「ケータイ」にまつわる記事

【豆知識】懐かしの「テレホンカード」はコンビニで普通に売っている / 最新デザインのテレカがコレだ!!

皆さんは最近「公衆電話」を目にしたことがあるだろうか? 昔はケータイやスマホを持つ人が少なく、多くの人が公衆電話を利用していた。短い通話なら小銭で済む、しかしちょっと長い通話ならテレホンカードを利用していたはずだ。

公衆電話もさることながら、テレホンカードを目にする機会もなくなってしまった今日このごろであるが、実はコンビニで普通にテレカは売られているのだ。となると気になるのは最新テレホンカードのデザインであるが、いざ購入してみたらビックリ仰天!!

続きを全部読む

【今さら悩み相談室】ガラケー時代、メールの「Re:Re:Re:」は残すべきだったのか? 消すべきだったのか?

あなたは誰かと連絡をとる時どうしているだろうか? きっと多くの人が「LINE」を使うと答えるだろう。まあ当然だ。LINE、便利だよな。もうLINEがない生活なんて考えられない。しかし、言ってもそれはここ数年の話である。LINEが流行る前まで、我々はメールを使っていたのだ。

そう、アラサーの私(あひるねこ)の場合だと、高校から大学以降もずーっとメールを使っていた。もちろんスマホではない。ガラケーである。さて、もはや遠い昔のことのようだが、今あえて考えたいことがあるのだ。メールの「Re:Re:Re:」という文字は、残すべきなのか? 消すべきなのか?

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】意中の男性の「ケータイ待ち受け」って気になりますか?

とあるドラマを観ていたところ、ごく平凡な派遣社員の女の子が、リッチ男性からデートに誘われるシーンがありました。後日、同僚から「どうだった?」と訊ねられ、「ケータイの待ち受け画面が母親の写真だった」と、ため息交じりで答えるオチだったのですが、皆さんは、意中の男性のケータイ待ち受けが母親だったらどうでしょうか?

続きを全部読む

【悪用禁止】米科学者が「暗視装置」を搭載したコンタクトやケータイが開発可能であることを発表!

人が暗闇のなかを、手がかりなく移動することは困難である。たとえば、森のなかにひそむ野生動物の生態を探ろうと思っても、目視はできないだろう。

ところが最近科学誌に発表された内容によると、それに目視に近い形で暗闇を見ることができるようになるかもしれないのだ。科学者によると、超小型の暗視装置により、コンタクトレンズや携帯電話にこの装置を組み込むことが可能になるとしている。今まで見えなかった闇が鮮明に見えるようになるのだろうか。

続きを全部読む

スマホだって寒いんだお! スマホ用ダウンジャケットであなたのスマホを暖めて!!

冬、寒いのは人間だけとは限りません。物だって寒いんです。スマホを持ったとき「冷たい!」と思うこと、よくありませんか? 人間が寒いときは、スマホも冷えきってるんです。でも大丈夫! スマホに強力な味方が参上しましたよ!!

続きを全部読む

【注意】マジかよ! 「スマホをやりすぎると成績が悪くなる」との調査結果

スマホ! スマホ! スマホでメール、ゲーム、ネットサーフィン! 「スマホがないと生きていけないの~」と思っている人は少なくないと思います。特に学生さん、スマホをやりすぎると成績が悪くなるそうですよ!! これはただの脅しではなく、きちんと調査で出ている結果なのです。不安になった人は必読です!

続きを全部読む

【痛恨のミス】フィリピン国籍の男が「愛知県賢察本部長」と表記された偽造仮免許を使おうとして逮捕

愛知県でフィリピン国籍の男が、「偽造有印公文書行使」と「詐欺未遂」の疑いで逮捕された。「偽造有印公文書行使」とは、おおまかにいうと偽造した公文書を実際に使用した罪である。

男はニセの仮免許証を使って携帯電話を契約しようとしたのだが、それを見ると日本人なら誰でもわかってしまうような痛恨のミスをしているのだ。これはバレる。

続きを全部読む

あなたは大丈夫? 不思議な恐怖症アレコレ「携帯がつながらない恐怖症」「睡眠恐怖症」など

人には、少なからずひとつくらいは「怖い」と感じるものがある。高い場所が平気という人でも、ヘビを怖がったり、虫は大丈夫だけど狭いところは苦手ということもあるかもしれない。その人の感じる恐怖は、なかなか周りの人には分からないものだ。今回は、そんなちょっと変わった恐怖症についてご紹介したい。

続きを全部読む

この世に携帯電話がなくなったらこうなる!? ケータイのない世界を描いた動画が話題に

通話にメール、TwitterやFacebookへの投稿を友だちとシェア、音楽を聞いたり、動画を見たり……「携帯電話」は現代人のライフスタイルに密着したアイテムである。

もしその携帯電話がなくなったら現代人の生活はどうなる? そんな携帯電話が存在しない世界を描いた動画が話題となっている。「The World Without Mobile」で確認だ!

続きを全部読む

【これは欲しい】お財布に余裕で入っちゃう! カードサイズのマイクロ携帯電話がステキやん

携帯電話をお持ちの方なら一度はこんな経験をしたことはないだろうか? 「ケータイをどこに置いたかわからない」、「カバンに入れたのに出てこない」、「デカすぎてポケットに入らなくて邪魔」……そんな悩みを解決できるかもしれない携帯電話が開発されているという。

それは、お財布にスッポリ入るカードサイズの携帯電話だ。小さいながらも電話としての機能はバッチリだそうだ。ステキやん! これ、めっちゃ便利やん!!

続きを全部読む

【充電革命】女子高生がたった20秒でモバイル端末の充電が完了する驚異的な装置を開発!

毎日毎日、ケータイやスマホの充電に悩まされている人に、劇的な朗報です! アメリカの女子高生が驚異的な装置を開発しました。その装置を使用すれば、たったの20~30秒でモバイル端末の充電が完了するそうです。これで充電地獄から解放されるかもしれないぞ~!

続きを全部読む

彼氏のケータイに登録されてる私の名前が「納豆(遺伝子組み換えではない)」だったショック!

あなたの恋人が、あなたの名前をケータイの電話帳にどんな名前で登録しているか知っていますか? 「そんなの本名とかニックネームに決まってるでしょ?」と思った人は平和すぎます。

とある女性インターネットユーザーは、彼氏のケータイ電話帳に登録されていた自分の名前を見てビックリ! なんと「納豆(遺伝子組み換えではない)」になっていたそうです。仮に悪ふざけだったとしても、「納豆(遺伝子組み換えではない)」はヒドイ。彼女は、以下のような状況で彼氏のケータイを見てしまったそうです。

続きを全部読む

太陽光発電に大きな一歩! 透明なパネルの試作に成功 / ビルが巨大な発電所になる

人類にとって、新しいエネルギー開発は急務である。世界中で脱原発の機運が高まっているのだが、アメリカの科学者が太陽光発電にとって大きな一歩となる技術開発に成功した。それは透明な太陽光パネルのプロトタイプ開発である。もしこれが実用化にこぎ着ければ、あらゆるガラスが発電パネルになるという。つまり、高層ビルは巨大な発電所となり、ケータイやスマホは別途器具をつけることなく電力を供給できることになるだろう。

続きを全部読む

何コレ不気味!? タッチスクリーンからボタンがニョキニョキと出たり入ったりする技術

長らくケータイを愛用していると、スマホを持ち始めた当初、操作に戸惑うことがある。豊富なメニューに混乱するだけでなく、すべすべのタッチスクリーンに不慣れで、どこを押しているのかわからなったりするものだ。

そんな悩みを解決してくれる技術が登場した……のだがッ! 紹介動画を見ると、少々不気味な雰囲気。というのも、タッチスクリーン上にニョキニョキと物理キーが出たり入ったりしているのだ。すごいんだけど、ちょっと怖いッ!!

続きを全部読む

【ワイヤレスジャパン2012】iPhoneを水から守るナノコーティングがスゴイ! でもアップルの保証は受けられるの?

ワイヤレス・モバイル通信業界最大規模のイベント「ワイヤレスジャパン2012」が、5月30日~6月1日まで東京ビッグサイトで開催されている。日本最大規模のイベントだけあって、各社のブースには目を見張るような驚きのサービスが多数展示されている。そのなかでも、来場者を驚かせたのがナノコーティングによる防水サービスだ。

外観の印象をまったく損なうことなく、防水できるこのサービス。どうやら基盤にナノコーティングを施しているようなのだが、たとえばiPhoneで利用した場合にアップルの正規保証を受けられるのだろうか?

続きを全部読む

【ワイヤレスジャパン2012】これは完全に未来の端末! ドコモの「透過型両面タッチディスプレイ」がなかなかスゴイ

東京ビッグサイトで5月30日から3日間の日程で、ワイヤレス・モバイル通信業界最大級の展示会「ワイヤレスジャパン2012」が開催されています。大手通信会社は元より、ネットワーク関連企業やスマホアクセサリーのメーカーなど、計180社が出展しています。なかでも事前に高い関心を集めていたのが、ドコモが参考展示している「透過型両面タッチディスプレイ」です。記者(私)は実際に端末を見たのですが、これはなかなか未来を感じさせるものでした。ただ、ひとつだけ気になる点が……。

続きを全部読む

和田アキ子がAKB板野にブチ切れしてケータイ折る! ネットユーザー「オタクを敵に回すと怖いぞ」

国民的人気を誇るAKB48の主要メンバー「ともちん」こと、板野友美さんが事務所の大先輩に大目玉を食らっていたようだ。その先輩とは、芸能界の重鎮としてしられる和田アキ子さん。板野さんはいったい何をしてしまったのだろうか?

続きを全部読む

減少を続ける「公衆電話」 もっとも多い時期(約100万台)と比べてどのくらい減った?

最近、あなたは身の回りで公衆電話、または電話ボックスを見かけたことがあるだろうか? もし仮に、所持しているケータイ・スマホの充電が切れてしまい、緊急の電話をしないといけなかった場合に、すぐに最寄りの公衆電話の場所が、思い浮かぶだろうか?

年々減り続けている公衆電話なのだが、どのくらい減少しているか、その推移について調べてみた。そうしたところ、もっとも設置台数が多かった頃に比べると、4分の1まで減少していたのである。

続きを全部読む

ケータイ版「脳内メーカー」が2011冬バージョンにアップデートしたぞー!

名前や生年月日を入力するだけで、いま何を考えているのかを判定してくれるサービスといえば、かの有名な「脳内メーカー」である。

判定してみたら「金」や「異性」のことしか脳内に表示されていなかったり、たいていがギョッとする判定結果なのだが、ふと冷静に自分を振り返ってみると「あってるかも……」と思うこともしばしばだ。

そんな脳内メーカーが携帯サイトにも存在し、季節ごとにバージョンアップ! 2011冬Verが登場したもようなので、実際に試してみたぞ! ちなみに無料だ。

続きを全部読む

世界で2番目に大きな携帯電話市場となったアフリカ / 成長スピードがすごい!

いつからか私たちの生活に欠かせない存在となった携帯電話。日本では当たり前のように携帯を持つようになって久しいが、今まさに現在進行形で、携帯電話の普及が急速に進んでいる場所がある。アフリカだ。最新の調査結果で、アフリカは今やアジアに次いで世界で2番目に大きい携帯電話市場となったことが分かった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2