「板橋」にまつわる記事

禁断の裏メニュー「背脂100%ラーメン」が “本当の背脂の味” を教えてくれた / 東京・板橋『下頭橋ラーメン』

背脂。この2文字を見ただけで、どうしようもなく心が躍る。背脂という言葉を記すために漢字が生まれたのではないかと思うほどだ。苦手な人もいるだろうが、こってり好きの界隈においては、死ぬほど愛されてやまない食材である。

そんな背脂がたっぷりとスープに浮かぶ……どころか、背脂100%のラーメンを提供するお店があるという情報を入手した。嘘だろ……? それってもうスープじゃなくて背脂そのものなのでは? どんなラーメンなんだ? 気になりすぎて狂いそうなので現地に向かった。

続きを全部読む

五感で味わう至極の焼肉屋はここだ! 東京・板橋の『炭火焼肉ホルモン時楽』は肉好きの聖地である!!

どんなに素晴らしい料理でも、ただ味がいいだけでは、本当の意味で「美味しい」と感じるのは難しいだろう。たとえ最高級のキャビアであったとしても、紙コップに入っていたり体育館のようなだだっ広いところで食べたら美味しいとは言い難く、どこか味気ない気持ちがしてしまうはずだ。

美味しいモノとは、つまるところ五感で楽しむものではないだろうか。目で見て耳で聞き、鼻で嗅いで舌で味わう。食感もまた美味しさを感じさせる大事な要素だ。それが見事に調和した焼肉店が東京・板橋にある。そのお店「炭火焼肉ホルモン時楽」は、まさに五感で味わう焼肉屋だった

続きを全部読む

【幻の立ち食いそば】営業は平日深夜のみ! 闇の中ポツンと光る「そばひろ」の赤提灯にぬくもりを感じた / 立ち食いそば放浪記:第134回 本蓮沼

こんばんは。立ち食いそば評論家の中澤星児です。現在時刻は22時、都営三田線本蓮沼駅に降り立ちました。埼玉にほど近い東京の北端に位置するこの街。こんな時間にこんなところで何をやっているのかと申しますと……

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ち食いそば放浪記」なんですね。どうやら、ここに深夜のみ営業しているという幻の立ち食いそば屋があるらしいのです。っていうか暗ッ

続きを全部読む

【意外なグルメ】チャーハンに「とび子」がどっさり!! 東京・板橋『丸鶴』のとび子チャーハンが斬新すぎた!

中華料理店の定番メニューの1つ、チャーハン。中華のメニューにおいて、ラーメンと双璧を成しているにもかかわらず、その専門店はそれほど多くない。

さて、そんなチャーハンに意外な食材を組み合わせて提供するお店がある。東京・板橋の『丸鶴』だ。こちらはなんと、トビウオの魚卵を塩漬けした「とび子」をたっぷりトッピングしたチャーハンが存在するのである。これウマいのか?

続きを全部読む

480円でこのボリューム! 板橋区「つるや」の唐揚げ弁当大盛りのコスパ高すぎ!! やっぱり弁当のフタが閉まらない

以前の記事で、埼玉県川口市の持ち帰り弁当屋「ほっかほっか大将」についてお伝えした。このお店は600円でモリモリの唐揚げ弁当を販売している。実際に食べてみたところ、食べ応えバツグン! コスパの高い一品であった。

この記事を公開したところ、読者から板橋にある「つるや」も高い唐揚げ弁当を提供しているとの情報を得た。はて? つるや、どこかで聞いたことがある。それはさておき、さっそく行ってみたところ、唐揚げ弁当大盛り480円! こちらもまたフタが閉まらないほどモリモリの唐揚げ弁当だったのだ!

続きを全部読む

【昭和ジャングルクルーズ】駄菓子屋ゲーム博物館で10円玉ばらまいてきた! Byクーロン黒沢

世のゲーマーにアミューズメントの原点を知らしめる、古戦場のようなスポットが東京・板橋にあるという。その名も「駄菓子屋ゲーム博物館」。

軽く30年以上も昔、横丁の駄菓子屋の店頭で電飾ギラギラ、毒々しいブザー音を響かせ、バネやボールを駆使したレトロかつ容赦無い難易度で子供たちを魅了した「駄菓子屋ゲーム」。今やすっかり見かけなくなったあのトラウマゲームの数々を、収蔵するのみならず自由にプレイさせる驚異の博物館だ!

住所をたよりに、町並みから軽くタイムスリップしたような商店街を歩くこと数分。店先に所狭しとガチャガチャマシンを並べ「コン太村」という意味不明の看板を掲げる不思議な店を発見した。

続きを全部読む