K.Masami

ライター

福岡県出身。奈良県在住。ライフワークは妖怪文化研究。カッパ捕獲許可証所持。食べること寝ること文字を読むことが好き。変体仮名もだいたい読める。運動神経はどこかに忘れて来ました。

「K.Masami」担当の記事

『こち亀』トリビア45連発! あなたはいくつ知ってる?

40年って長い……。40年前の1976年と言えば「徹子の部屋」が放送を開始したり、武者小路実篤が亡くなったり、日本初のドライブスルーができた年みたいだよ! いやはや『こちら亀有公園前派出所』は本当に、長くにわたって私たちを楽しませてくれていたんだなぁと、改めて感じる次第である。

40年で200冊という、前代未聞のボリュームを誇る『こち亀』。週刊少年ジャンプの創刊が48年なので、ジャンプと共に歩んできた漫画と言っても過言ではない。そんな偉大なる『こち亀』に敬意を表して、今回は知っているようで知らない『こち亀』トリビアを紹介していくぞ。

続きを全部読む

『こち亀』あるある60連発! 40年間お疲れさまでした!!

2016年9月17日、『こちら亀有公園前派出所』の連載が終了した。これから週刊少年ジャンプを開いても、そこに両津勘吉の姿はない。作者の秋本治さんが新作に取り掛かっているなど、嬉しいニュースはあるが『こち亀』はもう……。今さらながら、ちょっと寂しくなってきた。

でもきっとまた、戻ってきてくれるって信じてるよ両さん! そんなこんなで、今回は全200巻を読み返した記者が『こち亀』に思いをはせながら書いた「あるある60連発」をお届けしたい。あなたが思う “あるある“ は入っているだろうか……!? よっしゃ、行ってみようー!! 

続きを全部読む

【こち亀】夏季五輪の年にしか登場しない『日暮熟睡男』は本当に4年に一度の男なのか調べてみた結果!!

連載年数40年、単行本200冊出版という壮絶な足跡を残して2016年9月17日に連載終了した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。記者は200冊全巻を読み返してみて、改めて『こち亀』のパワーは計り知れないと感じた次第である。愛される理由は数あれど、魅力のひとつが “個性豊かなキャラクター” たちにあるのではないか。

こち亀の愛読者はご存知だろうが、中でも夏季オリンピック開催時期にしか登場しない日暮熟睡男(ひぐらし ねるお)のインパクトは大だ。登場回数は少ないはずなのに、印象に残るよね! しかしながら、日暮さんって本当にオリンピックごとに出てくるのか。気になったので調べてみたぞ。

続きを全部読む

【保存版】約30時間かけて『こち亀』全200巻を読み返してみた → オススメの10話はコレだ!!

とうとう終わってしまった。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が終わっちゃったよぉぉぉー! これからは毎週、両さん(主人公・両津勘吉)に会えないなんて。アラサー記者にとって、週刊少年ジャンプを開けば『こち亀』が載っているのは、この世の常識だっただけに寂しすぎる。

……とは言うものの、40年にわたり連載を続けるのは並大抵のことではない。これは作者の秋本治さんに敬意を払う意味でも、改めて読み返さねばなるまい。ということで、記者が約30時間かけて200冊全巻読み返してみたぞ。今回は、その中から是非とも読んでほしいと思う作品10話を紹介し改めて『こち亀』の魅力を振り返りみたい。

続きを全部読む

【その発想はなかった】まさかのボウル型!「ドイツ風パンケーキ」はサクサク食感が超ユニークだったヨ!! カフェ『ハックベリー』

老若男女問わず人気なパンケーキ。スイーツとしてはもちろん、食事メニューとしても充実している点が魅力だ。だだ、「ちょっと飽きてきちゃったな」と思うこともある。生地の食感やトッピングなど店や作り方によって違いがあるとはいえ、どうしても似たり寄ったりのメニューになってしまうからだ。

「いつもと一味違うパンケーキが食べたい……」今回はそんな人にオススメ、ダッチオーブンを使ったドイツ風パンケーキを出してくれるカフェ『ハックベリー』をご紹介する。見た目がとっても面白く、ヤシの実ボウル型のパンケーキなのだ! 

続きを全部読む

【スタバ新作】本日9/16から『ストロベリー&ホワイトチョコレートフラペチーノ』が数量限定で発売中!

次から次へと新作を世に放つスターバックス。展開が目まぐるし過ぎて、アラサー記者は流れについて行くだけで一苦労だ。そして追い打ちをかけるように2016年9月16日、新たなドリンクが登場した。その名も『ストロベリー&ホワイトチョコレートフラペチーノ』だ! 

マジかよ。ここへ来てまたストロベリーを使ったフラペチーノだなんて、飲まない訳にいかないじゃないか!! さっそく味わってみたところ、大人気だったストロベリー ディライトに勝るとも劣らない、ストロベリー感満載なフラペチーノだったぞ。

続きを全部読む

【京都】下鴨神社のアートイベント「糺の森の光の祭」が幻想的! 忘れられない夏の思い出になること間違いなし!!

暑い暑い~とダラダラしていたら夏が終わっちゃう! 夏の思い出作ろうぜ!! 京都は下鴨神社で、2016年8月31日まで開催されている「糺の森(ただすのもり)の光の祭」なんていかが?

このアートイベントは光を活用しており、とってもロマンチックなのだ。友だちと行くのもよし、家族と行くもよし。恋人と一緒だと、盛り上がっちゃうこと間違いなしだぞ。

続きを全部読む

【コスパ最強】600円の並盛カレーが普通の店の超大盛サイズ! 奈良県で思い切りカレーを食べたければ『喫茶 田川』に行くべし!!

夏にはカレーが似合う。暑くなると無性に食べたくなるのは、記者だけでないはずだ。さて「思いっきりカレーをかきこみたいっ!」そんな気分の時に行ってほしい店が、奈良にある。その名は『喫茶 田川』。同店では並盛カレー(税込600円)を頼むだけで、超満腹になれるのだ!! 

続きを全部読む

京都の野菜が500円で食べ放題!「都野菜 賀茂」の朝ごはんバイキングに行ってみた!!

朝ごはんって大事。食べた方がいいとか食べなくてもいいとか色んな説があるけれど、そんなことはどうでもいい。朝から美味しいもの食べるとテンション上がるやん! それだけで朝食って意味があると思うのだ。さて、今回は朝からワンコイン(500円)で京都の野菜を食べられるお店を紹介したい。

お店の名前は “都野菜 賀茂” 。なんでも、採れたて野菜を食べられるだけでなく食べ放題なのだとか!! 京都の野菜はブランド化していて高いイメージがあるが、これは安い。安いどころかお得過ぎると言ってもいいくらいだ。しかも野菜だから、とってもヘルシー。さっそく紹介していきたい。

続きを全部読む

【期間限定】話題の『カービィカフェ』が期待を超越する素敵カフェ!「ウィスピーウッズ」のプレートが美味しくておすすめだよ!!

丸っこいフォルムがとってもキュートな “星のカービィ” 。任天堂を代表する、大人気ゲームだ! そのカービィのコンセプトカフェが東京に先駆け、2016年8月5日から9月4日の期間限定で大阪にオープンしたぞ!! さっそく行ってみたところ、こちらの期待を超越する素敵カフェであったことを報告したい。

続きを全部読む

『綿菓子ラーメン』を食べたら普通に美味しくてびっくり! ラーメン界に革命を起こす「バード」に行ってみた

突然だが、今回の主役は “綿菓子” だ! 言わずと知れた、祭で売っているフワモコのアレである。実は、その綿菓子をラーメンに乗せて食べることのできる店があるのだとか。綿菓子とラーメン? 夢のような共演であるが、何を言っているのかちょっとわからない。

少なくとも記者は生まれてこの方、そんなラーメンと出会ったことがない。そもそも、何故そのふたつを組み合わせるのか意味が分からない。わからないことが多すぎてモヤモヤする。仕方がない、百聞は一見に如かずだ。綿菓子ラーメンを出すという、大阪は梅田の「bird(バード)」に行ってみた。

続きを全部読む

【京都アイス】ピカッピカの『金閣そふと』を食べてみた! 足利義満もうらやむレベルのきらびやかさと贅沢な味だよ!!

京都旅行の際に多くの人が訪れるであろう、鹿苑寺 “金閣” 。そのおひざ元に金箔をこれでもかという程、思いっきり乗せたソフトクリームを食べられる店が誕生した。その名も「金閣そふと」! 発売されるや否や、国内外から訪れる観光客に人気のようだ。

これは、黄金に輝くクレミアに勝るとも劣らない逸品ではなかろうか。記者もさっそく食べてみたが、味はもちろんコーンを包むスリーブに金箔をあしらった和紙を使うなど、かなり豪華!! 京都らしさ全開のソフトクリームの全貌は以下の通りだ。

続きを全部読む

【ポケモンGO】レア度高めな『ミニリュウ』をゲットしたくば京都に行け! 「円山公園」で取れまくりだぜ!!

もはや、社会現象という言葉だけで片付けることはできないほど、世界中で大フィーバーしているポケモンGO! その波に乗り、連日ゲームに情熱を傾けるそこのアナタ。そろそろ壁にぶち当たってはいないだろうか。「毎回、同じ種類のモンスターしか取れない……」と。

今回は、そんな方に耳よりの情報をお届けしたい。レア度が高いと言われる「ミニリュウ」を、超簡単に手に入れる方法だ。記者はこのやり方で、1時間に8匹のミニリュウを手に入れた。いたって簡単、京都は円山公園に行くだけだ。さあ、みなさんも京都に行こう! 

続きを全部読む

【ポケモンGO】奈良公園でプレイしてみたらレア度高めな「フシギダネ」に出会ったでござる! アイテムをくれるのは『お地蔵さん』だよ!!

配信されるや否や、大きな話題となっているポケモンGO! 街にはモンスターとの出会いを求め、スマホ片手に徘徊(はいかい)する若者の姿が目立つ。その一方で、田舎ではモンスターが出てこないという悲しい話も聞く。

記者の暮らす奈良も観光地とは言え、都会とは言いがたい。そこで、モンスターをゲットできるのか “奈良公園” 周辺で試してみた。すると意外にも、レア度が高いとされるものに遭遇したぞ。その上、アイテムをもらえるポケスポットは地蔵堂が多いことも判明した。

続きを全部読む

【期間限定】アニメ化もされた人気漫画『鬼灯の冷徹』と奈良健康ランドのコラボフードを食べてみた! 「鬼灯の好物おにぎり」の具が中毒性のあるウマさ!!

暑い日が続くが、そんな時こそ足を運びたいのが “健康ランド” 。温泉だけでなく、最近ではプールにまで入ることができる素敵空間だ! ああ、お風呂に入ってビール飲んでダラダラしたい……。できることならば、美味しいものも食べたい。そんなあなたに朗報だ。

奈良健康ランドで2016年7月16日から開催されている、人気漫画『鬼灯の冷徹』とのコラボイベント。そこで提供されるコラボフードが見てよし、食べてよしの高クオリティなのだ。これは、漫画のファンだけでなくとも食べたくなっちゃう! さっそく記者が主人公・鬼灯(ほおずき)になりきって取材してきたので、紹介していきたい。

続きを全部読む

【正気かよ】「阪急そば若菜」から斬新すぎる『かき氷そば』が登場! 一瞬で体温が下がって夏にはピッタリかも!!

「阪急そば 若菜」が、またやらかしてくれたぞ。これまでにもポテトチップスそばなど、斬新なメニューで我々を楽しませてくれた若菜。今度は暑い季節にピッタリな “かき氷そば” の登場だ!! 

さすが大阪、発想が一味ちゃいまんな! とは言え、確かに冷たくて夏向きかもしれないが、お味はいかがなものか。水っぽくなったりしないの? シャリシャリし過ぎて、そばの旨味が消えたりしない? よくわからないので百聞は一見に如かずと、さっそく食べて来たヨ。

続きを全部読む

ピンク色の「さくらんぼカレー」を食べてみた! レトルトとは思えないウマさで山形県民に嫉妬確実!!

カレーにフルーツはつきもの。例えばリンゴなどを、隠し味として入れることもあるよね。だがしかし、今回紹介するカレーは一味違うぞ! なんと、山形名物 “さくらんぼ” が入ったレトルトカレーだ。高級フルーツを入れてしまうことに驚きだが、一番の衝撃はその色!

赤い宝石とも呼ばれる “さくらんぼ” にちなむカレーなだけあって、奇麗な “ピンク色” なのだ。その上、ルーにもゴロっとさくらんぼが入っているという。一体全体どんな味がするのか、さくらんぼ味なのか? 想像できないので、とりあえず食べてみることにした。

続きを全部読む

【ラードは飲み物】太陽系イチ濃いラーメン「オリンポス」を食べたら失神寸前! お腹が壊れるレベルでヤバかったでござる / 奈良県『まりお流』

この世には、星の数ほどのラーメン店がある。読者の皆さんも、お気に入りラーメンのひとつやふたつあるだろう。さて、今回紹介するのは「まりお流らーめん」の “オリンポス” (税抜2500円)。こちらは、従来のラーメン感が270度ほど変わってしまうだろう危険な一品だ。

どのようなものか、一言で説明するならば一般的な豚骨ラーメンを10倍濃くしたラーメン。以前ご紹介した日本一濃いラーメンに勝るとも劣らないモノなのだ。冗談抜きで、濃すぎて次の日お腹が壊れるレベル。気になる詳細は以下の通りだ! 

続きを全部読む

【ガチ検証】日本一高い「360度シースルー観覧車」はパンツが見えるのか? 実際に乗って確かめてみた / 大阪エキスポシティ

高いところ大好きなそこのアナタに朗報だ。2016年7月1日、大阪に日本一高い観覧車が開業したぞ。ハルカスと言い、大阪は高いところが好きなんだな。しかし、驚くにはまだ早い。こちらの観覧車の魅力は高さだけではないのだ。なんと全面ガラス張りなんだとか! 

上を見ても下を見ても横を向いても360度スケッスケ! まるで空中に浮いているようだ!! ん? ということは……もしかして、アレが見えちゃうんじゃないの。スカートで乗ったら、パンツが見えちゃうんじゃないの!? けしからん、実にけしからんっ!! 非常事態なので、全国民に代わって検証してみることにした。

続きを全部読む

【キュン死注意報】パグ好き必見! 11匹のパグが出迎えてくれる犬カフェ「リビングルーム」が素敵空間すぎる!!

クシャっとした額、クリクリの潤んだ目、ぺしゃんこの鼻。一度見たら瞼(まぶた)の裏に焼き付いて離れない愛嬌たっぷりの犬……それが “パグ” だ。そして、パグ好きであればあるほど、思いっ切りパグをなでまわしたい、そんな衝動に駆られることもあるだろう。

記者もそのひとり。どうにかして、この欲求を満たす方法はないものか。そんな時に発見したのが、京都のドッグサロン「リビングルーム」。なんでも、十数匹のパグを可愛がりまくれるらしい。マジか! そんな夢のような空間がこの世に存在するなんて!! 

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7