「エジプト旅行」にまつわる記事

【旅のラスボス】日本へ帰国するためエジプトでPCR検査を受けようとしたら … 「日本人でスマン!」と現地の人に平謝りするしかなかった

「今の海外は日本人でも割と簡単にPCR検査を受けられる」という件については、先日の記事で詳しくお伝えした。ただし、それはあくまでも “一般的な検査結果を受け取る場合”の話であって、 “外国から日本へ帰国する場合” だと全く状況が違ってくることをご存知だろうか。

現在多くの国へ入国するにあたり、新型コロナウイルス検査に「陰性」であることの証明を提出する必要がある。その際、なぜか日本だけが他国に類を見ない “政府指定フォーマット” での証明書作成を求めているのだ。

この所定フォーマットとやら、簡単そうに見えて実は非常にやっかい。外国人にしてみれば「全く理解できないクレイジーなシロモノ」らしいのである……。

続きを全部読む

【ノーヘル爆走】海外のウーバータクシーは「バイク」も呼べる! さっそくエジプトで利用してみたところ …  「偶然死ななかっただけ」だった!

「ウーバー(Uber)」と聞けばほとんどの日本人は『ウーバーイーツ』を想像するが、海外では『配車サービス』を意味する場合のほうが多い。 “配車サービスであるウーバーが事業展開したものがウーバーイーツ” というのが正しい順序なのである。

私が現在滞在しているエジプトの一般的なタクシーにはメーターがなく、悪質なドライバーに遭遇すると法外な料金を請求されることもしばしば。その点、アプリ上で全てが完結するウーバーは安くて手軽で安全。旅行者たちの強〜い味方なのだ。

なお本記事は私がエジプトでウーバーを利用し、あやうく天に召されかけた全記録である。

続きを全部読む

【知ってた?】エジプトにも「焼きいも売りのおじさん」がいる

「冬に食べるもの」「日本独自の食べ物」というイメージが強い『焼きいも』だが、実は中東・エジプトでも盛んに食べられていることをご存知だろうか。しかも “おじさんが屋台を引っぱって街を練り歩く” という、日本と同じスタイルで売られているのである。

エジプトは11月現在も最高気温が30度前後。カラッカラに乾燥したこの地で売られる焼きいもとは、果たして日本と同様に「アツアツのホッカホカ」なのか? さっそくおじさんを呼び止めてみよう。すいませ〜ん焼きいもひとつ、く〜ださい!

続きを全部読む

【なぜこうなる】「エジプトの高速バスが快適だった」ってホメようと思ったのに … やっぱりエジプトはエジプトだった!!!

砂漠でエンストするバス、乗車率500%の鉄道、暴走するオート三輪……世界にはまだまだ多くのビックリ交通機関が存在しており、今日も日本人旅行者を呆然とさせている。現在私が滞在しているエジプトなんてもう、どう考えたって怪しい乗り物がブンブン走っていそうだ。

命の危険さえないのなら、旅は多少ビックリするくらいが面白い。そんなワケで私は今回「エジプトの高速バス」に乗ってみることにした。

続きを全部読む

【異世界】エジプトの寿司屋『スモウ寿司』で「スモウ」と「ニンジャ」と「モリワセ」を食べてきた!

大相撲11月場所が開催されるなか、私は日本から約1万キロ離れたエジプトに滞在中である。並大抵のことでは寂しさを感じない海外暮らしも、相撲を観られないことだけは悲しい。果たして今場所の松鳳山の調子はどうなのか? 気になってエジプトメシも喉を通らないのだ。

しかし、そんなある晴れた午後、ついに私は発見してしまった。エジプトのにぎやかな歓楽街にあって、ひときわ異彩を放つ1軒の店……その名も『SUMO SUSHI(スモウ寿司)』!!!!!

続きを全部読む

【世界の機内食】日本人の99%は知らない? 『ペガサス航空』(トルコ)の機内食があまりに “生しぼり” すぎた

世界各地の機内食をご紹介する本シリーズ、今回はトルコのLCC(格安航空会社)『ペガサス航空』編である。『ペガサス航空』という社名を聞いた瞬間、失礼ながら「大丈夫か……?」と不安になってしまったのは日本じゃありえないネーミングセンスのせいだろう。

しかし私の今回の日程・ルートではペガサス航空以外の選択肢がなく、不安を抱えつつもチケットを購入。なおLCCとはいえ全日空くらいの料金だったことをご報告しておこう(日によって変動する)。ペガサス航空、それなりにチャンとしてたらいいな……!

続きを全部読む