「キラキラ」にまつわる記事

【キラキラ激減】「2018年赤ちゃん名づけ上半期トレンドベスト100」が発表される

誰が呼んだかキラキラネーム。一般常識から著しく外れているとされる珍しい名前のことで、これだけ「キラキラネーム」という言葉が根付いた今でもそれなりの確率でキラキラネームは存在するようだ。だがしかし……。

もうそろそろキラキラネームブーム(?)も落ち着いてきたのかもしれない。というのも、2018年7月10日に発表された「2018年赤ちゃん名づけ上半期トレンドベスト100」を見る限り、以前と比べてキラキラの割合いが減少しているからである。

続きを全部読む

【撮影テク】レンズ前に掲げるとキラキラ効果を得られる金網製品について再検証!

先日「茶こしをレンズ前に掲げることで、キラキラ効果を得ることができる」という内容の記事を書いたのだが、読者からの指摘で衝撃的な真実が発覚した。なんと、その記事では「茶こしを掲げるだけで」と言っておきながら、 “茶こしではないもの” で撮影していたのだ!

調べると、それはセリアで売っている「アク取り 大」だったのだが、このままでは最悪「記事を信じて撮影に臨んだ結果、写真には茶こししか写っていなかった」などという悲劇が起きかねない。

そこで今回は、セリアで売っていた本物の「茶こし」をはじめとする複数の金網製品で再検証してみた。その結果、実践する際に注意すべき点や、いけるように見えて実はNGな金網製品についても明らかになったのでご覧頂きたい。

続きを全部読む

【撮影テク】レンズ前に「茶こし」を掲げるだけでキラキラ加工ができる! 今年の夏は海に持って行くべし!!

このところ、体感的には夏としか思えないくらい暑い日が多かった気がする。これはもう実質夏みたいなものだろう。そして夏といえばやはり……海だ!

全国的に梅雨入り宣言が出されたばかりだろっていうのはさておき、海が人々で賑わうのに先立ち、ビーチに持っていくべきたった一つの神アイテムを紹介したいと思う。これさえあれば、おっさんのボッチ海という悲惨な状況からでさえも、きらめきに満ちたビーチライフを演出することができるので必見だ!

続きを全部読む

【キラキラ?】「2017年ベストオブ赤ちゃん名付け」が発表される / 男の子第1位は「凛空(りく)」くん

キラキラネーム、それは「一般常識から著しく外れている珍名」のことである。我が子に適当な名前を付ける親などいないが、センスの違いか価値観の違いか、テレビなどを見ていると二度見してしまうようなキラキラネームが存在することもまた事実だ。

2018年1月23日、国内最大級の赤ちゃん名付けサイト『無料赤ちゃん名づけ』が「2017年ベストオブ赤ちゃん名付け」を発表した。果たして2017年のトレンドは何だったのか? 男の子と女の子、それぞれTOP30をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【クイズ】2016年度赤ちゃんの名前ランキング男の子1位「柊希」女の子1位「心陽」← さてなんて読むでしょう

どんな親であっても、子供に与えられる宝物が1つだけある。それは名前だ。あなたが生まれた時、親が精一杯考えてつけてくれたもの。私(中澤)の下の名前は「星児」。当時にしては、若干キラキラネーム気味のため、思春期は馬鹿にされて嫌なこともあったが、今では良い名前だと思う。

この度、苗字から字画の良い名前や名づけの由来などを検索できるサイト「無料赤ちゃん名づけ」を運営する株式会社リクスタが、2016〜2017年の赤ちゃんの名前ランキングを発表した。ランキングによると、男の子の1位は「柊希」くん、女の子の1位は「心陽」ちゃん。さて、なんて読むでしょう。

続きを全部読む

【読めない】2016年「年間キラキラネームランキング」が完全にカオス!姫奈(ぴいな)紅葉(めいぷる)一心(ぴゅあ)など

少子化が叫ばれて久しい昨今。それでも2016年、日本には数多くの新しい命が誕生した。その1人1人にまず与えられるのが名前だが、近年では『キラキラネーム』と呼ばれる個性的な名前も多い。そんなキラキラネームの2016年年間ランキングを「無料赤ちゃん名づけ」が発表しているのでお知らせしよう。

続きを全部読む

【キラキラあり】「2016年赤ちゃん名づけ男女年間トレンドベスト30」が発表される

時代を顕著に表すもののひとつに「名前」がある。その時代、その年、そのタイミングごとにトレンドが存在することはみなさんご存じだろう。プロ野球選手の松坂大輔選手は、当時甲子園で大活躍した「荒木大輔」選手が由来になっているのは有名な話だ。

それはさておき、2016年11月16日、月間400万アクセスを誇るアプリ「無料赤ちゃん名づけ」を運営するリクルーティングスタジオ株式会社が『2016年赤ちゃん名づけ男女年間トレンドベスト30』を発表したのでお知らせしたい。

続きを全部読む

「キラキラの脚の写真」に騙される人続出! オイルで光った脚? それとも別のなにか?

世の中には、見る者の目を欺く写真や画像が存在する。有名な「ウサギとアヒルのだまし絵」や、“野郎のワキ” が “女性の下半身” に見える写真なんかがそうだ。

今回ご紹介するのも、目の錯覚画像。現在、Twitter 上で1万回以上リツイートされている両脚が写った1枚なのだが……って、あれ? この脚なんだか妙にツルツルしてない? それとも、ただの見間違い?

続きを全部読む

【マジかよ】海外ギャルの間でワキ毛をキラキラさせる「キラ☆ワキ」が流行中らしい / 日本でも流行るかもしれないから試してみた

美意識の差は人それぞれであり、さらに言えば国や地域、時代や文化で大きく変わるものである。例えばミャンマーの首長族(くびながぞく)は、首が長い方が美しいとされているため首を長くしているだけで、そのことについて誰も文句はないだろう。だがしかし……。

ちょ、ちょちょ……そりゃないぜ! というファッションが、海外ギャルの間でブームの兆しを見せているという。それはワキ毛ををキラキラさせる「Glitter pits」というもので、写真投稿SNS・インスタグラム(Instagram)には、キラ☆ワキな画像が多く投稿されているのだ。

続きを全部読む

お手軽にカラーiPhoneが楽しめる! レインボーに輝く保護フィルム『Aurora』であなたのiPhoneをスペシャルに♪

iPhoneユーザーなら誰しも周知の事実、それは、iPhoneのカラーバリエーションが白と黒の2色しかないということ。シンプルの極みといいましょうか、ある意味これこそがiPhoneの真髄と言ってもいいのでしょうが、女子的にはちょっぴり物足りなく思えるのも事実。

この悩みを解決するために用いるのがiPhoneケースなわけなのですが、iPhone独自のフォルムを心ゆくまで楽しみたい方にとっては、完璧な策とはいえませんよね。

そこでご紹介したいのが、『Clear-Coat』社から発売されている虹色iPhone保護フィルム、『Aurora』!

続きを全部読む