「指輪」にまつわる記事

お手柄ニャンコ! 「排水口に落ちた指輪」を拾ってあげるネコがすごい!!

ネコ様が、人間の “お手伝い” をしようとしてくれることも多い。飼い主がパソコンに向かっていると、キーボードに寝そべって応援してくれたり。新聞を読んでいると、これまた新聞の上に寝転んで重要な記事を教えてくれたり。ううーん、可愛いし、ありがたいけどちょっと迷惑……。

だが、これからご紹介する動画の「ネコ様のお手伝い」は、とっても、と〜ってもありがたい! なんと、排水口に落とした指輪を拾ってくれたというのだ!!

続きを全部読む

リア充すぎるアイディアが炸裂したスマホケースがこちらです / パカっと婚約指輪が出てきて彼女の反応を撮影できる『ロックショック』にネット民失笑

最近は、超ロマンチックなプロポーズの瞬間を撮影して、SNSに投稿する人が増えているようだ。一生の記念に残る思い出を、記録として残しておきたい気持ちは誰にだってあるだろう。

しかし、その瞬間を撮影するには第三者の協力を借りる必要があったり、何かとお膳立てが大変……。そんな人が泣いて喜びそうな(!?)、「パカっと開けたら婚約指輪が出て来て、彼女の反応を撮影できるスマホケース」が爆誕したというので紹介したい。しかしリア充すぎるアイディアが、ネットユーザーから失笑を買っているらしいのだ。

続きを全部読む

Amazon従業員が客の親切に感謝感激! パッキング中に婚約指輪を紛失 → 客が「荷物に入っていた」と返還したお話が話題

Amazon のカスタマーサービスは、その対応の良さで有名だ。ネコからスター・ウォーズ大好き少年まで、ありとあらゆる顧客に対して神対応を見せては何かと話題になってきた。

だが今回は逆の事態が発生! なんと客の方が Amazon に対して素晴らしい対応を取ったというのである!!

続きを全部読む

NBAの試合中に彼氏が恋人にプロポーズ! しかし「指輪が転がり落ちて」観客席が大騒動に!!

恋人に結婚を申し込む時、男性は確実に ‟イエス” の返事を貰うためにも、豪華な婚約指輪を用意して準備万端で挑むものだ。

その例にもれず、ある男性が米プロバスケットボールNBAの試合中に、彼女にプロポーズ! ところが、指輪が観客席に転がり落ちて、てんやわんやのお大騒ぎになってしまったというのだ!!

続きを全部読む

【コラム】婚約指輪は本当に本当に必要なのか?

一昔前は「給料3カ月分の婚約指輪を……」なんて話をよく聞いたものだが、私(P.K.サンジュン)の周囲の既婚者たちは、婚約指輪を購入していないケースが多いようだ。かくいう私もその一人で婚約指輪は買っていない……というか、いまだに婚約指輪の意味自体がわからない。

結婚指輪はわかる。とても良くわかる。もちろん私も購入したし、左手の薬指に常に装着している。だが婚約指輪の意味だけは、少ぉぉぉぉおおおおしもわからない! 一言でいえば意味不明!! てかマジで婚約指輪なんて必要か? もうそろそろこの風習と決別してもいい時期なんじゃないのか!?

続きを全部読む

コールドプレイのコンサート中に男性が恋人にプロポーズ! 9万人の観客を前にした映画みたいな展開がドラマチックすぎる!!

女性なら、人生で一度ぐらいは愛する男性にひざまずかれて、結婚を申し込まれたいと夢見るものではないだろうか。だが、男にしてみれば断られた場合のことを考えたら、映画のように、大々的にプロポーズする勇気は出で来ないものなのかもしれない。

そんななか、ある男性が英人気ロックバンド「コールドプレイ」のコンサート中に恋人にプロポーズ! 9万人の観客を前した恋愛映画のような展開が、ドラマチックすぎて羨ましさ炸裂なのである!!

続きを全部読む

【花見・飲み会で絶対ウケる】装備するだけで瓶を開けられる「指輪型栓抜き」 が最高にカッケぇぇええ! 実際に使ってみた

全国的にお花見シーズンで、お店以外で宴会をする機会が増えてくることと思う。ただ、あなたも一度経験がないだろうか? 瓶ビールがあるのに、栓抜きがないという悪夢な状況。これには激萎え必至だ。場も盛り下がるはず。あってはならないことである。

そんな時、盛り下がるどころか、逆に必ずウケるであろう面白アイテムを発見したので紹介しよう。そのアイテムとは、「指輪型の栓抜き」である。これを指にはめていれば、いつでもどこでも瓶のフタを即開けることが可能。「おおおお!」という周囲の声が聞こえてきそうではないか。実際に瓶を開けてみたぞ!

続きを全部読む

こんな方法があったなんて! 動画『抜けなくなった指輪を外す方法』が素晴らしい!!

指輪が抜けなくなると本当に困る。キツイし、なんだか痛いし、どうしていいか分からなくて泣きたくなってしまうものだ……。解決策として石けんや油で滑りやすくする方法などが有名だが、最悪の場合、指輪を切断しなければならないことだってある。

「そんなの絶対に嫌だ!」という人のために、抜けなくなった指輪を外す方法を紹介したい。長めのヒモとピンセットを用意して、“あること” をすればアラ不思議。何をしても抜けなかった指輪が簡単に外れてしまうのだ! 動画『Amazing trick to remove a ring that is…』と合わせて読んでいただきたい。

続きを全部読む

指輪をはめるだけで「いびき」をストップ! 「ツボ刺激」を応用した「グッドナイトリング」が話題

健康に欠かせないのが充分な睡眠だ。しかし、隣に寝ているパートナーの いびき のせいで、寝るに寝れないと悩んでいる人もいるだろう。そんな人に朗報だ。指にはめるだけで いびき を改善できる「グッドナイトリング」が登場し、いびきに悩まされている人達の間で話題になっているのだ。これをパートナーにはめてもらえば、快適な睡眠を手に入れることができるかもしれない。

続きを全部読む

面白半分でやったことが取り返しのつかないことになった、という経験はないだろうか。たとえば友達や家族をビックリさせようと思い、狭い空間に入ったら出られなくなったとか。人の指輪をはめたら、はずれなくなったとか。

・イタズラのはずがレスキュー出動

決して大きな悪意があるわけではなく、ちょっとしたイタズラ心で思いついたことが、予想外の展開に。そんなときにレスキュー隊を呼ぶようなことになったら、目も当てられない。今回は英国レスキュー隊が出動することになった、ビックリするような救急事例をご紹介しよう。

続きを全部読む

海に落とした指輪を無償で探してくれる男たちがいた / 30年間で100個も持ち主に返還

夏といえば海。暑い日に行きたくなるのが海水浴だ。だが、「落し物」には気をつけなければならない。ハッと気づいたら指輪がない……なんてことはよくある話。そして、そんな海での落とし物を狙うのが、「トレジャーハンター」と呼ばれる人たちである。

彼らは金属探知機を持ちながら浜辺や浅瀬を歩き回り、価値ある財宝を探している。つまり「お金」が目的なのだが、今回ご紹介するトレジャーハンターはひと味ちがう。彼は30年もの間、誰かが落とした指輪を見つけては無償で持ち主に返すことを続けているのだ。

続きを全部読む

なにこれステキ! フィアンセが近くにいると「ピカッ!」と光るハイテク婚約指輪

あるエンジニアが手作りしたアクセサリーが海外のサイトで話題となっている。それは一見ごく普通の指輪だが、なんと! フィアンセが近くにいるときだけ「ピカッ!」と点灯するのだというのだ!

このハイテクな指輪を作ったのはサンフランシスコの電子機器会社で働くベン・コークスさん(36)。彼の婚約者であるジュリー・ニコライさん(35)にプロポーズするために5カ月間かけて制作したという。フィアンセが近づくと光るだなんてまるで魔法のよう! そのようすは「Ring Illumination」という動画で確認できるぞ。

続きを全部読む

16才男子が性器に指輪をハメて就寝 → 朝立ち → 指輪が取れなくなる大ピンチ

人間とは愚かな生き物である。高い知能を持っているはずなのに、ときに考えなしに行動し、それがとんでもない事態を招く。

ある日、16才男子が自身の性器に指輪をハメて就寝したそうだ。翌朝、そのまま勃起。だが、指輪がハマっているせいで性器はうっ血を起こし、レスキュー要請をする事態になっていたのである。

続きを全部読む

映画公開目前! ファミマ限定『ベルセルク』の財布が迫力満点すぎる!!

2012年2月4日、連載開始から20年以上を迎えるダーク・ファンタジー漫画『ベルセルク』のロードショー(黄金時代篇1 覇王の卵)が放映される。今作は、主人公で孤高の剣士ガッツが、傭兵団「鷹の団」と団長グリフィスに出会い、運命に翻弄されていく物語である。作品は中世ヨーロッパを舞台のモデルに、使徒と呼ばれる怪物や魔法が登場し幻想的な世界観を作り上げている。

日本だけでなく海外にもファンが多く、今回の映画化3部作に期待を寄せている人は多いようだ。放映を前に関連グッズが多数登場しているのだが、これだけはマスト! という商品をご紹介したい。その商品とは、「ベヘリット・嘆きの赤財布」だ。べヘリットとは、作中で非常に重要な意味を持つ謎の品である。

迫力満点のこの財布、ファンはもちろん、ファンでなくても即買いした方が良いかもしれない。なぜなら、インパクト絶大なので人気商品になるかもしれないからだ。

続きを全部読む

窃盗が多いと言われる地域を旅する際、パスポートや現金など貴重品はなるべく見えないところに隠すというのは常識である。だが隠し場所によってはある意味窃盗より悲惨な事態に陥る可能性もあることを忘れないでほしい。

ある男性が大切な指輪を隠すのに選んだ場所はなんとズボンの中。しかも失くさないように自分の性器にはめてしまった。だが、隠すどころか彼の性器は圧迫されて血が止まり指輪がとれなくなって死にかけるという悲劇を味わったのである。

続きを全部読む