「ワークマン」にまつわる記事

【大人気】ワークマンのすべらないシューズ「ファイングリップアーバン(1900円)」は厨房靴を応用していた / 約10倍の価格のシューズと激似で超スタイリッシュ

ワークマンで「滑りに強いビジネスでも履ける一足」なるシューズを1900円で購入した。簡単にいえば、ツルツルの路面でも安定して歩ける靴なのだが、どこかで見たことのあるようなキレイ目なデザインも相まって「毎日履きたくなる」と評判の大人気商品だという。

オンラインショップでも売っていて、ユーザーからの評価は4.4と上々。レビューをまとめると「雨の日でも歩きやすい」「どんな服にも合わせやすい」とのこと。さっそく履いてみたり、シューズを画像検索したりしてみたのだが……衝撃の連続だったので報告したい。

続きを全部読む

【即完売】ワークマン「フュージョンダウンシュラフ」を手に入れる方法と使い心地を大公開! 高機能ダウンがそのまま寝袋になったコスパ最高キャンプ用品!

ワークマンのキャンプ用品の中で最も手に入りにくい商品の1つが、軽くて暖かくてストレッチ性抜群のフュージョンダウンをそのまま寝袋に採用した「フュージョンダウンシュラフ」である。2022年春に登場して爆発的にヒットした神アイテムなのだが……

人気がありすぎて全然買うことができないため、ほとんど幻のような存在だった。しかしこの度、どうにかWEB限定で登場した2022年秋冬バージョンの『フュージョンダウン + シュラフ』をゲットできたので……人気商品を購入する方法と使い心地を説明したい

続きを全部読む

【1500円】ワークマンのほぼ全社員が愛用している「トレッドモック」が優秀すぎる / 暖かくて脱ぎ履きが楽ちんで撥水加工付き!

先日、近所のワークマンに足を運んだら、秋冬の人気商品「Heya ルームブーツ」がもう並んでいた。機能的で高品質なルームブーツは寒くなる前にゲットしたいところ。しかし、私が狙っているのは別の商品。なんでもワークマン社員ほぼ全員が愛用しているという……

1500円の「トレッドモックECO」を買うためにやってきたのだ。同じく秋冬のベストセラーシューズなので、早めに手に入れるのがおすすめ。というわけで今回は、ワークマンが自信を持って50万足を生産した大注目シューズを詳しく紹介したい!

続きを全部読む

【1500円】ワークマンの「コンパクトウォッシュバッグ」が超便利! 洗濯もシャワーもできるから旅行やキャンプ、災害時にも役立つぞ!

ワークマンで「コンパクトウォッシュバッグ(1500円)」を買った。手軽に持ち歩ける洗濯用バッグで「簡易シャワー」としても使える優れモノなのだとか。Amazonで買った「小型洗濯機」がいまいち使えなかったため、ワークマンの人気商品に手を出した次第である。

んで、実際に使ってみた感想は……さすがワークマン。めちゃめちゃ使えるぞ。山登りやキャンプなど「着替えの量は減らしたいけど下着や靴下は清潔に保ちたい」という方は今すぐゲットすべし。もちろん旅行や出張にも使えそうだ。詳しく紹介しよう。

続きを全部読む

ワークマンの部屋着がデザインも着心地も最高! 驚くほど滑らかでしなやかな「ワークオフウェア(上下セット1900円)」は朝から晩まで着ていられる!

ワークマンで究極のリラックスウェアを見つけた。最強ビジネスホテル・ドーミーインの館内着と張り合えるレベルの着心地で、デザインと価格を考慮したらワークマンに軍配が上がるのでは……コスパの高い部屋着を探している方は要チェックである。

商品名は「WORK OFF WEAR(ワークオフウェア)Holidays & Relaxing time」。名前のとおり、ハードな仕事で酷使したカラダを休日に癒してくれる商品だったぞ。価格は上下セット(フーディとパンツ)で1900円。以下で詳しく紹介しよう!

続きを全部読む

【神コスパ】ワークマン「竹の靴下(3足580円)」が地味だけどタフで超使える! 使い捨てるつもりで買ったのにレギュラーに昇格する履き心地!

つい先日、ワークマンで「和紙」と書いてある靴下を見つけたが、今度は「竹」である。靴下コーナーで「竹の靴下」を発見した。3足セットで580円……和紙(980円)よりも安い。てか、靴下3足で580円はかなり安い部類に入るのではなかろうか。

そもそも竹の靴下ってなんだよ……と思って調べたところ、竹は熱伝導率が高く、吸水性、放湿性に優れているらしい。ひんやり感があるので夏に向いているそうだ。ちなみにサイズは「24.5〜27センチ」。もしかしたらいいかもってことで買ってみたぞ!

続きを全部読む

ワークマンのゴルフウェア新作「耐久撥水ライトピステ(1900円)」がガチで使える / ゴルフはもちろん農作業やランニングにもおすすめ!

ワークマンのゴルフウェアが大好評だ。前回紹介した「耐久撥水ライトゴルフパンツ」は発売開始から1週間で2万枚を売り上げてほぼ完売状態。2022年7月から始まった第2弾ではパンツの新色が登場し……さらに新商品「耐久撥水ライトピステ」が仲間入りしたという。

ピステといえば、高い耐風性と撥水性で悪天候時の強い味方。ワークマンのピステは風雨に強いだけでなく、ストレッチ素材で動きやすく、紫外線もガードしてくれるそうだ。それでいて価格は安定の1900円……これは完売前にゲットするしかねえってことで買っちゃいました!

続きを全部読む

【コスパ最高】ワークマンの「和紙糸を使用した靴下(3足980円)」がサラサラ感抜群で超快適! 普段使いはもちろん夏ランニングにも使えるぞ!

先日、ワークマンで「和紙」と書いてある靴下を見つけた。なんでもつま先やかかと部分に “和紙の糸” を使用している靴下で、汗をかいてもベトつかず、和紙繊維独特のサラッとした履き心地が特徴らしい。しかも3足セットで980円。安い。夏にいいかも……

ってことで、5本指タイプのショートソックスを購入。さっそく履いてみたところ、想像をはるかに超えるサラサラ感! 普段使いはもちろん夏のスポーツにもバリバリ使えそう。かなりおすすめなので詳しく紹介したい。

続きを全部読む

【毎年完売】履いてわかったワークマン「ライトスリッポン(1500円)」が人気の理由 / 間違いなくコスパ最強!

見た目はスニーカー、履きやすさはサンダル……ワークマンの「ライトスリッポン」が大人気である。価格は文句なしの1500円。フェスやキャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、旅先でのリラックスシューズとしても使えるコスパ最強シューズらしい。

オンラインショップのクチコミを確認しても「スッポリと履ける気軽さがグッド」「撥水加工がしてあるから突然の雨でも安心」「軽くて丈夫」「もう一足欲しい」など絶賛の嵐。そこまで言うなら……ということで、近所のワークマンで実際に買ってみることにした。

続きを全部読む

【980円】ワークマンの「エアロフィールドサンダル」の羽根のような履き心地はクセになる / 夏前に売り切れると予想!

ワークマンの水陸両用シューズ「フィールドサンダル」は、つま先が保護されていてクッション性もあるから川遊びなどのアウトドアシーンで便利……だが、もうちょい脱ぎ履きしやすいサンダルが好みだったら「エアロフィールドサンダル」の方がおすすめ。

近所に買い物に行ったりベランダに出たりするくらいなら、エアロフィールドサンダルの方が使いやすい。見た目どおりのソフトな履き心地で価格は980円。一足あったら便利かも……ってことで、最寄りの店舗でLLサイズ(26.5〜27センチ)を購入しちゃいました。

続きを全部読む

ワークマンで買った「1500円のレジャーシート」が超丈夫で海でも山でも活躍する予感! 汚れや水に強い「パラフィン帆布フィールドシート」

ワークマンのアウトドア用品コーナーで「1500円のレジャーシート」を見つけた。ペラペラのやつではなく、帆布(はんぷ)にロウソクなどの原料に使われるパラフィンを染み込ませたタフなシートだ。汚れや水に強いからキャンプや海水浴等で役立つらしい。

商品名は「パラフィン帆布フィールドシート」。数カ月前に登場したものの、かなりの人気でずっと売り切れていたという。たしかに見かけなかった……もしかすると夏前に再入荷したのかも。だったら今がチャンスってことで買ってみたぞ。特徴は以下のとおりだっ!

続きを全部読む

【コスパ最高】ワークマンの「ゴルフウェア」を使ってみた / 開発に4年かかった高機能なポロシャツ・パンツ・手袋を買って3860円!

ワークマンが「ゴルフウェア」に本格参入したようだ。もともとハードな使用環境を想定した機能性ウェアは、アウトドアやゴルフ等に使えると聞いていたものの……まさか本腰を入れてくるとは。聞けば、屋外作業服のノウハウを活用して担当者が本気で開発したらしい。

すでに販売中とのことだったので近所の店舗に行ってみると……ゴルフ向けパンツやグローブなどがズラリ。ってマジかよワークマン! とりあえず今回は、ポロシャツ、パンツ、手袋を購入。それぞれ商品の特徴を詳しく紹介したい。アマチュアゴルファーは必見である!

続きを全部読む

【コスパ最高】ワークマンの全天候型シューズ「フィールドサンダル(1900円)」がガチで使える / 売り切れ続出も納得のタフで爽やかな履き心地!

本格的に暑くなるこれからの季節に人気爆発するワークマンの商品がある……その名も「フィールドサンダル」だ。めっちゃ簡単に言ったら、スニーカー感覚で履ける “水陸両用シューズ” で、価格は安定の1900円。そんなもん人気が出ないわけがない。

ってことで、さっそく最寄りの店舗で「メープルカラー」のLLサイズ(26.5〜27センチ)を購入した。今回は、ユーザー満足度がかなり高い大人気シューズの魅力を詳しくお伝えしよう。アウトドアにも普段使いにも活躍間違いなしのコスパ最高サンダルだったぞ!

続きを全部読む

【1500円】ワークマンの「普通に見えてスゴい半袖ワークシャツ」がコスパ最高 / 美シルエットで軽やかでなめらか! 汚れにもニオイにも強くて型崩れもしにくい!

つい先日、近所のワークマンで「普通に見えてスゴイんです」と書いてある普通の半袖シャツを見かけた。商品名は『SOLOTEX使用 15ファンクション半袖ワークシャツ』で、価格は1500円。なんでも「ソロテックス」なる高機能素材を使用した話題のシャツだという。

店頭で軽く触ってみると、かなり柔らかくてしなやかな肌触り……さらにストレッチ性もあって着心地が良さそうってことで買ってみたぞ。んで先に結論を言ってしまうと、このシャツはかなり有能である。オン・オフ問わず着用できるコスパ最高シャツを詳しく紹介したいっ!

続きを全部読む

【コスパ最高】ワークマンから超本格的ランニングシューズ(2900円)が登場! スポーツブランドの上位品と同じレベルの反発力で価格は約10分の1ってマジかよ

ワークマンの春夏新製品発表会では、ソロキャンプ用のテント寝袋などが注目を集めたが、実を言うと “陰の主役” は「アスレシューズ ハイバウンス オーバードライブ」だった。ワークマンが本気を出して……なんとランニングシューズを開発したのである。

現場スタッフの方も「4月の発売を楽しみにしていてください」と自信満々。特徴をざっくり言うと、スポーツブランドの上位品と同じレベルの機能ながら、競合が追随できない激安価格(2900円)ってこと。ついに発売されたので、さっそく買ってみたぞ。

続きを全部読む

【最強】ワークマンの「耐熱アルミテーブル(980円)」が軽量コンパクトで最高に使える! 三つ折り仕様で組み立てがめっっっちゃ簡単!!

ワークマンの数あるキャンプ用品の中で、とくに人気があるのがテーブルだ。サイズが色々選べるうえに、どれも組み立てやすいのが特徴。さらに軽くて耐久性もあると評判である。なかでもユーザー評価が高いのが……耐熱加工を施したアルミテーブルなのだとか。

たとえば最も小さい「耐熱アルミテーブル(980円)」は “三つ折り仕様でめっちゃコンパクトに持ち運べる” って理由で人気大爆発。ソロキャンプやツーリングキャンプ、釣りやお花見のセカンドテーブルとして活用できるらしい……かなり良さそうな気がしたので買ってみた。

続きを全部読む

【299円】ワークマンの高級ホテル風「フェイスタオル」が最高すぎた / 製造元はAmazonでも大人気の伊澤タオル!

先日、ワークマンで “らしくないフェイスタオル” を見かけた。いわゆる「作業着屋のタオル」というよりも「ホテル仕様の上品なタオル」である。なんと「ふんわり」と「もっちり」の2種類(どちらも299円)の肌触りから選べるのだ……マジかよおい。

これまで「働くプロの過酷な使用環境に耐えるアイテム」を扱っていたワークマンからいきなり「癒し系アイテム」が誕生するとは……ギャップがエグいんですけど。気になったので2種類とも買ってみたのだが、マジでめっちゃ良かった。最近のお気に入りタオルである。

続きを全部読む

【過酷実験】ワークマンの人気商品『真空ハイブリッドコンテナ』を使ってみたら、当たり前過ぎることに気付かされた

ワークマンの売り場で、真空ハイブリッドコンテナ(税込2500円)を発見した。

覚えているだろうか。以前砂子間記者がワークマン本社を訪れた際、「人気過ぎて買えない」と紹介された商品である。しかも、リニューアルされてデザインが可愛くなっている!

ユーザーとして気になるのは、ハイブリッドコンテナの保冷能力がどれほどのものかという点。さっそく購入し、気温40度を超える過酷な環境の中で実験してみたぞ!

続きを全部読む

【コスパ最高】ワークマン「3WAYランタンライト」は使い方に合わせてライトの色と形状が変化する! 懐中電灯にも読書灯にもなる優れモノが980円!

ワークマンのアウトドア用品コーナーであまり見かけないライトを発見した。商品名は「Variable 3way Lantern Light(ヴァリアブル 3WAY ランタンライト)」。価格は980円で、どうやら新商品らしい。ワークマンのライトといえば、どれもリーズナブルで機能的だ。

普段使いはもちろん緊急時にも役に立つので、デザインや機能面で気に入ったものがあれば買っておくと良いだろう。いざという時に使えるのは「使い慣れたアイテム」だからだ。そんなわけで今回は、1台で3役をこなす新ライトを実際に使ってみたので報告したい。

続きを全部読む

ワークマンの寝袋「BASICスリーピングバッグ(1500円)」がコスパ最高! ふんわり軽くて暖かいうえに撥水加工付き / カインズ寝袋と比べてみた

ワークマンの「春夏新製品発表会」で主役となったのは、WEB限定販売のキャンプ用品たちであった。ワークマンならではの低価格と高機能素材が特徴で「BASICドームテント1人用」や、1500円のシュラフ……つまり寝袋が、販売開始直後から飛ぶように売れているらしい。

そこで今回は、カインズの「連結できるシュラフ(1280円)」とワークマンの「BASICスリーピングバッグ(1500円)」を比較してみることに。どちらも “封筒型” と呼ばれる長方形の寝袋。両者ともに大人気の商品だが、果たしてどのような違いがあるのだろうか。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5