「上海」にまつわる記事

【画像あり】中国上海でAKB姉妹グループ「SNH48」がついに誕生! AKBファン「宮澤がセンターで決定だな」

かねてより選考が行われていた中国・上海本拠地のSHN48。尖閣諸島問題でファンからは誕生を危ぶむ声も出ていたが、去る10月14日に1期生の最終選考が行われ、その日のうちに26名がお披露目された。

それと共に専用劇場、そしてお披露目公演のスケジュールも発表された。SNHにはAKBから人気メンバーが移籍することもあり、早くもファンはセンターポジションの予想を始めている。

続きを全部読む

ユニクロが上海店舗の「尖閣諸島は中国固有の領土」と貼り紙について釈明 「大変遺憾であると考えております」

連日、反日デモが続く中国で、2012年9月15日に驚くべき貼り紙が発見され、ネット上で話題になった。その貼り紙とは、日本でもお馴染みのアパレルメーカーユニクロの上海店に貼り出されたものだ。そこには、「支持釣魚島是中国固有領土」(尖閣諸島は中国固有の領土であることを支持する)とつづられていたのだ。

このことについて、運営元の株式会社ファーストリテイリングならびに、株式会社ユニクロは次のように状況を報告し、釈明しているのである。

続きを全部読む

中国のメイドカフェに行ってきた / メイドは可愛かったがメシは機嫌悪そうなおばちゃんが持ってきた

中国上海のオタクビルを歩いていると、メイドコスプレの女の子を発見。ついていってみるとメイドカフェにたどり着いた。これは入るしかない! 聞けばメイドさんたちは皆学生さんだという。女子大生? もしかして女子高生がいたりして! 結構可愛いではないか!

早速席に座り、注文、ワクワクしながら待っていたところ、店の外からパンチパーマがまぶしい鋭い眼光のおばちゃんが登場。その手のなかにあったのはなんと先ほど記者(私)が注文したものだったのである。

続きを全部読む

家電量販店「ラオックス」の広告の絵が雑すぎて笑った / 小学生の自由帳レベル

「家電がいっぱいあるのは ”ら・おーっくす♪”」という歌でおなじみのアキバを中心に展開している家電量販店「ラオックス(LaOX」)。

紆余曲折を経て、現在は中国の家電量販店・蘇寧電器の傘下に入り、2011年末には中国の南京へ進出。アキバから世界へと羽ばたいていった。

その中国上海市で2号店が華々しくオープン! 日本でも各社で報じられ注目されたが、その記念すべきオープン日の広告が雑すぎ。とても残念な感じなのである。

続きを全部読む

上海で一番おいしいコーヒーはなんと水道水で作られていた!

中国を旅行されたことがある方はよくご存知だろう。あの国では生水を飲んではいけない。衛生面の問題もさることながら日本の水と硬度が異なるためお腹を壊すこともあり、ガイドブックにも「中国の水は臭い」「沸かしても飲まない方がいい」などと書かれている。

記者も中国の水道水は絶対に口にしてはいけないものだと固く信じていた。そんな折上海でとてもおいしいコーヒーが飲めるお店を発見。聞けば現地の水道水で入れられたコーヒーだという。

ええっ!! 中国では普通わざわざ飲用水を買って飲むのに、水道水を使うとはどういうこと!? お店の方に早速お話を聞いてみた。
 
続きを全部読む

上海のクリスマスが阿鼻叫喚 / 踊り狂う人々、花火を振りまわすカップルなど

クリスマスと言えばアメリカでは家族と過ごす日、日本では恋人と過ごす日という印象が強いが、中国ではどうなのだろうか。

中国の中でも外国文化の受容に寛容な上海に潜入してみた。上海と言えば美しい夜景でも有名だ。さぞロマンチックなクリスマスを過ごしているのだろうかと思いきや、人ごみの中で人々は踊り狂っているわ、手持ち花火を始めちゃうわ、珍妙なモノ売りがでるわと、訳のわからない状態になっていることがわかった。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第54回:どろどろ骨董市場に飯島愛を見た!

「東台路古玩街」人民広場から徒歩15分。長さわずか数百メートルの狭い路地に並ぶ薄汚いショップの数々。骨董品というか、ガラクタ屋が軒を連ねる上海観光の定番スポットである。

超高級とされるアンティークショップすら、陳列された商品はまず100パーセント偽物──工場で大量生産したものを、汚したり土に埋めたり薬品処理して千年前の骨董品に仕上げてしまう中国骨董ワールド。

こちらの東台路古玩街に並ぶのは、さらに中途半端な数十年単位の自称アンティーク。まさに120パーセント偽物と言い切っても過言ではない胡散臭さが漂うが、あえてそれを許容することさえできれば、かなりエキサイティングなショッピングを体験できる……てなわけで、掘り出し物を探してみた!

続きを全部読む

【闇の大人たち】第53回:上海発・横丁市場のグラディエーター

上海市、地下鉄「老西門」駅から少し歩いたところに「上海万商花鳥魚虫交易市場」という煤けたマーケットがある。その名の通り草花や生き物全般を扱う市場だが、重要なのはこれらが食うためでなく、愛玩用であるということ。

人混みをかき分け、獣臭い市場に足を踏み入れる。うっすら予想した通り、通路は正体不明の分泌液でうっすら湿っている。ここで転んだら、来世まで後悔すること請け合い。足元には充分ご注意を。

市場内には犬だの猫だのウサギだのウグイスだの天然記念物だの、あらゆる生き物たちが雑然と陳列され、放し飼いになっているものもあり、まさに混沌という言葉がぴったりのありさま。

地理感もないまま通路を彷徨っていたそのとき、突如「ギィギィギィギィ……ギギギギギ」という、これまで耳にしたことのない、不気味な大音響が私の身体を包み込んだ。な、なんだッ?

続きを全部読む

【闇の大人たち】第50回:世界で一番安い町、義烏の闇の子供たち

先週先々週に引き続き、上海から300キロ離れた「世界で一番安い卸売市場・義烏(イーウー)」のリポートです。

義烏最大の福田市場。中央区の半分ほどもある敷地内に、言葉を失うほど安い4万軒の卸売店が連なる──。

と、ここまでは前回紹介した通りだが、4万件・推定8万人オーバーと言われる店員たちにもそれぞれ家庭があり、それが証拠に福田市場の至る所で幼稚園から小学生程度の子供たちがバタバタ走りまわっている。

その数、少なく見積もって推定一万人オーバー、ちょっとした市町村のレベルだ。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第48回:世界で一番安い町、義烏へゆく!

義烏(イーウー)。上海から300キロも離れた辺鄙な場所に忽然と現れた、世界最大の卸売ゾーン! 日本からは雑貨商をはじめ、100円ショップの仕入れ担当が足しげく通う謎の町。100円で売るものを、一体幾らで仕入れているのか?

気にはなっていたが場所が場所だけに踏ん切りがつかず、はや構想三年──。今回、中国在住30年・中国人より中国語が上手な友人のA氏に誘われ、一泊二日の強行軍で憧れの聖地に向かったのでありました。

上海虹橋駅から義烏までは高速鉄道(新幹線)で約二時間半。ところが運悪く高速鉄道の切符がとれず、時間もないので駅の脇で客待ち中の白タクと怒鳴り合い、いざ、300キロのドライブがスタート。

運転手曰く「電車で行くのとかわんねえよ」とのことだったが、行けども行けども農村地帯。薄々感づいてはいたが、長旅になりそうな雰囲気である。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第47回:上海オタクビルは激シブな「御宅之家」だった!

そろそろ死語になりつつある「オタク」という単語も、海外で「その筋の集合体」を探すときは便利な検索ワードである。

てなわけで、「上海+オタク」という検索で偶然知った、上海の「中野ブロードウェイ」と言われる「百米香樹(バイミーシャンシュー)」に行ってみた!

百米香樹は上海きっての繁華街「南京東路」から徒歩三分。東京に例えたら神宮前みたいな好立地に佇む、煤けきった雑居ビルである。

「変形金剛玩具」「御宅之家」など、気になるショップ名が並ぶ案内板を横目で眺め、内部に突入……。照明まで中野ブロードウェイを参考にしたのか、昼なお薄暗いビル内には、意外にも、密かに期待していたアニメ・美少女系ショップがほとんど見当たらない! あれ、間違えちゃったかな──?

続きを全部読む

IKEAでくつろぎまくる中国人がヒドイ

IKEA(イケア)と言えば、スウェーデン発祥の世界最大の家具チェーン店だ。商品は本物の部屋に置かれたようににディスプレイされ、客は自由に商品を見たり試したり、また実際に部屋に配置したときのイメージを確認することができる。

IKEAは中国・上海市に出店しており今年には2号店もオープンした。もうすっかり市民に親しまれているのかと思いきや、親しみどころかあまりにも無遠慮。ヒドイことになっている。

続きを全部読む

中国で地下鉄追突事故発生 / また信号機トラブル? 乗客「高速鉄道事故と同じだ」

中国時間9月27日15時10分、上海の地下鉄で追突事故が発生したとの発表があった。現在、乗客の救助及び、原因究明が行われているが、報道によると、上海市地下鉄で使用されている信号機のメーカーは7月に追突事故を起こした高速鉄道の路線で使われていたものと同じらしいのだ。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第45回:上海電脳マル秘ルポ 洗濯屋陳さん

中国の電脳中心といったら、ピラミッドばりのばかでかい、大雑把なビルが林立し、同じような店が果てしなく、果てしなく続く……というパターンが非常に多い。熱気はムンムン伝わってくるが、いかんせん大味である。

そんなとき、古都(?)上海に、昔ながらの侘び寂び感漂う由緒正しき電脳街があると噂に聞き、早速行って参りました。

地下鉄「宝山路」駅を中心に広がるこじんまりした電脳街。煤けた低層の建物でごちゃごちゃした電子グッズが売買されるこのエリア。あら不思議。20年前のアキバと同じ、妙な場末感が漂っているではありませんか。

続きを全部読む

まるでお城みたい!上海の超高級マンション / 高いけどほぼ完売

荘厳なつくりの扉を開けると、そこには広くオシャレな家具が並ぶリビング。吹き抜けの天井には、きらびやかに輝くシャンデリア。高層階に広がる豪華な部屋はまさに現代のお城である。

だがこれは城ではない。魔都・上海の一等地にそびえたつ絶賛分譲中のマンションだ。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第44回:血まみれ上海リニア

上海の玄関口・浦東国際空港に降り立った。

過去、ロケットニュースでも何度か取り上げたようだが、浦東空港にはドイツの技術を採用し、最高時速430キロで空港と市内を結ぶリニアモーターカーの駅があり、上海名物のひとつとなっている。

初のリニア乗車に緊張で胸いっぱいの私。片道50元のチケットを買って荷物チェックをこなし、15分ほど待たされてからプラットフォームへ走った。

さて、リニアのシートに座ったはいいが、妙な違和感を感じる……。最新技術の粋を集めた乗り物にしては、妙に煤けているのだ。

続きを全部読む

世界水泳2011のスペインチームの水着がバケモノな件

2011年7月16~31日の日程で中国・上海で開催されている2011年世界水泳選手権。日本水泳界の「キング」と称される北島康介選手の活躍に注目が集まっているのだが、スペインのシンクロナイズドスイミングのチームが、インターネット上で話題となっている。というのも、彼女たちの水着のデザインが、歯をむき出したバケモノなのである。

続きを全部読む

上海公安局、本気で「史上最萌の指名手配ポスター」を作り自首を促す / 1カ月で757人中189人が自首

上海公安局がネット上で発表した指名手配犯向け『自首啓発キャンペーン・ポスター』が、中国で「あの融通のきかない公安がこんなものを出してきた!」と話題となっている。

漫画チックなフォントに、中央にはラブリーなウサちゃん。その下には、 「送迎・衣・食・住・医療つきお得パックをゲットしよう」、「今なら、冷たいドリンクをサービスしちゃうヨ」、「ね、逃げ回る日々にサヨナラしよっ」などのことが書かれているのだ。

ネットユーザーからは「史上最萌の指名手配ポスター」と言われ話題沸騰中。この軽~いノリ。どう見てもジョークにしか見えないのだが、公安は本気である。

続きを全部読む

世界水泳2011の公式キャラクターがエライことになってるぞ

今年の7月16日から31日、上海で行われる「世界水泳2011」。大会まであと約1ヶ月。選手達も調整が進み、日本でも決勝の中継が決定されたりと、大会に向かって盛り上がりつつある。

ところで、この大会にも公式キャラクターがいるのだが、その姿がゆるキャラを通り越し、密かにちょっとエライことになっていた。

続きを全部読む

世界の機内食をご紹介する『世界の機内食』シリーズ。今回は、上海浦東空港から成田空港まで飛行している全日空(ANA)エコノミークラスの機内食をご紹介します。

料理の内容は、スナック、鮭の味噌漬け、煮物(大根・ニンジン・鶏団子入り巾着・インゲン)、レンコンとゴボウのきんぴら、日本蕎麦、鴨肉の燻製、ポテトサラダ、プチトマト、エビにオレンジ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5