「理容師」にまつわる記事

同時に「15本のハサミ」を駆使して髪を切る理容師のテクニックがスゴすぎ! リアル『シザーハンズ』がパキスタンにいた!!

独自の美的感覚で流行のヘアスタイルを次々に生み出す、「カリスマ美容師」と呼ばれる存在が誕生してから久しくなる。しかし、そんなカリスマ美容師も真っ青になってしまうような、超絶テクニックを繰り広げる理容師が登場して大きな話題となっているので紹介したい。

なんと、その人物は15本ものハサミを同時に駆使して髪をカット! リアル『シザーハンズ』と呼びたくなるほどの腕前を披露しているのである!!

続きを全部読む

人生初のパンチパーマに挑戦したら、めちゃくちゃカッコよくなってビビった! 特に女性の評価が高くてビックリ

先日、お菓子メーカー・ブルボンの人気投票を実施した。数ある同社の商品のなかで、何がもっとも美味しいと思うのか? 私(佐藤)はホワイトロリータと思っている。投票で1番になる絶対の自信があった。そこで、ルマンドを推す当編集部サンジュンと、どちらが勝つのか勝負をした。その時、負けた方がパンチパーマになるという約束をしていたのだ。

結果……以前の記事でも紹介したとおり、ホワイトロリータ大惨敗! なぜだーーッ!! その原因を知りたいところだが、結果は結果。約束通りにパンチにしてやるッ! これが佐藤英典の男じゃーーいッ!!

続きを全部読む

ホームレスの髪を切り続けるお兄さん!「鏡を見ても涙しか出なかった」タフな過去を抱える彼の “恩返し” の流儀

世界中どこだって、ホームレスの置かれた環境は厳しいもの。頑張って生活を安定させようとしても、住むところがなかったり小ざっぱりした格好をしていないと、新たな仕事に付くことは難しい。けれどもホームレスの人々には、身なりを整えるだけの余裕がない……。

しかし今、そんなホームレスの散髪を請負い、リフレッシュさせる “路上髪切り職人” さんに注目が集まっている。数年前まで自分もコカイン中毒に苦しみ、厳しい日々を送ってきたお兄さんが、“恩返し” としてホームレスの髪を切っているのだ!

続きを全部読む

オイタな子供への罰として「オッさんハゲ頭カット」を無料で提供する理容室が話題沸騰中!!  その名も “ベンジャミン・バトン・スペシャル” だ!

オイタな子供に言うことを聞かせて、しつけをするのは大変である。ひと昔前のように、しつけと称して叩いたりといった体罰を与えることが厳禁となった現代では、親としてのしつけの力量が問われている。

そんななか、イタズラが過ぎる子供への罰として「オッさんハゲ頭カット」を無料で提供する理容室が登場し話題を呼んでいる。“怒る前にハサミを取れ!” ということなのかもしれないが、やはり体罰という意味では一部で物議を醸しているようだ。しかし……男の子のオッさんハゲ頭カット姿は、かなりシュールでインパクト大なのである!!

続きを全部読む

世界で1番おかしなヘアスタイルに変身させる床屋『スニッカーズ ハングリーバーバー』で「おまかせ」と言ったら宇宙一のイケメンになって笑った

先日、ロケットニュース24ではチョコレートブランド、「スニッカーズ」が運営する東京・表参道の床屋『SNICKERS Hungry Barber』(スニッカーズ ハングリー バーバー)を取り上げた。理容師が腹ペコという設定で、客を世界で一番おかしなヘアスタイルに変身させる床屋である。

今回は、実際その床屋に記者が行き、「おまかせで」とお願いしてみたぞ。すると……すれ違った人が、写メを取り出してパシャパシャ撮り出すほどの超絶イケメンに変身したのだ! これはもう、宇宙一のイケメンになったと言ってもいい!! 詳細は以下をチェック!

続きを全部読む

【注意喚起】1000円カットにジョニーデップの写真を持参して「ジョニーデップみたいにしてください」と頼んだらこうなった

あなたはどこで髪を切っているだろうか? 床屋だろうか。美容院だろうか。それとも、格安で散髪してくれる通称「1000円カット」であろうか。簡単なヘアスタイルならば、1000円カットでも事足りるだろう。だがしかし……。

1000円カットに、難しいことを求めてはならない。安いのだから、「こうだ」と言われたら従うほかないのである。少々古い話だが、今から5年ほど前に私(筆者)が1000円カットに行った際、こんな失敗をしたことがある。

続きを全部読む