「クラシエ」にまつわる記事

秋なので…和菓子職人になってみました / 粉と水だけでできる科学の産物「ポッピンクッキン」に再挑戦

月見だんごにおしるこ、ホカホカに蒸したあんまんと、モチやあんこが美味しい季節になってきました。日頃は忙しさにかまけて忘れがちな四季の変化を、食を通じて感じるのもまた雅なもの。醤油の風味が香ばしい「みたらしだんご」や「たいやき」なんかもいいですね。

というわけで、日本の伝統文化、和菓子を作ってみました。……ただし、正体不明な魔法の粉と水でな!

続きを全部読む

これが子ども用だと…!? 最近の知育菓子の複雑化に驚愕、大人でも難しい「スイーツパーティー」

ある日の雑貨屋でのこと。クラシエの「スイーツパーティー」というお菓子が目に止まった。クラシエと言えば当サイトでもおなじみ「ねるねるねるね」のメーカーで、子どもが色をつけたりトッピングしたりして遊びながら食べる、いわゆる知育菓子の老舗だ。

本物みたいな完成写真もさることながら、パッケージには「電子レンジ使用」とあって、最近のお菓子は凝ってるなぁと感心。

「ねるねるねるね」は筆者の子ども時代からのロングセラーだが、実はあまり買ってもらった記憶がない。食べられる部分の割合で考えると高価なお菓子だったせいか、あるいは食べ物で遊ぶことに抵抗がある世代だったせいか、親がこの商品を好まなかったようだ。もう大人だから好きなだけ買えるもんねーと、うそぶきながらレジへ向かったが、後に筆者は親がこの手の商品を避け続けていた本当の理由を知ることになる……。

続きを全部読む

【超コスパ】箱アイス界No.1「ヨーロピアンシュガーコーン」最強説

暑い、暑い……超アッヂィィィイイイイ! 2016年も8月に入り、いよいよ夏も本気を出してきたようだ。これだけ暑いと命の危険すら感じずにはいられないが、このシーズン特に美味しいのがアイスクリームである。特に自宅の冷凍庫にストックされている「箱アイス」は、まさに心と体のオアシスといえるだろう。

スーパーやコンビニなどで販売される箱アイスには、数えきれないほどの種類が存在するが、中でも記者が「キング・オブ・箱アイス」「箱アイス界の絶対王者」、つまり “最強” と断言するのが『ヨーロピアンシュガーコーン』である。申し訳ないが、これについては一切の異論を認めない。

続きを全部読む

提供:クラシエ

【検証】ボサボサヘアーでヘビメタ好きの友人をツヤツヤストレートにしたらモテるのか試してみた

ある日、記者(私)は、ヘビーメタルに傾倒する2次元だけが恋人の和才記者と街をブラブラしていた。彼は驚くほどモテない。いいヤツなんだが、誰が聞いてもびっくりするぐらいモテないのだ。

一体、何が原因でモテないのだろうか……などと話しをしながら歩いていると、街頭で『いち髪』というシャンプーのサンプリングイベントを行っていた。これを使うと髪がツヤツヤ&なめらかになって、しかもいい香りになって、そんでもっていい男になれるらしい。

もしかして、和才記者がモテないのは髪の毛がボサボサだからなのか!? それ以外の理由もあると思うが、髪がボサボサでモテるわけがない。

続きを全部読む