「リンガーハット」にまつわる記事

【あなたはどっち?】リンガーハット「370円餃子定食」 vs 餃子の王将「390円餃子&ライス」 ポイントは餃子の数! しかも西日本なら…

九州生まれ、九州育ちの記者は、長崎ちゃんぽんと言えば “リンガーハット一択” だと思っている。店舗数が多いため、食べたくなった時に気軽に足を運ぶことができ、しかもこれほどリーズナブルな「ちゃんぽん専門店」はなかなかないだろう。

ただでさえ安ウマなリンガーハットがランチメニューを改訂し、餃子定食を370円で提供し始めたことはお伝えした通りだ。しかし、記者はふと気が付いた。西日本の『餃子の王将』で餃子とライス(小)を注文すると、360円で済んでしまうということを……。

続きを全部読む

【激安?】「リンガーハット」がランチメニューを改定! まさかの『370円餃子定食』爆誕へ!! しかし致命的な弱点あり…

長崎ちゃんぽん&皿うどんという鉄壁のラインナップで人気のリンガーハットが、2019年8月1日より沖縄を除く国内の店舗でランチメニューを改定。新たに「リンガーランチ」をスタートするそうだ。これは気になる。

中でも注目は、370円(税抜)という驚異的な安さを誇る『ぎょうざ定食』だろう。マジかよ! リンガーハットもいよいよ本気だしてきたな!! って感じだが、安い反面、決定的な弱点もあるため併せてお伝えしたい。

続きを全部読む

リンガーハット『冷やしちゃんぽん』が想像を超えるウマさ! 冷やし中華をはじめたラーメン屋が泣きそうになるレベル!!

野菜の旨味たっぷりのスープやモチモチの麺がたまらない、リンガーハット。北は北海道、南は沖縄まで店舗を展開しているほか、アメリカやタイなど海外進出まだ果たしているというからスゴい。

2019年4月18日、そんなリンガーハットが『冷やしちゃんぽん』なるものを日本全国で発売した。以前から期間限定で登場しているらしいが、これはきっとウマいはず! ──ということで食べてみたら、想像を超えるウマさだったのでご紹介したい。

続きを全部読む

【間違いない】リンガーハットでわざわざ「餃子定食」頼むやつマジ0人説 → 広報に聞いてみた

長崎ちゃんぽんと皿うどんの2枚看板で、全国約800店舗を展開するリンガーハット。国産野菜の安心感、安定のウマさ、そしてリーズナブルな価格……。どれを取っても隙が無いありがたすぎる飲食チェーン店の代表格である。

私(P.K.サンジュン)は過去に何度もリンガーハットで食事をしてきたが、1つだけ注文したことがないメニューがある。それが「餃子定食」だ。……というか、リンガーハットでわざわざ「餃子定食」を注文するヤツなんているのか? これは確信を持って0人説を唱えたい……。

続きを全部読む

量もウマさも半端ない! リンガーハット『あさりたっぷり春ちゃんぽん』を食べてみたらマジ絶品だった!!

丸亀製麺の人気商品のひとつに『春のあさりうどん』がある。あさりのウマさを存分に堪能できる1杯だが、リンガーハットの『あさりたっぷり春ちゃんぽん』も負けてはいない。

本日2019年2月21日、そんなリンガーハットの『あさりたっぷり春ちゃんぽん』が再登場。以前よりもあさりの量が増えているらしい。マジかよ、さっそく食べてみようじゃないか!

続きを全部読む

【謎】リンガーハットに聞いた「麺の大盛り無料」が『長崎ちゃんぽん』だけな理由

国産野菜をたっぷりと使用した「長崎ちゃんぽん」を筆頭に、皿うどんも餃子もウマいリンガーハット。個人的には季節系のちゃんぽんが大好きで、先日まで発売されていた「牡蠣ちゃんぽん」は、少なくとも4回食べた。あらゆる飲食チェーン店の中でも、リンガーハットは屈指の優良店だと確信している。だがしかし……。

私、P.K.サンジュンにはどうしても解せない「リンガーハットの謎ルール」がある。それは「長崎ちゃんぽん」だけは麺の大盛りが無料で、他のちゃんぽんは全て料金が発生するということ。なぜなんだ……! なぜ一番安い「長崎ちゃんぽん」だけが死ぬほどお得で、他のメニューには追加料金がかかるんだ……!! な、納得いかねえ。

続きを全部読む

セレブの街「広尾」にセレブなリンガーハットがオープン! その名も『リンガーハットTOKYO PREMIUM 広尾』

東京・渋谷区「広尾」といえば、おしゃれでハイソ(ハイソサエティ)な街。私(佐藤)のような田舎っぺ丸出しのオッサンには、およそ縁のない場所だ。そんな広尾に、長崎ちゃんぽんのチェーン店「リンガーハット」がオープンした。

それもただのリンガーハットではない! この街に合わせたかのような “セレブ向け” ともいえる『リンガーハットTOKYO PREMIUM 広尾』だ。なんだよ、プレミアムって!? ということで早速行ってみた。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】しれっと同封された「〇〇引換券」が嬉しい『リンガーハット』の福袋! 派手さはないが地味にありがたい~!!

記者が福岡から、関西に住むようになって困ったことがある。それは “ちゃんぽん” を食べられる店が少ないことだ。「どうしても、ちゃんぽんが食べたい!」と思うことが年に数回あるのだが、そんな時に役立ってくれるのがリンガーハット! 

ここでは記者のような九州っ子の舌も大満足させてくれる、同店の福袋の中身を一挙公開!! 生野菜を入れた前科のある同店にしては おとなしめ ではあるが、しれっと同封されたアイツが地味に嬉しい一袋だ。

続きを全部読む

『長崎ちゃんぽん』を食べたことがない道産子が生まれて初めてリンガーハットに行ってみた結果…

突然だが、みなさんは『長崎ちゃんぽん』を食べたことはあるだろうか? きっと多くの人がYESと答えるだろうが、道産子の筆者はつい先日まで食べたことがなかった。北海道で生まれ育ったためか、それともたまたま機会がなかったのか、理由はともあれ『長崎ちゃんぽん』を食べずに生きてきたのである。

しかし、ここ数年で北海道内にもリンガーハットが続々と進出し、ショッピングモールのフードコートなどで気軽に味わえるようになった。ネットで評判を調べてみたところ、長崎県民が太鼓判を推すほどの味だというので、今さらながら行ってみることにした。

続きを全部読む

横浜ジョイナスに「FOOD & TIME ISETAN YOKOHAMA」オープン! スシロー新業態を含む注目の新店舗5選!!

2018年3月20日、神奈川・横浜の「ジョイナス」地下に、新しい商業施設「FOOD & TIME ISETAN YOKOHAMA(フード&タイム イセタン ヨコハマ)」がオープンした。旧クイーンズ伊勢丹横浜店を全面リニューアルして、食の専門店29店舗が出店。そのうち新業態7店舗、横浜初出店は15店舗となる。フードコート初出店となるスシローをはじめとする注目の5店舗を紹介したいと思う。

続きを全部読む

【意識高い】リンガーハットの新業態「EVERY BOWL(エブリボウル)」が超絶オシャレ → 2020年までに20店舗を目指す

全国600店舗以上を展開する長崎ちゃんぽん専門店といえば、ご存じ「リンガーハット」だ。たっぷり野菜とモチモチ麺の相性は超最高! それでいて懐にも優しいリーズナブルな価格設定とくれば付け入るスキが見当たらない。まさに “俺たちのリンガーハット” である。

そんなリンガーハットが2018年2月、新業態となる『EVERY BOWL(エブリボウル)』を東京は広尾にオープンさせた。リンガーハットらしからぬオシャレな空気がただようが、果たしてどんなお店なのだろうか? さっそく足を運んできたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

リンガーハットの新商品『牛・がっつりまぜめん』を食べてみた! ボリューミーな肉と野菜にがっつり満足の逸品

本格の長崎ちゃんぽんを手軽に食べられる「リンガーハット」。たっぷり野菜と麺、そして濃厚なスープの相性がバツグンで、男女問わず幅広い世代に親しまれている。

そんなリンガーハットが2017年4月3日から販売開始したのが『牛(ぎゅう)・がっつりまぜめん』だ。牛が、がっつりだと……これは肉好きとして食べずにはいられない! というわけで、リンガーハットに足を運んだのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【激レア】リンガーハットで野菜マシマシを頼んでみた! スープ・麺・具材を選んで「ちゃんぽん」をカスタマイズできる『myちゃんぽん』

野菜をたっぷり食べたい時に、足を運ぶファストフードといえば「サブウェイ」だろう。自分好みに具材をカスタマイズして、大口を開けてサンドイッチを頬張る。それも良い。だが、これからは私(佐藤)はちゃんぽんをオススメしたい。

というのも、ちゃんぽんと皿うどんでお馴染みのチェーン「リンガーハット」が、店舗限定でちゃんぽん・皿うどんをカスタマイズできるサービスを提供しているからだ。サブウェイでサンドイッチをアレンジするように、リンガーハットでちゃんぽんを自分流にアレンジ! そこで、二郎系ラーメンでお馴染みの「野菜マシマシ」をオーダーしてみた!!

続きを全部読む

【2017年福袋特集】リンガーハットの福袋(1500円)の中身をネタバレ大公開! 元は取れるが……

福袋に多くを求めるべきではない。そのことはよくわかっている。しかし、あわよくば意外な掘り出し物やお宝にめぐり合いたいものだ。何しろ福袋なのだから、「福」のありそうなものを期待してしまうのは、仕方のないことである。

それが仮に飲食店の福袋で会っても、お値段以上の価値を手にできれば感動する違いないのだが……。長崎ちゃんぽんのチェーン「リンガーハット」の福袋はお得なんだけど、感動をするには至らなかった。だって、とりあえず作りました感が……。

続きを全部読む

【ダイエッター必見】まさかの麺抜き! リンガーハットの「野菜たっぷり食べるスープ」が超有能

カロリー・脂質・炭水化物……。何を口にするにせよ、ダイエットを気にせずにはいられないこのご時世。21世紀日本は「1億総ダイエッター時代」といっても過言ではないだろう。そんなダイエッター諸君に耳寄りなお知らせだ。

あの大手長崎ちゃんぽんチェーン店「リンガーハット」に『野菜たっぷり食べるスープ』なるメニューが存在することをご存じだろうか? ちゃんぽん屋なのにちゃんぽん麺抜きという同メニューは、ダイエッターにとってはありがたい超有能な商品なのだ。

続きを全部読む

リンガーハット初の餃子専門店「GYOZA LABO」に行ってみた! 3種類の『スイーツぎょうざ』は流行の予感!!

「長崎ちゃんぽん」と「長崎皿うどん」の2枚看板を武器に、全国500店舗以上を展開するリンガーハット。一時は業績が悪化していたものの、国産野菜を使用しV字回復したことは、みなさんご存じのことだろう。

そんなリンガーハットが初の餃子専門店『GYOZA LABO』を、千葉県の大型ショッピングモール “セブンパークアリオ柏” 内にオープンさせた。リンガーハット初の餃子専門店……何やらコレは美味しい予感がプンプンするぞ!

続きを全部読む

全国4店舗限定! リンガーハットの「ふかひれ姿煮めん」が皇帝レベルに美味で好(ハオ)!!

庶民の口にはなかなか入らない超高級食材のひとつが、フカヒレである。お高い中華料理店で何千円、もしくは何万円を覚悟すれば食べられないことはないが、気軽に食べる料理ではないことは確かだろう。だがしかし……。

実は大手長崎ちゃんぽんチェーン店「リンガーハット」では、全国4店舗のみ『ふかひれ姿煮めん』を提供しているのだ……しかもお値段は税込1296円なり! 普段のちゃんぽんと比べると割高に思えるかもしれないが、この価格で “姿煮” でっせ? これは食べるしかないでしょォォォオオオ!

続きを全部読む

【2016年福袋特集】絶対得する『長崎ちゃんぽん リンガーハット』の福袋の中身を公開 / 予想外のアレが入って1500円! 野菜好きには特にオススメだ!!

野菜が食べたい! でも、サンドイッチじゃイヤ。体が温まるものが食べたい!! そんなときに大活躍してくれるのが『長崎ちゃんぽんリンガーハット』である。

そんな『リンガーハット』からも福袋が発売。何が入っているのかな? 食事券とか関連グッズかな、と思ったら……確実に得はしてるけど、予想外のアレが入っていた。

続きを全部読む

【リンガーハット】えび5匹100円追加キャンペーン実施中 / 100匹トッピングしようとしたらこうなった

長崎ちゃんぽんと皿うどんの二枚看板に、チャーハンや餃子など、サイドメニューも美味しいリンガーハット。そんなリンガーハットが2015年6月末まで、えび5尾を100円(税別)で追加してくれる、お得感満載のキャンペーンを実施していることをご存じだろうか?

しかも、尻尾付きの立派なえびだというから、えび好きには朗報以外の何物でもない。こ、これは行くしかねえだろ! というわけで、ロケットニュース24編集部一えび好きな筆者が、えび100尾トッピングしようとしたら思わぬ事態になったのでご報告したい。

続きを全部読む

【検証】「シェフのオススメ下さい」と注文したら何が出てくるのかやってみた『リンガーハット編』

料理店の中心部・キッチンで、磨き抜かれた腕をふるうシェフたち。調理場の戦士たちには、それぞれ強いこだわりがあるに違いない。格式や規模を問わず、「美味しい料理を届けたい」という思いは、全シェフが持つ共通精神であろう。

そんな気高きシェフたちがオススメしてくれる料理なら、絶対に美味しいハズ……! というわけで、「“シェフのオススメ下さい” と注文したら何が出てくるのか?」を様々なお店で検証するのがこの企画! 第13回目は、長崎ちゃんぽんのチェーン店『リンガーハット』だ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2