「野球」にまつわる記事

【衝撃野球動画】審判にブチギレた選手がベンチでバットを振り回して当たり散らす動画がマジで怖い

野球において判定が不服だとして審判に抗議する光景はよくあるものだ。しかし審判も人間なのだから間違いや失敗はある。大抵の場合は退場処分の可能性もあることから、ほどほどで諦めるものなのだが……。

そんな中、海の向こうのメジャーリーグでキレて手がつけられないくらい暴れまくった選手がいると話題になっている。その恐ろしい様子は動画「David Ortiz Ejected Destroys Phone Case」で確認可能だぞ!

続きを全部読む

【衝撃動画】野球をしているクリスティアーノ・ロナウドが想像以上にダサいと話題

2013年7月31日、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャンプ地のアメリカのロサンゼルスで、ドジャースとヤンキースの公式戦に訪れ、始球式を行った。

と、そこまでは普通のセレモニーなのだが、C・ロナウドの野球をする姿がサッカー界屈指のイケメンぶりをも台無しにしてしまうほどダサいと話題になっている。動画のタイトルは「Cristiano Ronaldo hace el saque de honor con los Dodgers」だ!

続きを全部読む

【高校野球】2013年の甲子園は済美高校・安楽投手に注目だ!

セミの鳴き声……そして白球を打ち返す金属バットの音……そう、すぐそこには甲子園が待っている! 7月31日に地方大会を勝ち抜いた出場校49校が出揃い、あとは8月8日の開幕を待つだけとなった。

さまざまな伝説やドラマが生まれる甲子園。今年も新たな1ページが歴史に刻まれるだろう。そこで今回は、主役になると思われる済美高校・安楽智大投手を動画と共に紹介したい。桐光学園・松井裕樹投手が去った今、彼の熱投が2013年の甲子園を沸かせる!

続きを全部読む

今季は違う! そんな横浜DeNAベイスターズのあるある30

2013年、セ・リーグのペナントレースは例年とは違った様相を呈している。これまでAクラスの常連だった中日ドラゴンズが順位を落とし、横浜DeNAベイスターズが最下位の指定席から抜け出して3位(7月30日現在)につけている。

順位を語るのはまだ早いだろうが、7年連続Bクラス&5年連続最下位という壁がとうとう壊されるかもしれない。そこで今回は、今季はひと味違う「横浜DeNAベイスターズあるある」をご紹介したいと思う。プロ野球が好きな人は納得できるものがあるかも?

続きを全部読む

【衝撃野球動画】155kmのストレートで一番速いのは誰なのか

野球の球種「ストレート」は、キレ、ノビ、力のある……といったように多くの言葉で形容される。測定された球速は同じでも、どこか違いを感じたことは誰でもあるはずだ。球速よりもボールが速く見える現象もそうだろう。

そこで今回は、155kmの球速で投げた速球投手を厳選した動画で、誰の球が一番速いのかを検証したい。登場するのは由規投手、田中将大投手、松坂大輔投手、大谷翔平投手、そしてダルビッシュ有投手の5人だ!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】バット投げが美しい選手ベスト10

たった一振りで試合を決定づけることがあれば、チームを救う一発にもなりうる。そう、それが「ホームランはプロ野球の華」といわれる由縁だろう。だからこそ皆が美しい放物線に目を奪われ、その選手の姿に子供たちは憧れる。

そんな野球の華であるホームランだが、打った後にも隠れた美が存在することをご存知だろうか。実は無意識のうちに投げられるバットの軌道に美しさがあるのだ。もちろん個人差はあるが、芸術的にまでなることだってある。そこで今回は、バット投げが美しい選手を「勝手にランキングベスト10」として動画と共にご紹介したい。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】芸術的なまでに美しい「ミスターサブマリン」こと渡辺俊介投手のアンダースロー

アンダースロー投手といえば……往年の選手では、元阪急ブレーブスの山田久志投手や、元南海ホークスの杉浦忠投手らがおり、最近では西武ライオンズ所属の牧田和久投手の活躍が記憶に新しい。

しかし、なんといってもアンダースローを語る上で外せないのは「ミスターサブマリン」こと千葉ロッテマリーンズ所属の渡辺俊介投手だろう。そのピッチングは「もはや芸術」と言われるほどに美しい。何がどう美しいのかは、動画「渡辺俊介のアンダースロー」を見れば一目瞭然だ!!

続きを全部読む

【野球革命】ストライクゾーンが圧倒的に狭くなる「禁断の打法」を編み出してしまった

みなさんは、野球における “ストライクゾーン” の範囲をご存知だろうか? 公認野球規則によると「打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間」とされている。

また、ストライクゾーンは、打者がボールを打とうとした時の姿勢で確定する。つまり、打者の体格や構えによってストライクゾーンは変化するのだ。と、いうことは……ストライクゾーンが狭くなる打法を編み出せば、ストライクが入りにくくなる!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】これはスゴイ!プロ野球史上まれに見る「芸術的な背面キャッチ」が炸裂したと話題

プロ野球の好プレーは堅実さ、そして優れた身体能力や技術があるからこそ生まれるものだ。プロならではのプレーがあるから、そこに驚きや感動があり、芸術的に美しくもなる。

ということで今回は、日本ハム所属のケッペル投手が脅威の反射神経でピッチャー返しを背面キャッチした動画をご紹介したい。タイトルは「これはスゴイ!! ケッペルの芸術的な背面ライナーキャッチ」だ!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】川崎ムネリンが海外のちびっ子たちに大人気すぎる動画が話題

ホームランを打てばファンは総立ち、マイナー降格の際はチーム内から悲しみの声が続出……といったように、もはや川崎宗則選手(ムネリン)はトロント・ブルージェイズに欠かせない男となっている。

そんな愛されまくっているムネリンだが、大人たちだけではなく、ちびっ子たちにも大人気だという動画が話題を集めている。老若男女問わず愛されまくっているムネリンの様子は、動画「Munenori Kawasaki Of The Blue Jays Signs Autographs」にて確認可能だ。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】川崎ムネリンがまたしてもインタビュアーをヒィヒィ大爆笑させている動画が話題

今やトロント・ブルージェイズに不可欠な存在となったムネリンこと川崎宗則選手。献身的なプレーだけではなく、その誰からも愛されるキャラクターもあって、多くのファンから支持を集めているのは以前ご紹介した通りだ。

マイナーからの即復活、先日の勝ち越しタイムリーと話題に事欠かないムネリンだが、動画「Kawasaki appearance on Intentional Talk during Steve Delabar Interview」での振る舞いが、これまた人気を博している。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】横浜×広島の試合で実況が「これは奇跡だ!」と絶叫するほどの最悪プレーが出たと話題

野球には珍プレーがあれば好プレーもある。また、逆も然りで酷いプレーが起きてしまうことだってある。そんな中、つい先日の2013年7月10日に行われた横浜×広島戦において、近年稀に見る最悪プレーが飛び出したと大きな話題になっている。

YouTube には問題のシーンの動画もアップされているが、あえて至極簡単に、箇条書きで何が起きたのかを説明するならば以下の通りになる。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】日ハム・大谷選手のレーザービームがイチローを彷彿とさせるくらいスゴイと話題

二刀流もさることながら、即戦力高卒ルーキーとして開幕から注目を集め続けている日本ハム所属の大谷翔平(おおたにしょうへい)選手。打っては打率.301、投げては2勝(7月9日現在)とその才能は底知れない。

そこで今回ご紹介したいのは、2013年7月9日の楽天戦で大谷選手がランナーを刺した送球だ。地を這うようなスピードはイチローのレーザービームを彷彿させる。そのプレイは動画「これが大谷の強肩!完璧な送球で島内を刺す!」で確認可能だ。

続きを全部読む

【感動野球速報】マイナー落ちした川崎ムネリンが2日でメジャー再昇格!! ネットユーザーは大興奮「カワサキが帰ってくる! カワサキが帰ってくる!!」

メジャーリーグ・ブルージェイズでプレーしていた川崎宗則選手(ムネリン)。チームの雰囲気を盛り上げ、プレーも決めるときにはビシっと決める!! そんなムネリンは地元ファンにも愛されまくっていたのだが、2013年6月25日、ホセ・レイエス選手の復帰に伴い、マイナー落ちとなっていた。

だがしかし!! だがしかし!!!! 現地時間6月27日、メルキー・カブレラ外野手が15日間の故障者リストに入ったことにより、再度ムネリンがメジャーに昇格することが決まったのだ。マイナー落ちからわずか2日! マジか!? マジかよーーーーッ!!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】プロ野球史上に残る「芸術的なまでに美しい名勝負」がコレだ!

筋書きのないドラマ、それが野球、プロ野球である! 打たせてなるものかとピッチャーが投じる白球に、バッターは野球人生をかけてバットを振る。狙いすましたホームランは、ため息が出るほど美しい。

だがしかし……。そんじょそこらの美しさではなく、「もはや芸術」といわれるレベルに美しいシーンがあるのをご存知だろうか? 野球ファンならば一度は見たことがある名勝負、動画のタイトルは動画「Kokubo Hiroki Best HR in Giants」だ!

続きを全部読む

【プロ野球・統一球問題まとめ】加藤良三コミッショナーのクビを取るのは選手会!?

プロ野球統一球問題とは、過去2年間、基準を下回る「飛ばないボール」を使用していたにも関わらずそれを世間や選手に隠蔽、さらに2013年に統一球を「飛ぶもの」に変更したにも関わらず公表していなかった一連の問題である。

組織のトップである加藤良三コミッショナーは、未だに誠意のない対応を続けていると批判されている。沈静化する気配はなく、問題はコミッショナーの進退にまで発展している。

・「統一球」とは何か
米大リーグの公式球に近いとされる低反発球。野球の国際化を目指し、2011年から導入された。以前使用していた公式球に比べ、芯を捉えないと飛ばないという特徴がある。ちなみに2013年3月に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、統一球とWBCで使用されたボールの違いに戸惑う選手が続出。導入の目的であった「野球の国際化」は達成できているとは言えなかった。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】川崎ムネリンがインタビュアーを爆笑させまくってヒイヒイ言わせてる動画が話題

日本の野球ファンのみならず、海外の野球ファンからも絶大な支持を集めている野球選手といえば、メジャーリーグ、トロント・ブルージェイズ所属のムネリンこと川崎宗則選手である。

確かなテクニックと献身的なプレイ、そして誰からも愛されるキャラクターで人気を博しているムネリンだが、動画「Munenori Kawasaki surprise guest on Intentional Talk」での振る舞いが、これまた人気を博している。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】史上最強にダサい「ホームラン確信歩き」がコレだ

カキーンと打った瞬間にホームランを確信し、優雅にバットを放り投げ、ボールの軌道をほとんど見ずに、ゆっくりと一塁に向かって歩き出すことを、俗に「ホームラン確信歩き」という。日本におけるホームラン確信歩きの名手は「ノリさん」こと中村紀洋選手であろう。

一方、韓国のプロ野球において史上最強にダサい「ホームラン確信歩き」が披露されていたことをご存知だろうか? YouTube には動画もアップされているので野球ファンなら必見である。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】広島×横浜の試合で近年稀にみる珍好プレーが出たと話題

コアなプロ野球ファンでなくとも、誰でも楽しめるのが「珍プレー」や「好プレー」だ。深い知識がなくても、パッと見だけで楽しめる。そんな珍プレー好プレーだが、つい先日の5月7日に行なわれた広島×横浜戦において、近年稀にみる珍プレー(好プレー)が飛び出したと大きな話題になっている。

YouTubeには問題のシーンの動画もアップされているが、あえて至極簡単に、箇条書きで何が起きたのかを説明するならば以下の通りになる。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】歌舞伎みたいな声でストライク宣告をする海外の球審が話題

野球における「球審(きゅうしん)」とは、キャッチャー後ろにいる審判のことだ。「ストライク!」や「ボール!」など、投球の判定をしている人だと思えば間違いない。野球の試合には欠かせない審判である。

そんな球審の「ストライク」判定に関する動画が海外の野球ファンの間で話題になっている。動画のタイトルは「Best Baseball Umpiring Calls of ALL TIME」だ! どんな内容なのかというと……

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 19
  4. 20
  5. 21
  6. 22
  7. 23
  8. 24
  9. 25
  10. 26