「岡むら屋」にまつわる記事

【悲報】岡むら屋が「おっさんを置いてけぼりにしようとしている説」が浮上 → 広報にカチ込んだ結果…

人間は年齢の変化と共に “食の嗜好” が変わるもの。若い頃は脂ギトギトの肉もペロリだった人が、気付けば赤身中心のチョイスになっていることはよくある話だ。個人的な体感では40代手前から、やや脂がキツくなってくる……と思う。

そういう意味で、唯一無二の「肉めし」を展開する岡むら屋の『でらナポ肉めし』は、マジで意味が分からない。若者よりは中年に愛されている店なのに、なぜか牛めしにナポリタンをトッピングするという暴挙に出たのである。岡むら屋、貴様……!

続きを全部読む

【激怒】かつやよりウマいのに「岡むら屋」が一向に増えないのは何故なのか? 運営会社に聞いてみたらこうだった

おかしい……どう考えてもおかしい。何がそんなにおかしいのかと言うと、唯一無二のウマさを誇る「肉めし」の岡むら屋が、全く持って店舗を増やさないのだ。おそらく岡むら屋を愛する人ならば、誰もが「そういえばそうだな」と納得いただけることだろう。

これが個人経営の店なら理解もできるが、岡むら屋を運営するのは「かつや」を展開する「アークランドサービスホールディングス株式会社」である。かつやを否定するワケではないが、岡むら屋はかつやと同等……いや、かつやを超えるポテンシャルを秘めているハズ。一体、なぜなんだ……?

続きを全部読む

肉めしの岡むら屋の「生姜焼き肉めし」が美味い! 味が染みまくりな煮込み牛肉と生姜焼きによる肉ヘヴン

ときおり無性に食べたくなる岡むら屋。煮込まれたトロトロの牛肉が乗った「肉めし」は、唯一無二の存在だ。そんな「肉めし」に、生姜焼き入りの新作が出ているという。

元から肉が乗った「肉めし」に、さらに生姜焼きを乗せるという茶色と茶色のコラボ。さっそく食べにいってみたところ……優勝! 優勝やこれ!

続きを全部読む

肉めし専門店「岡むら屋」のハンバーグ肉めしが美味い!「かつや」の店舗の半分を岡むら屋に変えても良いレベル!!

とんかつ専門店「かつや」は、アークランドサービスホールディングスの運営する飲食店だ。同社の仲間であるにもかかわらず、全然注目されないお店がある。肉めし専門店の「岡むら屋」だ。なぜみんなかつやにばっかり注目するんだよ……。

私(佐藤)は言いたい、なぜ岡むら屋は店舗数が増えないんだ! いい店なのに全然注目されないじゃないか! 2021年1月末に発売開始した「ハンバーグ肉めし」を食ってみろよ!! 今あるかつやの半分を岡むら屋にすべきでないのか? と感じるに違いないはずなんだ。それくらいハンバーグ肉めしは良いんだぞーーーっ!

続きを全部読む

【男メシ】『はみ出し系どんぶり』が流行の兆し? かつやと岡むら屋が新メニューを公開 / デブの声「もっとはみ出すべき」

近年、肉の流行が目立つグルメ界に、新たなブームが巻き起ころうとしている……のかもしれない。名付けて『はみ出し系どんぶり』ブームだ。2017年9月20日、かつやと岡むら屋を運営するアークランドサービスホールディングスが、衝撃的な新メニューを公開した。

まず、かつやで9月22日から販売されるのが「増し増しエッグチャーシューチキンカツ丼」、そして9月25日から岡むら屋では「エッグオンエッグ牛しゃぶめし」が発売される。どちらも見た目はインパクト絶大で、文句なしの『はみ出し系どんぶり』だ。

続きを全部読む

【肉マウンテン】肉めしの「岡むら屋」の新商品『どっさり野菜牛しゃぶめし』の肉が多すぎてマジで山! 期間限定だから死ぬ気で登頂しろ!!

なぜ山に登るのか? そこに山があるからだ。イギリスの登山家、ジョージ・マロリーのあまりにも有名な言葉である。そう、私(あひるねこ)もあなたも、今日は山を登らねばならない。それもただの山ではないぞ。高くそびえ立つ、肉の山だ。

ニュータイプの肉丼として、独自のポジションを築いている「岡むら屋」。その岡むら屋が、本日2017年4月3日より期間限定の新商品の販売を開始した。『どっさり野菜』なるヘルシーなワードが付けられたそれらの商品は、その響きとは裏腹に、こちらの予想を大きく上回る肉マウンテンだったのである!

続きを全部読む

35.665023139.75661

肉めしの「岡むら屋」が提供開始したハンバーグがデカすぎて思わず「ハンバーーーグッ!」と心の中で叫んだ

ハンバーグのなかには、何が詰まっているのか? もちろん、肉と肉汁が詰まっているのだが、それだけじゃない! 夢とロマンも詰まっている!! 高らかにこう叫ぼう、アノ師匠のように。ハンバーーーーグッ!

という訳で、ハンバーグ好きに飛び切りの情報をお伝えしよう。肉めしで有名な「岡むら屋」が、2016年5月20日から新メニューの提供を開始した。それが、「ハンバーグ肉めし」(単品690円)である。そのハンバーグがかなりデカい! 210グラムもあり、丼を覆い尽くしている。これだけでお腹いっぱい! マジで思わずハンバーーーーグッ! と叫びたくなる。

続きを全部読む

肉めしの「岡むら屋」からカレーが登場!『カレー肉めし』は肉と豆腐がゴロゴロ入った野郎メシだった

ニュータイプの肉丼として、東京は新橋と秋葉原で、確実にファンを獲得している岡むら屋。同店の看板メニューは味噌ベースで肉・豆腐・大根などが煮込まれた、いわゆる “どて煮” 系の肉めしだが、2016年2月24日から期間限定で『カレー肉めし』なるメニューが登場したという。

味噌系の肉めしとカレーだと? どう考えても摩訶不思議アドベンチャーではないか……これは確かめるしかあるまい! というわけで、岡むら屋の新メニュー『カレー肉めし』を食べに新橋まで足を運んだのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

従来の牛丼とは一線を画す「ニュータイプ牛丼」 それが新橋名物肉めしである! 東京・新橋「岡むら屋」

8月も後半に入って、夏の疲れがたまり始めている人も多いと思う。いわゆる夏バテである。そんな時こそ、食べて体力を養いたいところ。だからといって、ラーメンや牛丼はちょっと食べ飽きている方に、肉めしはいかがだろうか?

東京・新橋には働くお父さんを食で支えるお店が多数存在する。そのなかのひとつ、「岡むら屋」は大なべで煮込んだとろ牛肉をたっぷりと乗せた肉めしで、腹ペコお父さんたちを元気づけている。

続きを全部読む