「親切」にまつわる記事

【監視カメラは見た】夜の町で “怪しげな行動” を見せる少年グループ / 実はとても親切な行為をしていたと判明 → 町長から感謝の言葉も

監視カメラの粗い白黒画像を通せば、なんだって怪しく見えてしまうもの。熱心に話し込んでいる人はコソコソ悪巧みを、どこかに足早に向かう人は悪さをしに行く途中のように……。

この度も、夜の町を歩く少年グループが監視カメラに捉えられた。なにやら小脇に抱え、暗い路上を連れ立って歩くその姿は、ちょっと怪しげ。これは何か起こるのではと不審に思ってしまう……が、しかし! 実は彼らはとても優しい行為を行っていたのだ!!

続きを全部読む

【心ほっこり動画】中国の警察官がパトカーで道路を封鎖して年配者の横断を手助け

道路では歩行者優先。これは日本において当たり前のことである。しかしながら、海外に出ると「常識」が通用しないこともしばしば。お隣の中国では、車に轢かれた方が悪いなんて考えも存在するものだ。

当然、車の運転は荒すぎ。初めて中国に行った日本人は怖すぎて道を渡れないくらいヤバいのだが、とある警察官が道路の上でとった行動に惜しみない賛辞が送られている。なんと彼はパトカーで道路を封鎖し、年配者の道路横断を手伝ったという。

続きを全部読む

マクドナルドがホームレス女性の「お湯の注文」を拒否! それを見た男性の取った行動が “超感動的” と話題!!

以前にロケットニュース24では、あるホームレス男性のシンデレラストーリーを紹介した。困窮した状況にありながらも、善意を忘れなかった男性に起きた最高にハッピーな話だった。

しかし現実にそんなミラクルはめったに起きず、実際ホームレスに対する世間の風当たりはかなり冷たい。イギリスでは、「お湯をください」と頼んだホームレスをマクドナルドの店員が拒絶した、という一件が注目を浴びている。そして店側の対応を見ていた1人の男性が取った行動がヒーロー過ぎる! と話題だ。

続きを全部読む

「優しいスタバ店員」が激撮されネット上で話題! ニューヨーク爆破事件後に警察に大量の差し入れ / 店員「当然のことをしたまで」

2016年9月17日、米ニューヨークで爆破事件が起こった。29人が怪我をしたこの事件で、ニューヨークは騒然となり、警察が街中に立ち警戒態勢が続いたと伝えられている。

そんなニューヨークで、あるスターバックスの店員がとった行為が注目を集めているそうだ。店員は、パトロールを行う警察官たちに大量のスタバの製品を差し入れたというのである。動画と共にお伝えしたい。

続きを全部読む

寒い夜はウチにおいで! 夜になると店鋪を開放し「野良犬」に寝床を提供するカフェが話題

以前、タモリさんが “偽善” を薦めていた。なぜなら “偽善” は、人間関係を円滑にしたり、無用の争いを避けることが出来るからだ。なら “親切” にも同じような効用があるかもしれない。他人に親切にすると、関係が円滑になり、場の空気が柔らかくなり、そして、誰かを救ったりすることがあるからである。

例えば今回ご紹介する話も、“親切” が鍵となっていると言えるだろう。舞台は冬のギリシャ。夜になると、屋外はとても寒い。そこで、ある1軒のカフェが、閉店後の店を開放し、野良犬たちに寝床を提供してやっているのだとか……。

続きを全部読む

【実験動画】赤の他人に「携帯電話とお金を貸して」とお願いしたらこうなった!! 結果がナカナカ興味深いぞ!

見ず知らずの人から突然助けを求められたら、あなたはどうするだろうか? 頼みごとの内容や時間的な余裕にもよるかもしれないが、赤の他人だからこそ、助けてもらえたら人の優しさに心を打たれるのではないだろうか。

ということで、30人の他人に “携帯電話とお金を貸してほしい” と頼んで実験を行った動画が話題となっているので紹介したい。ナカナカ興味深い結果が出たのだが、その動画は「Will Strangers Help You?」で確認できるぞ!

続きを全部読む

米スタバで始まった「ペイ・イット・フォーワード」って知ってる!?  次の人のドリンク代を立て替えて善意を広げていく運動だ!!

現在、世界中で拡散しているアイスバケツチャレンジは、氷水をかぶったら次の3人を指名して、リレー式にチャリティー精神を広めていく運動である。

そこで、次々に善意をつなげていく意味では負けていない「Pay It Forward(ペイ・イット・フォーワード)」についても紹介したいと思う。自分の後ろにいる人のドリンク代を立て替えるという、スターバックスから始まった運動が、全米各地に広まっているのである。

続きを全部読む

上りエスカレーターをひたすら下りようとするビジネスマンの姿が世界中で話題に

歩けど歩けど前には進めない、エスカレーターでの逆向きの進行。子どもはしばしば面白がってやろうとするが、危険なので決してやってはいけない行為である。

そんななか、この危険行為に及ぶひとりの成人男性の姿を映した動画がいま世界中に拡散し、「おもしろい!」と話題を呼んでいる。さらに、その場に居合わせた周囲の人々の行動には称賛の声も寄せられているのだ。

動画「Hilarious drunk businessman trying to walk wrong way down Tube escalator」には、スーツ姿の男性がエスカレーターを下りようとする様子が映されている。しかしよく見ると、一向に前へ進んでいない。男性はなんど、上りエスカレーターを無理やり下りて行こうとしているのだ。

続きを全部読む

車載カメラは見ていた! ロシア人ドライバーの小さな親切に世界中がホッコリ感動

日本でも徐々に普及してきたドライブレコーダーこと車載カメラ。一方、ロシアのドライブレコーダーの普及率は日本以上と言われている。その理由はあちらこちらで交通事故や当たり屋、ストリートファイトが行われてるからであるという。

そんななか……ロシアで撮影された一本のドライブレコーダーが大きな話題になっている。そこに映っているのは交通事故や当たり屋、ストリートファイトの類ではなく、ひとりの男性が行った小さな親切。動画のタイトルは「A Small Gesture Can Mean A Lot」などである。

続きを全部読む

【感動】イラン人の半分は優しさでできている! 実際に体験したイランの人々の「親切」10選

イランという国について、皆さんはどんなイメージを持たれているのでしょうか。おそらくテレビなどの報道を通じて、「核開発」や「反米主義」などを思い浮かべるかもしれません。もしかしたら物騒な地域と思われている人もいるのではないでしょうか。私(記者)も正直、あまり現地のことを理解している方ではありませんでした。

しかし実際にイランの地にたどり着き、現地を旅行している日本人バックパッカーに話しを聞くと、「イランの人はめっちゃ親切だよ」や「すげー旅行しやすい国だった」と、誰もが口にします。なかには真顔で「イラン人の半分は優しさでできてる」とさえいう人もいました。

私も滞在するうちに、そう言われる理由が理解できました。私が体験したイランの人々に施された親切についてお伝えしましょう。以下はその代表的な10の出来事です。

続きを全部読む

「人を思いやる気持ち」はこんなにも美しい! 思いやりの連鎖反応を映した動画が世界で絶賛される

現在ある動画が世界から絶賛されている。その動画には、美しい世界を作るのに必要な「あるもの」が映し出されており、多くの人の共感を呼んでいる。

この動画を作ったのは、「Life Vest Inside」というニューヨークの小さな非営利団体で、彼らの活動目的はいたってシンプル。

思いやりの大切さを多くの人に伝え、そして世界をより幸せな場所にする。

続きを全部読む