「漫画」カテゴリーの記事

とても51歳には見えない! 不老の漫画家 荒木飛呂彦先生の映像が話題

ゴゴゴゴゴゴ……!! 『ジョジョの奇妙な冒険』でおなじみの漫画家・荒木飛呂彦先生(51)の映像が「やっぱり若すぎる!」と話題になっている。

荒木飛呂彦先生(51)といえば、何年経っても一向に老けない若々しさが有名だが、今年7月に公開された「動く荒木飛呂彦先生」の映像でも、その若さは健在だ。

続きを全部読む

名古屋駅前にはアッガイがいる!?

人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツが名古屋の街にあらわれた! モビルスーツの様子は動画共有サイトのYoutubeに複数投稿されている。すでにガンダムクラスのロボットの開発は、可能になったということなのだろうか。それにしてもなぜ名古屋? なぜアッガイ? これは一体どういうことなのか……。

続きを全部読む

北米ロサンゼルスの日本人街でコスプレ美女を発見! 可愛すぎてグラシアス!

グラシアス! ロサンゼルスのメキシコ人街がほど近い場所に、リトルトーキョーと呼ばれている日本人街が存在する。ちょっと離れた所にはコリアンタウンや中華街もある。

それゆえ、日本人街を歩いているとアメリカ人にメキシコ人、韓国人に中国人、そしてホームレスたちが入り乱れ、不思議な空間を作りあげている。しかしそれでも日本人。他の地域より治安は良く、日本人街にくるとホッとするのも確かだ。

続きを全部読む

国内最大級の同人電子書籍ショップがスマホに対応 / 同人誌を手のひらの中でじっくりと……読んでみた!

一般の書店には基本的に並ぶことはない幻の書籍……それが日本の文化「同人誌」だ。特にエッチなマンガが有名であるが、めちゃくちゃニッチなネタを尋常じゃないレベルまで掘り下げる「知識系」の同人誌なども山ほどあり、実は目が離せないジャンルでもある。

だがしかし、それら同人誌をゲットするには、コミケなどの同人誌即売会や同人誌ショップなど、それなりの場所に行かなくてはならない。実はけっこうめんどくさい。できることなら電子書籍で済ましたいと思う人も多いだろう。

そんななか、国内最大級の同人電子書籍ショップ「DLsite.com」がリニューアルオープンでスマホ(スマフォ)にも対応! さっそくダウンロードして読みまくってみたぞ!

続きを全部読む

『ジョジョ』岸辺露伴が愛用しているGUCCIの靴を買ってみた / そして幸せが訪れる

東京のGUCCI(グッチ)新宿店で開催中の『GUCCI×HIROHIKO ARAKI×SPUR 岸辺露伴 新宿へ行く展』。これは『ジョジョの奇妙な冒険』で人気を博している漫画家・荒木飛呂彦先生が、ファッションブランドGUCCIとコラボレーションしたイベントだ。

荒木先生は『岸辺露伴 グッチへ行く』という特別な漫画を執筆し、雑誌『SPUR』10月号に掲載。『ジョジョの奇妙な冒険』第四部の名脇役・岸辺露伴がグッチ工房に行くという内容で、岸辺露伴自身は漫画内で実在するGUCCIの服や靴を着用していた。

今回は、岸辺露伴が漫画内ではいていた靴を実際に購入して検証してみた。靴といってもスニーカーなので革靴ではない。価格は78000円で、税込だと81900円。日本限定の商品であり、岸辺露伴も国内で購入したものと思われる。

続きを全部読む

【TGS2011】コスプレファッションショー & ダンスパーティーが大盛り上がりですごかった!

2011年9月15日から開催されている東京ゲームショウ(TGS2011)。17~18日の2日間設けられた一般参加の初日、イベント会場ではユニークな催しが行われた。それは、総勢100名のコスプレイヤーが出演するコスプレファッションショー「Cosplay Colection Night@TGS」だ。しかもダンスパーティー付き。

出演したコスプレイヤーたちのステージは圧巻であり、DJとVJによる演出も素晴らしかった。18時30分のスタートながら、会場は来場者と出演者の熱気で包まれたのである。

続きを全部読む

新宿『荒木飛呂彦×GUCCIコラボ展』に大勢のジョジョファンが集まる!

東京・新宿のGUCCI(グッチ)新宿店で開催中の、『GUCCI×HIROHIKO ARAKI×SPUR 岸辺露伴 新宿へ行く展』が大盛況だ。2011年9月17日~10月6日の期間に開催されるのだが、三連休ということもあって初日から多くのジョジョファンが詰めかけた。

従来のGUCCIのイメージとは違った客層の人たちも多くおり、スタッフに聞いたところ「荒木先生のファンの方が大勢いらしています」と語っていた。なんといってもこのイベントの目玉は荒木先生の生原稿の展示。入場制限がされるなか、生原稿をじっくりと見ている人たちがあとを絶たなかった。

続きを全部読む

荒木飛呂彦×GUCCIのコラボ展開催! 岸辺露伴愛用のスタンド能力バッグも販売か!?

2011年9月17日(土曜日)から、東京のGUCCI新宿で『荒木飛呂彦×GUCCI コラボレーション展』が開催される。荒木先生といえば、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズや『魔少年ビーティー』などの作品で絶大な人気を誇る漫画家だ。

その荒木先生とGUCCIがコラボレーション展開をし、人気キャラクター・岸辺露伴とGUCCIを組み合わせた漫画や絵を描くなど、今までにない展開をしているのである。『荒木飛呂彦×GUCCI コラボレーション展』のスタートと同時に、GUCCI新宿も完全リニューアル。気になる人は行ってみるといいかもしれない。

続きを全部読む

有名芸能人たちが携帯タブレットの魅力を語り倒す! 片手で電子漫画がサクサク読める『GALAXY Tab』に注目

なにやら携帯タブレットを持っている人が多くなってきた今日この頃。ユーザーが増えているということは、それだけ便利なのだろうということは理解できる。しかし、具体的に「どう使ってる」のかや「どう使えば便利なのか」は、イマイチよくわからない。

誰かカンタンに説明してくれ。具体的に、どんなシーンで使えるのかを、分かりやすく教えてくれッ……と思う人も多いだろう。そんな人にうってつけのインターネット限定特別番組が、9月19日(月)20時にオンエアされるタブレット・プレゼン・バトルなのである!

続きを全部読む

ミスユニバース2011に出場したタンザニア代表の衣装が『聖闘士星矢』な件

2011年9月13日、世界一美しい女性を決める「ミスユニバース2011」が開催された。この大会は世界80カ国以上が参加して行われる世界規模のミスコンのひとつで、約50年の歴史を持つ。今年はアンゴラの女性が世界一の座を獲得。日本代表の神山まりあさんは、残念ながらトップ16入りすることはできなかったのだが、ナショナルコスチューム審査では10位と大健闘した。

このコスチューム審査でひときわ目を引いたのが、タンザニア代表女性の衣装だ。彼女の姿は、まるで人気漫画『聖闘士星矢』(せいんとせいや)に登場するようなコスチュームだったのである。

続きを全部読む

うまく絵が描けないときはGoogleで「How to draw ○○○」で画像検索すると参考書がわりになる / しかもタダ!

お絵描きは楽しい。自分の思い通りに描けたときは、なんともいえぬ幸せな気分になる。逆に、思い通りに描けないときは非常に悔しい。いや、普通は思い通りに描けないほうが圧倒的に多いはずだ。

そんな時に参考になるのが、「○○の描き方」などの参考書。描き方を知ってさえいれば、そこそこ上手く描けるものである。だがしかし、実はもっと簡単な方法がある。それは検索サイトGoogle(グーグル)で、「How to draw ○○○」と入力し、画像検索するだけだ。

続きを全部読む

ジャンプ『こち亀』の両さんは危ない発言を連発する人だった!? 両さんキケンな発言集

国民的長寿漫画といえば、週刊少年ジャンプで連載されている『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(漫画家・秋本治)である。『サザエさん』や『ドラえもん』も国民的な漫画だが、『こち亀』もなかなかの人気である。なんとインドでも放送されているというから驚きだ。

そんな『こち亀』の主人公といえば、人情味あふれる豪快な警察官・両津勘吉(りょうつかんきち)である。勤務中にパチンコ屋に行ったり、借金を踏み倒して逃げたりと、やっていることがメチャクチャな両さんだが、心には深い人情がある人物であり、老若男女に愛される人気キャラクターといえよう。

そんな両さんだが、実はかなり過激な発言をしていた過去があるのをご存じだろうか? 両さんだけでなく、過去の『こち亀』には物議をかもしそうな発言が多数存在しているのである。今回は、そのいくつかをご紹介したいと思う。

続きを全部読む

衝撃的発言! 手塚治虫氏の元マネージャー「アトムの親は中国です」

日本初のテレビアニメとして知られる『鉄腕アトム』。この作品は、日本だけでなく世界の漫画・アニメ界に多大な功績を残した手塚治虫氏の作品として、今もなお愛され続けている。

ところが、手塚氏のマネージャーを務めた経験を持つとある男性が、2011年夏に中国を訪問した際に、同作について驚くべき発言をしている。その男性がいうには、「世界で初めてアニメーションを作ったのは中国」であり、「アトムの親は中国」であるというのだ。

初めてのアニメを作ったのはフランスの作家のはずであり、アトムを誕生させたのは手塚氏のはずである。これは一体どういうことなのだろうか?

続きを全部読む

【女子力UPマニュアル】あなたに求められる「スタンド女子」とは?/彼が憧れる「ジョジョ」のスタンドになりきろう

皆さんは「スタンド女子」というものをご存知ですか?

「スタンド」というのは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の特定の登場人物に備わった不思議な能力のことです。また、スタンドは本体(能力保持者)そのものであり、本体を守ってくれるなど、切っても切れない関係にあります。まさにスタンドと本体は、一心同体。まるで恋人のよう。

そう、これを恋愛に置き換えると、本体(=彼氏)とスタンド(=アナタ)という図式が成り立つのです。いわゆるスタンド女子は、彼が必要としている理想的な女性のことを指します。

彼から厚い信頼を受ける「スタンド女子」になって、あなたがいない生活なんか考えられないと思わせちゃいましょう。

続きを全部読む

【閲覧注意Part2】まだまだあった韓国の怖すぎるウェブ漫画

前回当サイトで紹介して、大反響ならぬ大絶叫を呼んだ韓国のホラー漫画『ボンチョンドンお化け』。きっと多くの人がこれを読んで、震え上がるほど怖い思いをしたことだろう。

しかし『ボンチョンドンお化け』の作者ホランさんは、これと同等、もしくはそれ以上に怖いウェブ漫画をもうひとつ作っていた。その名も『オクス駅お化け』。これは前回紹介した作品同様、実話に基づいて作られており、その怖さはまさにトラウマ級である。

それではそのストーリーについて紹介するが、この時点でかなりの怖さなので、読む際は夜眠れなくなることを覚悟して頂きたい。
 
続きを全部読む

【カーチャンの描いたマンガがスゴイ】現役漫画家の母(58)が48年前に描いた渾身のスパイ漫画

あなたは漫画を描いたことがありますか? もしあるとしたら、末永く保管しておいて下さい。半世紀近く寝かせれば、新たな魅力と価値が見出されるかもしれませんよ。

ネットでも、たまーに公開される『カーチャン漫画』。誰かのお母さんやお父さんが若い頃に描いたとされる、実に味のある素人漫画です。プロではないので荒削りな作品が多いのですが、「その当時に流行っていたモノ」や「流行の絵のタッチ」などが垣間見れて、見ていて実にオモシロイ。

ということで今回は、いまだネットに公開されていない秘蔵のカーチャン漫画を独占入手。タイトルは『アクションガールズ』で、作者のペンネームは「満利林(マリリン)」、現在58歳のパート主婦です。ちなみにマリリン先生は、現在も地味に活動している漫画家・マミヤ狂四郎氏(32歳)のお母さん。つまり漫画家のカーチャンです。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 157
  4. 158
  5. 159
  6. 160
  7. 161
  8. 162
  9. 163
  10. ...
  11. 171