「ワークマン」にまつわる記事

ワークマンの980円「ルームブーツ」は寒くなる前に買うべし! 寒くなった頃には完売して買えないだろう

ワークマンで秋冬の新商品「ルームブーツ(980円)」を購入した。軽くて持ち運びが楽チン、キャンプはもちろん、職場やテレワークのお供としても使えそうなアイテムだ。おそらく本格的に寒くなる頃には売り切れているだろう。先に結論を言ってしまうと……

見つけたら迷わず買ってOKである。ただ安いだけでなく機能的で高品質。でもって、アウトドア系ブランド「フィールドコア」の商品だからデザインもアウトドア寄り。かなりオススメなので完売前に詳しく紹介しておきたい!

続きを全部読む

【突撃】ワークマン東京本部で「アウトドア初心者にガチでおすすめのアイテム」を教えてもらった / 12商品すべて2000円以下!

ワークマンといえば、過酷な使用環境に耐えるプロ品質なアイテムを、安心の低価格で販売しているのが特徴だ。最近ではそんな “高機能かつコスパ抜群” なアウトドア用品が人気。ただアウトドア専門店ではないため、何を買えばいいか分からないと悩んでいる方もいるだろう。

というわけで今回は、ワークマン東京本部に乗り込み……現場で使える “ガチでおすすめの商品” を教えてもらってきたぞ。アウトドアに興味のある方は、まずこのあたりのアイテムから購入を検討してみてはいかがだろうか。ちなみに全商品2000円以下であるっ!

続きを全部読む

【499円】ワークマン「LEDコンパクトワークライト」は自由自在に設置できて最高に便利! 防災グッズとしても使えるアウトドア用品に注目すべし!

約1ヶ月前に「大規模停電」を経験してから、災害時にも役立つアウトドア用品を探している。いざという時にだけ使うアイテムではなく、キャンプなどで使い慣れたアイテムを非常時にも使うイメージ。電気やガスが使えなくなった時に説明書を読むのは大変だからな。

そんなわけで今回購入したのは、ワークマンの人気商品『LEDコンパクトワークライト(499円)』だ。このワンコインLEDライト……なかなか良さそうだぞ。さっそく使ってみたので、機能等を詳しく紹介したい!

続きを全部読む

【防水】ワークマンのアウトドア用「フロストハイク」が大人気!  靴底はゴツゴツいかついのに中敷は抗菌防臭というギャップがヤバい!

ワークマンから発売されたアウトドアシューズが大人気である。2021年7月下旬に登場した「アーバンハイク」は軽くて動きやすい上に見た目もカッコイイ……と以前の記事で紹介したばかりだが、8月下旬には「フロストハイク」なる防水シューズが登場。

こちらアーバンハイク同様、デザインにも機能にも優れたワークマン渾身の一作らしく……雨天時のアウトドアレジャーで活躍すること間違いナシだという。で、実際に履いてみた感想は「雨でも雪でもバッチこい!」な有能シューズであった。詳しく紹介しよう。

続きを全部読む

【ワークマン女子】撥水プリーツスカートが安い・可愛い・便利の3拍子揃った優秀アイテム! 持ち歩きに便利なポケッタブル

ワークマン女子──。

ワークマンには「カコクな365日(にちじょう)を、ステキに変える。」をコンセプトに展開されている、多機能ながらも普段使いしやすい女性向けのラインナップがあるのだそうだ。

とは言えワークマンは作業着ブランド。さすがに女性が普段使いするようなアイテムを作るのは難しいんじゃないのか? そう思っていたら、「これは!」と思うようなアイテムを発見した。

その名も『撥水(はっすい)ライトプリーツスカート』。ちょっと感動しちゃうぐらいの優秀アイテムだったぞ!

続きを全部読む

カインズホーム「980円アームチェア」はワークマン完売チェアとほぼ同じ! 諦めていた方はカインズへ行け!

ワークマンのアウトドア用品が人気過ぎて全然買えねぇええええええ! と嘆いている方は少なくないだろう。そんな方は、ワークマンと同じベイシアグループの「カインズホーム」をチェックしてみてはいかがだろうか。狙っていたグッズが買えるかもしれないぞ。

というのも先日、カインズホームのアウトドア用品コーナーをうろうろしていたら、約1年前にワークマンで購入した「アウトドアチェア(限定品)」とほぼ同じものが売っていたのだ。しかも同じ値段(980円)で。気になったので買ってみることにした。

続きを全部読む

【実店舗のみ】ワークマンの「難燃アウトドアエプロン」がコスパ最強だと人気! 圧倒的タフさで焚き火や料理はもちろん普段使いやガーデニングにも!

先日、ワークマンのアウトドア用品コーナーにて「アウトドアエプロン」を見つけた。どうやらオンラインストアでは販売していない人気商品で、実店舗でも入手困難なのだとか。たまたま発見してラッキー……ということで買ってみた。価格は2300円である。

2300円。これまで購入したアルミテーブル(980円)やコンパクトローチェア(1500円)、アクティブハイクシューズ(1900円)などと比べると、やや価格のインパクトに欠ける気が。いや、むしろ本気のこだわりが詰まったエプロンなのかも。さっそく持ち帰って……

続きを全部読む

ワークマンの「980円ボストンバッグ」に日帰りキャンプ道具を詰め込んでみた / スポーツの遠征や旅行でも活躍しそうな予感!

ワークマンで980円のボストンバッグを発見した。容量は約36リットル、スポーツの遠征やレジャーで活躍できそうな大きさだ。ちなみに以前紹介した「アルミテーブル」や「コンパクトローチェア」は入荷直後に売り切れてしまうほど人気だったが、ボストンバッグは……

オンラインストアでも在庫に余裕があるもよう(2021年8月19日時点)。インパクトのある「タフ旅リュック(40リットル)」と比べてしまうと存在感が薄いものの、クチコミ評価は上々。これはもしかすると知る人ぞ知る優良商品なのでは……てことで買ってみた。

続きを全部読む

ワークマンのアウトドア用「アーバンハイクシューズ(1900円)」が軽くて動きやすいうえに高撥水加工で見た目もカッコイイ…って神なの?

作業用のセーフティシューズや安全靴を得意とするワークマンは、2020年からアウトドア用シューズを販売している。しかも年間販売50万足の大ヒットらしい。聞くところによると、安くて使い勝手が良いのが特徴なのだとか……またかワークマン、お前いつも安くて機能的だな。

そんなワークマンから、2021年7月下旬に新作アウトドアシューズ「アーバンハイクシューズ(1900円)」が登場。ハイクシューズとは、ざっくり言えばハイキング用。山歩きもできるウォーキングシューズという位置付けだろうか。とにかく、こいつがまた大人気なのだ。

続きを全部読む

【機能性抜群】ワークマンの「タフ旅リュック」がかなり本格的! キャンプや登山、防災用としても使えるぞ!

ワークマンで本格的なトラベルリュックを購入した。正式名称は『ジョイントバックパックハイカーズエディション』で、世界一周もできる “タフ旅リュック” らしい。にしても、ワークマンで旅行用品を買う日が来るとは……いよいよ「ワーク」の要素が無くなってきたな。

で、先に伝えておきたいのが、このリュック……死ぬほど人気だ。なんせ、4900円でアウトドアメーカーも引くレベルのクオリティ。さすが価格と機能のバランスが鬼と呼ばれるワークマンブランドである。以下で詳しく紹介していこう。

続きを全部読む

【検証】ワークマンのレインウェアをガチバイク乗りが検証してみた結果… / まさかの部分がずぶ濡れに!

もはや作業着メーカーの枠には収まらない多様な商品展開を見せてくれるワークマン。そんなワークマンからライダー向けの商品が多数販売されていることをご存じだろうか?

今回はライダー向け商品の中よりレインウェアの機能を、ガチバイク乗りである筆者がたっぷりと検証してみたぞ。

続きを全部読む

【980円】ワークマンで大人気メスティンをゲットォォ! 簡単キャンプ飯「ツナと塩昆布の炊き込みご飯」を作ったら最高においしかった!

ワークマンで980円の「メスティン」を購入した。メスティンとは、スウェーデン発祥の万能クッカー。ご飯を炊くのはもちろん、煮る、蒸す、焼くなど様々な調理ができる優れモノだ。しかも数量限定で「メッシュトレー」と「簡易コンロ」付き。って、最高かよォォ。

先日ゲットした「アルミテーブル」も「コンパクトローチェア」も即戦力として期待できる。おそらくメスティンも……! というわけで今回は、開封がてら簡単キャンプ飯『ツナと塩昆布の炊き込みご飯』を作ってみることにした。

続きを全部読む

【ワークマン】入手困難「コンパクトローチェア」が再入荷していた! アルミテーブルとの相性も抜群で最高ォォ!

ワークマンで取り扱っているキャンプギアの中で、最も入手困難と言われているのが……1500円の『コンパクトローチェア』だ。今年の春先に発売されるや否や「持ち運びが楽チンで座り心地も良い」と話題沸騰。言うまでもなく、光の速さで完売してしまった。クソォォ!

そんな “幻” とも言える商品が、タイミング良く最寄りの店舗に再入荷していたので……買った。当然買った。もしかしたら「夏前の今がチャンスかもしれないぞ」ってことで、実際に使ってみた感想等をお伝えしたい。

続きを全部読む

ワークマンの1900円のスニーカーが神だった / もうスニーカーは一生ワークマンでいい

コロナ禍の影響か、それとも単に自堕落な生活が祟ったか、あるいはその両方か……。久しぶりに体重計に乗ったら、最後に量った時より20キロも体重が増えていた筆者。知らぬうちにメタボ街道を爆走していたらしい。

これは運動をせねばということで、毎日走ることにしたわけだが、走るための靴も服も持っていない。まあ、服は適当に安いシャツと短パンで良いだろう。では靴はどうか? そう思って近所のショッピングモールを徘徊していると、ワークマンにて1900円のスニーカーを発見。

続きを全部読む

通称「着る網戸」 ワークマンの顔を完全ガードできるジャンパーが斬新! 今夏のアウトドアにもってこいだ!!

どうしてこうなった!? そんな驚きを与えてくれるのがワークマンの商品だ。作業服屋だった起源を忘れることなく、服の機能を高め続け、シーズンごとに斬新な商品を出し続けている。しかも、年ごとに商品をバージョンアップしているところも素晴らしい。

そんなワークマンがこの夏、屋外で活躍しそうなアウターを発売していた。「エアロガードストレッチ 長袖ジャンパー」は虫よけに特化しており、顔面を覆いつくすことができてしまう! 360度顔を隠すとは、さすがワークマン!! 普通のアパレルでは考えつかない発想だ!

続きを全部読む

ワークマンの折り畳み傘「ワンタッチコンパクトアンブレラ(980円)」はシンプルかつ高機能でコスパ優秀! 普段使いにガチでおすすめ!

いよいよ本格的に梅雨入り……傘の出番である。今シーズン、フル回転の活躍を期待しているのは「折り畳み傘ときどきポンチョ」ではなく、ワークマンで購入した980円の『ワンタッチコンパクトアンブレラ』だ。きっと期待以上の活躍をしてくれるだろう。

ワークマンといえば、最近アウトドア用品のラインアップも充実していて、人気商品は一瞬で完売する。ま、今回購入した折りたたみ傘は、即完売レベルの商品ではないが、いわゆるザ・ワークマン的なコスパに優れた高機能アイテムに違いない。実際に使ってみたぞ。

続きを全部読む

【大人気】ワークマンのキャンプギア「アルミテーブル(980円)」がソロキャンプで大活躍する予感! とりあえずオフィスで使ってみた

ワークマンの「キャンプ用品」はスグに売り切れる。なぜなら他メーカーで人気の商品と “ほぼ同じアイテム” を、ワークマンが品質を維持しながら圧倒的低価格で販売するからだ。ワークウェア同様、機能的で安いのが特徴……一瞬で完売するのも納得である。

しかも最近、アウトドア用品のラインアップが充実しているという。ま、そんな話を聞いたところで、どうせ買えないんだよな〜と思いながら、最寄りの店舗へ行ってみたところ……大人気の「アルミテーブル」がフツーに売っていた。ってマジかよ。もちろん買った。

続きを全部読む

【2021年版】ワークマンの進化した多機能ショートパンツ「着るカバン」がすごい! トンデモない機能をつけて来やがった!!

先にお伝えしておきたい。この商品「コーデュラユーティリティ ショートパンツ 税込2900円」(通称:着るカバン)に興味をもって本稿を読もうとしている人は、すぐにお店に走って欲しい。なぜならこの商品は、オンラインで取り扱かっておらず、店舗のみの販売になっている。その店舗在庫もなくなりつつあるのだ。気になるなら早くお店へ!

この商品は昨年発売した「着るカバン」の2021年モデルだ。収納の多さが売りだった着るカバン、今年のモデルはさらに進化している! 8つのポケットと14個のマルチループを備えているだけでなく、「そう来たか!」と思わず叫んでしまいそうな、ビックリ機能を採用していた。なんだこのショートパンツはーーーッ!!

続きを全部読む

【仮説】工具専門店「ファクトリーギア」と作業服専門店「ワークマン」が組んだら無敵になるんじゃないのか?

ホームセンターに行くと、用もないのに工具コーナーで長時間、商品を物色してしまう男。それが私(佐藤)だ。車を持っている訳でもなく、バイクは免許すら持っていない。リフォームやガーデニングもしないのに工具が好き。そんな工具好きに夢のお店を紹介したい。

「ファクトリーギア」は高級ツールを扱う工具専門店だ。2021年5月1日、国内最大規模のお店を東京・天王洲アイルにオープンした。ここへ来て、私は思った。ファクトリーギアとワークマンが組めば無敵じゃないのか? と……

続きを全部読む

【衝撃】洋服の青山、トンでもないものに変身するジャケットを作ってしまう! しかし致命的な弱点が……

このコロナ禍で、ファッション業界は大打撃を受けている。特に紳士服専門店はテレワークの普及によって、スーツ販売に影響が出ていることだろう。そこで各社は新しい路線の商品開発を進めている。例えば「スーツのAOKI」は気軽に着られて日常使いもできる「パジャマスーツ」の販売に成功し、高い評価を得ている。

最近、ライバルの「洋服の青山」もまた新しい機能を持った商品の販売を開始した。それがマジで驚くべきものだった! ジャケットが○○○に変身する業界初の超画期的な一品だ。でも、致命的な弱点が……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3