また今年も福袋のシーズンが来た。毎年ネタ系福袋に注目している私(佐藤)は、元日10時前に東京・秋葉原へと向かった。さて、今年はどんなジャンク福袋に出会えるのか? 楽しみにしていたのだが、衝撃的な事実を知ることとなった。

手ぶらでは帰れないと、別の場所でジャンク福袋を発見したものの……これがある意味でトンでもない代物だったのである! マジで失望したぞ。

・毎年恒例だったはずが……

振り返れば、2016年に初めてアキバのジャンク福袋を購入した時、私はマジ困惑してしまった。困惑しながらも、2017年2018年とジャンク福袋を購入し、そうして迎えた2019年1月1日。いつもの場所に行ってみると……。


おや? おかしい。店の場所がわからない。どこだったっけ? まさかアキバで迷子になる訳ないし。素通りしたか? そんな訳がない。2度3度と同じ道を繰り返し歩いていたら、ようやく理解できた。


あのジャンク品を売ってた建物が、まるごとなくなってる!!!! マジかよ、年明けの楽しみにしてたのに~~ッ!


・別のジャンク福袋を購入

く~……。悲しい、とても悲しい。2019年はどんな年になるのか、いまから心配になって来た。仕方がない。手ぶらで事務所に帰る訳にいかないから、たまたま見つけたジャンク福袋を買って帰るとしよう。


売っている人の話では、アタリの福袋には、iPhoneやXperia、ジャンクPCが入っているそうな。3000円なのに。お得すぎるだろ。はたしてアタリを引き当てることはできるのか!? 1個購入して持ち帰った。


・まさかすぎる中身

持ち帰って袋を開けて中を覗くと……ロクなもんが入ってる気がしねえええーーーッ!


すべてを床に広げた時、私は失意のどん底へと落ちていた……。


もっともまともだったのは、テープカッター……。


小バエをとるヤツ……。


ギターのおもちゃ。弦が4本だから、ギターでさえない……。


簡易鍋敷……。


飛行機のおもちゃ……。


ガーデニング用のフラワーシャワー……。


アイロンビーズ……。


名前シール……。


小さい網……。


かご……。


子どもが風呂場でローマ字を覚えるヤツ……。


・どこがジャンクやねん!!

iPhoneが入ってない。Xperiaが入ってない。それはまあ、よかろう。そんなものは最初から期待していない。3000円だし。それよりも私は許せないことがある! それは、これ全部100均とかで買ってきたもんじゃねえのか!? 何より新品やないか!! どこがジャンクやねん! ジャンク福袋舐めんなゴラァアアッ!

ジャンク福袋とうたっておきながら、新品を袋詰めするバカいるかよッ!

失望したぞ。私はもっと使いものにならないコネクターやスマホアクセサリーでパンパンになった福袋を期待してたのに。真面目にやれよ、ふざけんなよ。まさか100均等の新品の品々を袋詰めにして売るとはね……。マジでがっかりした……。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24