「アップルウォッチ」にまつわる記事

【納得】AppleWatch3のキャッチコピー「手首が右腕になります」が理解できなかったので、アップルに問い合わせてみた!

アップル製品といえば、まずiPhone。次にiPadやMacbookなどが挙げられると思う。所有者はそう多くないが、一度使い始めると手離せなくなるのがアップルウォッチ(AppleWatch)だ。

2015年4月に販売を開始して以来、現在のシリーズ3まで地味に進化を続けている。さて、そんなアップルウォッチの公式ページを見てみると……なにやら気になるキャッチコピーが。あれ? これどういう意味?

続きを全部読む

【検証】電動マッサージ機にアップルウォッチを着けて「ワークアウトアプリ」で100キロカロリーの消費時間を計ってみた!

ロケットニュース24ではすっかりお馴染みとなった、アップル製品と電動マッサージ機「スライブ」の組み合わせ。過去にiPhone5・6 Plusのカメラの手ブレ補正機能を検証するために、スライブで振動させてみたのだが、今回は発売されたばかりのアップルウォッチで検証を試みた。

・ワークアウトで100キロカロリー

今回はウォッチのアプリ「ワークアウト」でチャレンジ。ワークアウトは目標を指定して、その運動量を計測するというのものである。100キロカロリーを消費するのに、スライブで振動を加えるとどれくらいの時間がかかるのか、確かめてみた。もしかしたら、即効で終了するのではないのか!? その実験結果はかなり意外なものだった!

続きを全部読む

【ぼっち悲報】アップルウォッチは友達がいてこそ楽しめるツールと判明! スケッチやハートビートを送受信可能

いよいよ発売が開始されたアップルの「アップルウォッチ」。すでに手に入れたという人もいるかもしれない。購入を検討している人には、ぜひともお伝えしておきたいことがある。

これは当然ながらただの時計ではない。メールや地図を見たり、通話できたりするのだが、もっとも役立ちそうな機能として、スケッチやタップを相手に送ることができるのだ。また音声入力でメッセージアプリに言葉を送信することもできる。新しいコミュニケーションの可能性を示しているのである。

続きを全部読む

アップルウォッチ発売開始! ペアリングも初期設定もかなり簡単 / 気になるのは充電……

2015年4月24日、いよいよアップルのウェアラブル端末「アップルウォッチ」の販売が開始された。アップルストアでは、他のiOS端末のように当日分の発売は行われず、予約はネットのみ。また店頭での受け渡しは行われず、すべて配送だったため、店頭に行列ができることはなかった。

・ソフトバンク表参道の約10名

一方、通信会社で唯一販売を行ったソフトバンクでは、商品受け取りの行列ができていた。とはいえ、iPhoneほどの規模ではなく、私(佐藤)が朝9時に表参道の店舗に行くと、10名程度が並んでいたのである。駆けつけた報道陣の方がはるかに多かったのだ。そんな私も無事にアップルウォッチを購入できたぞ。

続きを全部読む

アップルウォッチでもオリジナリティにこだわるアナタへ! 画像コラージュできる「Casetify」で自分専用バンドを作ろう

2015年4月24日より販売が開始される、アップル社のウェアラブル端末「アップルウォッチ」。4月10日の予約開始を心待ちにしている人も多いのではないだろうか。iPhoneやiPadのケースをカスタマイズするサービスは存在しているのだが、ウォッチの場合はどうなるのか?

純正品しか使えないのではないかと、気にしている人もいると思うのだが、ご安心あれ。すでにバンドをカスタマイズできるサービスが登場しているぞ。iPhoneやGalaxyなどのスマホ端末のオリジナルケースを作成できるサービス「Casetify」には、すでにアップルウォッチをカスタムできる項目が設けられているのだ。

続きを全部読む