「ウィル・スミス」にまつわる記事

ウィル・スミスのインスタがヤバい / あふれ出るカオス

いわずと知れたビッグスター、ウィル・スミス。最新作の『アラジン』ではジーニー役を好演。ご本人の好感度の高さと、出演する映画のヒット率はハリウッドでもトップクラスだろう。

そんな彼が投稿したインスタ動画がヤバいと話題になっている。どうヤバいのか……それはなかなか言語化するのが難しい。とにかくヤバいのだ。何度見ても意味不明。しかしクセになる……!

続きを全部読む

【スゴイぜ】あのウィル・スミスを感心させた「ディズニーマニアの質問」がコレだ! 映画『アラジン』の記者会見にて

2019年6月7日、いよいよ映画『アラジン』が公開される。「ジーニーがウィル・スミス(笑)」なんて小馬鹿にしていた記者だが、試写会で同作を観てビックリ仰天! あまりの面白さに「もう1回観に行く!!」と手のひら返ししたことは以前の記事でお伝えした。

まあ、とにかく映画『アラジン』はエンターテインメント作品として極上なワケだが、その中心にいたのはやはり “ジーニー” を演じたウィル・スミスだ。そのウィル・スミスの記者会見にディズニーマニアと出かけたところ、まさかあんな展開になってしまうなんて……! スゴいぞ、ディズニーマニア!!

続きを全部読む

【朗報】実写版『アラジン』の声優は山寺宏一さんに決定! ネットの声「山ちゃんしかいない」「違和感なさすぎにも程がある」など

2019年、ディズニー映画の実写化ラッシュが止まらない。3月29日には「ダンボ」が、8月9日には「ライオンキング」が登場するが、その間の6月7日に公開されるのが、ディズニー映画史上屈指の名作として名高い映画『アラジン』である。

ランプの精「ジーニー」をウィル・スミスさんが演じることでも話題の本作だが、そのジーニーの日本語吹き替え版役の声優を「山寺宏一」さんが務めることが発表された。これは朗報……! 予想通りといえば予想通りのキャスティングだが、ほっと胸を撫でおろしたファンも多いハズだ。

続きを全部読む

【絶句】実写版「アラジン」のジーニー役はウィル・スミス → 想像以上にウィル・スミスで言葉を失った

2019年は例年にも増してディズニーの勢いがすごそうだ。特に実写版映画は3作が公開を控えており、2月には「メリー・ポピンズ リターンズ」が、3月には「ダンボ」が、そして6月には「アラジン」がお披露目する予定である。

メリー・ポピンズとダンボはともかくとして、アラジンの実写化とは一体……? 主人公のアラジンもジャスミン姫も実写化で問題ないが、魔法のランプの精 “ジーニー” の実写化はどうなるのか予想できない。超人気ハリウッド俳優「ウィル・スミス」がジーニーの役らしいが、果たして──。

続きを全部読む

一体なぜ? ベンチャーファンド設立を発表した本田圭佑のSNSに過激なファンが突撃する事態に

2018年7月18日、元サッカー日本代表の本田圭佑選手は米俳優ウィル・スミスらとのベンチャーファンド設立を発表した。本田選手が自身のSNSでも告知したところ、新しい挑戦を後押しするコメントが寄せられているが、一部の過激ファンが突撃する事態にもなっている。一体なぜ……?

続きを全部読む

ウィル・スミスがAIロボットと初デート! 会話が全く噛み合わずタジタジになる動画が超オモロい!!

「世界で最もセクシーな男性」ランキングの上位に食い込んだこともある人気ハリウッド俳優ウィル・スミスは、50歳を迎えた今も変わらない若々しさを振り撒いている。そんな素敵な彼が、どういうことかAIロボットと初デートに挑むことになったというのだ。

ところが、さすがの色男もロボットが相手では勝手が違うのか、全く会話が噛み合わずにタジタジ状態に! 困り果てたウィルに思わず笑ってしまうこと間違いナシなので、その動画を紹介したいと思う。

続きを全部読む

【復活】悪役が主役の映画『スーサイドスクワッド / Suicide Squad』の予告動画が公開! ジョーカー超絶かっけぇぇぇええーーーッ!!

アメリカで「アベンジャーズ」や「スパイダーマン」のマーベルコミックと並び、「スーパーマン」や「バットマン」など、世界的に有名なタイトルを有するのが、DCコミックである。

そんなDCコミックが2016年8月に全米で公開するのが、異色のヒーロー? 映画、『スーサイドスクワッド / Suicide Squad』 DA! 直訳すると「自殺部隊」という恐ろしいタイトルになるが、この映画最大の特徴はヒーローものではかつてない、悪役が主役の映画であるということだ。

続きを全部読む