「セレブ」にまつわる記事

俳優オーランド・ブルームがジャスティン・ビーバーに一撃パンチ!! 世界のセレブを巻き込んでオーランド派 vs ジャスティン派の大論争に

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで大ブレイクしたイケメン俳優オーランド・ブルームが人気歌手ジャスティン・ビーバーをパンチしたというニュースが飛び込んできた!!  原因はジャスティンが、オーランドの元妻でスーパーモデルのミランダ・カーに対して失礼なコメントをしたためらしい。

しかも騒動はそれだけで終わらなかった。なんと多くのハリウッドセレブが、どっちの肩をもつかで「オーランドチーム V.S. ジャスティンチーム」に分かれて、Twitter で盛り上がっているというのである。一体、二人の間に何が起こったのか。まずは、動画「Justin Bieber Punched By Orlando Bloom During Fight!」で、問題のシーンを確認してみよう。

続きを全部読む

330万回リツイートされた記録破りの「究極の自撮り写真」がスゴ過ぎる! さらに驚きの結果を生むことに

世界的映画の祭典、アカデミー賞授賞式で撮影された自撮り写真が「大物スターが集結しすぎだろ!」と注目を集め、あっという間に記録破りのリツイート数を達成し大きな話題となっているのだ。しかもさらにスゴイのは、そこから驚きの結果が生まれていたのである!

続きを全部読む

これであなたも船のオーナーに!? まるでプラモデルのような手作りボートキット

自分の船を持つ。まるでセレブのようなその響きに、憧れている方も少なくないはず。でも現実的に考えて、コレって相当ハードルが高いことですよね。

でもね、オーストラリアの『The Belmain Boat Company』が販売している手作りボートキット『BBCo Classic Rowboat Kit』さえあれば、およそ16万円であなたも船のオーナーになれちゃうの!

続きを全部読む

「有名人の気分を味わってみたい」ひとりの平凡な男の想いでニューヨークがまさかのカオス状態に!

一度でいいから有名人の気分を味わってみたい……そう思ったことはないだろうか。そんな一般人のちょっとした好奇心を実際に行動に移した男がいる。そのときの様子を捉えた動画「Fake Celebrity Pranks New York City」が、いま海外ネットユーザーのあいだで話題だ。

続きを全部読む

セレブな子ども服ブランドがセレブな地に進出 / いい服が一着あると、お下がり可能で結果的にはオトク!

大人用のファッションに様々なブランドがあるように、子ども服にもピンからキリまで様々なブランドが存在するが、なかでも最高級子ども服ブランドのひとつとして有名なのが「マリーシャンタル」である。

設立したのはギリシャのマリー・シャンタル王太子妃。クラシックで時代を問わないデザインが特徴の同ブランドは2001年に誕生し、アメリカやロンドンやアテネの高級デパートに出店中で、ノルウェー皇太子妃やマリー・デンマーク王女など、世界中のセレブママたちを中心に多くのファンから支持されている。

続きを全部読む

お教えしよう、これがガリガリ君の上品な食べ方だ!

もう夏本番、7月を前にしてすでにバテ気味の方もいるかもしれない。暑さが続くとどうしても手が伸びてしまうのが氷菓だ。なかでも国民的な人気を誇る「ガリガリ君」は、豊富なテイストと手ごろな値段で長年支持を集めている。

とてもおいしいアイスキャンディーなのだが、ゆっくり味わっていると暑さで融け出してしまい、手がベタベタになってしまったという経験はないだろうか。できれば手を汚さずに食べたいという方のために、上品な食べ方をご紹介しよう。この方法であれば、手を汚すことは絶対になくなるぞ。

続きを全部読む

映画『ハリー・ポッター』のハーマイオニー役で一躍有名になったエマ・ワトソン。2001年の第一作目公開以来、ハリポタと共に歩んできた彼女は、役作りのために10年間もの間ロングヘアーを維持してきた。しかし最終章の撮影が終わった昨年8月、突如ショートヘアに大変身。世界中のファンをアッと驚かせたことは記憶に新しい。

そんな彼女はつい先日、英ELLE誌が主催するエル・スタイル・アワードで、最も名誉ある「2011年度スタイル・アイコン賞」を受賞した。ファッション界からも熱い視線を集めているが、世界中のセレブ・メディアは、その授賞式でエマがコメントした「今、髪を伸ばしているの。早く伸びないかなァ」発言に大注目。髪を切っても伸ばしても、エマの影響力は絶大だ。

さて、そんなエマの髪型について、海外ブログで興味深いアンケートをとっていたのでご紹介したい。題して「Emma Watson: Her Best Hair?(エマの髪型、どれがいい?)」である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4