「スパイ」にまつわる記事

マット・デイモンが通行人に「スパイ・ミッションのイタズラ」を仕掛ける動画がヤバイ! 本気で引っ掛かった人には最後にサプライズが!!

ハリウッドで活躍するマット・デイモンは、大ヒットアクション映画『ボーン・アイデンティティー』シリーズ(以下『ボーン』)に主演し、2015年には、『オデッセイ』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた人気俳優だ。

そんな彼が、一般人に『ボーン』シリーズのような、スパイ・ミッションをこなすイタズラを仕掛けることになったのだ。真面目に引っ掛かった人達の様子に大爆笑してしまうが、騙された人には、最後に素敵なサプライズが待っていたのだ!!

続きを全部読む

次期ボンドは女性!? 海外メディアが『007』で「女ボンド」を演じてほしい女優を選出! 日本人女優の名前も挙がっているぞ!!

スパイ映画の代表作と言えば『007』シリーズで、スパイと言えばジェームズ・ボンドである。ボンドを演じることは俳優として大きなステータスとなるが、現役ボンドを演じるダニエル・クレイグが、最新作『007 スペクター』をもって降板するとの噂が囁かれている。

新生ボンドを誰が演じるかも話題となっているが、「ボンドが男である必要はないんじゃないの!?」と、海外メディアが、‟女ボンド” を演じてほしい女優を数人選出。なんと、日本人女優の名前も挙がっているので、紹介したいと思う。

続きを全部読む

諜報機関のコンピューターでも「解読できないフォント」をデザイナーが開発

ここ数年世間をにぎわしている「ネット社会におけるプライヴァシー」の問題。ウィキ・リークスの話題のみならず、海外、特にアメリカでは政府によるスパイ行為やプライヴァシーの侵害を問題視する声がとても多く存在します。

そんな中、「アメリカ最大の諜報機関NSA(国家安全保障局)のコンピューターでも解読できないフォント」をデザイナーが発表して話題になっています。

続きを全部読む

中国企業レノボのPCにハッキング工作か!? 「5カ国の国家機関がレノボ製PCの使用を禁止」と大手紙が報じる

中国のPCメーカー『Lenovo(レノボ)』が製造する PC に「スパイ疑惑」が浮上し、注目を浴びている。事の発端は、オーストラリアの全国紙『オーストラリアン・ファイナンシャル・レヴュー』による報道だ。

その報道によると、「回路が変更されており、遠隔操作で機器にアクセスすることが可能」と指摘されているというのだ。オーストラリア、米国、英国、カナダ、ニュージーランドの諜報・防衛機関の機密情報を扱うのに使用するネットワークでは、安全性への懸念から、レノボ製 PC の使用が禁じられていると報じられている。

続きを全部読む

自分に眠るスパイの血が騒ぐ! 映画『007』の特別ミッションがあまりに楽しそうだと話題に!!

今や世界中にその名が知られている、イギリスの敏腕諜報員 “ジェームズ・ボンド”。そのジェームズ・ボンドの新作映画『007 SKYFALL』があと少しで公開を迎えるのだが、その映画のキャンペーン動画があまりに楽しそうだと現在話題になっている。

そのキャンペーン企画を映した動画「Unlock the 007 in you. You have 70 seconds!」は、駅に設置されたコーラの自動販売機に、道行く人が近寄るところから始まる。コーラを飲むために、彼らがボタンを押すと、こんなメッセージが表示される。

続きを全部読む

【カーチャンまんが】現役漫画家(32)の母(59)が幼年期に描いた未完のスパイ漫画、約半世紀ぶりに完結!

上手い下手、面白いか面白くないかはともかくとして、一部の読者には強烈な印象を与えたマンガといえば、現役漫画家(32)の母(59)が約半世紀前に描いた渾身のスパイ漫画『アクションガールズ』である。

作者は漫画家マミヤ狂四郎氏の母親「満利林(マリリン)」先生。現在の年齢は59歳。還暦まじかのフォーク世代であり、5人の孫がいるおばあちゃんでもある。そんな彼女が幼年期に描いた『アクションガールズ』は、「これが幼年期の少女の作品とは!」と各方面で大絶賛。しかし、途中で飽きてしまったのか、物語は未完に終わっていた。

ところがどっこい! 満利林(マリリン)先生は、誰に頼まれたわけでもなく、未完部分を黙々と執筆。ついに完成したとのことなので、ここに掲載したい。

続きを全部読む

【カーチャンの描いたマンガがスゴイ】現役漫画家の母(58)が48年前に描いた渾身のスパイ漫画

あなたは漫画を描いたことがありますか? もしあるとしたら、末永く保管しておいて下さい。半世紀近く寝かせれば、新たな魅力と価値が見出されるかもしれませんよ。

ネットでも、たまーに公開される『カーチャン漫画』。誰かのお母さんやお父さんが若い頃に描いたとされる、実に味のある素人漫画です。プロではないので荒削りな作品が多いのですが、「その当時に流行っていたモノ」や「流行の絵のタッチ」などが垣間見れて、見ていて実にオモシロイ。

ということで今回は、いまだネットに公開されていない秘蔵のカーチャン漫画を独占入手。タイトルは『アクションガールズ』で、作者のペンネームは「満利林(マリリン)」、現在58歳のパート主婦です。ちなみにマリリン先生は、現在も地味に活動している漫画家・マミヤ狂四郎氏(32歳)のお母さん。つまり漫画家のカーチャンです。

続きを全部読む

台湾のアニメニュース「NMA.TV」で、日本が戦後初めて諜報機関を設立したと報じられた。愉快なアニメーションを繰り出しつつも、内容は至ってマジメ。シュールすぎて、逆に怖いくらいだ。

NMA.TVによると、「日本は自衛とテロ対策の一環として、対中国・北朝鮮の諜報機関を設立した」とのこと。戦前は日本も諜報機関を有していたが、戦後65年も過ぎ、諜報活動については既に経験豊富とは言いがたい。新たな諜報機関は、アメリカ・ホワイトハウス直属の情報機関CIAや映画007シリーズでお馴染みのイギリス情報局秘密情報部MI6をモデルした機関になるらしい。

ちなみにイメージ映像で諜報活動をしているのは、刀を背負った忍者である。

続きを全部読む