「警備員」にまつわる記事

セコムが世界初の「バーチャル警備員」を開発 / 受付も人助けもできるエース級の有能さ

技術の発展により、AI(人工知能)が人間の労働を肩代わりする事例が増えてきている。例えばAmazonの倉庫では物流ロボットがビュンビュン動き回っていたり、入居者のケアにAIを導入し始めた介護施設があったり、活躍の幅は実にさまざまだ。

そして、今度は警備のシーンに新たなムーブメントが巻き起ころうとしている。警備業界を代表する企業であるセコムが、世界初の「バーチャル警備員」を開発したのだ。搭載されたAIによって警備を行う……そんな革新的なニューカマーの能力を徹底解剖していこう。

続きを全部読む

【衝撃動画】歌手の代役で警備員が国家斉唱 → 美声すぎて会場から大歓声

歌手が不在なので、代役で国家斉唱をお願いします! そう言われて引き受けることのできる人は、どれほどいるだろう。たとえ歌唱力に自信があったとしても、ほとんどの人が断るに違いない。それもそのはず、他人の前で歌うことに加えて失敗が許されない重圧は、とても耐えられないからだ。

ところが、アメリカのバスケの試合「ウエストバージニア大学 vs カンザス大学」では、そんな状況を引き受けた警備員がいた。しかも超美声で皆をウットリさせたというのだから驚かずにはいられないぞ!

続きを全部読む

ピクサーみたい! “孤独な夜勤のおじさん” を描いたアニメCM に感涙の嵐 / ネット上で「涙なしには見られない」の声続出!!

みんな大好き、ピクサー。あの色彩豊かな世界と、独特の優しいストーリーで、大人も子供も魅了する。今、そんなピクサーを彷彿とさせるスペインの CM が話題となっており、世界中で「涙なしでは見られない」という人が続出なのだとか。

ということで今回はその CM をご紹介したい。主人公はマネキン工場の夜の警備員。彼以外の従業員は昼間に働いているので、彼は孤独を感じていた。そこで彼は考えた、どうやったら寂しい状況を抜け出せるのかと……。

続きを全部読む

警備員の男性が弾いたピアノがシビれるほどカッコいい! 海外の声「感動して涙が出てきた」

ミュージシャンがステージ上で楽器を演奏する姿は、間違いなくカッコいい。一方で、音楽とは関係なさそうな職業の人が楽器を弾いたらメチャウマだったというパターンも、これまた たまらない! むしろギャップがある分、その方が余計に「おおっ!」となることも。

例えば、今ネット上で大ヒットしているYouTube の動画がそう。映像には、警備員の男性がピアノを弾く姿が収められているのだが……なんと美しい音色! 誰だこの男性は!? マジでかっこいぞ!!

続きを全部読む

地獄のような満員電車を生き抜くための乗車テク9選

大都会で仕事をしていく以上、多くの人が避けて通れないのが、地獄のような「満員電車」である。朝のラッシュ。夜のラッシュ。会社に行く人だけではなく、通学のために満員電車に乗らざるをえない学生も多いだろう。まるで戦場に向かうがごとく。

みんなは気づいていないかもしれないが、連日の満員電車経験によって、知らず知らずのうちに我々は「生き残るための満員電車テクニック」を身につけている。そう、たとえば、今回ご紹介する9つの「満員電車サバイバル乗車テク」のように……。

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】前代未聞の異色バトルが勃発! スポーツチームのマスコット vs 警備員

まもなく始まる野球シーズン。しかし、開幕を前に話題になっている映像がある。一体、何があったのかというと、メジャーリーグはヒューストン・アストロズのマスコット「オービット」と、警備員が前代未聞のバトルをしたというのだ。

お客さんの目の前でそんなことあってはならない事件だが、きっちりと映像に残っているので確認して欲しい。YouTube にアップされた動画のタイトルは「Orbit, Houston Astro’s mascot clash a security guard…」である!

続きを全部読む

鉄壁のディフェンス力で歩行者を守る警備員に学ぶ「男闘呼(おとこ)」としての横断歩道での振る舞い方

か弱き乙女の皆さまは、男性に身を呈して守られた経験はありますか? 幸い、平和な現世の日本では、いきなり城に攻め入られたり、道でショッカーに襲われたり、突然目の前に魔人ブウが立ちはだかり、チョコレートにされてしまうなどの事態に遭遇することはめったにありません。

なので、本当は女性に真の強さをアピールしたい殿方も、なかなかそれを披露する機会がなく、さぞかし歯がゆい思いをしていることと思います。しかし、実はこの平和な現代日本においても、簡単に女性を守る事ができるのです。一体どうやって?

続きを全部読む

3000人の社会人に聞いた『最も怖い職業』トップ5! 3位「アイドルのコンサート会場の警備員」など

日本でも「きつい、汚い、危険」を意味する “3K” と呼ばれる仕事がある。だが3Kの仕事でも、給料が良ければ気にしないという人もいるので、仕事に望む条件は人それぞれである。

そんな仕事に関して、「どの職業が最も怖いか?」と約3000人の社会人にアンケート調査を行ったところ、意外な結果が出て話題を呼んでいるので紹介したと思う。

続きを全部読む