「2019年福袋特集佐藤英典」にまつわる記事

【2019年福袋特集】YOSHIKI・GACKTを夢中にさせたクッキーは入っているのか? 「TODAY’S SPECIAL」の5000円福袋を買ってみた!

元旦はお菓子専門店にとって、警戒すべき日ではないだろうか。というのも昨年元旦、世界的アーティストのYOSHIKIさんが「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日)において「銀座あけぼの」のチーズおかきを食いまくった影響で、お店のサーバーがダウン。商品は売り切れとなったうえ、しばらくの間、品切れ状態が続いた。

さらに今年はYOSHIKIさんだけでなく、パートナーのGACKTさんまでもがお菓子に夢中になる事態に……。

そんなGACKTさんが自身のSNSで、同番組でクッキーを食べている映像を投稿したところ、早々とファンに特定されてしまった。「TODAY’S SPECIAL」のクッキーではないかとの噂がネット上に広がり、すでに売切れになったもよう。はたして、そのクッキーは5000円の福袋に入っているのか? そして、実際に購入した結果は……!?

続きを全部読む

【2019年福袋特集】今年も良心的すぎる「元祖仲屋むげん堂」の福袋(2000円)がオトクすぎてヤバい!

毎年年明けは、このお店の福袋のことをお伝えしなければ始まらない。良心的すぎるオリエンタル雑貨のお店、「元祖仲屋むげん堂」だ。創業記念の12月24日にはプレゼントてんこ盛り、福袋もお値打ち価格で、しかも豪華と来ている。

今年も福袋を買いに行ってみたところ、やっぱり内容が充実してた。さらに、ある条件を満たすと50パーセントの金券バック! マジかよ、お年玉にもほどがあるだろ!!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】これは超お得だ!! 東急ハンズ1万円の「カバン福袋」は完全に買い!

福袋というと、大抵スターバックスやタリーズなどの大手コーヒーチェーンの商品に注目が集まるが、意外とお得な掘り出し物が見つかるのが「東急ハンズ」である。価格も手ごろで内容が充実していることを、知らない人は多い。

今回購入したカバン福袋は1万800円でなんとカバンが3点も! それにおまけでペンケースまでついてくる、総額3万3100円の超お得な内容となっている!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】もっとも無難に渋谷系ファッションを着こなすならコレ! 旧109メンズ「WILD PARTY」の9800円福袋

東京・渋谷は今も昔も若者の情報発信地である。遊びに行ってみたいけど、渋谷に見合う服をもってねえ! という悩める若者は旧109メンズ(マグネット バイ シブヤ109)の「WILD PARTY」に行くことをオススメしたい。ここの9800円(税別)福袋は、5点の無難なアイテムが揃っているぞ。とりあえず、コレを手に入れておけば、もう渋谷も怖くない!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】旧109メンズ「マグネット バイ シブヤ109」で最もコスパ良さそうな『REALIZE』の福袋を買ってみた!

私(佐藤)は年に1度、必ず訪れる場所がある。普段一切行くことがないその場所は、東京・渋谷の109メンズである。今年も福袋を求めて行ってみると、知らない間に名前が変わっていた! 『マグネット バイ シブヤ109』という、めちゃくちゃとっつきにくい名称に変わっていたのである。テナントはほとんどメンズアパレルだから、109メンズで良いじゃないか……。

それはさておき、そのマグネットなんちゃらで、もっともお得そうな福袋を買ってきたぞ! 購入したのは、「REALIZE」というお店。1万5000円(税別)で7万円相当の商品が入っているという。実際どうなのか! 中身を見てみよう。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】お菓子系福袋最強コスパはコレ! 1080円「二木の菓子」の福袋はめっちゃお得だよッ!!

飲食系の福袋の相場は大体1000円だろうか。売り値1000円で、1500~1600円の中身なら、十分得した気分になるはず。ところが、東京・アメ横の菓子の小売り販売を行っている「二木の菓子」は一味違う!

1000円の福袋に、2300円相当の商品を詰め込んでいるのである。さすが、ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】雑貨屋「ラムタラ」で売っている『DO袋』の名前の理由がヤバい! そんな言い方ある?

福袋とは、買う人にとっては 1年の買い物初めの楽しみのひとつ……のはず。売る人にとってはどうだろうか? もしかして、在庫処分なんて考えているお店があったりしないだろうか? 残念だが、そう考えるお店があっても不思議はない。

たとえば、関東で店舗展開する雑貨店「ラムタラ」に行ってみると、福袋にすごい名前がついている。「DO袋」だと? そう名付けられている理由を読むと、「在庫処分」なんて生易しい言い方と思わざるを得ない。こんな名付け方があるのか……。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】秋葉原で3000円のジャンク福袋を購入したら、心底失望した / もう昔のアキバじゃない……

また今年も福袋のシーズンが来た。毎年ネタ系福袋に注目している私(佐藤)は、元日10時前に東京・秋葉原へと向かった。さて、今年はどんなジャンク福袋に出会えるのか? 楽しみにしていたのだが、衝撃的な事実を知ることとなった。

手ぶらでは帰れないと、別の場所でジャンク福袋を発見したものの……これがある意味でトンでもない代物だったのである! マジで失望したぞ。

続きを全部読む