「ポンチャック」にまつわる記事

ダメだ! 繰り返し見てしまう!! ブラジル人が日本語で歌うテクノ演歌『嫁がゆるさへん』の中毒性がヤバイ!

韓国独自の音楽を、いち早く世界に広めた人物として知られるイ・パクサ(李博士)。彼は、2拍子をベースにした独特のリズムでメドレー式に歌い続ける音楽「ポンチャック・ディスコ」の普及に貢献したスターである。2014年には10年ぶりにテレビ出演し、健在ぶりをアピールしたようだ。

・イ・パクサのライバルになり得る?

そのイ・パクサに合い通じるセンスの持ち主が、ブラジルにいることが判明した。その人物、ダニエルは「テクノ演歌」という独自の音楽ジャンルをつくり上げ、音楽活動を行っている。日本語で歌唱している曲『嫁がゆるさへん』は、一度聞くとクセになって、思わず口ずさんでしまう中毒性がある。なんだ、この曲は~ッ!!

続きを全部読む

【ポンチャック速報】イ・パクサ(李博士)の代表曲「モンキーマジック」の特別バージョンが公開される

これまで何度も何度もロケットニュース24で取り上げてきた、韓国ポンチャック界の帝王こと「イ・パクサ(李博士)」。2拍子を基調とした独特のリズムでメドレー式に歌い続ける音楽「ポンチャック・ディスコ」で人気を博した人物だ。

一時期は迷走状態に入っていたパクサだが、今から約5カ月前には “10年ぶりに韓国の音楽テレビ出演” なる嬉しいニュースも。そして今……ついに……ついに! 彼の代表曲『モンキーマジック』の特別バージョンが YouTube に公開されたのである!

続きを全部読む

実は詐欺に遭って生活苦だったポンチャック界の帝王「イ・パクサ(李博士)」が10年ぶりに音楽番組に出演! 波瀾万丈すぎる人生を乗り越え再起を誓う

たびたびロケットニュース24でも取り上げてきた韓国ポンチャック界の帝王こと「イ・パクサ(李博士)」。2拍子を基調とした独特のリズムでメドレー式に歌い続ける音楽「ポンチャック・ディスコ」で人気を博した人物だ。

かつて日本でも静かなブームを呼んだのだが、このところ近況は不明となっていた。そんな彼が……なんと10年ぶりに韓国の音楽テレビ出演したという! もちろん動画もアップされている! さらに、波瀾万丈の人生まで明らかになったのでお伝えしたい!!

続きを全部読む

【ついに!】スマホで再生する音楽の「音質」が激的に変わるアプリ『UBiO』のAndroid版が登場! 新進気鋭の作曲家に使用感を聞いてみた!!

スマホにおける重要な用途のひとつ、それが「音楽再生」だ。お気に入りの音楽をスマホに入れておけば、どんなときでも再生できる。CDプレイヤーを持ち歩かなくても、音楽再生プレイヤーを持ち歩かなくても、スマホさえあれば音楽が……!!

……と、音楽が身近になればなるほど、こだわりたくなるのが「音質」である。イヤホンやヘッドホンにこだわる人も多いだろう。だが、もっと簡単に音質を変えたいのであれば、スマホアプリ『UBiO』を使うのがてっとり早い。

続きを全部読む

なぜ韓国の若者に「ポンチャックの帝王 イ・パクサ」のことを聞くと露骨に困った顔をするのか

韓国の音楽といえば「K-POP」だ。最近は落ち着いた印象があるが、少し前までは日本でも謎のK-POPブームが巻き起こっていた。あまりにもK-POPがゴリ推しされている状況に、嫌悪感を抱く人も大勢いたことは事実である。

しかしながら、そんな “反K-POP” な人たちにも認められる韓国人アーティストが存在したことも忘れてはならない。韓国の伝統ディスコ音楽「ポンチャック」の帝王こと、「イ・パクサ(李博士)」だ。

続きを全部読む

【喝だ!】ポンチャックの帝王「イ・パクサ(李博士)」が新曲をひっさげて帰ってきたというが俺たちの求めるイ・パクサはこんなんじゃない!

韓国には「ポンチャック・ディスコ」という音楽ジャンルがある。2拍子を基調とした独特のリズムでメドレー式に歌い続ける大衆民謡だ。そのポンチャック界の帝王といえば、かつて日本でも静かなブームとなった「イ・パクサ(李博士)」であるが、新曲をひっさげて帰ってきたという。

本日2012年10月24日にリリースされた新曲は全3曲。なかでも超ハイパーポンチャックチューン『ア・ス・ラ・バル・バル・タ』はダウンロード用のビデオクリップまで用意されている力作なのだが、イ・パクサ公式YouTubeページにて動画を発見してしまったのでご報告しておきたい。

続きを全部読む

【最新K-POP】ポンチャックの帝王「イ・パクサ(李博士)」の最新映像を発見 / キャバレーで営業してた

知っている人は知っている、韓国ならではの音楽ジャンル「ポンチャック・ディスコ」。韓国で誕生した大衆民謡であり、2拍子を基調とした独特のリズムでメドレー式に歌い続ける音楽であり、由緒正しき元祖K-POPである。

そのポンチャック界の帝王といえば、かつて日本でも静かなブームとなった「イ・パクサ(李博士)」。電気グルーヴの武道館ライブで前座を務めたことは有名な話である。

今は何をしているのだろう? まだまだ現役バリバリなのかな? ということで今回ご紹介したいのは、YouTubeにアップされたイ・パクサの最新映像! 2本ほどご紹介したい。

続きを全部読む

ポンチャック女性歌手の名曲『アッサ超特急2』の効力がスゴイ / マシンガン合いの手で眠気ふっとぶ!

眠くなったときに聞く曲は人それぞれ。そもそも音楽なんて聞かないという人もいるだろうし、激しい曲をガンガン聞いて脳に刺激を与えて眠気スッキリ!……という人もいるだろう。

だがしかし。眠気を覚ます音楽といえば、韓国発祥の『ポンチャック』である。脳が休む隙を与えないハイスピードな2ビートのリズムは、睡魔と戦う韓国のタクシー&トラックの運ちゃんに大人気。

というわけで今回は、世界のポンチャック界では名曲中の名曲と言われている『アッサ超特急2』をご紹介したい。

続きを全部読む

【最新K-POP】ポンチャックの帝王「イ・パクサ(李博士)」はいまだ健在 / 観客総立ちの伝説ライブ映像を発見!

「ポンチャック・ディスコ」という音楽ジャンルをご存知だろうか? 韓国で誕生した大衆民謡であり、2拍子を基調とした独特のリズムでメドレー式に歌い続ける音楽である。一息つくヒマもないほどのスピード感から、バスやタクシーの運ちゃんが眠気覚ましのために車中で流したりもする、由緒正しき元祖K-POPである。

そのポンチャック界の帝王といえば、かつて日本でも静かなブームとなった「イ・パクサ(李博士)」。伝説の深夜番組『進め!電波少年』のエンディングテーマとして使われたこともあり、電気グルーヴに多大なる影響を与えたことでも有名だ。

そんなイ・パクサの最新映像をYouTubeで発見! あまりにも衝撃的、激アツすぎる映像につき、ご紹介せざるを得ない。

続きを全部読む