「サイゼリヤ」の記事まとめ

【事件】サイゼリヤのグランドメニュー改定で一番ビビったこと → メニュー表に「〇〇してください」と書いてある

サイゼリヤが2024年2月21日、グランドメニューを改訂した。詳細については当サイトの記者・江川資具による現地レポートをご確認いただきたいが、もっとも注目を集めたのはやはり色が薄くなった『イカの墨入りセピアソース』だろう。

実際、この件はネットで大きな話題になっていたし、上記の記事でも特に力を入れて紹介されている。しかし、個人的に今回のメニュー改定でもっとも衝撃を受けたのは、料理ではなくメニュー表そのものであった。以下でお伝えしたい。

続きを全部読む

【悲報】サイゼから「無料オリーブオイル」がついに消滅…! 店員さんに頼んだら小皿で提供されて泣いた

今日という日を覚悟はしていた──。サイゼリヤがオリーブオイルの価格改定を発表したのが2024年2月21日。この時点で完全にフラグは立っていたと言っていいだろう。

つい先日。というか今日。いつも通りオリーブオイルを取りに席を立った私(あひるねこ)が見たものは、あまりにも残酷な現実だった。すべてのサイゼ愛好家は目をそらさずに以下をご覧いただきたい。

続きを全部読む

サイゼリヤの「1人用カウンター席」が天国すぎて住みたくなった! コンセント・Wi-Fi完備で仕切り付き!! 豪遊しながら仕事もできるぞ!

この世でもっとも天国に近い場所はどこか? と聞かれたら、あなたなら何と答えるだろう。私(あひるねこ)はというと、すでにもう決まっている。サイゼリヤの「1人用カウンター席」である。あれこそ地上の楽園だ。

学生やファミリーで賑わうサイゼに単身乗り込むことに抵抗がある人も中にはいるかもしれないが、カウンター席ならそんな遠慮は無用。今からその魅力を全力でお伝えしたい。

続きを全部読む

サイゼでの平均滞在時間が約3分にまで激減した話 / 店員に気を使わせても辞める気が無い利用スタイル

低価格で高いクオリティの料理を提供してくれる、我らがサイゼ。もはや「サイゼリヤ(以下サイゼ)」みたいな説明なしに略称を使っても問題ない圧倒的認知度。

ホームシックの在日イタリア人を連れていくと、秒でマンマの味を思い出して症状が緩和するという噂がささやかれるほどだ。

私もかつては週1くらいでサイゼに通っていた。1時間ほど滞在して腹いっぱい食っていたが……ここ半年ほどは利用方法が激変。滞在時間が平均3分くらいになっている。

続きを全部読む

【悲報】サイゼのオリーブオイルがついに値上げ! 一気に350円アップして新時代へ

ついにこの日が来てしまった。高コスパで知られたサイゼのオリーブオイルが、2024年2月21日のグランドメニュー改定に伴い、一気に350円も値上がったのだ!

しかしこれは仕方のないこと。むしろ、サイゼは今日までよく耐えたのではなかろうか。どういうことなのか、詳しくお伝えしよう。

続きを全部読む

【24年2月】サイゼのグランドメニュー改訂! 改変のイカ墨、トマトが主役級のスパゲッティ、そして最強に優しいホワイトソース

2024年2月21日から、サイゼリヤのグランドメニューが改訂された。先行して出されたプレスリリースには、新規のスパゲッティが3種あることが記されていた。

その中で最も注目されていたのは、イカ墨のスパゲッティだろう。ずっとあるお馴染みの既存のヤツが改変され、色が薄くなったようなのだ。

この事前情報に、ネット民はイカ墨ナーフ(弱体化)かとザワついていた。それも気になるが、他の新作2種も美味そうだ。諸々を確かめるべく、さっそくサイゼに行ってきたぞ!

続きを全部読む

【実話】サイゼリヤで「隣の席の外国人」がめっちゃウマそうな食べ方をしていた → 真似したら飛びかけた

みんな大好きサイゼリヤ。……が、普段からサイゼリヤに通いまくっている我々は、もしかしたらサイゼリヤの本当の力に気付いていない……のかもしれない。

つい先日のこと。娘と2人でサイゼリヤで食事をしていると、隣には3人組の外国人客の姿が。その食べ方があまりにもウマそうだったため、すかさず真似してみることにした。

続きを全部読む

【告発】狂気の「サイゼリヤ忘年会」の裏側で起こった事件を暴露する。上司よ、あなたはこれでもサイゼリヤで忘年会しますか?

職場の忘年会と言えば面倒くさいものの象徴だ。上司がいるおかげでガチの愚痴は言えないのに、そんな上司は飲みニケーションを求めてくるのである。酒も好きではない私(中澤)は、これまで属した会社の忘年会全て顔を出す程度で帰ってきた。

付き合いでしかない。だが、顔を出さないと角が立つ。こんなことに何の意味があるのか? 時間がもったいない。ずっとそう思っていたが、ロケニュー忘年会は叙々苑とか普段行けない店に行けるところで楽しめたのに。サイゼリヤだって!?

続きを全部読む

【ドン引き】上司が「忘年会に行くぞ」と言うのでついてったらサイゼリヤだった。しかも席はバラバラだった

ロケットニュース24ならびにPouch(ポーチ)を有するIT企業・株式会社ソシオコーポレーションの忘年会は豪勢なことで世界的に有名だ。

なにせ2021年は「叙々苑」で豪遊! その額16万9675円!! 翌2022年は超高級中華店「全聚徳(ぜんしゅとく)」にて昨年比約2倍の33万5629円の大豪遊!

いずれの忘年会も上司であるYoshioは不参加であったが、部下である我々は “忘年会のために1年がんばっている” といっても過言ではない。

ところが今年は波乱に次ぐ大波乱! おそらく日本の会社の中で最もカオスな忘年会になったと思われるので、どうか他社様も参考にしてほしい。

続きを全部読む

【呑んべえ必見】サイゼリヤでワイン全振りの最強のせんべろセットはこれだ!

サイゼリヤ……それは私(耕平)の憩いの場。テーブルが広く居心地もいいので、個人的に来店する頻度は高い。

そんなサイゼリヤで1000円以内の組み合わせを競う記事を先日公開したが、僭越ながら「番外編」として私なりの1000円の最高の組み合わせを紹介させていただきたい。

その組み合わせとは、『ワイン全振りせんべろセット』だ。ハッキリ言って、このセットは「呑べえの、呑んべえによる、呑んべえのための組み合わせ」。自信を持ってオススメする、ファミレス史上トップレベルで泥酔必至の “ベロンベロンセット” を紹介しよう!!

続きを全部読む

【正直便利】銀座の一等地にある「激安ストリート」を知っているか / ユニクロ・ダイソー・3COINS・無印・OKなどが密集

日本で最もハイブランドが集まる街といえば銀座であろう。

銀座は老舗と高級品が集まる街……。そんなイメージだったのだが、ここ最近変化が起きている。

一等地とも言える場所にユニクロや無印、ダイソーなどお手頃価格のブランドの旗艦店ばかりが集まっているのだ。その一角は「激安の聖地」とも言える様相なのである……!

続きを全部読む

【検証】オリーブオイルは「サイゼリヤ」で買うのが安いというのは本当か? 100g当たりの価格をスーパーの商品と比べてみた結果

サイゼリヤに行くと無料でかけ放題のオリーブオイル。実はサイゼのレジ横には、あのオリーブオイルが普通に売られている。価格は500ml(458g)で税込850円である。

といっても私(あひるねこ)自身、これまで一度もあの瓶を手に取ったことはなかったのだが、つい先日SNSで話題になった投稿によると、オリーブオイルはサイゼで買うと安いというのだ。

う~む、本当だろうか? 気になったので、スーパーの商品と価格を比較してみることに。

続きを全部読む

【23年10月】サイゼのグランドメニュー改訂! 魅惑の赤い粉と生ハムの帰還、そして激変したハンバーグのソース

2023年10月11日にサイゼリヤのグランドメニューが改訂された。事前のプレスリリースより、SNSでは長らく姿を消していた生ハムが復活したことが大きく注目されていた。

しかし今回の改訂による変化は多岐に及ぶ。公式HPのグランドメニューを見る限り、4種類ものパスタに “NEW!” のマーク。ハンバーグのソースも変わったとか。これは試してみるしかないだろう。

続きを全部読む

【真っ向勝負】サイゼリヤで最高な1000円の使い方! 全10種類の中で1番いい注文はどれだ!!

元気ですかーーー! 元気があれば何でもできる。元気があればサイゼリヤにも行ける。そして1000円あればサイゼリヤで大満足できる!! シリーズ『最高な1000円の使い方』の記念すべき第10回は、みんなが愛してやまない「サイゼリヤ」が登場だ。

実は第1回も「サイゼリヤ編」をお届けしたのだが、当時の参加者は5名のみ。しかも節目の10回目ならやるしかないでしょ、サイゼリヤで! というわけで、意地とプライドを賭けた大勝負「最高の1000円の使い方 サイゼリヤ編」を以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【飛ぶぞ】ファミレス史上 ”最恐蒸留酒” が復活! サイゼリヤでアルコール分40%の食後酒『グラッパ』を飲んでみた

サイゼリヤのアルコール飲料といえば、やはり1番最初に思い浮かぶのは「ワイン」だろう。グラスワインが100円。デカンタでも250mlで200円、500mlで400円。そして1500mlのマグナムは驚愕の1100円!

以前、当編集部でも【ガチ対決】という企画で最高な1000円の使い方を行なったが、5人中2人が赤ワインをラインナップに入れていた。これだけのコスパだと、もはやファミレスの域を超えた「大衆ワインバル」と化していると言っても過言ではないと思う。

そんなサイゼリヤの7月グランドメニュー改訂で、とあるアルコール飲料が復活して話題になった。それがアルコール分40%の食後酒『グラッパ』

私(耕平)自身、この『グラッパ』の存在を知らなかったのだが、初めて飲んだところ ”最恐” と呼ぶにふさわしいほどの破壊力だった。ということで、一体どんなアルコール飲料なのかをお伝えしよう。

続きを全部読む

【朗報】消えたと思われた「サイゼの間違い探し」がしれっと復活! より純粋な悪夢として各テーブルに再臨なさる

先月のグランドメニュー改定と共に、姿を消したと噂されていたサイゼリヤの「間違い探し」。確認のため私(あひるねこ)も店舗まで足を運んだが、テーブルからはキッズメニューが撤去され、店員さんに尋ねたところ「なくなってしまった」との回答があった。

なぜ食事に来てこんな拷問のような作業をさせられるのか──? 迂闊にもサイゼの間違い探しに手を出したことがある者なら、きっと誰もがそう思ったはずだが、なくなったらなくなったで寂しいものである。もうあの悪夢に触れることは叶わないのだろうか?

続きを全部読む

【2023年7月】サイゼのグランドメニューが改訂! 粉チーズの精神的解放と進化したポテト、そして あのピザの帰還

2023年7月12日にサイゼのグランドメニューが更新された。数日前にはグランモラビアの無料提供の終了がニュースになり、Twitterでトレンド入りするなどかつてない注目度。

事前のプレスリリースでは前菜4種についてと、新登場するドリア2種について、そして話題のグランモラビアについての情報しか無かったが、実際の変更点はもう少しボリューミーだったことが発覚。食いまくってきたので詳しくお伝えしよう。

続きを全部読む

【実話】75歳の父、満を持して『サイゼリヤ』デビューを果たす → 色々あって最終的に「うるせえ!」ってなった

人間はこの世に生まれたその日から、数々の “初めて” を体験する生き物。それは命を全うする最後の日まで続いていくのかもしれない。例えば御年75歳のわが父・ヨシオさんがつい先日「サイゼリヤデビュー」を果たしたように。

父は初めてのサイゼリヤにいたく感動していたようで、私(サンジュン)も最初は「良かったね」と言っていた。……のだが、色々とあり最終的には「うるせえ!」となってしまったことをご報告したい。

続きを全部読む

【悲報】サイゼリヤの「ガチャガチャ」をやってみたらシャレにならんくらい大損した / もはやすべての設定が狂っている…

バンダイが手掛けるカプセルトイ『サイゼリヤ ミニチュアコレクション』。その第3弾が今年5月より販売されている。第1弾第2弾とガチャガチャしまくってきた私(あひるねこ)としては、これは無視できない情報……なのだが。

何を隠そう、私はこのサイゼガチャにおいて昨年、5回連続イタリアンプリンを引くという地獄を見ている。さすがにあんな逆奇跡はもう起きないとは思うが……いや、しかし。我々の想像を軽く凌駕してくるのがサイゼガチャという魔境なのだ。

私はそれを、またしても今回思い知ったのだった──。

続きを全部読む

ジョリーパスタの「プレミアムドルチェミスト」(税別690円)はスゴイんだ! サイゼをしのぐコスパなんだよ

イタリアンの外食チェーンといえば、真っ先に思い浮かぶのは「サイゼリヤ」だろう。全国に1000店舗以上(2022年8月)展開しており業界トップに君臨している。その一方で、今回紹介するジョリーパスタは全国約300店舗(2022年3月)で、サイゼの約3分の1の出店数。明らかに引けをとっている……。

でも! がんばってる。ジョリーだってがんばってるんだ。その証に、デザート盛り合わせの「プレミアムドルチェミスト」を見てくれよ。5品も乗っかって税別690円だぞ! 5品で1000円以下は結構がんばってるだろ? なあ?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8