「時計」にまつわる記事

【これぞ芸術】時計なのに時を忘れさせる…大都会のど真ん中で出会った「水の時計」の美しさに、私は一歩も動けなくなった

時を計ると書いて、時計と読む。そう、時計とは人々に時刻を知らせるための道具だ。しかし私はその「時計」に出会った瞬間、しばし時間という概念を失うことになった。

なぜなら、その「時計」が時間を忘れさせるほどに美しいものだったから……。

続きを全部読む

人気爆発! ダイソーで売っている「ミリタリーカラーウォッチ」がいい感じ!! とても500円には見えない

ダイソーといえば、100円ショップの大手である。日本はもとより、海外でも店舗展開しており、「100均」という言葉を定着させた企業と言って良いだろう。

そのダイソーで販売している腕時計が人気を呼んでいる。残念ながらこの商品「ミリタリーカラーウォッチ」は、100円ではなく、500円で販売しているのだが、価格を超えるクオリティといって良いだろう。結構オシャレだ。

続きを全部読む

【動画あり】iPhone6「アラーム」設定時に “謎のブルブル現象” が発生し、目覚ましセット不可能に!! なんなんだこれは……

ネットや動画の閲覧、ゲームやナビなど、アプリをタッチするだけで様々な用途に使える便利なアイテムといえば「スマホ」である。かくいう筆者もiPhone6を愛用するスマホユーザーなのだが……つい先日、その筆者のiPhone6に謎の現象が発生した。

それは、iPhone6でアラーム(目覚まし)をセットしようとした時である。突如、画面のボタンがブルブルと震えながらコントロール不能になってしまったのだ。今回は、その「謎のブルブル現象」を動画とともにお伝えしたい。

続きを全部読む

【素朴な疑問】ジーンズに付いている ‟極小ポケット”って何であるの?

何気なく日常生活を送っていると、ふと何かについて、素朴な疑問が沸くことがあると思う。だが、答えを知らないからといって人生に支障が出る訳でもなければ、そのまま知らずに終わってしまうこともあるだろう。

そんな素朴な疑問だが、皆さんのなかで、ジーンズに付いている極小ポケットが何なのか、不思議に思ったことがあるという人はいるだろうか!? 単なる装飾で縫い付けられているような極小ポケットには、実は、ちゃんとした用途があったのである!

続きを全部読む

【世界限定24個】“ピチョピチョマフマフッ” と生き物みたいに文字が動く「約100万円の置き時計」が発売開始!!

ひゃくまんえん……んん〜なんてイイ響きだ。10万円だと現実的過ぎるし、1000万円だとちょっと大金過ぎる。手が届きそうで届かない金額、それが “100万円” だ。

もし今、不意に100万円が手に入ったら、銀座で寿司でも食べようか? それとも叙々苑で焼肉三昧しちゃおうか? ……ダメよダメダメ! そんな妄想は虚しくなるだけなので、これくらいにしておこう。

今回は、そんな100万円にまつわるニュースをお伝えしたい。なんでも世界限定24個のハイテク置き時計フェロイック(Ferrolic)が約100万円で発売されたというのだが……価格よりも文字のあり得ない動きはマジで衝撃的だぞッ!!

続きを全部読む

【まんが】電波時計のスゴさが一発で分かる話

ふだん何気なく使っている日用品や電化製品も、冷静に仕組みや状況を考えてみると「スゲーッ!」となることが多い。たとえばテレビ。たとえば携帯電話。たとえば電子レンジに、たとえば……と、身の回りはスゴいことだらけ。もっとみんな感動したほうがいい。

ということで今回ご紹介したいのは、電波の力で時刻をピタッと合わせてしまう「電波時計」のスゴさが一発で分かるマンガである。

続きを全部読む

【うるう秒挿入】明日の午前9時直前に「1秒」足しましょう!

2012年7月1日、全世界で一斉に「うるう秒」の挿入が行われる。日本では、午前8時59分59秒のあとに、「60秒」を入れてうるう秒の調整が行われるのだ。皆さんもなんとかして時計の針を一秒調整しよう!

続きを全部読む

動画写真撮影・録音までできる「LED時計」で動画を撮影してみた

レアな商品を取り扱っている「サンコー レアモノショップ」から、2011年11月中旬にとてもユニークな時計が発売された。その時計とは、動画・写真の撮影ができ、録音までできてしまうというLED時計だ。一見してカメラがどこにあるのかわからない。それにも増して驚きなのが、時計の見方さえもわからない時計だ。一体どうやって使うのだろうか? 早速購入して、動画・写真の画質などをチェックしてみたぞ!

続きを全部読む

いつまでも眺めていたい、空の色で時間がわかる時計

毎朝、同じ時間に家を出て、同じ時間の電車に乗り、時間通りに仕事をこなしていく……。日々を時計の針とにらめっこしながら過ごしている方も多いのではないだろうか。

海外のサイトで、そんな現代社会とは正反対の腕時計が紹介された。文字盤にあたるディスプレイ部分は青一色。針もデジタル表示も一切なく、一見、時間が全くわからない。その時計の名は「タイム・オブ・スカイ」、ディスプレイを空に見立て、色の変化で時間を知らせてくれる時計だ。

続きを全部読む