「夫婦」にまつわる記事

【夫と妻】誓え永遠の愛! キメろ口説き文句! 四コマサボタージュ第363回「結婚生活20年」

続きを全部読む

【タイミング】逃すなチャンス! 協力し合え夫婦! 四コマサボタージュ第361回「薄着」

続きを全部読む

【二人三脚】愛せ妻! 愛せ家庭! 四コマサボタージュ第337回「銀行強盗の新婚家庭に見れそうな光景」

続きを全部読む

【権威の暴走】歪んだ家族の形! 入れろ夫婦関係に再生のメス! 四コマサボタージュ第274回「外科医がやってそうな家庭内暴力」

続きを全部読む

【ザ・メンヘラ】アナタを離さない!旦那を愛する妻が生んだミラクル! 四コマサボタージュ第173回「おもい妻」

続きを全部読む

こんなに認識が違うのか? 共働き夫婦の「家事と育児に関する調査結果」に絶望しかなかった / すれ違いまくりの純情

この記事を執筆している今、私の頭の中ではT-BOLANの『すれ違いの純情』が流れている。♪すれちが〜いの〜純情〜好ぅきだからぁ〜ウソつぅい〜たぁ♪ ……って曲をご存じだろうか? 

30代・40代なら知っている人が多いかと思うが、記事の本旨から外れるので置いておこう。私が紹介したいのは、そんなことではない。歌の件ではなく、辛い現実を伝えなくてはいけない。知るのも辛いが伝えるのも辛い。あまりに辛すぎて、歌でも歌わないとやってられないのだ。

続きを全部読む

【不倫】即バレ必至な妻のしくじり… 四コマサボタージュ第92回「サムシングな事情」

続きを全部読む

【夫婦愛】夫婦二人三脚! 愛妻家の大将が営むお店 四コマサボタージュ第83回「あの時の気持ち」

続きを全部読む

【愛は努力の積み重ね】愛する妻に「大好き」と言われたら私が絶対に返す願いと自戒の言葉「僕の方が大好き」

もし愛するパートナーに「大好きだよ」と言われたら、あなたはどう反応するだろうか? 「私も大好き」と返す人もいるだろうし、照れくさそうに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える人もいるだろう。

相手が勇気をふり絞って言った、もしくはあなたが愛おしくて言った愛の言葉にどう応えるかは、いい関係性を築いていくうえで非常に大切なことだと思う。

だから私は最愛の妻に「大好きだよ」と言われたら、精一杯の愛を込めて「僕の方が大好きだよ」という言葉を贈ることにしている。

続きを全部読む

夫婦のリスクヘッジ! スマホから始まる家庭崩壊 四コマサボタージュ第18回「疑惑~妻の浮気~」

続きを全部読む

【4コマ】第73回「夫婦喧嘩」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【愛は最高の美容液】冗談なしでガチで語る “世界一の美女と付き合う方法”

世界一の美女と付き合う。多くの人にとって、夢のような話に聞こえるかもしれない。しかしあることを行うことで、その夢は実現する。

すべきことはいたってシンプル。相手を心からほめ続けることだ。そうすれば間違いなく、あなたのパートナーは世界一の美女になる。

続きを全部読む

田中将大&里田まい夫婦のインスタにホッコリ / フォロー人数を見たらなんと…!!

いまや芸能人やスポーツ選手らも個人アカウントを運営しているSNS。特に画像を気軽に投稿できるインスタは人気で、数多くの有名人が使っている。そして彼らのほとんどは数万人のフォロワーを抱える一方、フォローは少ない傾向にある

なかにはフォロー「0」という有名人も珍しくないが、田中将大&里田まい夫妻のインスタのフォローは誰もがホッコリしてしまうものだった。まずは旦那である田中将大投手のインスタから見ていこう。

続きを全部読む

「仕事と子育てをどう両立している?」という質問に対するアメリカ人女性作家の回答が痛快だと注目集める

「忙しい子育ての合間を縫って、どんなときに執筆活動をされているんですか?」「旦那さんの一番好きな料理はなんですか?」──第159回直木賞の会見で、受賞者である島本理生さんに対してそんな質問が投げかけられた。文学賞をとったのに、なぜ作品に関してではなく子育てや家事のことが聞かれるのか? ネット上ではこれらの質問内容に非難が殺到した。

先日、同様の質問がアメリカの女性作家にも投げかけられたそうだ。すると作家から「痛快な回答」が返ってきたと話題を呼ぶことに。さて、彼女はなんと答えたのだろうか?

続きを全部読む

シニア男女に聞いた「夫婦関係とへそくり」についての調査結果が生々しい → 不仲夫婦の場合、妻は…

誰にも知られず自分だけがコッソリ貯めているお金、それが『へそくり』だ。その性質上、基本的には「どんな人が」「いくらくらい貯めているのか?」……などは謎のベールに包まれているが、へそくりに関する興味深いデータが公開されたのでご紹介したい。

2018年6月6日、シニア女性誌「ハルメク」が『60代・70代のシニア男女に聞いた “夫婦関係とへそくり” に関する調査』を発表した。それによると、半数以上の53.5%が「へそくり」ありと回答し、平均額はなんと〇〇万円らしい……。

続きを全部読む

ある男女が誰もいない路上でいきなり…監視カメラが捉えた行動に憧れるネット民続出「これぞ理想中の理想!」「マジで憧れる」

「これぞ理想のカップルだ!」「マジで憧れる」。今、1本の監視カメラ映像がネット民の熱視線を集めている。誰もいない路上で、ある男女が見せた行動にみんな興奮しているのだという。

路チューか? 路ハグか? もっと過激なナニか!? と動画を確認してみると……あああああ、すっごくよく分かる! これは確かに憧れちゃうね!!

続きを全部読む

提供:株式会社クリエイト礼文

YouTubeにアップされている「旦那あるある」が心当たりありすぎてヤバい

いつも仲の良いおしどり夫婦や、冷めているようで実は仲の良いツンデレ夫婦などなど、夫婦のかたちは千差万別。時には我慢も必要かもしれないが、夫婦だからこそ味わえる喜びがあるのも確かだ。

今回は夫婦のうち、旦那の “あるある” を面白おかしく紹介するアニメをご覧に入れたい。旦那はドキリで妻はニヤリ。自分や家族に照らし合わせて「これ、あるある!」と思う方もきっと多いハズだ。

続きを全部読む

「この美女は誰!?」美しすぎるロシア人カーリング選手にネット民から熱視線 / 一方本人は「美しさでメダルは取れない」と冷静なコメント

2018年2月9日に開幕した平昌オリンピック。アイスホッケーにスピードスケート、スノーボードなど、様々な種目でしのぎを削る世界の強豪たちから目が離せない人も多いはず。

そんな中、ネット民の目はあるロシア人アスリートに釘付けになってしまった。それがカーリング選手のアナスタシヤ・ブリズガロワさん(25歳)。日本でも「いつまでも見てられる美しさ」なんて声も聞かれているんだよ!

続きを全部読む

家事を1人でこなす女性が「“察してちゃん” はダメ! 手伝ってほしいなら自分から言って」という言葉に大反論! ネット上で正論すぎると納得の声が多数集まる

「何かやってもらいたいことがあるなら、頼まなきゃ。誰も、あなたの頭の中を読める訳じゃないんだから」。あなたはこんなことを言われた経験があるだろうか? つまり “察してちゃん” はダメ。要求があるなら、自分のお口を開いて相手に伝えましょう……ということ。

うーん、こう言いたくなる気持ちは分かる。一緒にいる人がず〜っと黙ったまま仏頂面だったら、「黙っていても分からないよ! 言いたいことがあるなら言って!!」なんて叫びたくなるもの。

その一方で「いや、頼まなくても、自分で判断できるでしょ?」という場合もある。例えば、パートナーとの家事分担などがそうだ。この度も家事を1人でこなしている女性が「いやいや、ちょっと待てよ!」と、冒頭の台詞に対して反論し、話題となっている。

続きを全部読む

【遺言でユーモア炸裂】亡き妻が夫に残した言葉「植木に水をやってね」に隠された衝撃の真実

愛する人が生前に説いていた教訓や叶えたがっていた夢などが、残された者に大きな影響を与えることは珍しくない。恐らく、二度と会えないからこそ亡くなった人の言葉に重みが出るからだと思うが、これから紹介する男性もそんな “重み” を感じていた1人ではないだろうか。

なんでも亡き妻に「植木に水をやってね」と遺言を託されたという男性は、毎日のように欠かさず水やりに励んでいたのだとか。ところが……! 妻が亡くなった数年後に、植木に関する衝撃的な事実を知ることになったというのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4