「上海」にまつわる記事

【世界のホテル】中国の闇アヘンを支配! 伝説の上海ゴッドファーザー「杜月笙(と・げつしょう)」の倉庫に泊まってみた / 1泊1260円~

旅先のホテルはただ寝るだけの場所じゃない! 宿泊自体がひとつのイベント、旅の大きな楽しみと言えるだろう。

旅のスパイスになりそうな一風変わった宿泊施設を紹介したい。それは、元上海マフィアの倉庫だ。上海が「魔都」と呼ばれた1930年前後、アヘンの闇取引で巨万の富を得、上海を裏で操った伝説のギャングスター「杜月笙(と・げつしょう)」の倉庫である。

続きを全部読む

【世界の機内食】上海浦東国際空港~成田空港(全日空 ANA ビジネスクラス)

世界の機内食をご紹介する『世界の機内食』シリーズ。今回は、中国・上海の浦東国際空港から成田空港まで飛行している全日空(ANA)の機内食を、画像とともにご紹介したい。

ANAの上海線の機内食は過去にも紹介しているが、今回ご紹介したいのは「ビジネスクラス」。元々、エコノミークラスに搭乗予定だったのが、いざ空港に行くとビジネスクラスにグレードアップされていたのだ。ほわっ!?

続きを全部読む

【コラム】話題の “正しい毛布の使い方” を11年前からやってるけどマジで暖かいから試してほしい / 2月まで掛け布団1枚で過ごせる「毛布は体の下」

いま、インターネット上で「正しい毛布の使い方」が話題となっている。それは、毛布は体の上にかけるものではない。最強の使い方は体の下に敷くというものだ。

告白したい。私はアレを11年前からやっている。話題になってから明かすとは、後だしジャンケンぴょんで恥ずかしい限りだが、捻じ曲げようのない真実なので言わせてほしい。「毛布を下に敷けば2月くらいまでは掛け布団1枚でイケる」。神に誓ってマジだ。

続きを全部読む

2015年に開園という「上海ディズニーリゾート」に行ってみた

アジアのディズニーパークと言えば、東京、香港、そして2015年末には上海にディズニーパークが誕生予定である。

2015年と言えば、もう1年後の話ではないか! ……ということは、現地ではすでにディズニーパークの様相を呈して来てるんじゃないの? お城とか建っちゃってるんじゃないの?? 気になったので行ってみた!

続きを全部読む

中国で『ラブライブ!』の痛列車登場 → 感激し土下座するファンが続出し物議を醸す / 学者「上の世代は菩薩を、若者はアニキャラを拝む。問題はない」

もはや「アニメ」は代表的な日本文化のひとつ。海外にも、ほぼリアルタイムで伝わり、同じように流行している。そんなアニメの中で、いま最もアツいのが『ラブライブ!』だ。

その人気を受け、最近、中国で『ラブライブ!』のラッピング列車が登場した。夢の痛列車に、現地ファン(以下ラブライバー)が歓喜! ……までは良かったのだが、感激のあまりその列車に向かって土下座するファンが続出し、物議を醸しているのである。

続きを全部読む

犯罪史上最も緊張感のない銀行強盗が激撮されたと話題 / 銀行員も思わずニヤニヤ

「強盗」とは脅迫や暴力を加え、相手の金品を奪う犯罪行為である。となれば、脅迫するために武装しているはずだ。もし出くわしてしまったら、刺激しないように対応するのが賢明だろう。

2014年2月20日、中国上海市の銀行に一人の男が現れた。男は窓口に近づいてこう言った「強盗だ」。男の手には大きな中華包丁を握られている。中華包丁といえば、四角い刃で肉でも骨でも何でもブっ叩き切ってしまうゴッツイ包丁なのだが……この強盗が「史上最弱すぎる」と話題になっているのだ。

続きを全部読む

【本気で閲覧注意】ロシア人が中国上海の超高層ビルに素手で登頂 / この世のものとは思えない恐ろしい景色が激撮され話題

いまから紹介する動画は、高所恐怖症の人は見ない方がいいかもしれない。そう言わずにはいられないほど恐ろしい動画がYouTubeに投稿され話題となっている。

この動画「Shanghai Tower (650 meters)」では、ロシア人男性が完成したら世界第2位の高さになる中国上海のビルの頂上まで登るというもの。それも命綱もつけずに!! それだけでも驚きなのだが、上空から見下ろした上海の姿がもう同じ世界の風景には見えず、恐ろしさ倍増なのだ。

続きを全部読む

アジアのファッション最先端の街は「中国上海」であることが判明! 世界ランク10位獲得 / 東京は11位で韓国ソウルは最下位の55位

みなさんは「世界のファッションの都」と聞くと、どこを思い浮かべるだろうか? 多くの人が、高級ブランドのコレクションで有名な「フランス・パリ」や「イタリア・ミラノ」を思い出すのではないだろうか?

では、「“アジアのファッションの都” と言えばやっぱり東京?」と、思いきや……ある調査によるとアジアで最もファッショナブルな街は中国の上海であるという。なんと!

続きを全部読む

【グルメ】中国にはハーゲンダッツアイスの鍋がある / ハーゲンダッツ火鍋

高級アイスの代名詞と言えば、何と言っても「ハーゲンダッツ」だ。そのまま食べてもアレンジしても最高だが、食に対し異常なまでの貪欲さを持つ中国ではハーゲンダッツ火鍋というものが存在するらしい。

「火鍋」っちゅーと、グツグツ煮えたぎる中華圏の鍋料理のことでっか!?  つめた~いアイスの火鍋って、どういうことやねん!? ということで、早速食べてみた!

続きを全部読む

【世界の機内食】成田空港~上海 浦東国際空港(全日空 ANA)

世界の機内食をご紹介する『世界の機内食』シリーズ。今回は、成田空港から中国上海の浦東国際空港まで飛行している全日空(ANA)のエコノミークラスの機内食をご紹介したい。

続きを全部読む

【速報】PM2.5汚染が深刻な中国上海が完全に世紀末 / 晴れの日の昼間だとは思えない

深刻な大気汚染問題を抱える中国。2013年12月26日、上海市でPM2.5の濃度がかなり高まった。

現地晴れの日の昼間だというのに、オレンジ色の靄(もや)がかかり、まるで夕方!! セピア色のフィルタをかけたかのような、魔都っぷりを発揮しているのだ。

続きを全部読む

深刻な大気汚染の中国で15キロの空気清浄機を背負って買い物する女性が激写される / 女性「あたしゃ命が惜しいよ!」

深刻な大気汚染が問題視されている中国。先日、上海市が公表している大気汚染指数が6段階中最悪の「深刻な汚染」レベルに達し、内外に不安が広がっている。

市民はマスクなどで自衛しているようだが、いま、ある女性の「大気汚染対策」が話題になっている。それは、外出するときに空気清浄機を背負っていくというもの! 15キロもの空気清浄機をランドセルのように背負い、買い物をする女性の姿が激写されたのである。

続きを全部読む

【まんが】中国に行って「理解できん!」と思った5つのこと

ビックリ大国、それが中国。インドも同じくビックリ大国であり、「インド人もビックリ」という言葉もあるが、中国のビックリ加減も負けてはいない。慣れれば大したことはないのだが、初心者ならば1時間おきに「理解できん!」とビックリだ!

ということで今回ご紹介したいのは、中国に行って「理解できん!」と思った5つのことをマンガにした作品である。

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】上海の地下鉄で「ドン・フライ vs 高山善廣」みたいなパンチ連打のケンカが始まる

リングではなく日常生活で突然に、見知らぬ者同士がブン殴り合いをしているケンカを見たことがあるだろうか。自分がケンカしているわけではないのだが、見ているだけでも緊張感は一気に高まる。あまり出会いたくはない場面である。

そんな緊張感高まる他人のケンカが、いきなり地下鉄の車内でおっ始まったらメチャ怖い。そう、たとえば今回ご紹介する動画「Glorious fight on Shanghai Metro Line 2」のように!

続きを全部読む

【視聴注意】動物園で行われた「熊VS猿」の自転車レースが残酷な結果をもたらす

ある動画が世界に衝撃を与えている。「A Bear and a Monkey Race on Bicycles」というタイトルのその動画には、中国・上海野生動物園で行われたと思われる「野生動物オリンピック」の様子が映し出されている。

まず動画冒頭には、自転車に乗せられた熊と猿2匹が登場する。そして動物たちはスピードを競うかのように目の前のトラックを回り始め、大観衆から歓声と笑いを誘った。だが動物たちがトラック1周目を終え、2周目を走り始めた時、事件が起こった。

続きを全部読む

いまや、中国と言えば「模倣」や「パクリ大国」というイメージが強い。アニメ作品もそのひとつ、中国オリジナルアニメと言われてもピンと来ないのではないだろうか。だが、1960年代、かつての中国は今見ても感動するほどのハイクオリティなオリジナルアニメを作っていた。

日本との国交回復前の1961年に上海美術映画製作所が発表した水墨画アニメ『小蝌蚪找媽媽』(オタマジャクシ、お母さんを探しにいく)だ。

続きを全部読む

【裏事情】海外の日本人専門の客引きに話を聞いてみた「給料は歩合制」「実はあんまり儲からない」

「カバン、トケイ、ミテミテ」、「オンナ、オッパイオオキイ、ヤスイヨ」海外を旅行したことがある人は、一度や二度、現地でこんな客引きを見たことがあるのではないか?

あれについていくとどうなるのだろう。あの人達は何者なのだろう。謎に思っていたのだが、中国で日本人専門の客引きをやっていた人物から裏事情を聞くことができた。

・ディズニー大好きなチンピラ・王くん
王くん(仮)と出会ったのは上海のとあるホテルのロビーである。記者(私)らが泊まっていたホテルには複数のチンピラが住んでいた。同じ宿に泊まっている者同士、何となく顔は知っていたのだが、彼はこちらが日本人だとわかると、旅行で行った東京ディズニーランドにいたく感動したという話をしてきた。彼の職業は元・日本人専門の客引き。せっかくなのでいろいろ聞いてみた。

続きを全部読む

SNH48版『16人姉妹の歌』のMVが超カワイイ! ただし宮澤と鈴木は不在

2013年1月に始動した中国上海を拠点とするアイドルグループSNH48。人気楽曲『ヘビーローテーション』の中国語版ミュージックビデオも発表、日本や中国で「本家AKBより可愛いのではないか」と話題となった。

そして、先日、ついに第二弾『16姉妹の歌』が発表されたぞ。この曲はメンバーの自己紹介ソング。彼女らの名前とキャラがよーくわかる。……のだが、ん? この曲には、AKBから移籍した宮澤佐江ちゃんと鈴木まりやちゃんがいないのである。

続きを全部読む

SNH48の劇場周辺がカオスっぽい下町でビビった / 付近を知る人「女子がうろうろするような場所ではない」

すでに「本家より可愛いかも!」と評判の中国版AKB・SNH48! 2013年1月12日にはお披露目公演、春には専用劇場での公演が始まる。

AKBから移籍した宮澤佐江ちゃんと鈴木まりやちゃんは、お披露目公演はビザの関係で出演しないそうだが、今後、彼女達が立つことになる劇場は一体どんな場所なのだろう? 公式サイトにある住所を頼りに一足早く劇場を確認しに行ったぞ! 

……って何やここ!? 予想以上に小汚い! なんだかカオスっぽさをにじませているのだが……こんなところで本当に大丈夫!?

続きを全部読む

中国版AKB・SNH48の「ヘビーローテーション」がめちゃ可愛いと話題に / 日中ネットユーザー「本家よりイイ!」

AKB48の代表曲「ヘビーローテーション」。キュートなミュージックビデオ、そしてわかりやすい歌詞から海外のAKBファンにも大人気だ。

中国・上海を拠点とする姉妹グループSNH48のデビュー曲にもこの「ヘビーローテーション」が選ばれた。先日、SNH版ヘビロテのメイキング映像が公開されたのだが、これがめちゃめちゃ可愛い! 日中両国で「AKBを超えたのでは?」と話題になっている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5