「ドラマー」にまつわる記事

8歳の日本人少女ドラマー「よよか」がネット上で大きな話題に / レッド・ツェッペリンを完コピする動画をレッチリのチャド・スミスも絶賛

YOSHIKIに憧れて、「カレーが辛い」という理由で仕事を放棄しようとしたことがある。加藤茶がドラマーだったことを知り、ビビる……と言えば、ドラマーだが、今、1人の日本人ドラマーが世界から熱視線を浴びている。いや、YOSHIKI でも加藤茶でもない。8歳の少女、その名も「よよか」さんである!!

続きを全部読む

【辺境音楽マニア】合計108ものバンドでドラムを務めたロシア人メタルドラマー「Andrey Ischenko」 掛け持ちしすぎでは……

メタルバンドの中で一番希少価値の高いパートは「ドラマー」ではないだろうか? ギターやベースなどの弦楽器と比べても、機材や練習環境にお金が掛かる上に、デスメタルやブラックメタルなどより激しいジャンルでは、ブラストビートというテクニックと体力を要する技術を磨く必要がある。

日本では住宅環境の制限によって、ドラマー人口の数は限られており、ドラマーがバンドの命運を左右するといっても過言ではない。最近ではサイレントドラムによって自宅でも練習する事が可能になってきてはいるが、やはりまだまだハードルは高い。今回はそのドラマーのなかでも、かなり稀有なドラマーを紹介したい。

続きを全部読む

【石川綾子×川口千里】ヴァイオリンとドラムの天才が演奏する『おそ松さん』OPテーマが神! ハードなヴァイオリンロックはかつてないほどのカッコよさ!!

今や社会現象となっているアニメ『おそ松さん』。あの名作『おそ松くん』のリメイクかと思いきや、まったく違ったのはご存知のことだろう。そしてその旋風はとどまることを知らず、各方面で猛威を振るっている。

そんなブーム真っ只中の『おそ松さん』だが、なんと音楽界の天才2人がOPテーマ「はなまるぴっぴはよいこだけ」を神演奏! かつてない衝撃を世に放っていたのでご覧いただきたい。さっそく、YouTubeにアップされた動画をチェックだ!

続きを全部読む

【動画あり】韓国の美しすぎるドラマーがガチ美人! 一瞬で惚れてしまうレベルで大天使

男は基本的に美人が好きである。趣味嗜好はそれぞれだけに中には別ルートを好む人もいるが、十中八九はそう。ネット上で「美人すぎる」なんて表現があれば思わずポチッ! ホイホイ釣られる男は後を絶たない。

もう飽きたよ……そうわかっていながら何度でも釣られるのが、男の悲しい性(さが)だが、今回ご紹介する女性はマジのマジで完璧。見た瞬間にニッコリするレベルなので大丈夫だ。安心してください。美人ですよ!

続きを全部読む

【神業動画】天才ドラマー「川口千里」さんのサッカー日本代表を応援する演奏がスゴいとしか言いようがない

突然だが、皆さんは川口千里(せんり)さんというドラマーをご存知だろうか。1997年1月8日生まれの18歳。5年前には13歳にして「世界のトップドラマー500人」にも選出された、知る人ぞ知る “天才” である。

海外でもその名が知れ渡るほどの実力を持つ彼女だが、この度サッカー日本代表の新ユニフォームお披露目に合わせ、選手の背中を押すドラム演奏動画を公開していたのでご紹介しよう。神業ともいえるその演奏は必見だ!

続きを全部読む

【笑動画】完全に主役! たぶん「世界一目立ちたがりのドラマー」の衝撃パフォーマンスから目が離せない!!

バンドになくてはならないものの、その割に目立たない存在なのが、ドラム担当の「ドラマー」である。ボーカルの真後ろに座っているせいで観客からはよく見えないが、「でもドラマーって、縁の下の力持ちでしょ?」と思っている方は、ここで今、記者と共に反省をしていただきたい。

実は今回ご紹介する、目立ちすぎるドラマーの動画(this drummer is at the wrong gig)は、世界的に有名らしい。YouTubeにアップされたのは5年前の2010年で、パフォーマンスに走りすぎるドラマーの姿が世界中で人気を呼び、動画再生回数は3000万回を突破しているぞ!

続きを全部読む

【動画】頼むからワイヤレスイヤホンを買え! と言いたくなる「ランニングドラマー」が超シュールで笑った

世の中には一体なぜ? と思うようなことを淡々とやり続けている人がいる。それも人知れずライフワークとして継続していたりするものである。厄介なのは、それが思わぬタイミングで注目を集めてしまうことではないだろうか。

オーストラリア人男性のブレンダンさんは、約1年前に妙な動画をYouTubeに投稿していた。それが最近になって注目を集め始めてしまい、本当に困惑している様子。その動画とは、ランニングマシンで走りながらドラムを叩くというものである。危ないから走るのやめてくれ! もしくはワイヤレスヘッドフォンを買えよ! そう言いたい……。

続きを全部読む

【バンドマンに朗報】センサー内蔵クリップを挟むだけで何でもドラムに大変身! いつでもどこでもドラムを練習できるキットがスゴいぞ!!

バンドマンの中でも、特に苦労が多いのはドラマーではないだろうか。ギターやベースと違って、とにかくドラムセットは場所を取ってしまうので、ナカナカ購入できる物ではない。それに、ドラムセットを自宅に置けるスペースがあったとしても、騒音が近所迷惑になることを考えると、本格的に練習できるのはスタジオだけである。

そんな悩みを抱えるドラマー達に、ぜひゲットしてほしい商品がある。センサーが内蔵されたクリップを挟むだけで、そこら辺の物がアっという間にドラムに変身してしまうキットが登場したのだ!!

続きを全部読む

ドラマーなら誰もがうなずく「ドラマーあるある」55連発

バンドの中では “縁の下の力持ち” と言われ、他の楽器に比べてあまりスポットライトを浴びることの少ない「ドラマー」。サッカーのポジションで例えるなら、ゴールキーパー。野球で例えるならキャッチャーだろうか。

しかし、目立たないといっても、ドラマーはバンドサウンドの核となる存在であり、良いバンドには必ず良いドラマーが存在している! 今回紹介するのは、そんなドラマーなら誰もがうなずく「ドラマーあるある」55連発である。

続きを全部読む

【動画】ロボットアームのような義手を使うプロドラマーの超絶テクが話題

事故により片腕の半分を失ったにもかかわらず、義手を使って華麗にドラムを演奏している男の動画が海外で注目を浴びている。なぜ注目を浴びているかというと、その義手がドラムを叩くためだけに作られたロボットアームだからである!

ロボットアームの使用により、生身の人間では叩けないような細かいフレーズを叩くことができ、ドラムの達人も思わずうなってしまうようなプレイを披露しているのだ!!

続きを全部読む

【ドラマー必見】過去50年間で人気のあるドラムイントロで始まる50曲を5分にまとめた映像がスゴイ!

バンドに欠かすことのできないパートのひとつに、ドラムがある。(もろちんどのパートも欠くことはできないのだが)。ステージ上では後ろに陣取っているため、視覚的には目立つとはいえない。おまけに自由に動くことができないので、「俺も客前に行きてえなあ~」、「もうちょっとお客さんと触れあいたいなあ~」、なんて思っているかもしれない。

だが、ドラムがいるからこそグルーブが生まれる。そんな影の実力者、ドラムが全面に押し出された「ドラムイントロ」の曲はいくらでもある。過去50年間のドラムイントロで始まる50曲を5分で聞く動画をご紹介しよう。

続きを全部読む

かわいい顔してプロ級超絶ドラムスキルを披露する少年

路上で芸術を披露するストリートパフォーマンスには、パントマイムやお笑い、ダンスなど様々な物があります。通りを行き交う多くの人々にパフォーマンスを見てもらえることで知名度をあげることができるいっぽう、技術がないとお客さんの反応も得ることが出来ません。

今回はそんなストイックな世界で技術を磨いた少年ドラマーの様子をお伝えします。

続きを全部読む

【伝説K-POP】目立ちすぎる韓国のドラマー、現在71歳でいまだ現役バリバリだった / 相変わらず目立ちすぎ

伝説的に有名な動画は、いつ見ても色あせない魅力を放っている。例えば世界的に有名になった「目立ちすぎる韓国のドラマー」、もしくは「ドラマー目立ちすぎ」なる動画もそのひとつ。

オリジナル動画「Korean drummer takes the show (Original Upload)」がYouTubeにアップされたのは今から約4年前の2007年。韓国バンドのドラマーがあまりにも目立ちすぎなため、日本はもちろん世界中で爆発的な人気を呼んだ。

そんなドラマーの最新映像を発見! なんと現役バリバリのドラマーとして活躍していたのである。

続きを全部読む