ついに9月28日(月)、東京ディズニーランドに新エリアがオープンする。その新エリアをひと足先に体験できる機会が舞い込んできたので、心臓をバクバクさせながら、さっそく行ってきた。

そして泣いた。涙が止まらなかった。想像を超える “魔法” がそこにはあり、そんな素敵な場所を作ってくれた人たち、支えてくれる人たちにただただ感謝した。この記事では、浦安に住むほどのディズニーマニアである私(田代)が体験した新エリアの魅力を少しでもみなさんにお伝えできればと思う。

・誰かの笑顔のために

結論から言おう。私が涙した理由、それは「ここを訪れる人を笑顔にしよう」というとてつもなく真っ直ぐで、温かい思いやりで新エリアが溢れていたからだ。

「誰かのために頑張るって美しい」とあんなにも思わせてくれる空間は、他に探してもなかなかない。細かいところまでコロナ対策をしながら、来てくれる人たちに笑顔を届ける。そう、新エリアでは “誰かの笑顔のために” が随所で感じられるのだ。

・思いやりが詰まった新エリアの施設

今回東京ディズニーランドの新エリアに行って体験した施設は、大きく言って4つ。

1つめは世界のディズニーテーマパークで初めて、映画『ベイマックス』をテーマにしたアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」。2つめは東京ディズニーリゾートで初めてとなるポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」。3つめはランド初のミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」

そして4つめは世界のディズニーファンの注目を集める、映画『美女と野獣』をテーマとした日本オリジナルのアトラクション「美女と野獣 “魔法のものがたり” 」

隣に座った人と大はしゃぎできる「ベイマックスのハッピーライド」には大事な人との時間を笑って楽しんでほしいという思いやり、好きなポップコーンバケットに好きな味のポップコーンを入れられる「ビッグポップ」には自分らしさを楽しんでほしいという思いやり、季節ごとにオシャレ衣装を着こなすミニーと会える「ミニーのスタイルスタジオ」には好きなキャラクターとの出会いを楽しんでほしいという思いやりが詰まっていて、この3つの施設を回った後は胸が熱くなっていた。

・感動の積み重ねで涙腺崩壊

そして待ちに待ったアトラクション「美女と野獣 “魔法のものがたり” 」。日本オリジナルのアトラクションということで、どうしても期待してしまう。自分は過剰に期待しすぎているのではと一抹の不安を抱えながら、アトラクションのストーリーが始まる最初の部屋に入った。

映画『美女と野獣』をそのまんま再現した空間のなか、ストーリーが語られ、あっという間に夢と魔法の世界へと引き込まれていく。気づくと、目頭が熱くなっていた。

自分はあの美女と野獣の世界のなかに入っていくんだ。そう思うだけで、なんだか泣けてくる。

目をウルウルさせながら、アトラクション乗り場で魔法のカップに乗り込む。扉が開き、美女と野獣の物語が始まると……涙が次から次へとこぼれていた。

だって夢にまで見た美女と野獣の世界で自分が生きてるんだもん! 美女と野獣の世界を体験するのではなく、美女と野獣の世界の住人になる。そんな感覚が味わえるなんて……こんなの魔法以外のなんでもない。

こんな最高の魔法を作ってくれた人たち、そしてその魔法を多くの人に届けようと頑張ってくれる人たちの努力と優しさを思うと、さらに涙がこぼれてくる。新エリアのために頑張ってくれたみなさん、そして頑張っているみなさん、本当にありがとうございます。

・いつか体感してほしい

コロナの影響でさまざまな制限のもと運営される東京ディズニーランド。もし入園する機会があったら、ぜひ新エリアにも足を運んでみてほしい。

そこにはたくさんの人の情熱と思いやりがキラキラと輝く、美しい世界が広がっている。そしてディズニーランドから帰るころには、きっと心のどこかでこうつぶやいていることだろう。


「魔法って本当にあるんだなあ」


Report:田代大一朗
Photos:RocketNews24.

▼久しぶりに東京ディズニーランドにキターーーッ!!!!

▼まずは新エリアにできた「ベイマックスのハッピーライド」に乗るぞ

▼これは世界のディズニーテーマパークで初めて、映画『ベイマックス』をテーマにしたアトラクションなのだ

▼想像以上の遠心力でぐるんっぐるんっと回され、乗っている間ずっとキャッキャッ笑ってた! 

▼この施設を開発者したのは、映画の登場人物 “ヒロ” 。ヒロのお兄ちゃんが抱いていた「人を助けたい」という思いがアトラクションに込められているんだとか……泣ける

▼次に向かったのは、東京ディズニーリゾートで初めてとなるポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」

▼なんか宇宙ステーションみたい!

▼好きなポップコーンバケットを選んで……

▼好きな味のポップコーンが入れられる

▼ストロベリーミルクが自分の好みの味すぎて、この表情♪

▼そうそう! ポップコーンのレギュラーボックスには、隠れミッキーがいるぞ

▼続いて訪れたのは、ランド初のミニーちゃんと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」

▼ミニーちゃんは、世界で活躍するファッションデザイナーという顔も持っているのだ

▼ここでデザイン画を作ったり……

▼衣装の裁縫をしたりしているらしい。スタジオまで可愛いなんて、さすがミニー様!

▼そしてついにやってきた! 映画『美女と野獣』をテーマにしたエリアだ

▼再現度が高すぎて、見てるだけで鳥肌が立ってくる……

▼これはベルのお父さんがお城から町に運ばれるときに、ビーストに乗せられた馬車じゃないか! 

▼好きな作品の世界に来たと思うと、テンション上がる~!

▼お腹が空いてきたので、ガストンの酒場をモチーフにしたレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」に立ち寄ってみた

▼うわあ~! まんまガストンの酒場やないかいッ!!

▼ガストンが獲得したトロフィーの数々

▼アップルキャラメル味の「ル・フウズ・チュロス」が美味しかった~!

▼グッズショップ「ビレッジショップス」も要チェックだ

▼『美女と野獣』ファンにはたまらないグッズがいっぱい

▼ベルグッズ、可愛いよねえ~

▼個人的に気に入ったグッズ。ガストン、やっぱり憎めない♪

▼なんだ、この可愛いすぎるレジは!

▼ここで本を読み漁りたい……

▼お店の外には「Musique A&M」と書かれた看板が。これは映画『美女と野獣』の曲を作ったハワード・アシュマン(頭文字のA)&アラン・メンケン(頭文字のM)を称えるために作られたんだと思う……ディズニーのこういうところ、好きやわぁ!

▼よーし、じゃあついに『美女と野獣』のお城を見に行くぞ

▼どれどれ、どんな感じに仕上がって……

▼スゲーーーッ!! 本当におとぎ話に出てくるお城、そのまんまじゃないか! ちなみに高さは約30m

▼お城のなかにあるアトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」を体験

▼『美女と野獣』をテーマとした日本オリジナルのアトラクションで、世界のディズニーファンが注目している

▼随所にコロナ対策が!

▼アトラクションの乗り物である魔法のカップにもコロナ対策が施されている。多くの人に笑顔を届けるための工夫と努力、本当にありがとうございます

▼魔法のカップを待っている間に、キャストさんがお城の従者さんポーズを教えてくれました。行ったら、みんなもやってみてね♪

▼アトラクションに乗り終えた後の表情。本物の魔法がそこにはあり、乗っているあいだ涙が止まらなかった……

▼なんともいえない妖艶な空気をまとう夜のお城

▼ “誰かの笑顔のために” が詰まった東京ディズニーランドの新エリア。きっとたくさんの素敵な思い出がここで生まれていくことだろう