「友達」にまつわる記事

疑え先入観! 男だと思っていた女友だち宅の家庭事情! 四コマサボタージュDE第87回「オメェも入ってけや」

続きを全部読む

空想か現実か!? あの頃の友達! 四コマサボタージュDE第53回「不思議な友達」

続きを全部読む

思い出せあの時の熱い気持ち! 苦楽を共にした仲間! 四コマサボタージュDE第50回「部活の同期」

続きを全部読む

その手を離すな! 友達の後押しが決め手のプロポーズ! 四コマサボタージュR第339回「理解者」

続きを全部読む

【実録】友達のいないトルコのハッカーが送ってきた「VISAカードのフィッシング詐欺メール」の目的は…

まるで映画の中に出てくる「ハッカー」のような男がいた。自らを「神」と称するその男は、日本に住む私に迷惑メールを送ってきた。それは明らかなるフィッシング詐欺だったが、私は気にせず先に進んだ。すると、なんとも切ないメッセージが表示されたのである。

愛なんてない。哀れみもない。友達もいない……

続きを全部読む

大渋滞! 純情少年とひと夏の友情! 四コマサボタージュR第230回「秘密の友達」

続きを全部読む

暴走する連帯意識! 終焉に向かうサークルメンバー! 四コマサボタージュR第228回「仲間意識が強すぎて活動不可能になったサークル」

続きを全部読む

【増員】よろしくな! 新たなるメンバー加入! 四コマサボタージュR第165回「新しいお友だち」

続きを全部読む

【啓発】胸に刻め、人生訓! 図れ、人生の質向上! 四コマサボタージュR第159回「母の教え」

続きを全部読む

【照れムーヴ】嬉し恥ずかし両思い! 二人の間に首を突っ込んだ者の末路…! 四コマサボタージュR第86回「ツンデレ系の幼馴染と一言一動作余計な友だち」

続きを全部読む

【超人】爆発させろ、イタズラ心! 驚かせ、友達! 四コマサボタージュR第81回「友人にドッキリ」

続きを全部読む

【ブーメラン】昨日の友は今日の敵! 突然牙を剥くかつての友人! 四コマサボタージュR第80回「ボウルは友達」

続きを全部読む

【陽キャ】逆にコミュ障! 飛び越えろ隔たり! 四コマサボタージュR第28回「友達の友達」

続きを全部読む

【2コマ】きょうの過ち 第59回「趣味の合う友人」

続きを全部読む

【交遊関係】意外と知らない友人の一面… 四コマサボタージュ第96回「変な写真」

続きを全部読む

【タイミング…】温めろ旧交! 旧友とバッタリな一幕 四コマサボタージュ第86回「お前今何してんの?」

続きを全部読む

【漫画】「友達だからタダでやってと言われた時の手っ取り早い解決方法」が痛快すぎて話題

例えばWebデザイナー。例えばイラストレーター。いわゆるクリエイターのほぼ全員が「友達だからタダでやって」と依頼された経験があるハズだ。結婚式のムービーなのか、それともアイコン作成なのか。いまだに「知り合いならお金は発生しない」と思い込んでいる人は実に多い。

お願いされた側の気まずさはかなりのもので「金払えよ」と露骨には言えないし、だからと言って時間と技術を無償で提供するのは腑に落ちない。そんな時、クリエイターはどうすればいいのか? いまTwitterで痛快すぎる漫画が話題になっているのでご紹介しよう。

続きを全部読む

【深い】石野卓球「友達はイボ痔と同じ」に込められた意味

早いもので2019年も4月上旬。もう間もなく30年続いた平成の時代が終わり「令和」へと突入するタイミングだが、ここまでの2019年でもっとも世間を騒がせた芸能人の1人が「ピエール瀧」さんだろう。

詳細については割愛するが、一方で俄然注目を集めたのだが「電気グルーヴ」の石野卓球さんだ。事件以来、石野卓球さんはTwitterで様々なメッセージを発信しているが、中には名言と呼ぶべきものも存在する。その中の1つが今回ご紹介する「友達はイボ痔と同じ」だ。

続きを全部読む

鬼ごっこのために「アメリカからスコットランドまで飛んだ」女性が現る / 計画に6カ月費やしてドッキリを敢行!

ひと昔前とは違い、最近の子供達はスマホやタブレットでゲームをする方が多くなったかもしれないが、今でもかくれんぼや鬼ごっこぐらいはするのではないだろうか。

そして、そんな昔ながらの遊び “鬼ごっこ” を、Facebook上で始めた仲良しグループが登場! なんと、その中の1人はターゲットを引っ掛けるためにアメリカからスコットランドまで飛び、計画に半年も費やしたというのである!

続きを全部読む

銃乱射事件の黙とうで人種差別かと物議 → 黒人の少女だけが周りと手を握っていないことで思わぬ展開に

ひと昔前に比べて少しずつ改善されつつあるとはいえ、まだまだ世界中に根強く残っている人種差別。いじめや心ない言葉などが完全になくならない中、NBA(米プロバスケットボールリーグ)のSNS画像が物議を醸している。

問題の画像には、2018年5月18日に米テキサス州サンタフェの高校で起きた銃乱射事件の犠牲者に、黙とうを捧げる7人の少女が写っている。ただ、黒人の少女だけが周りと手を握っていなかったのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2