「マクドナルド」にまつわる記事

【完全再現レシピ】マクドナルド『マックチュロス』の完コピに成功! その材料を一挙公開!!

2017年10月、マクドナルドのあの人気商品『シナモンメルツ』が大・復・活!! マック史上3本の指に入るであろう激ウマスイーツの再登場に胸を躍らせた人も多いだろう。だが、同時にこう思った人もいるはず。

マックチュロス』の復活、まだですか、と。サックリ、ジュワッ、もちッ。素朴な味で朝からでも食べたいマクドナルドのチュロス。復活しないのですか、と。この思い、まだマクドナルドに届いていないようなので、自分で再現してみた。

続きを全部読む

【衝撃速報】中国マクドナルドが改名! 『金拱門(きんきょうもん)』になる / 公式も認めて事実と判明

世界中で愛されている「マクドナルド」! どこの地域や国に行っても基本の味は同じ、その “同じ” であることに一種の安心感を覚えた人も多いだろう。

……が、しかし! ここに来て衝撃的なニュースが舞い込んできた。中国マクドナルドが名前を変えたというのだ。その名も『金拱門(きんきょうもん)』。は? マクドナルドの1文字もかすってねえ! パクリだって、もうちょっと寄せてくるだろうよ!? 全く信じられない話だが、改名は事実であった。

続きを全部読む

【裏メニュー】マクドナルドでは「ホットケーキシロップ単品」を買うことができる / 無料になるパターンもアリってご存知かしら?

マクドナルドの朝食メニューのひとつ「ホットケーキ」。3枚入ってシロップ&バターつきで270円! あの独特で濃厚なシロップが美味しいよねえ。実はあのシロップ、単品で購入できるというのをご存知だろうか? 

メニュー表には載っていないまさに “裏メニュー”。その購入方法についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【閲覧注意】タイのマクドナルドでゴキブリの脚らしきものがコーヒーに混入 / 想像するだけでゾッとするエピソードがSNSで話題に

自宅で料理するなら衛生管理は全て自己責任となるが、外で食事をする時は、店舗に全面的な信頼を置くようになる。それだけに、異物混入があったり店が汚かったりすると、なんだか期待を裏切られたような気になってしまうものだ。

まさに、そんな体験をしてしまったタイ人男性のエピソードが、SNSで話題になっている。なんでも、彼がタイのマクドナルドでコーヒーを注文したところ、ゴキブリの脚らしきものが何本も浮いていたというのである!

続きを全部読む

【悲報】マクドナルドさん、悪ノリして「ヘーホンホヘホハイ」に次ぎ『アフェリファンヘラッフス』を発売へ

2017年10月にマクドナルドが発売したヘーホンホヘホハイ。かつてのレギュラーメニュー「ベーコンポテトパイ」をアツアツ風に言い換えたネーミングだが、思い切りの良さが功を奏したのか、ネットを中心にそれなりに話題を呼んだ。

それに気をよくしたのか本日10月24日、今度は『アフェリファンヘラッフス』を発売するという……。まだその正体は明かされていないものの、ぶっちゃけ悪ノリ感は否めない……というか、ぶっちゃけすべりそうな気配がビンビンする。

続きを全部読む

海外マクドナルドが『携帯電話を入れるロッカー』を設置!「もっと家族団らんを楽しんで」との狙い / しかし結果は…

最近は電車の中でも、どこに行っても誰もがスマホと睨めっこをしていて、ちょっとしたきっかけで他人同士が雑談を始める……なんてことが少なくなってきたような気がする。

そんな、ちょっと寂しい状況を改善しようと、海外マクドナルドが店内に「携帯電話を入れるロッカー」を設置! 家族団らんと人々の交流を促す狙いがあるようだが……一体どれだけの客がロッカーを利用していて、その成果は出ているのだろうか!?

続きを全部読む

【目の錯覚】この中に「隠しメッセージ」があるってよ / 英マクドナルドの広告が難解すぎ! 読めるかボケ!! と思ったら…

パッと見て読める人なんているんだろうか……。思わずそう呟いてしまうほど、こいつは難解だ。線の間を読めだって? ちょっと近づいて見た方がいいだって?

その通りにやってるんだけど、全然読めない。何が書いてあるのか、さっぱり分からない。なんだよこれ、デマなんじゃねえの? ——そんな斜に構えた態度でイスに腰かけたそのとき……! あっ! いま何か見えた!!  あああっっ! 読めたぞーーー!!

続きを全部読む

一体なぜ? マクドナルドのソース1個と車を交換した米国女性が話題に

人によって物の価値は異なるようで、時にオークションサイトで「この商品にこんな高値が!」と驚くこともある。まさに、そんなケースの典型ともいえる例が話題となっている。

なんでも、マクドナルドのソース1個と車を交換した女性がいるというのだ。どう考えても釣り合わない取引は、なぜ成立したのだろうか。

続きを全部読む

マクドナルドの「シナモンメルツ」が大復活! 匂いだけでご飯3杯は食える!!

「マックを殺す」というフレーズが、一時期ネットのトレンドに上がったことをご存知だろうか? これは、バーガーキングケンタッキーの売り出したキャンペーン及び新商品を説明する際に使われた言葉。その内容があまりにも充実していたため、いつしか「マックを殺す」というフレーズが広まったのだ。

それほどバーガーキング等の攻勢が強まっていると言えそうだが……マクドナルドも黙って見ているわけではない。「コレを出されたら、バーガーキングもさすがに打つ手がない」というモノがひとつある。それが『シナモンメルツ』だ。普段はマクドに行かない人でも、このメニューだけは認めざるを得ないだろう。

続きを全部読む

【10/20から】マクドナルドが『食べられるフォーク』のスクラッチキャンペーンを開始するぞ~! 公式サイト「使いどころの無さが全米で話題」

2017年5月、米マクドナルドのあるノベルティグッズが話題となった。それは、食べられるフォークの「FRORK(フローク)」だ。フォークが食える? マジかよ!

そのフロークが日本にも上陸! 10月20日から東日本限定でスクラッチキャンペーンを開始するという。とても興味深いアイテムなのだが、実はコレ、アメリカで違う意味で話題になっていた。それは……。

続きを全部読む

バーガーチェーンの “お得セット戦争” が激化! ファーストキッチン・ウェンディーズの『まんぷくセット(1000円)』がヤバいッ!!

衆院選は民進党の分裂により、「自民・公明」 VS 「希望・維新」の対決の図式から、「立憲民主・共産・社民」の登場により乱戦の様相を呈してきた。これと似たような構図がハンバーガー業界でも繰り広げられている。

王者マクドナルドの座を狙い、バーガーキングは超お得セット(通称マクドナルド殺すセット)を続々と投入。かと思えば、その戦いにファーストキッチン・ウェンディーズが食い込んできた。新店舗開店記念で、超破格セットの期間限定販売を開始したのである。バーガーチェーンのお得セットの戦いもまた、乱戦となっていくのか?

続きを全部読む

【検証】マックの店員さんはきっちり「ヘーホンホヘホハイ」と言うのか試してみたらこうだった

2017年10月4日から発売開始となった、ヘーホンホヘホハイ。あなたはもう召し上がっただろうか? なに? ヘーホンホヘホハイがわからないって? 実はこれ、マクドナルドのかつてレギュラーメニュー「ベーコンポテトパイ」が、期間限定で『ヘーホンホヘホハイ』として復活しているのだ。

ユニークな試みで大変よろしいと思うが、気になるのは店員さんも「きっちりヘーホンホヘホハイと発音するのか?」ということ。そこで発売初日に元気よく「ヘーホンホヘホハイください!」と注文し、店員さんのリアクションを確認してきたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

露バーガーキングがホラー映画『IT / イット “それ”が見えたら、終わり。』の上映中止を主張! 理由は「マクドナルドの宣伝になるから」

世界中で店舗を展開しているファストフードチェーン店といえば、マクドナルドとバーガーキングだ。人気を二分している感があり、ハンバーガー界を代表するライバル企業だと言えるだろう。

そんななか、ロシアのバーガーキングが、米ホラー映画『IT / イット “それ”が見えたら、終わり。』(以下『IT』)の上映中止を主張! なんでも、理由が「マクドナルドの宣伝になるから」らしいが、一体どういうことなのだろうか!?

続きを全部読む

【緊急速報】マクドナルドが謎メニュー「ヘーホンホヘホハイ」発売! マジで「ヘーホンホヘホハイ」を発売するゾォォオオオ!!

グラコロ、月見バーガー、マックシェイクチェルシー……などなど、目まぐるしく入れ替わるマクドナルドの新メニュー。日本トップランカーのファストフード店だけあって商品開発にも余念がないが、2017年10月4日から発売となるのが『ヘーホンホヘホハイ』だ。

ヘーホンホヘホハイ。ヘーホンホヘホハイ……。ヘーホンホヘホハイ? そこはかとなく中国語っぽい感じもするが、果たしてヘーホンホヘホハイの正体とは一体……? 実はきっとみなさんもご存じの “あのメニュー” が復活するのである。

続きを全部読む

【素朴な疑問】マクドナルドやKFC…なぜファストフードのロゴには赤と黄色が多いの?

ちょっと小腹が空いた時に、ササっと入れて手早く食事が済ませられるファストフードは、価格も安いし便利な存在である。

そんなマクドナルドやKFC、バーガーキングといったファストフード店のロゴには、なぜ赤と黄色が使われることが多いのか不思議に思ったことはないだろうか!? そこで、ある色の専門家が、その理由を解説しているので紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

【マジかよ】マクドナルドのロゴみたいな「M字眉毛」がひそかに流行中らしい

人の顔の印象は、ちょっと手を加えるだけで大きく変わってしまうことがある。以前お伝えした「眉毛ティントで顔の印象がメッチャ変わる」記事もいい例で、眉ひとつ違うだけで顔の印象はまったく異なる。

そんななか、海外ではマクドナルドのロゴみたいな「M字眉毛」が、ひそかに流行しているという。ショーガールのようなビジュアルが、か~なりキョーレツだから必見である!

続きを全部読む

話題の新商品「マックシェイク チェルシー」の発売が待てないので自作してみた結果

マクドナルドは2017年9月13日から10月上旬まで、明治の名作キャンディー「チェルシー」とのコラボスイーツ『マックシェイク チェルシー』を期間限定で全国発売する。どう考えてもウマいメニューだけに、ネットはすでに大盛り上がりだ。

ただ、あと数日も待つなんて我慢できない! ということで、自作してみることにした。販売されるのはバタースカッチ味のみとのことだが、シェイクにしたらきっとウマいヨーグルトスカッチも試してみたぞ。

続きを全部読む

【謎の裏技】マックには「何も手に入らないのにお金だけ払う方法」が存在するらしい

女子高生の間で流行した「ドリンク×ハンバーガー」や公式が発表したシェイク&ポテト、さらには海外メディアが取り上げた空と海と陸の一体バーガーなど、マクドナルドには裏技的な楽しみ方が多数存在する。

この度も、マクドナルドの「謎の裏技」がネット上で話題となった。それは「何も手に入らないのにお金だけ払う方法」……って、え? 何をどうすればそんなことが可能になるの!?

続きを全部読む

一見普通にみえる『マクド公式サイト』がおかしい! カサノバ社長「ほな今日はこれぐらいにしとこか」

2017年8月4日から20日までの期間限定で、マクドナルドは正式の愛称を「マック」にするか「マクド」にするのかを決めるキャンペーンを実施していた。その結果、全国的に見て圧倒的に有利だと思われたマックがマクドに敗北したのである。

それを受けて、マクドを代表するメニューの「大阪ビーフカツバーガー」と「大阪ビーフカツマフィン」が割安になるクーポンを配信することになったのだが、異変はそれだけではなかった。マクドの公式ページを見ると、カナダ出身のサラ・カサノバ代表取締役兼CEOのメッセージがおかしい! 一見普通に見えるものの、よく読むと……。

続きを全部読む

【検証】マックデリバリーで「スマイル0円」を注文してみた結果 →「あり」と「なし」の違いが判明

マクドナルドのお家芸である「スマイル0円」。このサービスは、注文すると笑ってくれるというよりも「常に笑顔の対応を心掛けている」というスタッフの心意気を表したメニューである。そんな「スマイル0円」が、2017年7月からデリバリーメニューに登場していることをご存じだろうか。

デリバリーでスマイルとはこれいかに? まさか、注文しなかった場合、配達員は笑ってくれないのだろうか。気になったためスマイル0円「あり」と「なし」を注文してみたところ……決定的に違うゥゥゥウウウ

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 25