「紳士」にまつわる記事

【2018年福袋特集】怪しい人ほど『THE SUIT COMPANY(ザ・スーツカンパニー)』の福袋(1万800円)を買ったほうが良い理由

毎年、楽しみにしている福袋がある。『THE SUIT COMPANY(ザ・スーツカンパニー)』の福袋だ。2015年から買い始め、2016年も内容的には完璧だった。昨年2017年は少しばかりパワーダウンした感もあったが、すべての年に入っていたコートたちは、どれもこれも上質&フォルムも最高すぎるので、いまだ現役バリバリだ。

それを考えると、スーツカンパニー福袋の主役は今も昔も「コート」である。品数よりも「コート」なのだ。そんなこんなで今年の福袋、いやが上にも期待は高まる。

続きを全部読む

【変態速報】海外の地下鉄で「上級紳士」が激写される

趣味嗜好は人それぞれ。人間は誰一人として同じではないため、それは当たり前である。ただ、何でもやっていいかといえばそうではなく、世の中にはルールが存在する。そう、他人に迷惑をかける行為は絶対にダメだ。

しかし、ついつい変態行為に走ってしまう人がおり、お縄になる事件が発生するのもこの世の中。例えばこの度、海外の地下鉄で激写された紳士もそうだろう。なにせ誰がどう見ても上級者なのである。

続きを全部読む

【2016年福袋特集】『PLAYBOY』の福袋(1080円)を買ったら一瞬で紳士になれた件

男ならば誰でも1度はその名を聞いたことがあるだろう雑誌『PLAYBOY』。このブランドのロゴマークであるウサギは、世界で最も有名なロゴの1つであるという。そんな世界中の男たちの夢が詰まったこのブランドが福袋を1080円で販売していたので、さっそく購入してみたら……一瞬で紳士になれちゃった

続きを全部読む

地下鉄の花売りからすべてのバラを購入した男性が素敵すぎる! 一輪も持たずに電車を降りた理由とは?

それは今から2年前、2013年6月のことだった。ニューヨーク市地下鉄6号線に乗っていたマリア・ロペスさんがたまたま遭遇した花売りの光景。彼女はそのときの心温まる光景をネット上に公開。これが最近になって海外ネットユーザーの間で注目を集めている。

1本1ドルのバラを販売している花売りの前に、1人の紳士があらわれた。彼はバラの値段を尋ねると、全部買うと言い出したのだ。しかも次の駅に到着するとバラを一輪も手にすることなく電車を降りてしまった。一体どうしたというのだろうか?

続きを全部読む

鉄壁のディフェンス力で歩行者を守る警備員に学ぶ「男闘呼(おとこ)」としての横断歩道での振る舞い方

か弱き乙女の皆さまは、男性に身を呈して守られた経験はありますか? 幸い、平和な現世の日本では、いきなり城に攻め入られたり、道でショッカーに襲われたり、突然目の前に魔人ブウが立ちはだかり、チョコレートにされてしまうなどの事態に遭遇することはめったにありません。

なので、本当は女性に真の強さをアピールしたい殿方も、なかなかそれを披露する機会がなく、さぞかし歯がゆい思いをしていることと思います。しかし、実はこの平和な現代日本においても、簡単に女性を守る事ができるのです。一体どうやって?

続きを全部読む

【社会人必見】今年の流行のおしゃれクールビズは「ふんどし」と「日傘」なので早速取り入れてみた

5月よりクールビズが始まった。実施している職場も多いのではないだろうか? 

「温暖化が止まらないこの地球ではネクタイを外すだけのクールビズなんて焼け石に水ッ」そう信じて、クールビズのさらに上をいくハイパークールビズを極めた紳士がいる。彼らは日々体を張ってCO2排出の減少に努めているのだ。

だが紳士たるものトレンドも取り入れなければならない。環境に配慮しつつ人にイイ感じの印象を与えるのも紳士のつとめである。今年のクールビズ・トレンドアイテムは「ふんどし」と「日傘」だというので早速取り入れてみたぞ。

続きを全部読む

映画『マッドマックス2』の赤モヒカンの今 / ワンコ好きな紳士になっていた

いつかは来る世紀末に向けて、肩パットを用意しておくのは男の常識。燃料不足になるのは間違いないので、ガソリンのストックも必要だろう。ヘアスタイルは問答無用でモヒカンだ!

そんな世界を最狂レベルで実写化した映画といえば、不朽の名作『マッドマックス2』である。そして同作においてバツグンの存在感を放っていた赤モヒカンこと「ウェズ」役のヴァーノン・ウェルズ氏。彼は今、どのような世紀末を生きているのだろう……と調べてみたらビックリ仰天!

続きを全部読む

あまりにもエレガントなドアの開け方・入り方

紳士たるもの、ドアの開け方や閉め方、部屋の入り方もジェントリーかつエレガントに行いたい。

ということで今回は、1979年にフィンランドで製作された教育ビデオ「ドアの開け方」をご紹介したい。

続きを全部読む