「ハリウッド」にまつわる記事

【海外ドラマ】『ブレイキング・バッド』トッドの叔父さん “ジャック” の素顔に迫る! 由緒ある俳優一族の出身 / タランティーの作品の常連だった!!

2015年もドンドン『ブレイキング・バッド』の出演俳優の素顔に迫っていくぞ!! と宣言したが、気がつけば1週間に3人もの俳優を取り上げていた。

今回は、いつも “あの人の素顔に迫る” シリーズで、素晴らしいイラストを描いてくれる漫画家マミヤ狂四郎氏から「オールバックが印象的だったトッドの叔父さん、ジャックを描きたい!」とのリクエストがあった。そこで、ジャック役を演じたマイケル・ボーウェンにスポットライトを当ててみることにした。

続きを全部読む

ハリウッド一の売れっ子俳優!? 超話題作に出まくりのイケメン有名スタントマンは日本からキャリアをスタート!

普段見ている海外の映画やドラマに出演している俳優は、保険などの関係から、危険なアクションシーンはスタントマンに任せている。また、顔が映らないシーンや後姿は俳優の出演費用がかさむため、スタントダブルを使用するのが常である。

よって、顔は映らないけどスクリーンで活躍しているスタントマンは、なくてはならない存在なのだ。なかでも超大作映画から人気ビデオゲームまで、数多くの作品で活躍しまくっているスタントマンを紹介したい。なんと彼は、日本のテレビ番組で俳優デビューを飾っているのである!

続きを全部読む

ハリウッドセレブのキム・カーダシアンそっくりになるために「1780万円を整形に費やした男性」がマジでヤバすぎる件

完璧な容姿でゴージャスなセレブライフを送るハリウッドスターは、人々の羨望の的だ。そんな彼らに少しでも近づきたいと、ファッションやメイクを真似する人がいるが、なんと整形で顔ごと変えてしまった人がいるのだ!

ハリウッドセレブでゴシップ紙の常連、キム・カーダシアンに憧れて、大金をかけて整形した男性がネット上で話題をさらっている。その仕上がりが……かなりコメントに困ってしまうような変身ぶりなのである。

続きを全部読む

ノスタルジックな空の旅を疑似体験!! 1970年代の米パンナム機で食事を楽しめるサービスで思い出作りを

近頃は、航空券の価格競争が激しくなり安く旅ができるようになったが、食事やサービスをオプションで購入する必要があったりする。一方で、個室で旅ができる200万円のスイートクラスがあったりと、チョイスは様々だ。

「どっちもどっちだな~」という少し変わった体験をしたい人に、今話題となっている “エア・ハリウッド” を紹介したい。実際に空は飛ばないが、ノスタルジックな気分に浸りながらスペシャルな擬似飛行体験ができるのである。

続きを全部読む

【海外ドラマ】『ブレイキング・バッド』 “ジェシー”の素顔に迫る!! 「Yo Bicth!」は即興ではなく全て脚本にある / ロマンチックで妻を溺愛する愛妻家

気がつけば、いつのまにか連載化してしまっていた “●●の素顔に迫る” シリーズ。特に『ブレイキング・バッド』にこだわっているわけではないのだが、コテコテに濃厚なキャラが多いだけに「この俳優さんって、どんな人なの!?」と、フツフツと湧き上がる好奇心を抑え切れないのである。

今までのところ、マイクとガスにヘクターという “オヤジからおじいちゃん層” が続いていたので、今回はジェシー・ピンクマンを演じた若手俳優アーロン・ポールにスポットライトを当ててみたいと思う。

続きを全部読む

【海外ドラマ豆知識】『LOST』のジンは『24 TWENTY FOUR』にも出演していた! アジア系俳優として大活躍しているぞ!!

日本で、シリーズ終了後も根強い人気を誇る海外ドラマといえば、『24 TWENTY FOUR』と『プリズン・ブレイク』、『LOST』に『ブレイキング・バッド』だろう。勝手に “海外ドラマ界の四天王” と呼んでいるが、そんな4作品に唯一共通するのは出演俳優である。

そこで、マニアックなネタだと分かっていながらも、今回は『LOST』で、英語が話せないのに大活躍していたアジア人のジンに注目してみたいと思う。

続きを全部読む

米セレブの間で「アイスバケツチャレンジ」が大流行! あのビル・ゲイツが氷水をかぶりまくった動画が YouTube で再生回数600万超!!

現在、米ハリウッドを中心にセレブの間で、「The Ice Bucket Challenge」というリレー式の氷水をかぶるチャレンジが大流行中なのだ! 寄付金集めのチャリティーという大義名分の元で行われているものの、各界の超大物がバケツいっぱいの氷水をザブ~ン! とかぶるシーンはなかなか見応えがある。

特にマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏の動画は見応えたっぷりで、こちらは動画「Bill Gates ALS Ice Bucket Challenge」で確認できるぞ!

続きを全部読む

俳優オーランド・ブルームがジャスティン・ビーバーに一撃パンチ!! 世界のセレブを巻き込んでオーランド派 vs ジャスティン派の大論争に

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで大ブレイクしたイケメン俳優オーランド・ブルームが人気歌手ジャスティン・ビーバーをパンチしたというニュースが飛び込んできた!!  原因はジャスティンが、オーランドの元妻でスーパーモデルのミランダ・カーに対して失礼なコメントをしたためらしい。

しかも騒動はそれだけで終わらなかった。なんと多くのハリウッドセレブが、どっちの肩をもつかで「オーランドチーム V.S. ジャスティンチーム」に分かれて、Twitter で盛り上がっているというのである。一体、二人の間に何が起こったのか。まずは、動画「Justin Bieber Punched By Orlando Bloom During Fight!」で、問題のシーンを確認してみよう。

続きを全部読む

【カッコイイ】台湾の学生が落ち葉で「ゴジラ」のフィギュアを制作!! ハイクオリティすぎて絶賛の嵐

人類にとって元祖特撮怪獣と言えば何と言っても「ゴジラ」! 世界中で愛されているゴジラは、2014年にはハリウッド版『ゴジラ』の公開を控えており、今か今かと待ちわびている人も多いだろう。

そんなゴジラファンの間であるファンアートが注目を浴びている。台湾の学生が、ゴジラとキングギドラのフィギュアを制作したのだ。その素材はなんと「落ち葉」!! 葉っぱで超ハイクオリティな3Dゴジラを作っちゃったのである。

続きを全部読む

提供:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

ロシア人が『サムライ』を好きすぎて笑った(笑)日本ではイマイチだったはずの武士道映画『47RONIN展』まで開催!もはや社会現象レベルの大ヒットに

サムライといえば日本! 日本といえばサムライ! サムライは永遠の日本人の憧れ! 日本人はサムライ! と思っていた時期が僕にもありました。

なななななんと、最近は日本人以上にサムライを愛する、いや、愛しすぎていると言っても過言ではない国がある。それは日本からも近い、ヨーロッパとアジアにまたがる大国『ロシア』だ。

いったいなぜロシアがそんなにサムライを大好きなのか? 彼らのサムライLOVEを決定的に明らかにしたのが、日本では残念ながらイマイチふるわなかった映画『47RONIN』の記録的大ヒットである。

続きを全部読む

キアヌ主演映画『47 Ronin』のポスターが流出しネットで拡散中! 海外の声「これはクワイ=ガンだ」

先日、未公開のある映画のポスターが流出し、現在海外サイトで大きな話題になっている。

その映画とは、2013年12月25日全米公開予定の『47 Ronin』。これはハリウッドと日本が手を組み制作している映画で、『忠臣蔵』をベースにしたストーリー展開を見せるようだ。またキャストは主演のキアヌ・リーブスに、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、菊地凛子、赤西仁と超豪華メンバーが勢ぞろいしており、日米から高い期待が寄せられている。

続きを全部読む

ロサンゼルスで写真撮影の対価に現金を要求してくるミッキーマウスと遭遇! そして衝撃の瞬間を激写!!

先日ある取材に向かうため、ロサンゼルスの有名観光地ハリウッドを歩いていた時のことである。目の前にあのみんなアイドル「ミッキーマウス」を発見した。しかし見た目がどこか違うのだ。まるでその姿は、ニューヨークで見かけた「記念撮影の対価として現金を要求してくるミッキー」のよう。

「これはもしかして!」と思い、このハリウッド版ミッキーに写真撮影をお願いしてみた。すると、ミッキーが一言。

続きを全部読む

【実写】ハリウッド版『BLEACH』の制作が本格始動と報じられる / ネットユーザー「なん……だと……?」

週刊少年ジャンプで連載中の漫画『BLEACH(ブリーチ)』。かねてより噂されていたハリウッドでの実写化がついに本格始動したと報じられた。

ジャンプ系の漫画で実写化されたものと言えばドラゴンボールだ。封切られた映画はあまりにも原作をかけ離れており世界中から酷評を浴びたことをご記憶の方も多いだろう。ネット上では「また二の舞になるのでは?」と騒然としている。

続きを全部読む

6月11日にロカルノ国際映画祭で、プレミアム上映を控えている松本人志監督の「さや侍」。彼の監督デビュー作である「大日本人」が、ハリウッドでリメイクされることが決定した。制作を予定しているのは米大手映画会社の「コロンビア・ピクチャーズ」である。すでにプロデューサー・脚本家も決定しており、制作に向けての準備が進められているとのことだ。

このニュースにインターネットユーザーからは、「ビッグアメリカンとかになるのかな?」、「ひとしがんばれ」などの意見が寄せられている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4