「kindle」にまつわる記事

【全巻0円】料理漫画『ザ・シェフ』には全41巻を完全無料で読む方法がある / 11円のKindleセールで喜んでる場合じゃなかった!

Kindleのセール価格は誰が決めているのか。過去にも普及の名作『地球へ…』が11円になったり、『最狂超プロレスファン烈伝』の作者・徳光康之先生の作品集1000P以上が10円になったりと、安さがマジで意味不明。

そして2019年10月、『ブラック・ジャック』の料理版とも名高い漫画『ザ・シェフ』全41巻中30巻までが1冊11円と激安価格になって注目されている。……が、ひとこと申し上げたい。これ、全巻0円で読む方法がありますよ、と。

続きを全部読む

【安さが意味不明】Kindleで名作『地球へ…』が全巻33円! プライム会員なら実質22円!! 9月5日までだから迷わず秒速で買うべし

少女漫画のレジェンドと言えば? 様々な意見があると思うが、「花の24年組」のひとり竹宮惠子先生を挙げる人も少なくないはず! かつて “単調で少年漫画ほど価値がない” とされた少女漫画に革命を起こした作家のひとりであろう。

そんな竹宮先生の代表作のひとつ『地球(テラ)へ…』が、とんでもないことになっている。Kindle版が1冊11円! 全巻買っても33円になっているのだ! 

続きを全部読む

【ベルばら】中年男性(37)が生まれて初めて少女漫画を読んだらドハマりした話 / あるいは『キングダム』マニアの視点で考察する『ベルサイユのばら』

少女漫画の一体どこが面白いのか? 付き合ったとか、別れたとか、イケメン転校生と席が隣とか、教科書見せたら手紙渡されたとか、両親が海外に行っているから実は家で2人きりだと判明とか、友達以上恋人未満とか、F4とか、大っきらいとか、やっぱり大好きとか……どうでもええねん! 

──と思ってる男性、世の中に一定数いるはずだ。かくいう私がまさにそうで、37年もの間少女漫画を敬遠して生きてきた。ところが先日、ふとしたきっかけで『ベルばら』こと『ベルサイユのばら』を読むことになり……って話を紹介したい。

続きを全部読む

【超お得】Amazonの定額制 “読み放題” サービス『キンドル・アンリミテッド(Kindle Unlimited)』を試してみた! 最初の30日間は無料だぞォーッ!!

2016年8月3日に嬉しいニュースが舞い込んできた。なんとAmazonが日本でも、月額980円で書籍読み放題の定額制サービスを開始したというのだ!

サービス名は「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」。読み放題の対象となるのはコミックを含む和書12万冊以上で、洋書にいたっては120万冊以上と充実した内容となっている。し・か・も、最初の30日間はなんと無料で体験できるというのだから、これは試さずにいられない。さっそく登録してみたぞ!

続きを全部読む

【安すぎ】Amazonで『プロレススーパースター列伝』のセットが432円! ホゲ〜~ッ!!

数あるプロレス漫画の中で、伝説の作品に『プロレススーパースター列伝』を思い浮かべる人は多いだろう。人気レスラーの知られざるサクセスストーリーを劇画タッチで描いた同作は、時を超えて今でも多くのプロレスファンに愛されている。

そんな『プロレススーパースター列伝』1巻~5巻が、今オンラインショッピングサイト『Amazon』にて432円という価格でまとめ買い出来るのでおススメしたい。ワンコインであの名作が読めるなんて……ホゲ〜~ッ!! こりゃ今すぐポチるしかない!

続きを全部読む

この発想はなかった! 驚愕の方法で自らの電子書籍を宣伝する87歳のおじいちゃん作家がスゴイ!!

作家にとって、紙を使わない「電子書籍」は、未来につながる唯一の希望である。出版社から「出版不況のご時世ですので、ウチから出版することはできません!」と言われても、自ら電子書籍にまとめ、自らの力で売りだすという道が残っているのだ。

だが、その道は果てしなく険しい。いざ電子出版したものの、8冊しか売れなかった──という知人も実際に存在する。告知不足? それとも……? ともあれ、その作品の存在を知ってもらうには、どこかで宣伝するしか道はない。

ネットでダウンロードをする電子書籍なのだから、一般的に考えたらネット告知がセオリーだ。だがしかし……! つい昨日、私(筆者)が目の当たりにした宣伝方法は、まさしく盲点! 目からウロコが落ちるレベルの、驚くべき方法だったのである!

続きを全部読む

Amazonの「絶対に見てはいけない」という商品がヤバイ! 「おかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさん」

何だコレは!? ありとあらゆるものが購入できて便利なサイト「Amazon」に、奇妙な商品が出品されていたと話題になっています。

その商品とは、電子ブックリーダー「Kindle」で購読できる電子書籍。書籍名は以下の通り。たしかにただならぬ雰囲気をかもしていたようです。

続きを全部読む