「ディズニーマニア」にまつわる記事

【ガチ実話】「ディズニーマニア」と「アナと雪の女王2の監督」が出会ったら奇跡が起きた話

冒頭からブチかますが、この記事の終盤にはガチ奇跡が記されている。ちょっと普通では考えられないことが起きてしまったので、ありのままを隠さずにお伝えしたい。

今回 “ディズニーマニア” こと田代大一朗がインタビューしたのは、2019年11月22日に公開される映画『アナと雪の女王2』で監督を務めた「クリス・バック」と「ジェニファー・リー」の両名である。会場へ向かう途中、ディズニーマニアも気づいていなかったハズだ。ほんの少し未来に起きる奇跡のことを──。

続きを全部読む

【名言】「アナと雪の女王2」を観て納得いかない点がチラホラ → ディズニーマニアの解答が鉄壁すぎて詰んだ

2019年11月22日、映画『アナと雪の女王2』が公開される。劇場公開版アニメーション作品としては異例の「2」となる本作。ご存じの通り、日本のみならず世界中で大ヒットを記録した「アナと雪の女王」の続編である。

今作のテーマはズバリ「なぜエルサに力が与えられたのか?」だが、試写会で一足先にアナ雪2を観た私(P.K.サンジュン)は率直にいくつかの疑問が残った。そのことをディズニーマニアに聞いたところ、完全に論破されてしまったのでご報告したい。

続きを全部読む

【ガチ】ディズニーマニアが選ぶディズニークリスマスの注目ポイントTOP3「イケメンすぎるグーフィー」「夢と魔法が1番輝く夜」など

ディズニーの夢と魔法が一番輝く季節、それがクリスマス。

11月8日から東京ディズニーリゾートでは、クリスマスイベントが開催された。個人的にはクリスマスはディズニーの本気が見られる季節だと思っており、毎年ハロウィンが終わったあたりからディズニーのクリスマスを思い浮かべてはワクワクソワソワしている。

続きを全部読む

【ガチ】ディズニーマニアが選ぶディズニーシーのハロウィーン注目ポイントTOP3「愛あふれるコスプレ」「ダークで妖しい魔女ショー」など

秋の楽しみなイベントといえば紅葉、キノコ狩り、そしてハロウィーン! 今年も全国各地でさまざまな趣のハロウィーンが行われるだろうが、みんなが笑顔になれるキュートなハロウィーンといったらやっぱりディズニー!

ということで、9月10日スタートのディズニーハロウィーンを体験してきた。今年から東京ディズニーシーでスタートとする新ショーが気になりまくり、シーに行ってきたのだが、パーク全体に漂う予想外の “妖しい” 空気にシビれた。

これまでとはひと味違う東京ディズニーシーのハロウィーンを楽しむヒントとして、ディズニーマニアの私が独断と偏見でおすすめポイントを3つ選んでみたので、ぜひ参考にしてみてほしい。いや~、今年のディズニーハロウィーンはこう来たか!

続きを全部読む

【衝撃】「ファンタズミック!」終了をディズニーマニアはどう思っているのか? 聞いてみたら流石すぎる回答が…

2019年8月26日、ディズニーファンに衝撃が走った。2011年から東京ディズニーシーで公演されている超人気エンターテイメントショー『ファンタズミック!』が、2020年3月25日を持って終了すると発表されたのだ。

ランドが「エレクトリカルパレード」ならば、シーは「ファンタズミック」……。ある意味で東京ディズニーシーを象徴するショーだっただけに衝撃は大きい。この一件についてディズニーマニアはどう思っているのか? さっそく聞いてみることにした。

続きを全部読む

【天才の頭の中】ディズニーマニアが『ライオン・キング』の天才監督にガチ質問「いい映画を作るには?」→ 手本は “あの日本映画巨匠” だった!

今もなお世界中の人に愛される不朽の名作『ライオン・キング』。その “超” 実写版が8月9日に公開される。

フルCGで作られた今作を一足先に観てきたのだが、あまりのリアルな映像に度肝を抜かれた。風に吹かれて揺れるライオンのたてがみ、豪快かつ優雅に宙を舞う滝のしぶき、そして壮大なサバンナの大地を美しく照らす日の出。その全てがあまりにリアルで、手を伸ばせば、スクリーンの動物たちや草花に触れられるのではないかとさえ錯覚したほどだ。

そのとんでもない作品を監督した人物に、今回なんとインタビューできる機会をいただいた。彼の名はジョン・ファヴローさん。天才とも称されるファヴローさんに、心臓をバクバクさせながら質問してきたので、そのインタビュー内容をぜひ見てほしい!

続きを全部読む

ディズニーマニアが語る新ステージショー『ソング・オブ・ミラージュ』の最大の魅力「これぞディズニーの王道冒険ストーリー!」

最近なんだかワクワクできてないという人は、ぜひ東京ディズニーシーの新しいステージショー『ソング・オブ・ミラージュ』を観てほしい。

2019年7月23日(火)、東京ディズニーシーのハンガーステージにおいて新ショー『ソング・オブ・ミラージュ』がスタートした。運よく一足先に鑑賞してきたのだが、観ている間ずっとほほ笑みっぱなしだった。そして感動のフィナーレを迎え、すべてを観終わったあとは「なんだか明日が楽しみ♪」「冒険に出たい!」というキラキラとした気持ちがいつの間にか芽生えていた。

そんな幸せな気持ちになれたのも、童心を思い出させてくれるディズニーらしい冒険ストーリーのおかげ。今回は『ソング・オブ・ミラージュ』のストーリーの魅力について、3つの観点から話していきたい。

続きを全部読む

【えっ】ディズニーマニアが語る『ライオン・キング』の見どころがヤバすぎた「ディズニー史上もっともセクシーなシーンがあります」

2019年7月19日、つまり本日! 21時からフジテレビ系列でアニメーション映画『ライオン・キング』が放送される。8月9日には実写版「ライオン・キング」が公開されることから、日本でもジワジワとライオン・キング熱が高まりそうだ。

さて、ライオン・キングといえばディズニー映画史に残る超ヒット大作であり、1度くらいはご覧になったことがある方も多いことだろう。そんな定番中の定番映画をディズニーマニアはどう見るのか? 軽い気持ちで聞いてみたところ、想定外のアンサーがあったのでご報告したい。

続きを全部読む

【実話】ディズニーマニアが「トイ・ストーリー4のプロデューサー」に言えなくて後悔しているたった1つの言葉

のっけから青臭いことを言うようで恐縮だが、もしかしたら “純粋な想い” より強いものはこの世にないのかもしれない。というのも、当サイトの “ディズニーマニア” こと田代大一朗の快進撃が止まらないからだ。

ディズニーにピュアピュアな想いを抱き続ける田代は、今年に入ってからだけでも「メリー・ポピンズ リターンズ」のエミリー・ブラント、「ダンボ」のティム・バートン監督、さらには「アラジン」のウィル・スミス……と、数々の大物に辿り着いている。そして今回はなんと『トイ・ストーリー4』のプロデューサーと出会ってしまった。

続きを全部読む

【ピュア神】『トイ・ストーリー4』を観たディズニーマニアがとんでもないことを言い出した件

2019年7月12日、映画『トイ・ストーリー4』が公開される。トイ・ストーリーといえば言わずと知れたピクサースタジオの大ヒット作。ここまでシリーズが続いている作品は、ディズニー映画の中でも非常に少ない。つまり、メチャメチャ人気があるということだろう。

つい先日、その『トイ・ストーリー4』のマスコミ向け試写会に私、P.K.サンジュンとディズニーマニア田代は足を運んできた。普段から暴走しやすいディズニーマニアだが、今回の暴走はレベルが違う。正直、私は映画を観終わった直後の田代が何を言っているのかサッパリわからなかった。

続きを全部読む

【ガチ】ディズニーマニアが選ぶディズニー七夕の注目ポイントTOP3「激うま濃厚ミルクティー」「思わず泣いちゃうグリーティング」など

夏の到来を今か今かと待ちわびているそこのあなた、何か大切なイベントをお忘れではないだろうか。彦星と織姫、いや……ミッキー彦星とミニー織姫にお目にかかれるディズニー七夕を迎えずには、夏は始まらないぞ!

6月6日(木)から7月7日(日)までの間、 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは「七夕イベント」が開催される。浦安市に引っ越してしまうほどディズニー大好きの私は早速ディズニー七夕を体験してきたのだが、今年の七夕はいつもの七夕とはひと味違った!

続きを全部読む

【スゴイぜ】あのウィル・スミスを感心させた「ディズニーマニアの質問」がコレだ! 映画『アラジン』の記者会見にて

2019年6月7日、いよいよ映画『アラジン』が公開される。「ジーニーがウィル・スミス(笑)」なんて小馬鹿にしていた記者だが、試写会で同作を観てビックリ仰天! あまりの面白さに「もう1回観に行く!!」と手のひら返ししたことは以前の記事でお伝えした。

まあ、とにかく映画『アラジン』はエンターテインメント作品として極上なワケだが、その中心にいたのはやはり “ジーニー” を演じたウィル・スミスだ。そのウィル・スミスの記者会見にディズニーマニアと出かけたところ、まさかあんな展開になってしまうなんて……! スゴいぞ、ディズニーマニア!!

続きを全部読む

【ガチ】ディズニーマニアと素人が「実写版アラジンは絶対に観るべき!」と口を揃えるたった1つの理由

2019年6月7日、映画『アラジン』が公開される。ディズニー史に残る超ヒットアニメーション大作『アラジン』が実写化することで話題の本作だが、もうここで結論を述べてしまおう。どんな不安があろうとも「実写版アラジンは絶対に観るべき作品」だと──。

かくいうディズニー素人の私、P.K.サンジュンも映画を観る前はメチャメチャ不安だった。「ウィル・スミスがジーニーって(笑)」と小馬鹿にしていたことも正直に告白しておきたい。だがしかし、私はもう1度映画館に足を運ぶだろう、それくらい『アラジン』は傑作であった。

続きを全部読む

【質問】ミッキーはなぜ「指が4本」なの? 教えてディズニーマニア:第1回

ディズニーを愛し、ディズニーに愛された男──。人は尊敬の念を込めて彼のことをこう呼ぶ……「ディズニーマニア」と。世界には多くのディズニーマニアが存在すると思われるが、当編集部の田代大一朗も文句なしのディズニーマニアである。

そんな田代にディズニーに関する疑問をぶつけ、答えを教えてもらおうというのがこの企画『教えてディズニーマニア』である。第1回目となる今回は、ミッキーを始めとする「ディズニーキャラクターの指が4本の理由」について聞いてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【ガチ】ディズニーマニアが選ぶディズニー・イースターの注目ポイントTOP3「ミッキーの新しい顔」「衝撃デビューの新キャラ “うさピヨ”」など

みんな、春が来たぞーー! カラフルで可愛くて楽しい春が来たぞーーーッ!!

桜の開花と並び、幸せな春の訪れを知らせる一大イベント「ディズニー・イースター」が4月4日から6月2日まで東京ディズニーリゾートで開催される。一足先にディズニー・イースターを体験してきたのだが、やっぱりいいですな、ディズニーの春イベントは!

続きを全部読む

【緊急事態】ディズニーマニアが「ダンボ」のティム・バートン監督に質問したら会場の空気が凍り付いた

2019年3月29日、映画『ダンボ』が公開される。これは名作として知られるアニメーション映画「ダンボ」を約80年ぶりにリメイクしたもので、実写映画であること、そして監督を鬼才「ティム・バートン」が務めたことでも話題だ。

そのティム・バートン監督に……当サイトのディズニーマニア「田代大一朗」が……出会った。都内で行われた記者会見に潜入したディズニーマニアは、ティム・バートン監督への質問に成功! だがしかし、現場の空気が凍り付いていたことにディズニーマニアは気付いていない──。

続きを全部読む

【暴走】ディズニーマニアと映画「ダンボ」の試写会に出かけた結果…

ディズニーを愛し、ディズニーに愛された男、それが「ディズニーマニア」である。当サイトの田代大一朗はどこに出しても恥ずかしくない超1流のディズニーマニアで、何か行動に迷ったときは「ミッキーならどうするか?」を考えるというから驚くしかない(実話です)。

そんなディズニーマニアとこの度、映画『ダンボ』の試写会に足を運んできた。結論から言うと、やはりディズニーマニア……というより田代の感受性はヤバい。映画に感激した田代は、常人には想像できない “思いもよらぬ行動” に打って出たのだ。

続きを全部読む

【ピエール瀧】ディズニーマニアが次の「オラフ役」の声優に求めるたった1つの条件

2019年3月12日、ミュージシャンで俳優のピエール瀧が麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕された。日本最強クラスのマルチタレントであり、抜群の好感度の高さも誇っていただけにそのショックは大きい。

そんなピエール瀧の逮捕に動揺を隠せない男が当編集部にいた。“ディズニーマニア” こと田代大一朗である。ピエール瀧は「アナと雪の女王」にて雪だるまの「オラフ」の声優を務めていたが、果たしてディズニーマニアはいま何を思うのだろうか?

続きを全部読む

【検証】「ディズニーがトラウマな男」と「ディズニーマニア」が東京ディズニーシーに行った結果…

夢と魔法の国、東京ディズニーランド。その魔法にかかり、自分自身が魔法使いになってしまった男が当編集部にいる。彼こそが人呼んで “ディズニーマニア” こと田代大一朗、本籍地はガチな話、東京ディズニーランドだ。

彼はこれまで「体がディズニーランドを受け付けないおっさん」や「2歳児」を相手に、完璧なディズニーツアーを披露してきたが、今回の相手は強敵である。彼の名は中澤星児──。東京ディズニーランドにトラウマを持つ男だ。

続きを全部読む

初めてディズニー映画『アラジン』を見た結果、別の意味で泣けた「世の中ってマジでクソだ……」

世の中ってマジでクソだ……私(中澤)が『アラジン』を見てそんな気持ちになった話をしたい。

ディズニー映画の代表作の1つ『アラジン』。言わずと知れた大ヒットアニメだが、36歳である私(中澤)は本作を見たことがなかった。理由は簡単で「子供向け」だと思っていたから

だが、先日、友人のディズニーマニア・田代が本作を激推ししてきた。田代いわく「大人でも感動する」とのこと。そこで初めて本作を見てみたところ……別の意味で泣いた

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2