「米軍」にまつわる記事

沖縄の米軍施設内にあるカジノは日本人でも入場可能! 一攫千金を狙ってガチ勝負をしてきた!!

カジノには一攫千金の夢がある。たまに世界のビックリニュース的な番組で「いきなり信じられないほどの大金を手に入れた人」が紹介されているが、カジノの聖地・アメリカのラスベガスでは「一夜にして大富豪」なんて話はそこまで珍しくないらしい……え、マジかよ!

そこで今回は、カジノでひと山当てて豪遊するためにラスベガス……ではなく沖縄に行ってきた。というのも、沖縄には日本人でもフツーに入れるカジノがあるらしいのだ。だったら行くしかないでしょォォォオオオッ!! ということで、実際に行って勝負をしてきたぞ!

続きを全部読む

GoogleマップにUFO? 「米軍施設付近に怪しい物体が写っている」とネット民がザワつく

UFOと米軍がセットで語られることは珍しくない。その代表例とも言えるのが、ロズウェル事件ではないだろうか。1947年に米ニューメキシコ州に未確認飛行物体が墜落したとされるこの事件は、いまだに「米軍が事実を隠ぺいした」とか「米軍はUFOの事実を隠して研究や実験を続けている」との声が絶えない。

そして今回もまた、米軍と未確認飛行物体との関連事件が!? というのも、米軍事施設付近のGoogle Map上に「怪しい物体が写っている」と、ネット民がザワついているのだ。これを見て、読者の皆様は何だとお思いになるだろうか!?

続きを全部読む

これはナニ? 海軍パイロットが飛行機雲で描いた「謎の絵」に米軍謝罪

これはナニ? 米海軍パイロットが飛行機雲で描いた「謎の絵」がネット上で話題を集めている。写真を見てみると、空に「細長い円柱と2つの丸形」の雲がぷかりと浮かんでいるのだ。

一体ナンなのかしらん? と不思議に思うが、まあ、たかが雲で描かれたフニャフニャしたナニか。特に悪いものではないはず……ところがドッコイ! なんと軍がこの絵について謝罪したというではないか!! 一体ナンで!?

続きを全部読む

【異例の抗議】米軍が毎日新聞の記事について「誤ったジャーナリズム」と声明を発表! 毎日新聞「協定違反」→ 米軍「そんな協定結んでねーよ」

先日、来日したアメリカのトランプ大統領。就任後初来日も友好的な雰囲気で終わり、安倍首相はひと段落という感じかもしれない。

だがしかし、そんな2017年11月9日、米軍が異例の抗議文をTwitterに投稿し話題となっている。「誤ったジャーナリズム」と抗議されているのは11月7日の毎日新聞の記事。一体何があったというのか?

続きを全部読む

トランプの難民対策に対して米スタバが「1万人の難民を雇う」と発表 / 米国に尽力した難民を優先

2017年1月20日に第45代米国大統領に就任してから10日も経たないうちに、メキシコ国境に壁を作る計画を推し進め、120日の難民入国禁止令に署名したドナルド・トランプ大統領。

そんな新大統領の政策に抗議の意を示し、米スターバックスが「1万人の難民を雇う」と発表して話題を呼んでいる。その結果、一部の間で起きた「スタバ不買運動」に当サイトの佐藤が巻き込まれているようだが、今回は米スタバの「1万人の難民雇用宣言」について詳しくお伝えしよう。

続きを全部読む

【その発想はなかった】アメリカ特殊部隊に教わったという「マジックテープの音を誰にも聞かれずにはがす方法」が斜め上すぎる

カバンや上着、靴などについているマジックテープはとっても便利だ。だが、その一方で静寂のなかマジックテープをはがすときの気まずさと言ったらない。小出しに「ベリッ……ベリッ……ベリ」といくか、一気に「バリバリバリッ!!!!」といってしまうか悩みどころである。

そんな悩みを解決するかもしれない動画が話題となっているので紹介したい。動画のタイトルは「Tactical Velcro Opening Secret-Special Forces」。直訳すると「戦術的にマジックテープをはがす秘密―特殊部隊より」だ!

続きを全部読む

【動画あり】米軍が『アイアンマン』のような武装スーツの開発計画を明らかに

映画『アイアンマン』のパワードスーツ(通称:アーマー)に憧れを抱く人は多いはず。熱心なファンなら可能な範囲で自作するということもあるかもしれない。

・米軍が武装スーツの開発を計画

そんなファンの願望をかなえるような計画を、米軍が行っているようだ。2013年9月、フロリダで行われた会議で米特殊作戦軍司令官ウィリアム・マクレイヴン大将は、同作のパワードスーツを思わせる武装スーツの開発について語ったという。

続きを全部読む

水没したまま根性で走行を続けようとする米軍トラック

米北部で猛威をふるうハリケーン「アイリーン」。各地で甚大な被害をもたらしており、死者は40人以上に上ると見られている。河川が氾濫し堤防が決壊、浸水冠水の被害が相次いでいる。

そんななか、ニュージャージー州で救援活動を行っていた米軍の驚くべき行動がインターネット上で注目を集めている。この部隊は、トラックで移動しているのだが、大洪水で川と化した道路をものともせずに走行。屋根まで水没したまま、果敢にも走行し続けているのである。

続きを全部読む

涙なくしては見られない、帰還した兵士たちが家族と再会する瞬間を集めたサイト「Welcome Home」

誰にとっても家族は大切なものであり、遠く離れていればこそ、毎日を元気に過ごしてもらいたいと願うものである。家族の素晴らしさについて、改めて気付かせてくれるサイトをご紹介しよう。このサイトは、戦地に赴き任務を果たして無事帰還した米兵が、家族と再会する瞬間を集めたものだ。再会を喜び熱く抱擁を交わす様子は、涙なくして見ることができない。

続きを全部読む

映画の制作会社ソニーピクチャーズが、5月のはじめに殺害されたウサマ・ビンラディン容疑者の急襲作戦を、映画化すると発表した。すでに監督キャサリン ・ビゲロー氏、プロデューサーにマーク ・ボール氏を起用することが決定している。

続きを全部読む