「誘拐」にまつわる記事

誘拐されそうになった少女が『ある方法』でピンチを切り抜ける / 地元保安官が「見習ってほしい」と呼びかけ

あなたは「いかのおすし」をご存知だろうか? 

「知らない人についていかない」
「他人の車にらない」
おごえを出す」
ぐ逃げる」
「何かあったらすぐらせる」

……という、子供が誘拐されないために、2004年に警視庁と東京都が考案した標語である。

この度、ある少女も誘拐されそうになった。だが少女は「いかのおすし」にとどまらない方法で、危機を切り抜けたというのだ。地元保安官も、見習ってほしいと呼びかけている。

続きを全部読む

【ゾッとする実話】知人から聞いた「小学生の頃に誘拐されかけた話」が本当に怖い / 子供がいる人は絶対に読んで欲しい

誘拐──。それは他人をだまし連れ去る犯罪行為のことを指す。誘拐ビジネスが成り立っている世界のどこかならいざ知らず、おそらく日本に住む99%以上の人が誘拐された経験は無いハズだ。だがしかし……。

悲しいことに日本でも誘拐される確率は決してゼロではない。つい先日、知人から聞いた「小学生の頃に誘拐されかけた話」が体の芯からゾッとするエピソードだったので、注意喚起の意味も込めてお知らせしよう。

続きを全部読む

「迷子の女児を助けた親切な男性」が保護者からフルボッコに! 誘拐犯だと勘違いされる出来事が発生

もし、読者の皆さんが迷子の子供を見つけたらどうするだろうか。デパートやイベント会場なら迷子の放送を頼めるが、公園や住宅街だったら、一緒に親を見つけてあげるしか出来ないのではないかと思う。

まさに、そんな迷子の女児を助けた親切な男性が、誘拐犯だと勘違いされて保護者にフルボッコにされてしまう、耳を疑うような出来事が起きていたというのだ!

続きを全部読む

「失踪した子供の情報をSNSでシェアしないで!」と警察が呼びかけ / その理由の裏には現代の家庭が抱える深刻な問題が

友達の近況をチェックしたり、想い出を残すために写真を投稿するだけでなく、SNSは生き別れになった家族を見つけ出したり人探しにも役立つことがある。

しかし、ある警察署が「行方不明の子供の情報をSNSでシェアしないで!」と呼びかけているのだが、その理由の裏には現代の家庭が抱える深刻な問題が隠されているのである。

続きを全部読む

ちょっと母親が目を離した隙に子供が連れ去られそうに! その決定的瞬間を捉えた動画が超コワい!!

ニュースなどで誘拐事件が報じられたら、「怖いなあ~」と感じつつも、自分の身には起こらない出来事のようにも感じてしまう。しかし、ちょっと目を離した隙に子供がさらわれてしまうこともあり、十分に注意が必要だ。

というのも、スーパーマーケットで、ほんの数秒母親がよそ見をしている間に、見知らぬ男が、赤ちゃんを連れ去ろうとしている決定的瞬間が監視カメラに捉えられ、ネットで注意が促されているのだ。

続きを全部読む

【中国】上海市中心部で6歳の日本人女児が見知らぬ中年男に連れ去られそうになる事案が発生

海外生活をしていると忘れがちになることがある。それは「異国で生活している」ということだ。日本人居住区に住んでいたり、日本人が集う場所に行くと日本にいるような感覚にとらわれることがある。だがそこはあくまでも異国。日本とは文化も風習も違えば事件に巻き込まれることも少なくない。

日本人が多く住む中国・上海市の中心部で6歳の日本人女児が連れ去られそうになる事案が発生していたことがわかった。在上海日本国総領事館が2016年10月19日に明らかにした。そして事案が発生した場所では過去にも同様の事件が起きていたのである。

続きを全部読む

誘拐された子供が9年ぶりに発見される! 決め手は母親が “偶然目にしたアルバム”

子供の誘拐ほど、親にとって辛いことはないだろう。子供はどこに行ったのか、無事でいるのか、誰に連れ去られたのか……そう思っては、身の内で怒りや悲しみが燃えたぎるはずだ。

あるインド人夫婦も、9年前に1歳だった息子を誘拐された。だがこの度、その少年が発見されたというではないか! 母親が偶然目にしたアルバムが決め手になったのだとか。

続きを全部読む

【胸熱動画】盗まれたワンコが飼い主さんと喜びの再会! ワンコが連れ去られないように気をつけて!!

世界各地で起こっているイヌの盗難事件。買い物している間など、ほんの数分外に繋いでおいたイヌが連れ去られてしまう……。飼い主さんにとっては、とてもツラい事件だ。

今回も1匹のパグが連れ去られてしまったのだが、警察の捜索のおかげで、運良く飼い主さんの元に戻ってくることが出来た! そのワンコと飼い主さんの再会の様子がビデオに収められたので、ぜひともご覧頂きたい!!

続きを全部読む

【衝撃検証動画】あなたの子供は大丈夫? ある方法を使った誘拐実験の結果が恐ろしすぎる

「知らない人についていったらダメ」。このように常日頃から子供に口酸っぱく言い聞かせている親は多いことだろう。しかし、子供の警戒心は親が思っている以上にもろく、驚くほど簡単に解かれてしまうようである。

というのも、“ある方法” で誘拐を試みた動画で、衝撃的な検証結果が出たからだ。YouTubeにアップされたタイトルは「CHILD ABDUCTION (Social Experiment)」。幼い子を持つパパママ必見の動画となっているぞ。

続きを全部読む

【日本郵便×リアル脱出ゲーム】スマホ片手に銀座を駆け巡る「銀座令嬢誘拐事件」に参加してみた / 五感フル回転で難問を解き明かせ!

これまで、「名探偵コナン」や「進撃の巨人」、「バイオハザード」などとコラボしてきた体感型イベントといえば、株式会社SCRAPが手掛ける『リアル脱出ゲーム』である。そのSCRAPが今度は「日本郵便」と手を組んだ……舞台は日本が誇るセレブタウン・銀座だ!

どうやら「銀座で起こった令嬢誘拐事件を、己の足と頭脳で解き明かす」というものらしい……。ここは “自称・シャーロックホームズの子孫” である俺の出番や! というわけで、3月17日に開催されたばかりの銀座令嬢誘拐事件』に参加してきたのでご報告したい!!

続きを全部読む

【何が起こった】米ノースダコタ州で超常現象か / 走行中の車が突然消える瞬間を監視カメラが捉えていた!?

その姿は見えなくても、この地球上には未知の生物がいるはずだ。世界各地で目撃報告があるにもかかわらず、実態がわからない宇宙人の存在を完全に否定することはできないからだ。そんななか……

最近、海外のネットユーザーが公開した動画には、かなり衝撃的なシーンが捉えられている。その映像を見ると、走行中の車が一瞬で姿を消してしまうのだ。動画の説明では、「UFOもしくは他の何かによって、車ごと誘拐されたように見える」としているのだが、これは一体!?

続きを全部読む

誘拐された少年がゴスペルを歌い続けて解放される! 「神の力が働いた」と話題

意外に知られていないがアメリカは誘拐大国である。アメリカのフリーウェイを走っていると、電光掲示板に児童誘拐・行方不明を知らせる速報と犯人の車のナンバープレート番号が頻繁に流れているのだ。

そんななか、なんと誘拐された少年がゴスペルを歌い続けたおかげで解放されるという事件が起こり、 “神の力が働いたのでは!?” と話題を呼んでいるのである。

続きを全部読む

【衝撃映像】目の前で子供が誘拐されそうになったらどうする? ドッキリではすまされないことになっている映像が話題

もし町中で見知らぬ少年が「助けてください……知らないおじさんに連れ去られそうになって……」と、あなたに助けを求め、さらにそこに誘拐犯らしき男が現れた場合、あなたはどう対応するだろうか?

そんな緊迫した状況に遭遇してしまった場合、人はどう反応するのかを実験している動画が今話題になっている。動画のタイトルは「THE KIDNAPPING CHILDREN EXPERIMENT!」。衝撃的な映像は、もはやドッキリではすまされない内容だ!

続きを全部読む

海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』東アフリカ編の注意喚起っぷりがスゴい

海外旅行に行く際に、とても参考になるのがダイヤモンド社の旅行ガイドブック『地球の歩き方』シリーズだ。熟練の旅人たちの中には「地球の迷い方だ」なんて揶揄する人もいるけれど、なんやかんやで参考になるし、読み物としても面白い。

そんな『地球の歩き方』シリーズの中でも、特に “内容が充実しまくり” と古くから評判なのが「インド編」であるが、「東アフリカ編」もなかなか強烈な内容になっている。同書に書かれている国は、ウガンダ、エチオピア、ケニア、タンザニアの4カ国なのだが、注意喚起っぷりがハンパないのだ。たとえばこうだ。

続きを全部読む

Facebookで「孫」が売られる事件が発生 / 娘を思っての犯行だった

世界中の人が使うFacebookでとんでもないものが売買され、多くの人が驚きを隠せないでいる。世界をビックリさせているそのとんでもないものとは、ずばり “孫” である。

にわかには信じがたいが、インド男性フェロッズ・カーンさん(47歳)は生まれたばかりの自分の孫を誘拐し、4万5000ルピー(約8万1000円)で売ろうとしたのだ。

続きを全部読む

中国福建省で、幼い頃誘拐された男性が22年ぶりに両親との再会を果たした。手がかりが殆どない中、親子の再会に一役買ったのは、とあるサイトとネットユーザーだ。

22年前、当時3歳だった李燦尚(り さんしょう)さんは家の前で三輪車で遊んでいたところを突然何者かに連れ去られた。泣きわめいて助けを求めようとしたが、その甲斐もなく長いこと車に乗せられ、遠く約150キロ離れた福建省泉州市に売られてしまった。150キロと言えば3歳児からしたら絶望的な距離である。

続きを全部読む

宇宙人の存在に関しては絶えず議論が起こっているが、UFOに誘拐・拉致された、宇宙人に人体実験をされたなどの体験談を語る人も多い。多くの体験談に共通するのは、時間感覚および記憶の喪失、体験後の体調不良など。

ここでは海外で起きた有名な5つの事件を紹介したい。自分の身にこんなことが起きたらあなたはどうする?

続きを全部読む