「便所」にまつわる記事

「便所ラーメン」と呼ばれるラーメンを食べてみた / 由来となったまさかの理由が判明

人生いろいろというように、ラーメンもいろいろ。塩、味噌、醤油、魚介……福岡なら「とんこつ」が有名だ。ただ、これまた「とんこつ」にもいろいろ。博多や久留米、長浜など地域によって味が違うものだが、県の最南端に位置する大牟田にも “珍味” のとんこつが存在する。

聞いたところによると、大牟田のラーメンは独自のルーツを持ち、近くの久留米や博多ではなく、まさかの岡山からもたらされたものだという。そして代表されるのが、「便所ラーメン」という凄まじいネーミングで呼ばれるラーメン……これは確かめてみねばなるまい!

続きを全部読む

排泄だけじゃなかった……!世界13カ国に聞いたトイレの中でしていることトップ16 !! 「睡眠」「泣く」「エクササイズ」など様々な答えが集まる

究極なプライベート空間であるト・イ・レ。一旦ドアが閉められれば、そこで一体何が行われているか、他人に知られることはほとんどない。なぜなら、特別の趣向の人を除き、誰も他人の排泄方法など具体的に知りたくないからだ! なので、腰のかけ方から拭き方、流し方など、人によって千差万別となっているのである。

しかしこの度、トイレの使用目的も人によって様々だということが明らかとなった。“トイレ=排泄する場所” だと思いがちだが、そうではない……なら、みんな一体何をしているの!? ということで、気になる調査結果はこうなった!

続きを全部読む

【左手でオシリを洗う】インドやバングラデシュの「紙なしトイレ」は慣れてくるとクセになる

海外旅行に行った時、そして安い宿に泊まった時、思わず「ウッ」と唸ってしまうのが『紙のないトイレ』である。トイレットペーパーを切らしているわけではなく、そもそも “紙を流すという文化がないトイレ” のことだ。

よく中国でも「紙を流してはいけないトイレ」には遭遇する。排便後にフキフキした便所紙はゴミ箱へ捨てるのが基本ルール。だが、インドやバングラデシュでよく出会う「紙なしトイレ」にゴミ箱は置かれていない。そのかわりに置いてあるのがバケツと手桶(ておけ)なのである。

続きを全部読む

【図解】男性の尿の軌道を野球のピッチングで表現したらこうなった

男性ならば知ってることだが、公共の場所にある男性トイレは汚い。なかでも「小」を受け止める男性用の「立ち便器」は、いくら注意しても汚くなる。「一歩前に」的なスローガンを掲げているトイレも多々あるが、やっぱり便器の下はビショビショだ。

なぜビショビショになるのか。この問題を野球に例えるならば、ずばり「暴投(ぼうとう)」しているのである。なぜキャッチャーミットに入らないのか。その答えは、今回描き下ろしたイラスト「男性の尿の軌道を野球のピッチングで表現」を見れば一目瞭然である。

続きを全部読む

【中国】学校図書館のトイレが開放感ありすぎると話題

学校のトイレというものは、何かとドキドキするものだ。男子ならば「大の個室」に入っただけでドッキドキ。ケンカが起きたり、オバケが出たり、校則破りが行われていたり……と、ドラマが生まれるのもトイレである。

一方、中国の学校図書館には、とても明るくて広々していて、開放感のありすぎるトイレがあるという。はたしてどんなトイレなのか。中国の掲示板にアップされた問題の画像を見てみると……!!

続きを全部読む

潔癖症の人が使ったトイレの写真がスゴいと話題

公衆トイレや公共の場所にあるトイレは、様々な人が利用する。洋式便所の便座には、数多くの人が “生尻” で座ることになる。そんな生尻と生尻の間接的接触を嫌がる人も数多い。

よって、「流せる便座シート」が設置してあるトイレもよく見かけるが、とある潔癖症の人が使ったトイレの写真がスゴいと海外で話題になっているのでお伝えしたい。

続きを全部読む

【コラム】史上最強のゴキブリハンターことアシダカグモさんがどれだけスゴいのかよく分かる話

さあて、どんどん暑くなってきた! さらにジメジメしてきたぞーッ!! ……となると、存在感を増してくるのが黒光りした音速の特攻アウトロー野郎・ゴキブリである。まもなく奴らの季節がやってくる。というか、実はもう来ている。

そんなゴキブリに対し、圧倒的な威力を発揮する史上最強のゴキブリハンター「アシダカグモ」については昨年2012年の梅雨頃に紹介した。まだ見ていない人は今すぐチェックしてほしいのだが、今回はそんなアシダカグモ先生がどれだけスゴイのかよく分かる体験談をご紹介したい。

続きを全部読む

さすがの中国人でも「これはキビシイ」というトイレが激写される

中国に行ったことのある人ならば、中国のトイレが凄まじいことになっていることはご存知だろう。特に田舎の公衆トイレは激ヤバイ。「ドアなしトイレ」なんて日常茶飯事。そんなトイレで用をたす中国の人々はトイレ耐性があるほうだ。

そんな中国人でも「こっ、これはキビシイ……」と思うトイレが激写されたとして、中国の掲示板で話題になっている。1つではない。2つある。

続きを全部読む

【コラム】なぜ拭いても拭ききれないマジックみたいな大便が出るのか

汚い話で恐縮だが、日々の大便はドラマである。毎日おなじことを繰り返す人生でも、大便の姿かたちは毎日違うのではないだろうか。便器を覗いてディスカバリー(発見)、一期一会のメイクドラマ、それが日々の大便だ。

今日出てくる大便は、どんなキャラクターをしているのか。柔らかいのか固いのか。ニオイと色はどんなものか。優等生かド不良か。恐怖の「マジック大便」ではあるまいな。拭いても拭いても拭い切れないアンチクショウ。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

【コラム】なぜ男性は公衆トイレや公衆お風呂場などで他人のアソコをチラ見してしまうのか

よく「あそこの公衆トイレはヤバい。チラ見してくるヤツがいるんだ!」という情報を耳にしたりする。そんな時、男の私(筆者)はドキリとしてしまうのだ。そのヤバいヤツというのは、実は私のことではないのか……と。

決して私はゲイではない。しかし、どうにもこうにも他人のアソコが気になってしまう。果たしてどのような大きさなのか。形状は? そしてヘアーの多さは? しかし凝視したら危険人物だと思われるので、ついついチラ見をしてしまうのである。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

【やや閲覧注意】トイレの便器にへばりつく「音楽的な毛」が激写される

女性トイレは分からないが、男性トイレにおける「毛」の落下率はかなり高い。和式、様式問わず便器には毛がよく付いてる。立式便器のてっぺんに毛が付いていることもあり、一体どのようにしてそこに付着したのかは謎だ。

いずれにしても、他人様の「落下毛」を目の当たりにして、あまり嬉しいとは思わない。いや、まったく嬉しいとは思わない。むしろ不快であるのだが、海外のブログサイトに掲載されている「便器の毛」は、あまり不快には感じない。

続きを全部読む

【続・注意喚起】男性がトイレ後に手を洗わないと衛生的にはこうなるイラスト描きおろし7作品

以前、トイレ後に手を洗わない男性における衛生面での危険度を見事に表現した「男性がトイレのあとに手を洗わないのはこんなにもキタナイってことが一発で理解できる画像」をご紹介し、多くの読者に衝撃を与えた。まだご覧になっていない人は今のうちに見ておいたほうがよいだろう。

だが、読者のなかから「ドアノブはどうなんだ」「握手会はどうなる」といった意見が出ていたのも事実である。確かにドアノブはどうなんだ。トイレ後に手を洗っていない男性が触ったドアノブを触ったら、衛生的にはどうなんだ!? アイドルの握手会なんて地獄絵図になるぞ!?

続きを全部読む