「蛇口」にまつわる記事

【一家に一台】カニのだし汁が出る蛇口をペットボトルで作ってみた! 鳥取まで行かなくても毎朝一杯カニのだし汁が飲めるぞー!!

2018年12月4日に鳥取県の米子空港に登場した蛇口が話題になっている。空港1階の国内線到着ロビー付近に開設されたこの蛇口、ひねると出るのはカニのだし汁! 実は、鳥取県境港市は「ベニズワイガニ水揚げ日本一」らしく、来年2月28日まで毎日最大6リットルが無料で提供されるという。

それはさて置き、朝夕が冷えてきた今日この頃。蛇口からカニだし汁が出るなんて最高でしかない。これは是非飲んでみたい! でも、鳥取まで行くのはめんどくさいのでペットボトルで作ってみたぞ!!

続きを全部読む

【裏ワザ】警視庁がツイートした「災害時に使える節水方法」がマジ凄い! ペットボトルで超簡単にできてアウトドアでもこれで1発蛇口確保!!

私たちの生活になくてはならない水。飲むだけでなく生活用水としても毎日使っているもののため、逆になくなった時の想像がつかない人も多いかもしれないが、水がない生活はかなり辛い。たまに、水道が止まっていた私(中澤)は身にしみている。

そんな水が一気に貴重になるのが災害時。この度「災害時の節水方法」を警視庁がツイートしていた。試しにやってみたところ……マジ凄ェェェエエエ! アウトドアでもこれで1発蛇口確保!!

続きを全部読む

【マサイ通信】第13回:マサイの村の水事情

ソパ(SOPA)! 元気か? ルカだ。ライオン相手に1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。みんなはもう、マー語での「こんにちは=ソパ」を覚えてくれたと思うのだが、その一方で、もっとも大事なことを忘れかけているんじゃないかな。

それは、オレの目的だ。なぜオレがロケットニュース24のライターになったのか? 答えは水だ。英語で言うならWaterだ。オレが原稿料を稼ぐ目的、それはオレの住むマサイの村の井戸を直すため。ということで今回は、マサイの村の水事情を説明したい。

続きを全部読む

なにこれスゴすぎ! わずか3ステップで写真から「3Dモデリング」できる技術が登場

今や映画やゲームには欠かせないのが、グリグリと自由に動かせる「3Dモデル」である。いわゆる立体的な CG だ。クルマから建物から小物まで、ありとあらゆる 3Dモデルが今日も星の数ほど作られている。

そんな 3Dモデルを自分でも作ってみたい! だけど、3Dモデリングのソフトは難しいんだよなぁ……と二の足を踏んでいた人たちに朗報だ。まるで魔法のような、スゴすぎる技術が開発されたのだ!

続きを全部読む

これなら手を洗う!? トイレ後に手を洗わない男性の多さを見かねたあるデザイナーが蛇口付き小便器を開発

みなさんは、トイレ後にきちんと手を洗っているだろうか。当たり前だろ! と思われる方もいるだろうが、トイレ後の手洗いが習慣化されていない人も意外にいるようで、特に男性に多いという。

そんな状況を見かねたあるデザイナーが、男性に手洗いを促すべく蛇口付きの小便器を開発した。これにより、用を足した後に手を洗う人が少しでも増えることを期待しているとのことだが、この斬新なアイデアには賛否両論が巻き起こっているようだ。

続きを全部読む

【衝撃動画】ロシアの蛇口は水を飲む

以前、「ロシアの蛇口はF1になる」という記事をお伝えした。読んで字の如し、ロシアの蛇口をひねると、なぜかF1の音がするのだ。目を閉じればコースが見える。それほどのクオリティであった。

だがしかし。ロシアの蛇口はF1になるだけではなさそうだ。なんと、水を飲んでしまうのである。衝撃的シーンが収められた動画のタイトルは「The Thirsty Tap」などなど。

続きを全部読む

【衝撃動画】ロシアの蛇口はF1になる

われわれの常識をはるかに超える日常がある国といえば、極寒のシベリア大陸・ロシアである。なにせあれだけ大きな国だ。何が起きてもおかしくはない。ロシアなら納得できる。心で「おそロシア」とつぶやきながら。

そんななか、ロシア発のアメージング動画がYouTube上で話題になっている。再生数は約88万回、動画のタイトルは「Racing Valve」、意訳するなら「レーシング蛇口」だ。どんな内容なのかというと……

続きを全部読む

手動式の蛇口よりもセンサー付きハンズフリーの蛇口のほうが実は不衛生だった

ほんの3年ほど前にウェストミンスター大学の研究者たちが、公衆トイレによくある温風ハンドドライヤーは清潔ではないとの研究結果を発表した。衛生的だと考えられていたハンドドライヤーだったが、実は紙で手を拭いたときよりも多くの細菌が手に残ってしまうとのことだった。

そして今、またひとつ一般的に清潔だと思われていたものが、実はそうではなかったとの報告がなされた。アメリカのジョンズ・ホプキンス病院の研究によると、センサー付きのハンズフリー蛇口から出てくる水には、より多くのレジオネラ菌が含まれているという。レジオネラ菌は肺炎などを引き起こす細菌で、健康な人にはほとんど害を及ぼすことはないが、免疫機構が低下している人には感染症にかかる原因となる。

続きを全部読む