「ラーメン」にまつわる記事

ラーメン不毛の地「上野」にまさかの行列店が誕生!『鴨 to 葱』が聖地になる予感しかしない

ついに上野にも「激ウマラーメン店」が誕生した──。都内でも指折りの繁華街なのに、なぜかこれまで超人気ラーメン店が存在しなかった上野。御徒町の「蒙古タンメン中本」は行列の絶えない人気店だが、ぶっちゃけ中本は他でも食べられる。地元民の記者から言わせると「上野と言えば……!」的なラーメン店は存在しなかった。

だがしかし、2017年にオープンした『らーめん 鴨 to 葱』は「ラーメン不毛の地・上野」という不名誉な称号にピリオドを打つ、正真正銘の激ウマラーメン店である。これは聖地になる予感がビンビンする……!

続きを全部読む

【知ってた?】トッピング食べ放題の『天下一品』があるんやで! 京都竹田店に行ってみた!!

こってりラーメンの代名詞と言えば、そう「天下一品」だ! 時どき無性に食べたくなるよな。ただし、こってりであるが故に肝となるのが “トッピング” だったりする。コーンなんかを入れるとサッパリするし、箸休めにも最適である。

しかし、トッピングをするとなると追加料金が悩み。年中財布が寒い記者にはゆゆしき問題……。と思っていたところに、耳寄りな情報が入って来たぞ。なんと、トッピング&惣菜が無料かつ食べ放題の店舗があるとのこと! 実際に足を運んで確かめて来たので、以下をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【未来】中国で「無人ラーメン屋」が誕生 / カップ麺じゃないアツアツ生麺! しかも結構おいしそうな件

ああ今日は誰とも話したくない。どんなに社交的な人でも、年に数日くらい一人になりたいことがあるのではないだろうか? 陽キャじゃない自分はなおさら……そんな私とあなたに朗報だ。中国で「無人ラーメン屋」が誕生したという! 

それってよくあるカップ麺の自販機じゃないの? ……と思ったら! ノンノン!! 生麺に生野菜、厨房で作ったかのようなできたてラーメンが味わえるお店だというのだ!

続きを全部読む

目的のお店が見つけられなくて、図らずも出会ったうまい餃子 / 東京・三田「麻布ラーメン 慶應三田店」

飲食店に取材に出かけると、突然の営業時間の変更や、臨時休業に遭遇することがある。それならまだマシで、あまり情報のないお店を探し出すケースも稀にある。住所地に行ってみると……店がない! なんてこともしばしばだ。

最近も東京・三田の餃子がうまいと噂の店を探したんだが、店が見つからない!? まさか閉店したのか? 近隣をさまよった挙句にフラリと入ったラーメン屋さんで、私(佐藤)は図らずもウマい餃子と出会うことになったのである。

続きを全部読む

【笑撃】ウシジマくん、グルメ漫画になってしまう / ネットで連載中の『 闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん』がヤバイ

小学館「ビッグコミックスピリッツ」で連載中の『闇金ウシジマくん』。闇金融の社長・丑嶋(うしじま)を主人公に、闇金に手を出し、翻弄されていく人々をリアルに描いた大人気コミックである。過去には、山田孝之主演でテレビドラマ化、映画化もされている。

『ウシジマくん』は決して楽しい話ではない。社会の闇が執拗に描かれており、読んでいて辛くなる人も多いはずだ。個人的にも、現在連載されているすべての作品の中で、屈指の胸糞っぷりを誇っていると思う。さて、そんな『ウシジマくん』が、どういうわけかグルメ漫画になってしまったようなのだ! うむ、意味が分からない。

続きを全部読む

全国の有名ラーメンが食べられる激アツスポット「ラーメン滑走路」に行ってみた / 福岡空港国内線

いよいよ、2017年も残すところあと1カ月。本格的に冬らしくなってきたが、先日寒さを吹き飛ばすような激アツスポットが福岡空港に誕生した。その名も「ラーメン滑走路」。なんでも、全国の有名ラーメンが食べられるらしい。

北は北海道から南は九州まで、審査をくぐり抜けた精鋭10店舗(常設ラーメン7店舗・期間限定ラーメン2店舗・スイーツ1店舗)が集結しているとのことだが、はたしてどのような感じなのか。実際に行って確かめてみた!

続きを全部読む

愛され続けて30年以上! 福岡のとんこつラーメンで外したくないなら「めんくいや」

夫婦関係もそうだが、長年愛し愛されるのは簡単なことではない。それは食も同じことで、ひとつのお店が同じように賑わい続けるのは難しい。ましてや今はネットの時代。悪い評判があろうものなら、マッハの速さで拡散されてしまう。

しかしながら、逆に考えると長い間愛されていることは信頼に繋がるというものだ。今回はそう簡単に外さないラーメン店……昭和55年創業から今に至るまで人気であり続ける「めんくいや」を紹介したい。

続きを全部読む

【町中華】ラーメン&半チャーハンが600円! 今こそ食べたい「半チャンラーメン」の魅力!! 東京・東陽町『あかしや』

あなたは「半チャンラーメン」という言葉を聞いたことがあるだろうか? これはラーメンと半チャーハンのセットのことで、食いしん坊たちのお腹を満たしてくれる、いかにも町の中華屋的なメニューである。半チャーハンを半チャンと略すのって、なんかイイよな。

しかし、その「半チャンラーメン」に異変が起きているらしい。なんでも、このセットを最初に生み出したと言われるお店『さぶちゃん』が、先日閉店してしまったというのだ。なんとも寂しいニュースじゃないか。

そこで、今だからこそ食べたい「半チャンラーメン」の魅力をお伝えしようと思うぞ。東京・東陽町にある『半チャンラーメン あかしや』は、なんとラーメン&半チャーハンが600円で食べられてしまうのだ!

続きを全部読む

東京の「超ド級濃厚トンコツラーメン」はどれくらいの破壊力なのか / 福岡県民が食べてみた!

「超ド級濃厚トンコツラーメン」。これ以上盛れないほど盛ったネーミングでラーメンを提供しているお店がある。──先日、そんな情報を耳にした。普通ならへぇーと聞き流すかもだが、筆者(私)の出身はとんこつキングダムの福岡県。とんこつラーメンに関しては人一倍食べてきたので、右から左に受け流すことはできなかった。

「ド」がつくほど濃厚な「どトンコツラーメン」をはじめ、福岡のトップランカーを味わってきた私。はたして東京の濃厚ラーメンはどこまでの破壊力なのだろう。気になったので、食べに行ってみることにした。

続きを全部読む

ラーメン嫌いが初めて『ラーメン二郎』を食べてみた感想「水が一番ウマかった」

突然だが、ラーメンってそんなにありがたがるものだろうか。私(中澤)は、ラーメン屋に行列ができているのを見るといつも不思議に思う。最近のこだわりすぎ、ギトギト濃すぎのラーメンなんて画像を見るだけでもお腹いっぱいだ。

どちらかと言えば、ラーメン嫌いの部類に入る私。とは言え、食わず嫌いは良くない。実際に食べてみたら、想像と違う未知なる世界が開けることもあるからだ。そこで初めて『ラーメン二郎』を食べてみることにした

続きを全部読む

これぞ「博多っ子がとんこつラーメンから浮気する時代」を痛感できるウマさ! 博多魚系醤油らーめんの元祖といえばココ / 福岡県天神『中華そば 郷家』

福岡県で麺類を食べるなら「とんこつラーメン」一択ばい! なんて時代はもう古い。とんこつラーメンの店舗は星の数ほどあるが、近年は別の業態も右肩上がりに増えている。

中でも魚介系のスープは大人気で、県内に2店舗を展開する『中華そば 郷家』というお店は、博多魚系醤油らーめんの元祖として知られている。今回はどんな味で支持されているのか確かめるべく、福岡市中央区の天神にある店舗を訪ねてみることにした。

続きを全部読む

【保存推奨】一風堂の裏メニュー「黒玉」が激レアすぎてヤバイ! そもそも販売されていない “謎の玉” の入手方法がこれだ!!

全国に展開するラーメン店「一風堂」。本格的な博多ラーメンを気軽に楽しむことができ、今や世界中にその店舗を拡大している。ところで最近、一風堂に “裏” メニューが出現したことをご存じだろうか? なんでも一風堂初の試みということなのだが、これがあまりにもレアすぎるのである。

そりゃ裏メニューだからレアなのは当然。しかしそのメニュー、そもそも売っていないというのだから話がややこしい。つまり、いくら金を積んでも買うことができないのだ。その通り、意味不明である。だが、今回はその裏メニュー「黒玉」の入手方法を特別にお教えしようと思うぞ! 知りたければ続きを読んでくれい。

続きを全部読む

ラーメンのチャーシューで芸術は作れる! 麺が見えなくなるまで盛った一杯はすべてにおいて抜かりなし / 太宰府市『水城らあ麺』

福岡県の代名詞とも言える存在の「とんこつラーメン」。ここのところ、うどんやつけ麺、さらには非とんこつ系のラーメンなどの勢力も増してきているが、まだまだ絶対的な王座は揺るがない。

さて、そんな福岡県で今回訪れたのは、「太宰府天満宮」でも有名な太宰府市にある『水城らあ麺』だ。とんこつラーメンの上にチャーシューがモリモリになって出てくるとの噂を聞きつけたが、はたしてどんな一杯が出てくるのか。実際に行ってみた!

続きを全部読む

カルディで売ってる「世界No.1インスタント麺」の美味しい食べ方 / ○○を入れると究極進化! 腰を抜かすウマさに!! マレーシア『ホワイトカリー麺』

2位じゃダメなんでしょうか? 嫌です、1番がいいんです! 何でも1番は気持ちいいものだが、食べ物だって世界一のものを食べてみたいもの。

2017年になり、ある世界一が気軽に買えるようになったのをご存知だろうか。それは「世界一のインスタント麺」! マレーシア産というが、マレーシアな雰囲気は1ミリも感じない。……けど! でも、ほんまもん! ほんまもんの「世界一」なのだ。

続きを全部読む

【問題作】一風堂の斬新すぎる新ラーメン「ソースとんこつ」を食べてみた! 激しく好みが分かれそうな味と判明

博多ラーメンチェーンの「一風堂」は、2017年10月16日に創業32周年を迎えた。これを記念して、定番メニューの「白丸元味」と「赤丸新味」を1日限定で500円での提供を行っている。

それと同時に、2週間限定の新作ラーメンの提供を開始したのである。その味とは「ソースとんこつ」だ。ラーメンなのにソースだと!? どんな味なのか気になるので、実際に食べてみた!

続きを全部読む

【マジかよ】回らない寿司屋でラーメンが食べられるだと!? ランチ12食限定『寿司屋の塩麺』が至高の一杯だった! 東京・白金「おさむ」

我々日本人を惹きつけてやまないラーメン。もはや国民食と呼んでもいいかもしれない。個人的な意見では、食堂やひなびた中華屋のラーメンも趣があるが、やはりウマいラーメンを食べるならラーメン屋に行くのが一番だと思う。いや、思っていた。

そう、実は想像もしなかった場所で、衝撃的にウマいラーメンを食べることができるのである。その場所とは、なんと寿司屋だ! しかも回転寿司ではなく、回らないガチの寿司屋。テレビ番組『有吉弘行のダレトク!?』でも紹介された、非常に珍しい寿司屋のラーメンを味わってきた!

続きを全部読む

プラス300円で「ストップ」というまでローストビーフを乗せ続けてくれる! 『OKIGARU BAR』のラーメンがスゴイ!! 東京・西新宿

店頭に置かれているメニュー看板に何を載せるかで、そのお店の売上は大きく変わってくるだろう。路面店なら、なおさらだ。初めてお店を訪ねる人にとって、メニュー看板は店舗名よりも重要な要素になる場合が多い。

最近東京・西新宿を訪ねた時のこと。とてもウマそうな肉の写真が目に飛び込んできた。どうやらローストビーフをトッピングしたラーメン店のようなのだが、メニューをよく見てみると、プラス300円で「ローストビーフ乗せ放題」とあるじゃないか! これは入るしかないだろッ!!

続きを全部読む

【ダイエッター必見】どうとんぼり神座に糖質カロリー90%オフの○○○○○麺を使ったラーメンが登場していた! 罪悪感はゼロ

世はまさに糖質制限ブーム。牛丼屋はライスを豆腐に変更できるサービスを行い、カレー屋はライスをグラノーラに変更するサービスを行っている。

実はラーメン屋の「どうとんぼり神座」でも、糖質・カロリー90パーセントオフの、ある食材を使った麺の提供を開始していた。その食材とは、何かわかるかな~?

続きを全部読む

【麺フェス】毎年恒例の「大つけ麺博」が新宿で始まったぞォォォォオオオ! 今年はなんと1杯500円に神進化!!

全国1億2000万の麺マニアたちよ、お待たせした。毎年開催されている大人気の食フェス「大つけ麺博」が今年も帰ってきたぞ。全国から45の名店が集まる一大麺祭りは、本日2017年9月28日から約1カ月に渡って東京・新宿区にある大久保公園にて開催される。

店舗は5週連続で週ごとに総入れ替えとなるようだ。つけ麺大好きな私、あひるねこが、さっそく本日スタートの第1陣に突入してきたのでお伝えしよう。今年は料金面において大きな変化が見られた。なんと、すべての店舗でつけ麺・ラーメンが1杯500円になったのだ! マジか、お手頃かよ!!

続きを全部読む

【実話】ラーメンマニアと知らずに「ラーメンは70点満点の食べ物」「つけ麺の方がウマい」と話していたら先輩に鬼ギレされた話

あなたはラーメンがお好きだろうか? 国民食と言っていいほど大人気のラーメンだから嫌いな人はあまりいないと思うが、実は私(P.K.サンジュン)はラーメンがそこまで好きではない。もちろん嫌いではないのだが、昔からある理由でラーメンを心の底から美味しいとは思えないのだ。

これは10年以上前の話。私がラーメンに関する持論を述べたところ先輩が大激怒。2年ほど口を利いてもらえなかった実話である。後からわかったことだが、先輩は超の付くラーメンマニアだったのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 25