「サイゼリヤ」にまつわる記事

【朗報】サイゼリヤの新メニュー『ラムのランプステーキ』はサイゼ史に残る肉の塊だった! ミディアムレアで肉喰らってる感がすげぇ!!

自他共に認めるサイゼリヤ信者の私(あひるねこ)は、サイゼの特に居酒屋としてのポテンシャルに絶大な信頼を寄せている。しかし、そんな私でも『リブステーキ』とは多少の距離を置いていることを告白せねばなるまい。

あのステーキって、サイズは大きいんだけどなんか薄くて食べ応えがないんだよな。税込1000円という値段に見合っているとは、私にはどうも思えない。だから2021年3月17日に発売された新メニュー『ラムのランプステーキ』にもあまり期待していなかったのだが……。

結論から言おう。これはサイゼ史に残る肉の塊である!

続きを全部読む

【緊迫】サイゼリヤ初となる『アレンジレシピ本』が発売されるも、その内容に自称サイゼのプロ大激怒!「どう考えてもおかしい!!」

どうしてこんなことになったのか? サイゼリヤ初となるアレンジレシピ本『メニューの組み合わせで生まれた54品 サイゼリヤで神アレンジ! 激ウマかけ算ごはん(税込900円)』が2021年3月8日、扶桑社より発売されたのだが、この本が一部で物議を醸(かも)しているのだ。

といっても、醸しているのは当サイトの人間たった2名である。一部すぎるだろ。この際ガン無視してしまっても一向に構わないと思いつつ、ピーピーうるせぇので話だけ聞いてみることに。彼らは一体何に怒っているのだろうか?

続きを全部読む

【神降臨】サイゼリヤ店舗限定メニューの「フレンチトースト」がとろとろすぎて舌が溶け失せるレベル! 展開店舗はここだ!!

フレンチトーストには2つの派閥があるように思う。ふわっと乾いた部分としっとりした表面の違いを楽しむバランス派と、しみしみでパンの食感が消えていれば消えているほど良しとするとろとろ至上主義者だ。

私(中澤)はとろとろのフレンチトーストを愛している。もっと! もっとだ!! まだいける! よりひたひたでしみしみでとろとろに!! 常にそんな気持ちでフレンチトーストと向かい合っているわけだが、私と同じくとろとろ至上主義者であればサイゼリヤのフレンチトーストは最高なはず。ジーク・とろとろ!

続きを全部読む

ココスの新メニュー「オーブン焼きカルボナーラ」は、サイゼリヤの「ミラノ風ドリア」と戦えるはず! その理由について

「サイゼリヤ」といえばミラノ風ドリア、「ガスト」といえばチーズINハンバーグ。では、ココスと言ったらナニ? どこのファミレスでもそのお店を象徴するメニューが存在するのに、ココスにはそれがない。少なくとも私(佐藤)には浮かばないのだよ。

この冬は高さ26センチの巨大パフェ「クイーンいちごパフェ~ピスタチオソースとともに~」で戦っていけると思うけど、その先はどうするのか? ココスの将来を勝手に心配した私は、コレを推すべきではないかというメニューを発見した。それはオーブン焼きカルボナーラだ。これを主力にすべきではないか、ココスよ……。

続きを全部読む

サイゼリヤのピザを「コスパ良い」とか言うヤツは素人! 意識の高いプロは『シャトレーゼ』で買う

ここ数年のうちに、コスパ最強レストランとしての地位を不動のものにしつつあるサイゼリヤ。ミラノ風ドリアや辛味チキンが税込300円、おまけにワインがめちゃ安いという隙のなさを考えれば、そうなるのは自然のことかもしれない。

しかしながら、サイゼリヤのメニューを1つ1つ見ていくと “弱点” とも言えるジャンルが目につくのもまた事実。たとえば、ピザはその1つではないだろうか。サイゼリヤのピザは安いが、味と値段を考えると最強とは言い難い。というか……

続きを全部読む

スペシャル感が半端ないサイゼのラムシャンクとワインのセットが凄かった / 25店舗にてテイクアウト専用で2000本限定販売

2020年12月12日から25店舗のサイゼリヤ限定で、とても気になる商品が販売開始となった。ワインのボトルとラムシャンク(ラムの骨付きすね肉)のセットだ。

テイクアウト専用で、お値段は税込み5000円から。しかも2000本限定だという。値段も提供数もスペシャル……ッ! これは期待せずにいられない。さっそく食べてみたぞ!

続きを全部読む

【朗報】サイゼリヤの「イタリア風もつ煮込み」がいよいよ全国販売開始! この冬のサイゼの気合いはヤバい

この冬のサイゼリヤはヤバいかもしれない。もちろんいい意味でだ。2020年12月9日、サイゼリヤは冬のグランドメニューの改定を行った。その目玉は大人気「辛味チキン」が巨大サイズになった「骨付きもも肉の辛味チキン」であるが、実はもう1つ見逃せない新メニューが登場していることをご存じだろうか?

そう、それこそが『イタリア風もつ煮込み』である。これまでは千葉県と大阪府の一部店舗でしか販売されていなかった同メニューが、満を持して全国販売を開始した。ズバリ、この冬のサイゼリヤは本気だ。

続きを全部読む

【朗報】サイゼリヤの「辛味チキン」が冷凍(約40ピース)になって店頭販売スタート! これでいつでも食べられるぞォォォォオオオ!!

個人的にサイゼに行って必ず注文するのが「辛味チキン」だ。「ミラノ風ドリア」はあまり頼まないが、あのチキンに関してはまず間違いなく注文すると言っていい。ワインなどを飲む際はなおさらである。やはりあれがないと始まらないだろう。

そんな我らが大正義「辛味チキン」が、なんと冷凍の状態で店頭販売されていることをご存知かな? 実は昨日2020年12月1日よりサイゼ全店に登場したのだ。しかも入っているチキンの数……まさかの約40ピース! 多ッ!!!! これは自宅でサイゼ祭り不可避!

続きを全部読む

【美味い】サイゼの「やわらかお肉といろどり野菜のポトフ」を食べてみた / 牛すね肉のカタマリと溶ける手羽、野菜がウマいスープに癒された

2020年10月28日から、サイゼリヤが期間限定で『やわらかお肉といろどり野菜のポトフ』の販売を開始した。お値段は税込みで850円。サイゼのメニュー内ではなかなかに高額な部類。

300円でミネストローネもあるし、ピザなら2枚はイケる値段だ。サイゼなので、味については間違いなくウマいのだろう。しかし、その他の要素については値段に見合うものなのか気になるというもの。さっそく食べてみたぞ!

続きを全部読む

【サイゼリヤ】大阪と千葉の一部店舗限定「イタリア風もつ煮込み」が激ウマすぎた! ミッキーがお忍びで食べに行くレベル!!

日本最強イタリアンレストランチェーン、サイゼリヤ。大人気の「ミラノ風ドリア」を筆頭にこれまで数々の傑作メニューを世に送り出しているが、2019年度のベストメニューは羊の串焼き「アロスティチーニ」であろう。

アロスティチーニのウマさは瞬く間に世に知れ渡り、一時は販売を休止したほどの人気を博しているが、今年2020年のベストメニューは間違いなく『イタリア風もつ煮込み』だと断言しよう。そのウマさは歴代のサイゼリヤのメニューの中でも指折り──。心から「ありがとう、サイゼリヤ」と言わせて欲しい。

続きを全部読む

【発明】サイゼリヤの食事用マスク『しゃべれるくん』が凄まじく食事しにくい → つけ方を変えるだけで解決することが判明

2020年8月7日、ネットを震撼させたサイゼリヤの食事用マスク『しゃべれるくん』。サイゼリヤの社長いわく「コストは最小限に抑えた」というそのマスクの外見に、全報道陣がザワついたことは以前の記事でお伝えした通りだ。あれから1カ月。私(中澤)は、この度初めてしゃべれる君をつけたのだが……これめっちゃ食事しにくいやん

サイゼをディスるつもりは毛頭ないし、むしろその姿勢はリスペクトすらしているのだが、それはともかくこれめっちゃ食事しにくいやん!! まだプロトタイプとのことだし、「特許の取得はせずみんなで良いマスクにしていきたい」と発表していたため、食事しやすくしてみたぞ

続きを全部読む

【大食い検証】サイゼリヤで10万円分食べられるのか? 精鋭8人でリベンジした結果 → 衝撃の事実が発覚…!第4回「10万円食べるもんズ」

もし目の前に1万円札が10枚あったら、あなたなら何に使うだろうか。新しい服? ゲームに課金? それとも貯金? 我々ロケットニュース24はというと、すでに決まっている。10万円分食べる──。そう、そのために結成されたのが「10万円食べるもんズ」なのだ。

今から約2年前、我々「10万円食べるもんズ」が最初の対戦相手に選んだのがサイゼリヤだった。ところが死力を尽くしたにもかかわらず、結果は合計2万3048円とまさかの完敗。サイゼの壁の厚さを思い知らされたワケだが……やはりこのままでは終われないだろう。そこで今回は、参加人数を当時の2倍に増やしてサイゼにリベンジを果たしたい。

続きを全部読む

サイゼリヤに「ラムときのこのきこり風」新登場! ディアボラソース付きで大勝利待ったなし!! …かと思いきや

みんな大好きサイゼリヤが、いよいよ本格的に “ラムゼリア化” してきたようだ。2020年9月9日、サイゼリヤは秋のグランドメニューの導入に伴い『ラムときのこのきこり風』の発売を開始した。

これは一時販売休止するほどの人気を博した「アロスティチーニ」、そして6月に登場した「ラムと夏野菜のバーベキュー」に続くラムメニューの第3弾。果たして新メニュー『ラムときのこのきこり風』の実力やいかに? さっそく食べてきたのでご報告しよう。

続きを全部読む

【意外】サイゼリヤ、ガスト、デニーズのミートスパゲティを食べ比べてみた結果 → コスパはサイゼの1人勝ちだがパスタがウマイのはここだった

食べ比べる前からサイゼリヤの1人勝ちだとは思っていた。なにしろ、サイゼリヤはイタリアンレストラン。パスタはサイゼの土俵である。

だが、実際に動いてみると、イメージと現実は食い違うことの方が多いのも世の常だ。そこで念のため、サイゼリヤ、ガスト、デニーズのミートスパゲティーを食べてみたところ、やはり想像とは全然違う結果に。コスパ1位は確かにサイゼリヤだが、激ウマなのは別の店だったのである

続きを全部読む

サイゼリヤ、ガスト、デニーズのハンバーグを食べ比べてみた結果 → サイゼのコスパがヤバすぎた

マクドナルドのレギュラーセットが700円近くする時代。そう考えると、ファミレスのハンバーグは安い。明らかにマクドナルドのパティよりデカくてウマイのに500円前後だったりする

そんな安めのファミレスハンバーグに違いはあるのだろうか? サイゼリヤ、ガスト、デニーズの最安ハンバーグを食べ比べてみた結果……サイゼのコスパがヤバイ

続きを全部読む

【超難解】サイゼリヤのレジ横にある「大人の間違い探し」がムズすぎる件! まさかの左右反転で三半規管を狂わせる鬼仕様

サイゼリヤがキッズメニューに忍ばさせた罪深き罠、間違い探し。その鬼畜なまでの難しさから、あれを “大人向け” と表現する者は多いように思うが、実はサイゼには真の「大人の間違い探し」が存在することをご存じだろうか?

と言っても、それはテーブルのメニュー立てには挟まっていない。レジ横で無謀な勇者の挑戦をただ一人、静かに待っているのである。その有無を言わせぬ迫力はさながらドラクエの裏ボス。さあ大人たちよ、覚悟するがいい。ここからが本当の間違い探しだ……!

続きを全部読む

【衝撃】サイゼリヤが食事用マスク「しゃべれるくん」を緊急発表! その正体に全報道陣がザワついた

新型コロナウイルスが収束の兆しを見せず、かつてない苦境に立たされている日本経済。観光業などと並び「かなりヤバいのでは?」と目されているのが「外食産業」だ。テイクアウトを展開しても本来の売り上げには程遠い……といった声があちこちから聞こえてくる。

そんな中、日本最大級のイタリアンレストランチェーン「サイゼリヤ」が、その名も『食事用マスク』を開発したとの情報をキャッチした。食事用……マスクだと? もしそれが画期的なマスクだとしたら、サイゼリヤは日本の救世主……いや、世界の救世主になるかもしれない。これは気になる。

続きを全部読む

【新メニュー】サイゼリヤに『冷製パスタ』が初登場! マニアも絶賛「シェフを呼んでくれ!!」

後に「2020年8月5日」は、サイゼリヤにとって伝説的な1日になるかもしれない。というのも、ウマすぎるのだ。8月5日から一部の店舗限定で販売を開始した2種類の『冷製パスタ』が、どちらも狂おしいほど激ウマなのである。

ミラノ風ドリア、辛味チキン、小エビのサラダ……などなど、サイゼリヤのメニューはどれも基本的にウマい。……が、今回の冷製パスタはそんなレベルじゃねえ! サイゼリヤマニアが「シェフを呼んでくれ!!」と言い出しかねない、超・圧・倒・的なウマさなのだ。

続きを全部読む

【神】シンガポールのサイゼリヤはサーモン祭りや! “生活コスト世界一” の国でもやっぱり俺たちのサイゼは圧倒的だった

“街が綺麗で物価が高い” というシンガポールのイメージは間違いじゃないが、「その限りというわけでもないぞ」と実際に訪れてみた私は感じたのである。ここは様々な人種が共存する国であり、それなりにゴチャゴチャしていたり物価が安いエリアも多いのだ。

もちろん日系人も例外ではない。中心部の『ドン・キホーテ』へ行けば「ここは新宿か」とマジで錯覚するほど日本製品の品揃えが豊富。日系外食チェーン店も数多く出店しており、つい懐かしくなった私はおなじみの『サイゼリヤ』へ入店してみた。

続きを全部読む

【待望】サイゼリヤの “ヤバイ粉” が『やみつきスパイス』としてついに単品発売! さっそく『辛味チキン』にかけてみたら最強になった

つい先日、一部のサイゼリヤ信者たちに激震が走った。ラム肉の串焼き『アロスティチーニ』に付いてくるあの “ヤバイ粉” が、『やみつきスパイス』という商品名で単品発売されることが明かになったからだ。姉さん、これは事件ですよ。

そして本日2020年7月1日、グランドメニュー改定と共に、ついに『やみつきスパイス』が正式解禁。サイゼが誇る至上の合法ドラッグが、まさかの税込50円という異様な安さで購入可能となったぞ。先程からなぜか体の震えが止まらないため、さっそく粉をキメに行ってきた!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4