「落とし物」にまつわる記事

【知らなかった】警察の「落とし物検索サービス」が超使えると話題

普段は滅多にお世話にならないけれど、数年に1度くらいは「警察」のご厄介になっている人も多いのではなかろうか? 事件や事故は抜きにして、中でも多いのが「落とし物」つまり「遺失物」に関する事案だろう。

だがしかし、落とし物とは実に厄介で「どこで落としたのか?」を覚えていることは非常に稀だ。しかも「どうせ見つからないし諦めよう」という人も多いハズだが、ちょっと待って欲しい。実は警察には『落とし物検索サービス』があることをご存じだろうか?

続きを全部読む

提供:東宝

【ガチ検証】スマホを落としただけなのに…もしも悪いヤツに拾われたら? どこまで個人情報がバレるのか実験してみた結果

落としたくないものベスト3といえば、おそらく「サイフ」「カギ」、そして「スマホ(携帯)」であろう。家を出る時や、どこかから立ち去る時など、絶対に私はその3点セットを確認する。なんなら指差し確認するくらいのレベルで。

サイフやカギを落としたら困るのは当然として、特に恐ろしいのはスマホである。なにせ個人情報が宇宙のごとく入っている。ということで今回は、もしもスマホを落としたとして、そこそこスキルのある悪いヤツに拾われたら、どのくらいの個人情報がわかってしまうのかを実験してみることにした。

続きを全部読む

『家の落とし物』がカナダで見つかる / 発見者「誰かが家を盗んで放置したのかも」とSNSで呼びかけ → “落とし主” がいた

誰でも、今までに落とし物を見つけて届け出るなりしたことが、一度ぐらいはあるのではないだろうか。落とし物といえば大抵の場合は小さなアイテムだが、なかには超巨大な物を見つけてしまう人もいるようだ。

というのも、ある男性は自分の土地に知らない家が忽然と現れて、ビックリしてしまったというのである! SNSに家の写真を投稿したところ、無事に “落とし主” が見つかったらしい。

続きを全部読む

【超キモい手紙】「落とした財布が見つかった」 と思ったら……背中がゾゾゾっとするメッセージが添えられていた女性

うっかりして財布を無くしてしまったら、中に入っていた現金も勿体ないし、クレジットカードを止めたりカード類&免許証の再発行などの手続きも面倒である。

そんな風に気落ちしているところへ財布が戻って来たら最高に嬉しいものだが、ある女性はそうではなかったようだ。というのも、届けられた財布に超~キモい手紙が添えられていて、背中ゾクゾクものだったというのである!

続きを全部読む

【世の中捨てたもんじゃない】スマホを紛失して大ショック! → 発見された携帯に心温かい動画メッセージが残っていて超感動!!

「誰にでも優しくしましょう」とか、「自分がされたいことを他人にしてあげよう」といった道徳観は、頭では分かっていても、いつも実行するとなると難しいものである。

しかし、音楽フェスでスマホを紛失してしまって落ち込んでいた女性が、そんな他人の親切心に触れ、すっかり感動してしまったというのだ。というのも、彼女の手元に戻って来た電話には、発見者の心温かい動画メッセージが残されていたのである! あまりにも心を打たれてしまった彼女は、ネットの力を借りてその人物の大捜索を開始したのだ!!

続きを全部読む

【奇跡】スマホを落とした → SNSに “美人警察官のセルフィー” が送られてきたでござる / ネットの声「罠だ!」「騙されるな!!」「美人だ」

落として困る物と言えば、お財布、携帯電話・スマホ、鍵だろう。しかし携帯電話・スマホは、GPS機能などが付いているので、この3つの中でも逆探知しやすく、見つかりやすいものかもしれない。

今回、ある男性もスマホを落としたところ、ヒョンな方法で戻ってきたのである。なんと Facebook 経由で、拾い主が彼に連絡を寄越してくれたというのだ。よかった、よかった! 親切な人もいるもんだな〜、と話はそれだけでは終わらない。拾い主は女性警察官さんで、超レアな “お・ま・け” まで付いていたのだ!

続きを全部読む

【コラム】道端でお札が数枚落ちているのを見かけると妙にドキドキしてしまうのはなぜなのか

たまに道を歩いていて見つける「お金」の落とし物。1円玉や10円玉はしばしば見かけるかもしれないが、100円玉くらいになるとちょっとレア感がある。100円玉かと思いきや、ゲームセンターのメダルだったなんてこともあるだろう。

だが、100円玉よりももっとレアなのがお札だ。千円札だろうが1万円札だろうが、それだけで「道端に落ちていたお金」としては大金だといえる。見つけた瞬間、たいていの人が「えっ!?」と驚くはずだ。だが、このお札がもし、一枚ではなく数枚まとまって落ちていたら、このときのドキドキ感はハンパない。あれは一体なぜなのか。

続きを全部読む

海に落とした指輪を無償で探してくれる男たちがいた / 30年間で100個も持ち主に返還

夏といえば海。暑い日に行きたくなるのが海水浴だ。だが、「落し物」には気をつけなければならない。ハッと気づいたら指輪がない……なんてことはよくある話。そして、そんな海での落とし物を狙うのが、「トレジャーハンター」と呼ばれる人たちである。

彼らは金属探知機を持ちながら浜辺や浅瀬を歩き回り、価値ある財宝を探している。つまり「お金」が目的なのだが、今回ご紹介するトレジャーハンターはひと味ちがう。彼は30年もの間、誰かが落とした指輪を見つけては無償で持ち主に返すことを続けているのだ。

続きを全部読む