「レンズ」にまつわる記事

【逆転の発想】「マジで使えない(笑)」と感じたスマホ用クリップ式望遠レンズを何とか楽しむ方法 / 逆境をはねかえす超ライフハック

失敗した。買い物に失敗した。まさに安物買いの銭失い。私の買ったスマホ用クリップ式望遠レンズがここまで使えないとは……! 購入する前は、「一眼レフ用の望遠レンズみたいなクソ重い物は今後不要! スマホ用のクリップ式望遠レンズがあるんだから!!」とか思っていたけど、やっぱ一眼レフ用の望遠レンズいるわ。

……このような経験をした人、私のほかにも何人かいるのではないだろうか? 一眼レフやミラーレスにつける望遠レンズに比べると、圧倒的に安価で持ち運びも楽な「スマホにつけるタイプ」を買ってはみたものの、「マジでダメじゃん。ピント合わねぇじゃん!!」となった人が。

そこで今回は、私のような失敗をしても「スマホ用クリップ式望遠レンズを楽しむ方法」をお伝えしよう。

続きを全部読む

【話題】スマホやPCに簡単装着!「ネットカメラ専用カバー」が目標支援額を1600%オーバー!!

スマホやタブレット、パソコンなどのデジタル端末に欠かせない、カメラ機能。写真撮影やテレビ電話はもちろんのこと、最近ではテレビの中継などにまで使われるようになったのはご存知の通りだが……便利な反面、気になるのがセキュリティー問題である。

ネット経由でカメラを操作、盗撮されたという事件も発生している中、超シンプルかつ超便利な盗撮防止アイテムが発表された。その商品の名前は「IS|CC(Intelligent Security | Camera Cover)」。デジタル端末のカメラレンズにカバーを追加できる優れものである。

続きを全部読む

【動画あり】あの「コダック」から『本格カメラ搭載スマホ』が登場! ハイスペック & iPhone7より安いから海外で人気爆発の予感!!

今や人々の生活に欠かせないものとなった、デジタルカメラ。その歴史は1975年、世界初となるデジタルカメラを米国「コダック社」が開発したことから始まったとされている。そんなデジカメの生みの親であるコダックから、本格カメラ搭載スマホが発売されるという。

コダックが発売するスマホの名前は「EKTRA(エクトラ)」である。実はこのEKTRA、今から1941年に発売されたフィルムカメラシリーズと同じ名称の商品。つまり、特にクラシックカメラファンにはたまらないモデルなのだ。

続きを全部読む

【CP+2016】ついにスマホもここまで来たか! 日本最大級のカメライベントで見た「スマホ用グッズ」がこれだ!!

2016年2月25日~2月28日の期間、パシフィコ横浜で開催されているカメラと写真映像のワールドプレミアショー、CP+(シーピープラス)2016。カメラが大好きな筆者は、ワクワクドキドキしながら会場へ向かったところ……。

なんと「ドローン」が飛んでいたり「新体操」が始まったりで、チョーびっくり! 続けて驚いたのは、「ケンコー・トキナ」のブースで展示されていたスマホ用グッズの充実ぶりだ。今回は特に目立っていたものにフォーカスを当ててご紹介していくゾ!!

続きを全部読む

スーパーマン並みの視力に! 8分間の手術で視力2.0の3倍近く見えるようになる「バイオニック・レンズ」が超人的!!

眼鏡やコンタクトレンズは取ったり外したりで煩わしい存在でしかないが、目が悪い人にとっては、ないと見えないので必需品である。筆者も目が悪いので、レーシック手術を受けようかと考えたこともあったが、どうにも角膜をレーザーで削るという施術が怖くて仕方がない。

そんななか、たった8分間の手術で、視力2.0の3倍近く見えるようになるという「バイオニック・レンズ」が登場! それでは、見たくないものまで見えてしまいそうな、スーパーマン並みの視力がゲットできてしまう超人的レンズについて紹介したい。

続きを全部読む

女子大生が半年間コンタクトレンズをつけっぱなし → 「アカントアメーバ角膜炎」にかかり失明の危機 / 微生物に角膜を食べられる危険な病気

「コンタクトレンズ着用は1日8時間以内を目安に」。よくわかっていることだが、残業や用事で帰宅が遅くなることだってある。10時間、12時間と長時間つけたままにしている人も多いのではないだろうか?

以前の記事で、1日14時間コンタクトをつけていた女性が「角膜血管新生」という病気にかかり失明の危機に瀕した件をお伝えした。今回は別の恐ろしい病気にかかってしまった女性のニュースがものすごい勢いで注目されているので紹介したい。

彼女がかかったのは「アカントアメーバ角膜炎」。目に侵入した微生物が角膜を食べ、やがて失明にいたるというものだ。

続きを全部読む

【アップル】iPhoneで使用可能なアタッチメントレンズの特許を申請していたことが判明 / ただしiPhone6では使えないかも

新たなモデルが登場するたびに、進化を続けている「iPhone」のカメラ。普段から使っているという人も多いと思うのだが、そのカメラがさらなる進化を遂げる可能性があるようだ。

海外IT系情報サイトによると、アップルは将来的に、端末外付けのレンズを発売するかもしれないそうだ。すでにカメラレンズの特許を申請したとの情報もある。これはもっと美しい画像を撮ることができるようになるかもしれないぞ!

続きを全部読む

望遠機能つきのコンタクトレンズが開発中! 2.8倍の望遠効果をもち通常の視野と自在に切り替えできる

ある画期的なアイテムが開発中とのニュースが報じられた。そのアイテムとは“望遠機能つきコンタクトレンズ”! しかも装着したまま望遠の視野と通常の視野を自在に切り替えられる仕様にするというのだ。

このレンズの開発を手がけるのは、スイス連邦工科大学とカリフォルニア大学の共同研究チームである。米国防高等研究計画局が資金を提供しているとのことだ。

続きを全部読む

アイルランドでUFOのような雲が現れる!

まるでUFOのような雲がアイルランドに出現、話題になっている。

以前、ロケットニュース24では、日本地図のような雲が現れて、ネット上で騒然となったニュースをお伝えしたが、この雲もビックリ仰天だろう。

続きを全部読む

未来の歩道!? 人を視覚的に誘導する歩道が開発中

駅やデパートなど人の多いところで、人の行き来が上手くいかず全然前に進めなかったという経験はないだろうか? 現在、そういった人混みの動きをスムーズにする歩道が開発されており、今までの歩道のあり方を大きく変えようとしている。

これを開発しているのは日本の電気通信大学で、彼らはレンチキュラレンズを使って人を視覚的に誘導する歩道の制作に取り組んでいる。レンチキュラレンズとは、3Dポストカードなどでよく見かけるレンズのことで、角度によって見える画像を変化させるという性質を持っている。

続きを全部読む