「ハガキ」にまつわる記事

【詐欺】地方裁判所民事訴訟部から「至急の封筒」が届く新手の詐欺手口に注意! ハガキから封筒に進化か

地方裁判所民事訴訟部。この文字が書かれた封筒がある日突然家に届いたら、誰でも驚いてしまうことだろう。特にやましいことのない人でもまずはこう思うかもしれない。「何かやっちまったかも……?」と。

そんな人の心につけこんだ詐欺が発生しているようだ。実家に地方裁判所民事訴訟部から封筒が届いたというTwitterユーザーのつぶやきが現在話題になっている。

続きを全部読む

【注意喚起】法務省をかたる「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」ハガキは詐欺! 届いても無視しよう

今ネット上で『法務省管轄支局 国民訴訟お客様管理センター』や『訴訟最終告知通知センター』といった組織を名乗る差出人から届いたというハガキが話題となっている。

ハガキの内容を簡単に要約すると「あなたは訴訟を起こされました。訴訟取り下げなどの相談については下記番号に電話するように」というものである。文面はいかにも役所から届きそうな感じで実にそれっぽく、真に受けてしまってもおかしくない見た目だ。

掲載されている住所も実際に法務省のものだが、結論から言うとこれは完全に詐欺である。注意喚起のためにも以下でより詳しく紹介しようと思う。

続きを全部読む

どうして確定申告のハガキが来ないの? 税務署に問い合わせてみた結果…

ついに確定申告の時期がやってきた。2018年の受付期間は2月16日から3月15日まで。とにかく面倒なため、手をつけるのがイヤになる。しかし、やらなければ後々強烈なビンタとなって自分に返ってくるのは周知の通り。まさに確定申告はお早めに、だ。

3年連続でミスしている筆者(私)は、今年こそはと抜かりないよう準備万端。ただ、ここにきて心配事がひとつ浮上している。そう、期間前になると来るはずのハガキがいまだに来ないのだ。税務署さん、どういうこと?

続きを全部読む

【注意喚起】今年の年賀状は12月15日から1月7日までの間に出さないと損をするぞ! 15日になるまで絶対に出すなよ!!

気付いてるかな? もうすぐ12月も中盤だぞ。今年も残すところあと半月ほどだ。世間は完全にクリスマスモードだが、社会人にとっては年末年始の行事の方が大事だったりする。その1つが年賀状ではないか。

郵便局ではすでに年賀ハガキが発売されており、テレビでは嵐のCMがバンバン流れている。早め早めに投函しようと、準備を進めている人も多いことだろう。だがしかし、今年の年賀状は、12月15日から1月7日までの間に出さないと損をしてしまうのだ! だからまだ出してはいけないぞ!!

続きを全部読む

【検証】30年前の雑誌に載っていた通販会社に「購入希望」のハガキを送ったらこうなった!

以前の記事で、30年前の雑誌の「資料請求ハガキ」を送ってみたことについてお伝えした。3社に送ってみたところ、1社から資料が返ってきてかなり驚いたのだが、私(佐藤)は再び30年前の雑誌を手に入れた。

その雑誌「フラッシュ」は、1986年創刊。その創刊第2号に、潜在能力を引き出せるというペンダントの販売会社の広告が載っていた。マジかよ、潜在能力引き出してえ! ということで、この会社に商品の「購入希望」ハガキを送ってみた。さすがに30年も経ていたら、返事もないのではないか? そう思ったのだが……。

続きを全部読む

【検証】30年前の雑誌の資料請求ハガキを送ったら、返事が来るのか確かめてみた / 記憶術・視力アップ・ニキビ対策など

今では情報収集の主流はインターネット。多くの人がスマホを持ち、知りたい情報はすぐにネットで検索しているに違いない。しかし今から約30年前は、ネットが普及しておらず、テレビ・新聞・ラジオでしかタイムリーな情報を得ることができなかった。雑誌が担っていた役割も大きく、特にアイドルの情報は雑誌がメインと言ってもいいくらいだった。

最近古本屋で、1986年のアイドル誌『BOMB(ボム)!』と、1989年の『ORE(オーレ)』を手に入れた私(佐藤)は、あることを思い立った。それは、この雑誌に付いている資料請求ハガキを送ったら、どうなるのか? ということ。そういう訳で早速記憶術と視力アップ、それからニキビ対策のサービスを提供する会社に、資料請求してみた!

続きを全部読む