「デッサン」にまつわる記事

大御所CG漫画家のアシスタント応募のために描いたデッサンが下手すぎたのでフォトショ修正してから応募したらこうなった

たとえデッサンが狂っていても、なんとかなるのがマンガである。むしろデッサンが狂っている絵のほうが、迫力が出る場合だってある。そもそもヘタウマなマンガだったら、ほとんどデッサン力(りょく)なんて必要ない。だがしかし……!

絵を描く仕事な以上、きちんとデッサンは学んでおいたほうが良い。たとえ絵を描く仕事でなくても、何かを造る仕事だったら、絶対にデッサンは学んでおいたほうが良い。“形や空間を把握すること” ができるようになるからだ。デッサン力(りょく)が乏しいままプロになると、いつかきっと悔しい思いをする。そう、私のように。

続きを全部読む

写真レベルの精密さ! 鉛筆のみで橋本環奈さんを描き切る動画が半端ない / 古谷振一さんの超絶ドローイングテクに鳥肌が止まらねェ!!

突然だが、絵を描く時に最も大切な作業とは何だろうか。下書き? 塗り? いやいや、それより前にまずは “見る” ことである。描くモノの形はもちろん、影の濃淡やつき方をどれだけ細部まで丁寧に観察することができるか。絵のウマさとは、“目の良さ” と言っても過言ではない。

特に鉛筆画は影のつけ方で光、質感、色を表す。誤魔化しが効かず目の良さが問われるものだ。現在、そんな鉛筆画で橋本環奈さんの似顔絵を描く4分弱の動画が話題になっている。サムネイルを見た時、あなたはまずこう思うことだろう。え? これ写真ちゃうの!? 瞳に魂が宿るレベルの超絶写実的なドローイングは鳥肌必至だ!!

続きを全部読む

テレビ放映が始まった『Wor­ld of Tanks』CMの結末が意外すぎた件 / 打ち切られることにならないか心配……

2015年9月15日からテレビ放映がスタートした、オンラインゲーム『Wor­ld of Tanks』のCMがネット上で話題になっている。このゲームは世界で1000万人を超えるプレイヤーがいるという、オンラインタンクバトルだ。

公開された映像を見てみると、「何のCMなのだろう?」と一瞬戸惑ってしまうものの、最後まで見ると……。思わずニヤリとしてしまうと共に、「これ大丈夫なのか?」と心配になってしまう。

続きを全部読む

自撮り写真にスケッチを組み合わせたアートがカッコイイ! 写真と白黒スケッチの融合が新感覚!!

Facebook のプロフィール写真は、言ってみれば自分という人物を周りに伝える広告塔のような存在である。なので少しでも自分をカッコ良く見せるために、アプリやフォトショップで、肌のキメやトーンを整えたりする人は結構いるのではないだろうか。

そんな Facebook のプロフィール写真を、新しく更新しようとしたあるアーティストが、斬新な技法を編み出して話題となっている。自撮り写真にスケッチを組み合わせることで、写真と白黒スケッチが融合したような新感覚アートを生み出したのである。

続きを全部読む

【衝撃サッカー画像】日本料理デート中のクリスティアーノ・ロナウドの肩がデカすぎると話題

クリスティアーノ・ロナウドといえば、世界屈指の強豪サッカークラブチーム「レアル・マドリード」に所属する史上最高峰のプレイヤーだ。バロンドールをはじめとする数々の賞も受賞しており、メッシと共に “天才” と称されるサッカーの申し子である。

そんなクリスティアーノ・ロナウドが、フィアンセでもあるスーパーモデル「イリーナ・シェイク」さんと日本食デートをしている写真をFacebookに自らアップ。幸せそうな光景はさておき、尋常ではないほど肩がデカすぎると話題になっている。

続きを全部読む

こぼしたコーラで葛飾北斎の『冨嶽三十六景』を描いてみたら大成功!!

「さーて、すごい絵描くぞー。あっ! 紙にコーラこぼしちゃったよ、どうしよう。いや、待てよ……これはイケるかもしれないぞ……」

これからみなさんにご紹介するのは、動画サイトyoutubeに投稿されていた、こぼしたコーラをうまく活かして超大作を描いてしまったある男性の物語です。ピンチをチャンスに変えた彼の驚きのアイデアは、この世にまたひとつ、新しいアートを生みだしました。

続きを全部読む