「漫画」カテゴリーの記事

ベイスターズ監督にクロマティが名乗り / ネットユーザー「それはひょっとしてギャグで言ってるのか?」

2011年11月4日に新球団として新たなスタートを切ることになるセントラル・リーグの横浜ベイスターズ(株式会社横浜ベイスターズ)の監督に、読売巨人軍の元外野手、ウォーレン・クロマティ氏が名乗りを上げていることが判明した。クロマティ氏といえば、お尻を大きく突き出した独特のバッティングフォームで有名になり、野球選手としてだけではなくバラエティ番組に出演したり、プロレスに参戦したりとさまざまな分野で活躍した。

その彼の監督起用に、インターネットユーザーは「おまえが打席に立てよ 」や「懐かしいな、くろまて」などのコメントが寄せられている。

続きを全部読む

【グループ編】団体芸で魅せる米国コスプレイヤーTOP10

先日ご紹介したようにアメリカには、数多くのアツいコスプレイヤーたちがいる。彼らはソロでも十分人々を魅了するだけのパワーを持っているのだが、彼らが団体でコスプレをすると、その魅力は5倍にも、10倍にも跳ね上がる。

ということで今回、「ニューヨーク・コミック・ コン」(New York Comic Con、2011年10月13~16日開催)で出会った団体コスプレイヤーのなかで、記者が特に感銘を受けたコスプレイヤーTOP10(グループ編)をご紹介しようと思う。

続きを全部読む

規制のかかったアメリカ版『ONE PIECE』をアメリカ人に見てもらった / 反応「こんなの馬鹿げている」

アメリカの特徴を表する言葉に、「自由の国アメリカ」というものがある。しかしそのイメージとは裏腹に、アメリカ国内には様々な規制・検閲があり、多くの人が不満を抱いている。そして日本とも関わりがある規制のなかで、有名なものがアニメに対する規制である。

アメリカでは子どもへの影響を考えて、アニメのなかで暴力シーンや性表現などを放送しないようにしている。その結果、アニメを日本からアメリカに輸出する場合、多くの修正を受けることになるのだ。

続きを全部読む

真のオシャレは毎日同じ服を着る / ジョブズも! ルパンの次元大介も!

ニートでない限り、毎朝必ずやることが「着替え」である。制服やスーツで外出する人は、ほとんど何も迷うことがないので気が楽だが、普段着で外に出かけるとき「何を着ていこう……」と悩む時が多々あると思われる。また、お気に入りのコーディネート一式が洗濯中で、いざという時に「着ていく服がない」という事態に陥るパターンもあるはずだ。

そんな悩めるオシャレマンたちに、負け知らずなコーディネート必勝法をお伝えしたい。答えを先に書いておくと、『毎日同じデザインの服を着る』だけである。つまり、自分の中で鉄板とされるデザインの服を、色違いでストック。普段着を制服化してしまえば良いのである。

続きを全部読む

【ソロ編】見る人を魅了する米国コスプレイヤーTOP10

以前ご紹介したように、アメリカにも日本に負けないくらいカッコよく、セクシーなコスプレイヤーが多く存在する。彼らのコスプレにかける想いは凄まじく、細部までしっかり作られた衣装やキャラクターになりきったその表情に、彼らのアツい想いがしっかりと表れている。

ということで今回、「ニューヨーク・コミック・ コン」(New York Comic Con、2011年10月13~16日開催)で出会ったコスプレイヤーのなかで、記者が特に感銘を受けたコスプレイヤーTOP10(ソロ編)をご紹介しようと思う。

続きを全部読む

さまざまな民話や童話を題材にし、高い人気を誇ったテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」。TBS系列で1976~1994年まで放映され、子どもの頃に欠かさず観ていたという人も多いないだろう。アニメ本編もさることながら、エンディングを楽しみにしていたという人もいるかもしれない。特に1984年からのエンディング曲『にんげんっていいな』は、親しみやすい楽曲とかわいらしいアニメーションに定評があった。

この曲のなかで、「お尻を出した子一等賞」という歌詞がある。この一節が、最近インターネット掲示板「2ちゃんねる」で話題になっており、一等賞の理由について、インターネットユーザーの間で議論されているようだ。なぜ、一等賞なのだろうか?

続きを全部読む

【インタビュー取材】米国コスプレイヤーに聞いてみた「日本マンガの良い・悪い点」「日本コスプレについて」

アメリカの様々なコミック、ゲームそしてコスプレイヤーが集まった「ニューヨーク・コミック・ コン」(New York Comic Con、2011年10月13~16日開催)。この会場には日本アニメ・マンガ用の特設フロアも設置され、コスプレに身を包んだ多くの日本アニメ・マンガファンたちと出会うことができた。

ということで今回、彼らが日本のマンガをどう思っているのか、そして日本のコスプレについてどう思っているのかをインタビュー取材してきた。

インタビューした40人のうち2人しか日本に行ったことがなく、彼らの声は海外で形成されている日本マンガのイメージを知る上で非常に役立つものとなるだろう。それでは、アメリカコスプレイヤーたちが日本マンガに対してどんな想いを抱いているのか、彼らのインタビューを通して見ていこう。
 
続きを全部読む

【衝撃事実】磯野波平さんの身長が178センチであることが判明!

人気漫画『サザエさん』の衝撃的な事実が判明した。その事実とは、登場キャラクターの身長である。磯野家ならびにフグ田家では、サザエさんの夫マスオさんがもっとも背が高いと見受けられたのだが、実は波平さんはマスオさんを越える身長であることが判明。波平さんはなんと178センチの長身だったのである。

続きを全部読む

「静かなるドン」第100巻の帯を持っていくと丼(どん)が無料で食べられるぞ~!

週刊漫画サンデーで連載中の漫画『静かなるドン』。1989年に連載が開始され高い人気を誇る長寿漫画なのだが、2011年10月25日に最新第100巻が発売された。これを記念して同日より、東京・新宿の思い出横丁にある「つるかめ食堂」で、漫画を題材にした丼「静かなる丼」の提供が開始されたのである。

この丼は11月8日までの期間限定メニューで、この間に100巻の帯を店舗に持っていくと、なんとこのメニューが無料で食べられるというのだ。これは漫画を買っていくしかない!

続きを全部読む

実写版「アキラ」大佐役にゲイリー・オールドマンの名前が浮上!

日本はもとより海外からも高く評価されている漫画『AKIRA(アキラ)』。大友克洋氏が1982~90年にかけて週刊ヤングマガジンに連載していたSF漫画だ。連載開始からすでに30年経ているのだが、いまだに世界中の漫画ファンから崇拝される作品で、2012年にクランクインするものと見られている。

映画化の話は2008年からあったのだが、相次ぐ監督降板で一時は制作中止とのうわさも流れた。ところが2011年7月に、ジャウム・コレット=セラ氏が監督と務めることが決定し、最近になって強烈な布陣で制作に臨むのではないかとの情報が流れ始めたのである。

ストーリーで重要な役割を果たす敷島大佐役を、名優ゲイリー・オールドマンが起用されるかもしれないというのだ。

続きを全部読む

【数量限定】ワンピース新世界編のブレスレット! 常識的に考えて、これは普通に欲しいレベルだろマジで。

以前、人気漫画『ONE PIECE』の公式メモリアルウォッチについてお伝えした。漫画の世界をモチーフにしつつも、高級感あふれるデザインで、同作のファンでなくても欲しくなるレベルだったことはすでにご紹介したとおりである。

購入した記者(私)は、ワンピースファンの記者からはもちろん、漫画を読んだことのない記者からも「くれぇぇぇえええ!」と懇願され、奪われそうになる事態に見舞われたのだが、またしても素敵な商品が発売されたという情報を入手した。

その商品とは、9月26日発売の「週刊少年ジャンプ」に広告が掲載されていたワンピース新世界編のブレスレットだ。9人のメンバー1人ひとりを象徴する天然石を使用しており、石にはそれぞれを表す刻印が刻まれているという。

続きを全部読む

超ド級! 迫力満点のカミナリ画像が話題に / 海外ネットユーザー「誰かスーパーサイヤ人になったんじゃ?」

海外のインターネットユーザーの間で、とある画像が注目を集めている。その画像とは、長時間露光で撮影したカミナリの姿だ。中央には、かつてないほど迫力満点のカミナリがくっきりと写っている。このカミナリについて、海外のインターネットユーザーからは「誰かスーパーサイヤ人になったんじゃないか?」、「ピカチューーーーー!!」など、ユニークなコメントが寄せられている。

続きを全部読む

まさにモビルスーツ! 米軍事メーカーが作った2アームの重機がスゴイ

このほど米軍需製品メーカーが、従来の重機械に革命を起こすような画期的なマシンを発表した。そのマシンは巨大な2つのアームを持っており、これを操作することにより、土木作業をスムーズにこなすことができる。しかも今までの重機のようなレバーやボタンはなく、操作技術を習得するためのトレーニングも不要、誰でも簡単に操縦できるというのだ。まさにモビルスーツと呼ぶに相応しいマシンではないだろうか。

続きを全部読む

仮面ライダーフォーゼの変身ベルトで怪奇現象発生 / ブッブッブッ……と永遠に変身しない真っ赤なフォーゼ

「宇宙キターーー!」のセリフで話題沸騰の新仮面ライダー『仮面ライダーフォーゼ』。続々登場する「アストロスイッチ」にチビッコたちはワクワク状態。個性的かつ魅力的な登場人物と、非常に分かりやすいドラマ展開は、パパママたちからも大好評である。

そんな『仮面ライダーフォーゼ』の変身ベルトといえば『DXフォーゼドライバー』だ。発売直後に絶望的な品切れ状態になったことは以前お伝えした通りであり、現在もなお大人気。晴れて『DXフォーゼドライバー』を入手できたチビッコの顔は、皆一様に笑顔である。

だがしかし……。そんな彼らの笑顔を一瞬にして恐怖のどん底に叩き落とす、恐怖の『DXフォーゼドライバー』怪奇現象を貴方はご存知だろうか?

続きを全部読む

1971年にテレビ放映されて以来、いまだに高い人気を誇る人気アニメ『ルパン三世』(モンキー・パンチ氏原作のアクション漫画)。2011年はテレビ放映されてから40周年とあって、12月にテレビスペシャル「血の刻印 ~永遠のMermaid~」の放映が決定している。今作で、なんと主要登場キャラクターの声優が交代することが明らかとなった。

アニメにとって声優の交代は、キャラそのものが生まれ変わることを意味する。適役に引き継がれれば良いのだが、場合によってはまったく別のキャラになってしまう可能性も否めない。今回の交代はどちらになったのか?

ファンでなくても気になるところなのだが、同作のプロモーション映像を見る限り、新峰不二子役に抜擢された沢城みゆきさんは、かなりのはまり役だったようだ。以前からのファンも納得の不二子を演じているのである。

続きを全部読む

伝説の天才少女漫画家「満利林(マリリン)」先生(58)から新作イラストと読者に向けた衝撃的メッセージが届く

ほとんど半世紀前に描かれたスパイ漫画『アクションガールズ』が公開され、多くの読者に強い印象を残した伝説の天才少女漫画家「満利林(マリリン)」先生(58)

現役漫画家の実母であるということよりも、独創的なタッチと「まさかのオチ」、そして「10歳のころに描かれた」という才能が大きな話題となっていた。

そんな満利林先生から、当編集部に1通の封書が届いたのだが……中を開けると衝撃的な事実が待ち受けていたのである!

続きを全部読む

中国人腐女子のイマジネーションがハンパねぇぇぇぇ!!  /  中国各省をイケメン化、しかもめちゃ勉強になる

腐女子とは、ボーイズラブをこよなく愛する乙女達のことである。日本のアニメ文化が伝わると同時に中華圏にも伝わった腐女子文化。すっかり現地に根付いているようだ。

今回、中国腐女子の皆様が暴走気味なのは、画像掲示板。中国の各省・地域のイケメンキャラ化が行われカップリングに二次創作と異常に盛り上がっている。

続きを全部読む

中国人が描いた擬人化地図「地図娘」  /  世界各国版もあるアルよ~

いっとき日本でもモノの擬人化・萌え化が流行ったが、先日中国で世界各国の地図の擬人化イラストがネット上で紹介された。

当初は線画のみの発表だったが、「これは面白い」と次々と絵師たちが名乗りを上げ、画像掲示板には美麗イラストの数々が発表され話題となっている。

続きを全部読む

落札の瞬間を生中継!「オークションしてみた! モバオクpresents ニコオークション!」 

パソコンに携帯電話と誰でも気軽に参加できるネットオークション。モバオクとニコニコ生放送が共同でチャリティーオークション「オークションしてみた!モバオクpresents ニコオークション!」が開催することがわかった。しかもただのオークションではない。

人気アニメの超レアグッズやニコニコ動画にゆかりの深い商品が出品されている上、その落札の瞬間が、ニコニコ動画で生放送されるのである。

続きを全部読む

『ゲゲゲの鬼太郎』パンが妖怪以上に不気味すぎると話題に…しかも本家公認だった

ゴ、ゴクリ……。こんなにも、おどろおどろしいキャラクターパンがほかにあれば、誰か教えて欲しい。

『ゲゲゲの鬼太郎』の登場キャラクターたちをかたどったパンが、原作以上におどろおどろしく、不気味すぎるとネット上で話題になっている。 続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 197
  4. 198
  5. 199
  6. 200
  7. 201
  8. 202
  9. 203
  10. 204