定戦」は、その『ファイヤーハウス』をお届けしたい。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第10回:ポテトもドリンクも超デカい! サービス満点の下町バーガー / 東京・北千住「サニーダイナー」

ファストフード店のハンバーガーではなく、いわゆる “グルメバーガー” を提供するハンバーガーショップのメニューは、総じてデカい。もちろんハンバーガー自体もファストフード店とは比べ物にならないほど大きいが、ポテトとドリンクまでがここまで大きいお店はちょっと他にはないハズだ。

東京・北千住にあるその店の名は『サニーダイナー』。北千住にハンバーガーショップ? ……という気もするが、本店だけではなく北千住ルミネの中にも支店を出すほど、地元民から愛されているお店である。今回の「最強ハンバーガー決定戦」は、このサニーダイナーをお届けしたい。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第9回:溶岩石グリルで焼きあげた肉厚パテがふっくらウマい! 四谷「クルズバーガーズ」

1個1000円以上するハンバーガーが珍しくなくなった昨今。一昔前までは数えるほどしかなかったハンバーガーショップだが、そこで修業を積んだ職人たちが次々と新店をオープンさせている。世はまさにハンバーガー新時代に突入したといっていいだろう。

……と、少々大げさになってしまったが、数えきれないほどに増えたハンバーガーショップをドドンとご紹介していくのがこの連載「最強ハンバーガー決定戦」だ。今回は2015年にオープンした、東京四谷の『クルズバーガーズ(CRUZ BURGERS)』をご紹介したい。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第8回:スモーキーベーコンとBBQソースが痺れるウマさ!東京・大泉学園「ブッチャーズテーブル」

世の中には、病み付きになってしまうほど中毒性の高い食べ物が存在する。どちらかというと、あっさり薄い味付けよりは、ガツンと刺激ある味わいの方が全般的に中毒性は高いと言えるだろう。今回はそんな「あー、また食べたい!」となってしまうこと確実な激ウマバーガーをご紹介したい。

その店『ブッチャーズテーブル』は、東京都練馬区の大泉学園駅から徒歩10分ほどのところにある。お世辞にも都心とは言えない立地だが、提供されるハンバーガーは激ウマ! 特にスモーキーベーコンとBBQソースは、中毒性がハンパない魔性のグルメなのだ。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第7回:アグレッシブな “バリ風ウマ辛バーガー” にハマりそう!東京・小伝馬町「Jack37Burger」

アメリカ人のソウルフード、ハンバーガー。大抵の国にはハンバーガーショップが進出しているし、おそらく世界を見渡しても「ハンバーガーが無い国」の方が少ないと思われるほど、地球レベルで愛されているグルメである。

世界各国に広がったハンバーガーは、近年日本でも急激に “本格派バーガー” として人気を博しており、その勢いはとどまるところを知らない。そんな本格グルメバーガー店をご紹介していくのが、この「最強ハンバーガー決定戦」だ。第7回となる今回は、東京は小伝馬町の『Jack37Burger(ジャックサンナナバーガー)』をお届けしたい。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第6回:衝撃の一体感!「1000円のバーガー(笑)」という人にこそ食べて欲しい!! 代官山『ヘンリーズバーガー』

グルメバーガーと呼ばれる、1人前1000円以上のバーガーショップが最近では珍しくない……いや、むしろ増えてきている。それだけグルメバーガーが「多くの人に受け入れられている」とも考えられるが、一方で「ハンバーガーに1000円は出せない」という人もまだまだ多いことだろう。

今回はそんな人にこそ食べて欲しい、代官山の『ヘンリーズ バーガー(HENRY’S BURGER)』をご紹介したい。味はもちろんハンバーガーとしての “一体感” には、過去に100軒近くのグルメバーガーを食べ歩いた記者も、衝撃を受けずにはいられなかった。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第5回:女性店主が手掛けるハンバーガーは優しさに満ちた味 / 東京・千駄木「レインボーキッチン」

ラーメンやカレーと同じく、国民的な人気を誇るハンバーガー。最近では大手ファストフード店のそれではなく、“グルメバーガー” と呼ばれる本格派ハンバーガーを提供するショップが増えてきている。

そんなバーガーショップを食べ歩き、グルメバーガーの魅力をとことんご紹介していくのが、この「最強ハンバーガー決定戦」だ。第5回となる今回は、バーガーショップにしては珍しく女性が店主を務める、東京は千駄木の『レインボーキッチン』をお届けしたい。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第4回:五反田「フランクリンアベニュー」はグルメバーガーの草分け的存在 / これはジャンクフードではない

いわゆる “グルメバーガー” と呼ばれる、ご馳走系ハンバーガー。今や都内だけでも100店舗以上の専門店が存在するが、そんな激ウマバーガーを余すことなくお届けしていくのがこの企画「最強ハンバーガー決定戦」だ。

第4回となる今回は、グルメバーガーの草分け的存在である五反田の『フランクリンアベニュー』をご紹介したい。お店の創業は1990年と、グルメバーガーとしては異例となる25年以上の歴史を誇る老舗である。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第2回:南カリフォルニアの風と「ふかふかバンズ」を堪能せよ / 原宿「ザ グレートバーガー」

「ハンバーガーに1000円は出せない」……、いまだにそうお考えの方は多いことだろう。ハンバーガーはマクドナルドに代表される大手バーガーチェーン店の食べ物で、「安くてそこそこウマければいい」という人の方が多数派なのかもしれない。だがしかし……。

日本におけるハンバーガー文化は確実に変革期を迎えている。数年前からジワジワと “グルメバーガー” と呼ばれるご馳走系ハンバーガーが広まりつつあり、一昔前では考えられないほど専門店も増えた。そんなハンバーガーショップを余すことなくご紹介していくのが、この『最強ハンバーガー決定戦』だ。第2回は原宿の『ザ グレートバーガー』を取り上げたい。

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第1回:まさに聖地! 人形町「ブラザーズ」を知らずしてグルメバーガーを語ることなかれ

いま、空前のハンバーガーブームが押し寄せている。本場アメリカからは「シェイクシャック」や「カールス・ジュニア」が上陸し、街を見渡せば一昔前は考えられないほどハンバーガー専門店が増えた。「ハンバーガー = 大手ファストフード店」という時代は過ぎ、本格的なハンバーガーが日本に文化として根付こうとしているタイミングなのかもしれない。

そんな本格派ハンバーガーショップを、片っ端からご紹介していくのがこの企画「最強ハンバーガー決定戦」だ。記念すべき第1回はグルメバーガー好きの聖地ともいうべき、東京は人形町の『ブラザーズ(BROZERS’)』をご紹介したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3