「名探偵コナン」にまつわる記事

『名探偵コナン 天空の難破船』はコナンと「ある人物」の関係性に注目! 大きく変化した記念すべき作品で聖地巡礼したくなるぞー!

「高校生って大人だな~」と思いながら『名探偵コナン』を読んでいたのも、今は昔。恐ろしいことにフト気付けば、とっくの昔に登場人物たちの年齢を追い抜いている。同作は言わずもがな日本を代表する長寿漫画・アニメであるが、長年やっている作品だからこそ頑(がん)として動かない部分と、変化していく部分とがあるだろう。

2019年9月6日の金曜ロードショーにて、劇場版『名探偵コナン』シリーズの第14作目である『天空の難破船』がオンエアされる。実はこちらの作品、コナンとアイツの関係性が大きく変化した記念すべき作品なのだ。なお、ここから軽くネタバレを含むのでまだ見ていない方は注意して欲しい。

続きを全部読む

【探偵の日】女性が『名探偵コナン』にハマる理由 / 愛読歴25年の記者が考えてみた

「真実はいつもひとつ(ドヤァ)」のセリフでおなじみ『名探偵コナン』を知らない日本人は、もはや存在しないだろう。毎度人が殺されたり何かしらの事件が巻き起こる内容でありながら、大人から子どもまで楽しめる類まれな作品だ。

そんな『名探偵コナン』、少年漫画であるにもかかわらず最近では女性人気が高いと聞く。はてさて、女性は何故『名探偵コナン』にハマるのだろうか。本日5月21日は「探偵の日」なので、それに合わせて『名探偵コナン』愛読歴25年の記者が考えてみることにした。

続きを全部読む

【悲報】Twitterのトレンドに現れた『ゼロシコ』というワードに反応してしまう人が続出! ネットの声「最近心が汚れてきているなぁ」

今ネットで話題になっていることは何か? それはTwitterのトレンドを見ればすぐに分かる。たとえば本日2019年3月22日なら、イチローさんやグーグルマップ、NGT48の山口真帆さんあたりがトップトレンドと言えるだろう。だがしかし……。

それらに混じり、ある奇妙なワードがトレンド入りをしたことで、ネットが大いにザワついているようなのだ。突然だがあなたは、「ゼロシコ」と聞いて一体何を連想するだろうか? ゼロシコ、ゼロシコ、ゼロシコ、……。分からない、どういう意味なんだ……。

続きを全部読む

【名探偵コナン】『世紀末の魔術師』あるある40連発!

「見た目は子供、頭脳は大人。その名は名探偵コナン!!」多くの日本国民にとって、耳タコなセリフだろう。なんてったってアニメ『名探偵コナン』は、放送開始から20年近くたっているからな。いつの間にやら、長寿番組だ。2019年4月12日には、劇場版23作目にもなる『紺青の拳(フィスト)』が公開される。

新作映画を記念して、3月22日の金曜ロードショーで『世紀末の魔術師』を放送するんだって。『世紀末の魔術師』と言えば、怪盗キッドが大活躍する話じゃないか。キッドが出ると作品がグッと面白くなるんだよね。ってことで、作品の “あるある” を書いてみた。テレビを観ながらチェックしてくれよな!

続きを全部読む

【衝撃】「名探偵コナン」の安室透さんが運転する車に乗せてもらったらほぼ地震だった / 4D版『ゼロの執行人』感想

全国8億5000万人の安室透ファンのみなさん、もうご覧になっただろうか。意味不明なレベルのヒットを記録した映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の4D版が、期間限定で絶賛上映中である。4D版というのはつまり、映像に合わせてシートが動きまくるということだ。

以前の記事で私(あひるねこ)は、安室さんの車の助手席に「ちょっと乗ってみたい」と軽い気持ちで書いたことがある。ということは、むむっ? この4D版を利用すれば……安室さんのRX-7に実際に乗れてしまうではないか! こうしちゃいられねぇ……映画館へ急ぐぞ風見!!

続きを全部読む

【賠償金3兆円】米コメディアンが『名探偵コナンはオレのパクリ』との訴え → コナンの町・鳥取県北栄町が反撃!

日本は世界でも群を抜いて良質のマンガ&アニメが制作されている国として知られ、海外で人気がある作品も数知れず。そのなかのひとつが、老若男女問わず愛読されている『名探偵コナン』である。

ところが、『名探偵コナン』は「オレのパクリ」だと主張する米コメディアンがいる。そんなあるまじき訴えにコナンの町・鳥取県北栄町が反撃し、双方の要求合戦が勃発! 一体何が起きているのか紹介したい。

続きを全部読む

【マジかよ】週刊少年サンデーの発行部数が30万部に回復! ジャンプ・マガジンが下がり続ける中、サンデーに何が起こっているのか? 事情通に聞いてみた

日本において3大マンガ週刊誌と言われているのが「ジャンプ」「マガジン」「サンデー」である。私(中澤)が子供の頃、同級生はこの3つのマンガ雑誌のどれかを必ず読んでいた。

しかし、近年、この3誌の発行部数は減少し続けている。2018年8月27日、一般社団法人日本雑誌協会「JMPA」が2018年4月から6月の雑誌印刷部数を公開した。ジャンプもダウン、マガジンもダウン……やっぱり全誌下がっているのか。と思いきや、サンデーが! サンデーがァァァアアア!!

続きを全部読む

【第14話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / セロリ愛しすぎだろ編

全国6000万人の安室の女さん、おまっとさんでした。『ゼロの日常』をただ読むだけのこの連載、今週も元気に始めていきたいと思います。前回はコミックス発売を記念して、総集編的にお送りしましたね。その後、合併号を挟んだので3週間ぶりとなります。

すでにお読みになった方はご存じかと思いますが、今週号には犬が2匹登場しますよ! え? 犬はハロだけですって? いやいや、そんなバカな。今週の登場人物を思い出してください。安室さんでしょ? ハロでしょ? 風見でしょ? 犬が2匹やないか!

続きを全部読む

「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、『ゼロの日常』を3カ月読み続けて分かったこと

めでたい! マジでめでたい! 本当にめでたい!! なぜなら本日2018年8月8日は、「名探偵コナン」の公式スピンオフ『ゼロの日常』、そのコミックス第1巻の発売日なのだ! あなたはもうゲットしただろうか?

いま日本でもっとも女にモテる男・安室透さんの人気の秘密を探るため、知識ゼロで本作を読み始めたのが約3カ月前。それ以来、少年サンデーでの連載を追いながら、その感想を毎週記事にしてきた。叩かれるかと思いきや、意外にも好評で嬉しい限りだ。

今回はコミックスの発売を記念して、「名探偵コナン」を数年間見ていなかった私(あひるねこ)が、『ゼロの日常』を3カ月読み続けて分かったことをまとめてみようと思う!

続きを全部読む

【第12話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / 誰だこのオッサン編

もしかすると今週の『ゼロの日常』には、赤井が出てくるかもしれない──。きっかけは、作者である新井隆広先生の Twitter だった。そこにはなんと、「青山先生が FBI のあの人の日常出演許可を下さり」と書かれていたのだ。いやこれ……赤井でしょ?

『ゼロティー』も今回で12話目を迎えるが、いよいよ赤井が登場するのか。ファンもきっと大歓喜に違いない。ところが、緊張しながら今週のサンデーを開いた私(あひるねこ)は、そこで驚きの光景を目にすることになる。

続きを全部読む

【第11話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / ヒロイン確定編

今週の私(あひるねこ)は気が楽だった。なぜなら『ゼロの日常』の作者である新井隆広先生の Twitterから、次回の『ゼロティー』に風見が出てくることがあらかじめ分かっていたからである。よかった、今週は記事が書きやすそうだ。

そしてやって来た水曜日。ページをめくった瞬間に、予感は確信へと変わることになる。あ、これ風見が出てくるとかの話じゃないわ。風見回だわ。そう、この連載を執筆するにあたり、もっとも書きやすいメガネの中のメガネこと風見、堂々の主役回である。よくやった。

続きを全部読む

【第10話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / ネーミングセンス半端ない編

いい加減にしていただきたい。安室透さん、あなたに言っているのだ。私はコナンの公式スピンオフ『ゼロの日常』をただ読むだけの連載を毎週書いている あひるねこ という者だが、今回ばかりはさすがにキレそうだぜ……。ていうか、また「犬」回って! 3週連続で「犬」回って!! いや、おい!

飼い始めだ。可愛いのは分かる。だが、3週連続「犬」ネタで来られると、ツッコミ所がなくなってくるという私の事情も察してほしい……と、読み始めたところ、後半で割とブチ込んできてくれた我らが安室さん。何だかんだ言って、やっぱ優しいっすね!

続きを全部読む

【第9話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / ワセリン編

一週間の休載を経て、ついにあの男が帰ってきた。いま日本でもっとも女性にモテるギャル男こと、褐色肌のイケメン・安室透さん。堂々の帰還である。コナンの公式スピンオフ『ゼロの日常』をただ読むだけのこの連載は、休載になると困っちゃうので助かります!

前回、安室さんと LINEが出来るというので実際にやってみたところ、想像以上にヤバイ男であることが明らかになったわけだが、今週は一体どんな表情を見せてくれるのか? 二週間ぶりの『ゼロティー』を、さっそく読んでいくことにしよう。

続きを全部読む

【何だコイツ】『名探偵コナン』の安室透さんとLINEをしてみたら想像以上にヤバイ男で心が折れた

私(あひるねこ)は毎週水曜日、『名探偵コナン』の公式スピンオフ『ゼロの日常』をただ読むだけという奇妙な記事を連載している。ところが、今週発売の少年サンデー32号では、『ゼロの日常』が休載になっているのだ。まずい、このままでは書くことがない。

そんな時、気になる情報を耳にした。なんでも、安室透さんと LINE で会話する方法があるんだとか。マジかよ! 安室さんと LINE !? そんなんやってみるしかねェェェェェェエエ!! というわけで実際に試してみたところ、思っていたのとだいぶ違う展開になったでござる。

続きを全部読む

【第8話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / 公安の犬編

毎週水曜の恒例企画。コナンを数年間見ていなかった私(あひるねこ)が、いま日本でブッチギリにモテる色男・安室透さんの人気を探るため、公式スピンオフ『ゼロの日常』をただ読むだけのこの連載。今週も元気に始めていきまっせ!

と、その前にまずはお詫びしたい。実は私、出張で東京を離れておりまして、サンデーを読むのが遅くなってしまったのございます。決して飽きたから打ち切り! というワケではないので安心してくれよな。それに、木曜の『ゼロティー』というのもまたオツなもの。ではさっそく読んでいくことにしよう。

続きを全部読む

【第7話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / おそらく神回編

突然だが、毎週水曜といえば何の日だろうか。レディースデー? ノー残業デー? 違います。『ゼロティー』の日です。安室透さんを主役に迎えた公式スピンオフ『ゼロの日常』が、少年サンデーに掲載される日でございます。当然ですね。

というわけでさっそく、水曜恒例『ゼロの日常』をただ読むだけの連載を始めていこうと思うぞ。先週号では子供を一時的に誘拐したり、道路の壁を車で走ったりとやりたい放題だった安室さん。今週号では何をやらかしてくれるのか? 先に言っておくと、今週はおそらく神回である。

続きを全部読む

【第6話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / 事案発生編

先週ついに執行されてきた私、あひるねこ。詳しくは記事をご覧いただきたいが、結果的に安室さん愛がガッツリ強まってしまいましたとさ。私は一体どこへ向かうというのか?

さて、今回からは通常通り、公式スピンオフ『ゼロの日常』をただ読むだけの連載に戻っていこうと思うぞ。降谷メインでややシリアスだった5話とは打って変わり、今回はポアロ回。安室透回である。そして同時に、事案発生回だったこともあらかじめお伝えしておきたい。

続きを全部読む

【衝撃】コナンを数年間見ていなかった男が『名探偵コナン ゼロの執行人』に執行された結果

ついにこの日がやって来てしまった。今をときめきすぎている男・安室透さんの人気の秘密を探るため、公式スピンオフ『ゼロの日常(ティータイム)』をただ読むという連載を続けてきた私、あひるねこ。それが今回、とうとう執行されてきました。

映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は、公開から7週連続で動員ランキング1位を記録。興行収入も78億円を突破と、現在も絶賛大ヒット中である。私はコナンを数年間見ていないので、最近のキャラは正直誰が誰やら分からない。しかし、安室さんを追う身としては、やはり劇場で見ておく必要があるだろう。というわけで、さっそく映画館へ行くぞ風見!

続きを全部読む

【第4話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / スーパーの鬼編

いま日本でもっとも女性にモテる男といえば、安室透さんをおいて他にいないだろう。しかし、なぜそんなに人気なのか? その秘密を探るべく、「名探偵コナン」を数年間見ていなかった私(あひるねこ)が、公式スピンオフ『ゼロの日常(ティータイム)』をただ普通に読む──。それがこの連載だ。

安室さん知識ゼロだった私も、これまでのお話によって降谷零・安室透・バーボン、それぞれの表情をなんとなくだが理解できた。ようやくスタートラインに立てたような気分である。さあ、今週号では “どの” 安室さんが登場するのだろうか?

続きを全部読む

【第3話】「名探偵コナン」を数年間見ていない男が、安室透さんの魅力について『ゼロの日常』を読みながら考えてみた / まさかの年下上司編

そこはかとなく いやらしい雰囲気をまとった男で勝手におなじみ、我らが安室透さん。「名探偵コナン」を数年間見ていなかった私(あひるねこ)が、公式スピンオフ『ゼロの日常(ティータイム)』を読んで安室さんの人気の秘密を考えるこの連載も、早いもので第3回を迎えた。

知識ゼロで読み始めたのに、人物紹介でまさかの全バレを食らったのが前回のお話。不思議なもので、最近はサンデーの発売が待ち遠しくなっている自分がいることに気付く……。とはいえ、安室さんについてはまだまだ知らないことばかりだ。今週号では、先週チラッと名前が出た風見とやらが初登場するぞ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2