「客室乗務員」にまつわる記事

【4コマ】第12回「飛行機」脳内ポートフォリオ

続きを全部読む

米客室乗務員が「ワインボトルで搭乗客の頭を殴打」する事態が発生! 乗客の迷惑行為を阻止するため

ある意味、密室状態とも言える飛行機の中では、何かトラブルがあっても全て機内で対処しなければならない。それだけに客室乗務員は、とっさに物事を判断して解決に当たらなければならないこともある。

そんななか、米客室乗務員が「ワインボトルで搭乗客の頭を強打」する事態が発生! なんでも、乗客の迷惑行為を阻止するために、やむを得なく取った行動だと報じられている。

続きを全部読む

【素晴らしい機転】人身売買の少女を救ったCA(客室乗務員)がいた! “秘密のメッセージ” で少女からのSOSをキャッチ

平和な日本に暮らしていると、世界中で数多くの子供や女性が人身売買されている事実を、実感することはなかなかないだろう。

しかし、全米では人身売買の犠牲者を見分けるプログラムが推進され、あるCA(客室乗務員)が犠牲者らしき少女に “秘密のメッセージ” を伝え、窮地から救い出したというのである!

続きを全部読む

キャビンアテンダントの制服は100年でこう変わった! っていう動画が時代を象徴していて興味深い

空の天使ことキャビンアテンダント。彼女たちは、女性の憧れの職業であることはもちろん、男性にとってもどこか心をくすぐられる存在だ。それだけに、世間が着用する制服にさえ注目することもしばしば。スカートの丈がニュースになるのもいい例だろう。

では、その制服は時代とともにどんな道を歩んできたのか。今ではさまざまな種類が存在するだけに、ハッキリと思い出せないところだが、先日アメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』が実に興味深い動画を発表していたのでご紹介したい。

続きを全部読む

【動画】飛行機の客室乗務員がMr.ビーンのような動きで安全説明 → 乗客はヒイヒイいわされ大爆笑

空のMr.ビーンだ! 現在、そんな声が聞こえてきそうな飛行機の客室乗務員が話題になっている。一体、何があったのかというと、客室乗務員が機内の安全説明をする際、乗客をヒイヒイ大爆笑させたというのだ。

そんなことあるのかと思う話だが、実際にあった上にその姿が激撮されているのでご紹介したい。さっそく、動画「Hilarious Westjet Flight Attendant Safety Demo Leaves Passengers In Stitches (VIDEO)」でチェックしてみよう!

続きを全部読む

これは我慢の限界でしょ!? 機内で激写された最悪なマナー20連発

接客業は、どんな人にもプロとして対応しないといけないので、本当にストレスのたまる仕事だと思う。日本で、キャビンアテンダント(CA)は人気の高い仕事だが、上空の密室状態で、何時間も様々なタイプの人達に接客しなければならない職務は、相当な苦労があるだろう。

そんな彼らがストレス発散するかのように、Facebook とインスタグラムで乗客の迷惑行為の写真が公開され大人気に! そこで、そのページに投稿されたド肝を抜かれちゃうような画像を、20連発紹介しちゃうぞ!!

続きを全部読む

【再生回数500万回突破の大ヒット動画】なんてファンキー! 機内でダンスを披露する客室乗務員さんのサービス精神がパない!

楽しみにしていた旅行へ行くときには、飛行機に搭乗してから離陸までの時間が長く感じるもの。飛行機が嫌いな人ならともかく、ワクワク&ソワソワした気持ちで過ごす人は、大人でも少なくないだろう。

そんな飛行機が離陸するまでの時間に、ファンキーなダンスを披露した客室乗務員(CA)さんが話題になっているので、YouTube の動画と併せて紹介したい。動画のタイトルは、その名も「Funky Flight Attendant」だ!

続きを全部読む

【マジかよ】中国の病院が看護師に「キャビンアテンダントの制服で仕事」をするように要求

どんな患者も優しく看護してくれる看護師は「白衣の天使」と呼ばれることもあり、その象徴であるナース服も人気である。

……なのだが! 中国のある病院では、病院側が看護師に飛行機の客室乗務員の制服を着て職務にあたるよう要求したという。なんということでしょう。看護師にキャビンアテンダントの制服を着させるなんて一体誰得なんだよ!?

続きを全部読む

テンション上がってまうやろー! フィンランドの航空会社が乗客に贈ったインドダンスがめちゃめちゃ素敵

こんな飛行機に乗ったら、テンションが上がってしまうこと間違いなしである。

1月26日、フィンランドの航空会社「フィンエアー」は、インド・デリー行きの便で粋なサプライズを行った。そのサプライズとは、乗客にインドダンスをプレゼントするというもの。

同日はインドの共和国記念日であり、それを祝うため、フィンエアーの客室乗務員がボリウッドスタイルの踊りを披露したのだ!(ボリウッド=「ハリウッド」から派生したインド映画産業を指す言葉)

続きを全部読む