「ちゃんぽん」にまつわる記事

【天草ちゃんぽん】漁港の端で店を構える人気店「大空食堂」の名物ちゃんぽんが重量級の迫力 / しかし染み渡る慈悲深い味にハマったでござる

ちゃんぽんの発祥地といえば長崎県長崎市だ。明治時代に中華料理屋の店主が、中国人留学生のために安くて栄養価の高いちゃんぽんを考案したらしい。そんなちゃんぽんが、船を介して交流のあった熊本県の天草諸島へ伝わり、天草は「ちゃんぽんの街」になったのだとか。

──そんな話を聞いたのが数年前。そして先日、天草に行く機会があったので、ここは確実に「天草ちゃんぽん」を食べておこうと決意した。数ある名店の中から選んだお店は……観光客や常連客で常に賑わっているという『大空食堂』である!

続きを全部読む

【激ウマ】カツがのった名物チャンポンを寝起き直後に食べたら完全に目が覚めた / 福岡県北九州市『八幡のチャンポン』

先日、まったく用事は無かったが、JR鹿児島本線の「八幡駅」で電車から降りた。なぜなら車内で寝てしまったため、目的地を思いっきり通り越したのだ。やっちまった……とは思いつつも、せっかくだから駅周辺を散策してみることに。これが大人の余裕である。

さて、駅を出て数秒後に発見したのは「名物 八幡のチャンポン」と書かれた黄色い看板。ほほう、こいつはたしか……福岡県北九州市の八幡製鉄所で働く方々にも親しまれたボリューム & 栄養満点の “ご当地グルメ” だったような。ちょっと行ってみますか!

続きを全部読む

【ブチギレ】リンガーハットの「トムヤムクンちゃんぽん」はなぜ “小サイズ” しかないのか? 広報に聞いてみた結果…

納得いかねえ──。どう考えても納得できねぇ。何がかって? あれだよあれ、リンガーハットの季節限定メニュー『トムヤムクンちゃんぽん』だよ! いや、味はいいんだ。めちゃめちゃウマいんだ。だからこそ余計に納得できねえ……なんで小サイズしか無いんだよォォォオオオオ!

そう、リンガーハットの『トムヤムクンちゃんぽん』は小サイズのみの販売で、並盛も大盛りも不可。なんなら、麺の増量も不可能だというから意味がわからない。いったい誰にメリットがあってこんな謎仕様にしてるんだ……? これは聞いてみるしかあるまい。

続きを全部読む

リンガーハットの『トムヤムクンちゃんぽん』を食べてみた! 長崎とタイのソウルフードが出会うべくして出会ったと実感する味!!

暑い時は、つい冷たいものを食べがちである。しかーし! 暑い時こそ暑いものを食べるべし……と、どこかの誰かが言っていた気がする。辛くて汗がブシャーっと出るやつなんて、一周回って気持ちが良いものだ。

そんなことを考えていた、ある日のこと。リンガーハットで『トムヤムクンちゃんぽん』なるものを発見。「これはナニかの導きに違いない」ということで注文してみたのだが、まさか “トムヤムクン” と “ちゃんぽん” が、これほどまでに相性抜群であるとは。心の中で盛大に拍手を送った次第である。

続きを全部読む

リンガーハット『冷やしちゃんぽん』が想像を超えるウマさ! 冷やし中華をはじめたラーメン屋が泣きそうになるレベル!!

野菜の旨味たっぷりのスープやモチモチの麺がたまらない、リンガーハット。北は北海道、南は沖縄まで店舗を展開しているほか、アメリカやタイなど海外進出まだ果たしているというからスゴい。

2019年4月18日、そんなリンガーハットが『冷やしちゃんぽん』なるものを日本全国で発売した。以前から期間限定で登場しているらしいが、これはきっとウマいはず! ──ということで食べてみたら、想像を超えるウマさだったのでご紹介したい。

続きを全部読む

全国展開しても通用するって! 九州限定販売の「冷食ちゃんぽん」が野菜を摂れる上に激しくウマい

なぜ全国展開しないのか。このように思う商品は数あるが、不思議なことに地域限定なケースは多い。もちろん、地域によって味の好みが分かれるのは理解できるが、本当にウマいものはどこに行っても成功するものだ。

例を挙げるなら平均点を安定して叩き出せる丸亀製麺がそう。コシのないうどんが主流の福岡県で受け入れられるのに時間を要したが、今では大人気で昼食時には行列もできる。そしてその福岡県でたまたま発見したのがニッスイの「冷食ちゃんぽん」。軽い気持ちで食べてみたら全国で勝負できる一品だった。

続きを全部読む

量もウマさも半端ない! リンガーハット『あさりたっぷり春ちゃんぽん』を食べてみたらマジ絶品だった!!

丸亀製麺の人気商品のひとつに『春のあさりうどん』がある。あさりのウマさを存分に堪能できる1杯だが、リンガーハットの『あさりたっぷり春ちゃんぽん』も負けてはいない。

本日2019年2月21日、そんなリンガーハットの『あさりたっぷり春ちゃんぽん』が再登場。以前よりもあさりの量が増えているらしい。マジかよ、さっそく食べてみようじゃないか!

続きを全部読む

【謎】リンガーハットに聞いた「麺の大盛り無料」が『長崎ちゃんぽん』だけな理由

国産野菜をたっぷりと使用した「長崎ちゃんぽん」を筆頭に、皿うどんも餃子もウマいリンガーハット。個人的には季節系のちゃんぽんが大好きで、先日まで発売されていた「牡蠣ちゃんぽん」は、少なくとも4回食べた。あらゆる飲食チェーン店の中でも、リンガーハットは屈指の優良店だと確信している。だがしかし……。

私、P.K.サンジュンにはどうしても解せない「リンガーハットの謎ルール」がある。それは「長崎ちゃんぽん」だけは麺の大盛りが無料で、他のちゃんぽんは全て料金が発生するということ。なぜなんだ……! なぜ一番安い「長崎ちゃんぽん」だけが死ぬほどお得で、他のメニューには追加料金がかかるんだ……!! な、納得いかねえ。

続きを全部読む

セレブの街「広尾」にセレブなリンガーハットがオープン! その名も『リンガーハットTOKYO PREMIUM 広尾』

東京・渋谷区「広尾」といえば、おしゃれでハイソ(ハイソサエティ)な街。私(佐藤)のような田舎っぺ丸出しのオッサンには、およそ縁のない場所だ。そんな広尾に、長崎ちゃんぽんのチェーン店「リンガーハット」がオープンした。

それもただのリンガーハットではない! この街に合わせたかのような “セレブ向け” ともいえる『リンガーハットTOKYO PREMIUM 広尾』だ。なんだよ、プレミアムって!? ということで早速行ってみた。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】しれっと同封された「〇〇引換券」が嬉しい『リンガーハット』の福袋! 派手さはないが地味にありがたい~!!

記者が福岡から、関西に住むようになって困ったことがある。それは “ちゃんぽん” を食べられる店が少ないことだ。「どうしても、ちゃんぽんが食べたい!」と思うことが年に数回あるのだが、そんな時に役立ってくれるのがリンガーハット! 

ここでは記者のような九州っ子の舌も大満足させてくれる、同店の福袋の中身を一挙公開!! 生野菜を入れた前科のある同店にしては おとなしめ ではあるが、しれっと同封されたアイツが地味に嬉しい一袋だ。

続きを全部読む

とんかつ店なのに客のほとんどが「ちゃんぽん」を注文する不思議な有名店 / 福岡市『味のかつえだ』

お店の看板は顔そのもの。ラーメン屋ならラーメン、うどん屋ならうどんといったように、どこの店も看板を見ただけで特徴がわかるようにできている。もしとんかつ店ならば、オススメはとんかつ。どう考えても一番人気はとんかつで決まりだろう。

だが、福岡県には少し変わった飲食店があり、なんでもとんかつ店なのになぜか「ちゃんぽん」がうまいと評判の店がある……らしい。にわかに信じがたいが、これは確かめてみないと真相はわからない。そこで実際に行ってみることにした。

続きを全部読む

【衝撃グルメ】軽い気持ちで「ちゃんぽん」を頼んだら、スゴイのが出てきたでござる! 東京・銀座『博多慶州』

以前の記事で、ちゃんぽんをカスタマイズできる、リンガーハットの「myちゃんぽん」についてお伝えした。そうしたところ、読者から有力な情報が寄せられた。それは、東京・銀座にある「博多慶州」のちゃんぽんがスゴイというものだ。

またまた~、大げさなんだから。これまで数え切れないほどのお店を訪ねてきた私(佐藤)は、多少のことでは驚かないぞ。と、思いながらも早速お店に行き、かなり軽~い気持ちで「ちゃんぽんください!」と頼んでみたところ……。なんじゃこりゃ~! 普通のちゃんぽんでコレかよッ!?

続きを全部読む

【激レア】リンガーハットで野菜マシマシを頼んでみた! スープ・麺・具材を選んで「ちゃんぽん」をカスタマイズできる『myちゃんぽん』

野菜をたっぷり食べたい時に、足を運ぶファストフードといえば「サブウェイ」だろう。自分好みに具材をカスタマイズして、大口を開けてサンドイッチを頬張る。それも良い。だが、これからは私(佐藤)はちゃんぽんをオススメしたい。

というのも、ちゃんぽんと皿うどんでお馴染みのチェーン「リンガーハット」が、店舗限定でちゃんぽん・皿うどんをカスタマイズできるサービスを提供しているからだ。サブウェイでサンドイッチをアレンジするように、リンガーハットでちゃんぽんを自分流にアレンジ! そこで、二郎系ラーメンでお馴染みの「野菜マシマシ」をオーダーしてみた!!

続きを全部読む

【2017年福袋特集】リンガーハットの福袋(1500円)の中身をネタバレ大公開! 元は取れるが……

福袋に多くを求めるべきではない。そのことはよくわかっている。しかし、あわよくば意外な掘り出し物やお宝にめぐり合いたいものだ。何しろ福袋なのだから、「福」のありそうなものを期待してしまうのは、仕方のないことである。

それが仮に飲食店の福袋で会っても、お値段以上の価値を手にできれば感動する違いないのだが……。長崎ちゃんぽんのチェーン「リンガーハット」の福袋はお得なんだけど、感動をするには至らなかった。だって、とりあえず作りました感が……。

続きを全部読む

提供:ドリームフーズ株式会社

滋賀からの刺客「近江ちゃんぽん」が東京上陸! 秘伝の “黄金だし” は料亭レベルの極上のウマさ!!

“○○ちゃんぽん” と聞いたら多くの人は、長崎ちゃぽんを思い起こすに違いない。むしろ「長崎ちゃんぽん以外にあるの?」という人も多いことだろう。だが、実はあまり知られていないだけで、「網走ちゃんぽん」「水俣ちゃんぽん」「天草ちゃんぽん」などなど……日本には数多くのご当地ちゃんぽんが存在するのだ。

中でも長崎に次ぐ勢力を誇るのが「近江ちゃんぽん」で、発祥の地・滋賀県ではソウルフード的な存在であるという。そんな近江ちゃんぽんが東京は水道橋に上陸したと聞いたら……行くしかないっしょ! というわけで、オープン直後の『ちゃんぽん亭 総本家 水道橋店』に足を運んでみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【グルメ】店構えからして美味しい雰囲気がヒシヒシと漂う「ちゃんぽん 長崎」 東京・三軒茶屋

店構えは重要だ。店主が語らなくても、店の味に触れることがなくても、そのお店のすべてを語るのが、店構えである。私(佐藤)は真新しい店よりも、古めかしい店の方が好きだ。年季の入った店から漂う味わい深さは、料理を美味しくするだけでなく、そのお店にいることすら “ぜい沢” に変えてしまうからだ。

さて、そんな味わい深いお店に遭遇したので、ご紹介したいと思う。そのお店「ちゃんぽん長崎」は、外観からして非常に “美味しい” お店だ。設えは古めかしいが、味はたしか。店にいるだけで心安らぐのは、気のせいではない。

続きを全部読む

【グルメ】オムライス食ってる場合じゃねえ! ふわとろ食感が堪らない「牛肉玉子ご飯」 高田馬場・長崎飯店

「ふわとろ」といえば、オムライスである。もうこの言葉を聞いただけで、反射的に「おいしそ~♪」と言ってしまう女子も少なくないはず。しかし、オムライスのふわとろで満足しているようでは甘い! 世の中には、意外なところに意外なふわとろが潜んでいるのである。

私(佐藤)は最近、東京・高田馬場を訪れた。学生街として知られるこの街には、穴場グルメが多数存在する。駅から徒歩5分程度のところにある中華料理のお店「長崎飯店」もそのひとつ。ここの牛肉玉子ご飯を食ってみろ! オムライスを凌ぐふわとろ感に悶絶するぞ!

続きを全部読む

【九州グルメ】健康的でバリうま! 佐賀県武雄市発祥の「井手ちゃんぽん」は食べなきゃ損する至高の一品

ちゃんぽんで有名な都道府県は、言わずもがな長崎県。中でも代表格の「リンガーハット」は、北は北海道から南は沖縄県まで合計500店舗以上を抱える全国規模のチェーン店だ。おそらく「ちゃんぽん=リンガーハット」という考えの人も多いことだろう。

しかし、そんなリンガーハットのちゃんぽんに負けていないお店が九州に存在する。それは佐賀県武雄市発祥の「井手ちゃんぽん」。地元民はもちろん、九州地方出身者であればこよなく愛するお店である。

続きを全部読む

【グルメ】カンニング竹山さんも絶賛する「水明亭」のちゃんぽんがマジで激ウマ / 東京・千駄ヶ谷

キレ芸でお馴染みのカンニング竹山さん。彼がかねてからTwitterや自身の単独ライブで紹介していたお店がある。私(佐藤)はいつかそのお店に行きたいと思っていたのだが、最近になってようやくその願いを叶えることができた。

そのお店「水明亭」は、現在は取り壊されて更地になった東京国立競技場のすぐ近くにあるという。実際に行ってみると……。あれ? このお店、有料駐車場のなかにあるじゃないか。お店に入ると有名人のサインがズラリ! 多くの芸能人が認める美味しいお店と判明した!

続きを全部読む

【リンガーハット】えび5匹100円追加キャンペーン実施中 / 100匹トッピングしようとしたらこうなった

長崎ちゃんぽんと皿うどんの二枚看板に、チャーハンや餃子など、サイドメニューも美味しいリンガーハット。そんなリンガーハットが2015年6月末まで、えび5尾を100円(税別)で追加してくれる、お得感満載のキャンペーンを実施していることをご存じだろうか?

しかも、尻尾付きの立派なえびだというから、えび好きには朗報以外の何物でもない。こ、これは行くしかねえだろ! というわけで、ロケットニュース24編集部一えび好きな筆者が、えび100尾トッピングしようとしたら思わぬ事態になったのでご報告したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2